*

天皇賞(春)2018の予想を公開!

公開日: : GIレース考察・予想

天皇賞(春)2018(京都芝3200m)の予想です。

4月29日に京都競馬場で開催され発走時刻は15:40です。出走馬はシュヴァルグラン、レインボーライン、アルバート、クリンチャー、トーセンバジル、ガンコなど。京都競馬場の芝3200mで行われるGI戦です。

 

土曜競馬は1000万馬券が飛び出すなど非常に難しいレースばかり。もう見立て違いの連続で惜しいレースすらなかったので日曜競馬で巻き返したいところです。

ただ、京都も東京も高速馬場すぎて蓋を開けて見たら展開が真逆みたいなパターンが多すぎるのが非常に難しい。天皇賞も展開読みが非常に難しいと思いますが果たしてどうなるか。

 

PR)~ 天皇賞・春シュヴァルグラン」G1馬の意地!!! ~

今週末は天皇賞・春です。
昨年、一昨年と「キタサンブラック」は2連覇という素晴らしい結果を残しました!
3コーナー付近から大逃げしていたヤマカツライデンに迫っていき、直線コーナー前で一気に抜かし先頭を奪いました!
とても見応えのあるレースでしたね。
今年の天皇賞・春は、どんなドラマが繰り広げられるのでしょうか・・・!

出走馬は17頭。
今回、注目が集まるのは「シュヴァルグラン」ですかね。
前走の大阪杯では条件や展開が向かなかったので大敗してしまいました…。
あの負けっぷりを見てると、ちょっと馬券に絡めにくいなーと思う人も多いはず。
とはいえ! 一昨年3着、昨年2着と順位を上げてきているのです。
G1馬はこの馬1頭だけなので期待したいところですね!

シュヴァルグラン」の指数も気になりますね~。
的中率が高いと言われている指数サイトがあって最近かなりチェックしています!
今すぐ指数を見る

昨年の天皇賞・春の指数順位はコチラです。

結果はどうでしょう・・・?

表にして見ると、とてもわかりやすいですね。
コラボ指数の上位馬4頭を狙っていれば的中率アップの可能性大!!
定番で、単勝・複勝を買うのも良し!
物足りない方は、枠連・ワイドを買うのも良し!
もっと欲がある方は、3連単のフォーメーションに組み込むのも良し!
買い方は自由自在。
あなたなら指数をどう使いますか?
推し馬をチェック

今年の阪神大賞典も指数上位馬4頭で決まったんです!
ちゃんと指数通りに買っていたら・・・と後悔。

3連単ボックスで4頭買って24点。各1,000円賭けて24,000円。
配当金が6,530円なので獲得金が65,300円。プラス収支41,300円。

どうですか?悪い話しではないですよね?

週末には全レースの予想・買い目を提供しています。
うまコラボでしか出せない指数を大公開!他サイトとは違います!
前半レースの予想は無料で見れるので、まずは登録して指数をチェック!

今年の天皇賞・春 激アツです!!!

天皇賞・春の推奨馬はコチラ

 

天皇賞(春) 2018予想

天皇賞(春)の週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

まず考えたいのは今の芝中長距離路線のレベルについて。世代レベルの高かった6歳と5歳の有力馬がこぞって抜けてしまい、今は相対的に4歳馬がこの世の春を横臥している感じ。ただ巷で言われているような4歳最強世代なんて言うほど強いとは思えず、キタサンブラックの引退やサトノダイヤモンド、マカヒキあたりの5歳馬の伸び悩みのおかげで4歳馬の活躍が目立っているだけだ。

実際に今年に入ってからの中長距離重賞の結果を見ても、日経新春杯は準オープン勝ちのパフォーマプロミスが勝利。AJCCも準オープン勝ちのダンビュライトが勝利。日経賞も準オープン勝ちのガンコとチェスナットコートがワンツーという結果になった。

これらのレースの結果を見ても、今の中長距離路線は重賞レベルでも大して層が厚くはなく、準オープンと重賞の壁はほとんどないと考えて良さそうだ。

 

今回の天皇賞(春)はその4歳馬の中でも一線級と言えるレイデオロ、スワーヴリチャード、アルアインといった馬がこぞって不在。昨年2着のシュヴァルグランこそ出走してきたが、それ以外のメンバーを見ても4歳の伏兵的存在のクリンチャーや昨年まで5歳の伏兵的存在でしかなかったレインボーライン。そして前述の準オープン勝ちから日経賞を制したガンコあたりが人気するようなメンバーレベル。

「春の盾」「天皇賞」というカッコいい響きのするGIレースではあるが、実質的にはレースレベルはGIIIぐらいと考えて良さそう。シュヴァルグランしかGI勝利のある馬はいませんし抜けている馬もいない印象で、これならば京都芝3000mという適性+枠順、展開で伏兵馬でも十分にチャンスがあるレースとみていいだろう。

 

次に馬場と展開を見てみるが、馬場に関しては例年通りで時計の速い高速馬場。高速馬場で行われる天皇賞(春)はとにかくイン先行馬が絶対的に有利になりがちで、外を通る馬はどんなに強い馬でも厳しい競馬になる。昨年のサトノダイヤモンドは外枠から外外を通って3着ですが、あれだけ強い馬は今年のメンバーにはいないでしょう。

 

展開はヤマカツライデンの単騎逃げが確実。それをガンコ、カレンミロティック、クリンチャーあたりが追いかける形か。

ヤマカツライデン陣営のコメントを見ても前走の敗因は被された事と話しており、今回は被されないような逃げを打つとの事。流石に昨年ほどのハイペースでは逃げないと思うが、それなりのミドルペースでは流れるはずでスローペースは考えにくい。

ヤマカツライデンは近走内容を見てもそこまではマークされないはずで、この馬が逃げるにしても番手以下はそこまで厳しいペースにはならなそう。そう考えると今の高速馬場の京都芝では圧倒的に前をロスなく進めた馬が有利。人気馬がこぞって外枠を引きましたし、ここは人気薄の前残り狙いで大振りで狙って見たい。

 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

 

天皇賞(春) 2018の印

本命 ◎

本命はこのGIIIレベルのメンバーならばGIIで好走実績あるこの馬で十分に足りていい。

天皇賞(春)は最低限のスタミナを備えつつ、高速馬場適性、スピードの持続力、そしてある程度の位置で上手く立ち回れるレースセンスが問われる舞台。純粋なステイヤーが活躍していたのは昔の時代の話で、中距離適性高くある程度スピードのある血統の馬(父が中長距離サンデーサイレンス系×母父スピード血統)が好走している。

この馬は父サンデー系で母父がダンジグという血統背景。これは2連覇を成し遂げたフェノーメノと同じ配合で、とにかくスピードの持続力に秀でた配合。この馬の走りを見ても極限の瞬発力はないがスピードの持続力は抜群という点でフェノーメノに似たものがあり、いかにも天皇賞(春)への適性は高そう。

前走に関しては大外枠で位置が取れなかったのと外外を回されたのが全て。溜めてもキレないのでスローペース戦ではどうしようもなく、その一方でアルゼンチン共和国杯のようなある程度淀みない流れでスピードの持続力を活かせれば十分に通用する。今の中長距離界のエース級であるスワーヴリチャードの2着に走ったという実績があれば今回程度のメンバーなら胸を張っていいはずだ。

馬、騎手ともにスタートは抜群に速いのでこの枠ならば5、6番手以内の競馬ができるはず。同じぐらいの位置につけそうなガンコやクリンチャーと比べれば流石にこの馬の方が京都適性高いはずで、スムーズに前々を上手く立ち回ればここは大穴を開けていいと判断して本命に推す。

 

対抗 ◯チェスナットコート

対抗は枠順と血統が絶好のチェスナットコートに期待する。

天皇賞(春)はサンデーサイレンス系×短距離スピード血統という配合ばかり好走しているレース。その上でハーツクライ産駒が毎年のように好走している。この馬は父がハーツクライで母父がクロフネと完全にスピード血統。叔父にダッシャーゴーゴーがいるような母系ですし、いかにも天皇賞(春)で走りそうな血統である。

日経賞はガンコがスローペースから押し切ったレースだが、この馬は馬場に恵まれたとはいえ差し馬で一番良い伸びを見せての2着。早春ステークスの内容を見てもいかにも長く良い脚を使うタイプで、スピードの持続力が要求される天皇賞は適性あって良さそう。

絶好枠が引けましたし淀の長丁場で蛯名騎手はこれ以上ない鞍上。中団ぐらいの位置でラチ沿いでじっと脚を溜められれば直線でスルスルと伸びてくると思います。

 

単穴 ▲シュヴァルグラン

三番手はシュヴァルグランにします。

父ハーツクライで母系がスピード血統という配合はこのレースの特注血統。それでいて2年連続で馬券に絡んでいるんですから適性があるのは間違いなし。ただ、ここ2年の天皇賞(春)は内枠が引けてなおかつ鞍上の福永騎手が完璧に乗っていた感じは否めず。ジャパンカップにしても1枠1番から完璧な競馬ができての勝利で、今回は京都の長丁場で6枠を引いてどういう競馬をするか。

ボウマン騎手はジャパンカップこそ最高の騎乗をしましたし、基本的に非常に上手い騎手だとは思いますが、かなり積極的な乗り方をする騎手という印象。有馬記念でも外を捲るように上がっていきましたし、イメージとしてはデムーロに近いか。そのデムーロが京都の長丁場が苦手というのは途中でじっとできないからで、ボウマンも乗りなれていない京都の長丁場では不安が残る。

前走の大阪杯にしても完全に叩き台のレースで適性外だったにしても見どころゼロの競馬。6歳馬のハーツクライ産駒なのでまだ萎れるにしては早いとは思いますが、蓋を開けてみたら能力は落ちていましたという可能性もあるので今回は絶対視は決してしない。天皇賞(春)は1番人気馬が全く活躍できないレース。信頼する必要性はない。

 

特注 ☆ガンコ

鞍上の積極性を評価してガンコを四番手にします。

障害練習で馬が変わったということだが、芝を使われたからのここ4戦の内容が全て秀逸。日経新春杯でキレ負けした感じなので使える上がりに限界がありそうだが、今の藤岡佑介騎手ならそういう馬で切れ味勝負にするような事はしないだろう。おそらくヤマカツライデンの2番手からの競馬になるはずで、直線入り口で先頭のような競馬で粘り込みを狙ってくると見る。そういう競馬ができれば今回のメンバーなら上位評価で良いと思います。

ただ流石に父ナカヤマフェスタ×母父サドラーズウェルズではちょっと血統的に重すぎなイメージ。距離も未知数な部分がありますし、前走が買い時であって今回は評価してもこれぐらいが限界。

 

△  レインボーライン

レインボーラインはしっかり脚を溜めれば直線では素晴らしい脚が使える馬。決して長距離向きという馬ではなく、この距離では溜めに溜めないと末脚は使えないはず。この枠で並びを見てもまず位置は取れないはずで、京都の高速馬場で外枠の差し馬という点を踏まえても評価しすぎたくはない。

 

△  ミッキーロケット

能力をフルに発揮できれば通用していいミッキーロケットも抑えておく。もともとハイレベルだった5歳世代で上位争いができていた馬。古馬になってからはサンデーサイレンスの血を持たない血統背景からキレ負けしているが、それでも今回のメンバーなら能力上位だろう。

絶好枠も引けて穴っぽい匂いはするが、キングカメハメハ産駒は天皇賞での成績は最悪。父ミスプロ系もほとんど走っておらず、この血統は天皇賞を走る上での最低限のスタミナも持ち合わせていない可能性が高い。ここ2戦も見どころなく低迷気味ですしこれぐらいの評価が妥当か。

 

△  クリンチャー

三浦騎手に変わってもなんだかんだで人気しそうなクリンチャーは今回怪しい。

ピッチ走法でとにかく上がりがかかってこそというタイプ。ステイヤーというよりは道悪巧者というべき馬で、菊花賞や京都記念での好走は道悪巧者の部分での好走だろう。今回は京都の高速馬場というこの馬の適性とは真逆な条件。枠は良いところを引けましたが、よほど積極的に乗らなければ直線はキレ負けすると思います。

 

△ ヤマカツライデン

今回は舐められそうなヤマカツライデンは大逃げを打てれば一縷の望みはあり。

キタサンブラックが現役時代は常に2番手からプレッシャーを受けての厳しい競馬に。今回は近走成績の悪さから完全に舐められるはずで、こういうタイプの逃げ馬は期待されていない時ほど大駆けを見せるものだ。

 

△ カレンミロティック

常識的に考えて10歳馬で今回が引退レースというカレンミロティックは厳しいと思うが、阪神大賞典のレースぶりを見る限り衰えきったようには見えない。

ご存知の通り、このレースで2回馬券に絡んでいて適性は抜群。相性絶好のハーツクライ産駒で先行力があって絶好枠が引けました。これならば抑えには入れておく。

 

 

印まとめ


◯チェスナットコート
▲シュヴァルグラン
☆ガンコ
△レインボーライン
△ミッキーロケット
△クリンチャー
△ヤマカツライデン
△カレンミロティック

勝負度D

 

推奨馬券

このレースの買い方に関しましては、メルマガにてのみの公開とさせていただいております。会員様はメルマガにて閲覧ください。

重賞以外の平場の予想はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、早いもので2018年も4月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行3年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】重賞回顧データ配布

ここは以前と変わらず、重賞回顧データを配布します。なるべく月曜中に重賞は回顧をお届けできるようにいたします。

 

【火曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、火曜日の夜にメルマガにて予想を配信しております。

※地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開とする場合がありますのでご了承ください。

 

【水曜日】全レース分析

水曜日には前週に行われた全レース分のデータを配布します。

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルになります。

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

また、エクセルでの全レース分析データの配信と同時に、メルマガ内にて前週の全レースの中で不利を受けたりペースに泣かされたりして次走は狙い目だと思われる馬を多数ピックアップしてお伝えしております。

↓こんな感じ↓

この次走注目馬リストをnetkeibaのMy登録馬に書きいれたり、JRA-VANのMy登録馬に書き込んでおけば、その馬が次に出走してきた時には狙い目が丸わかり!他のファンよりも間違いなく一歩先へ行った予想ができると思います。

 

【木曜日】新馬戦レビュー

木曜日は前週のレースの中でも特に新馬戦だけを抜き出して、そのレースレベルや勝ち馬の将来性についてを配信しております。

↓こんな感じ↓

水曜日に全レースの回顧を配信した上で、新馬戦に関してはここまで細かいレビューを出しています。まず他ではここまでの回顧は出していないでしょう。とにかく競馬を極めたいマニアな方のために新馬もここまでやっちゃいます。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

いまご登録頂ければ本日の回顧号からすぐにお読み頂けますので、是非とも今週分からお試しにお読みいただければと思います。

 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

関連記事

【ダービー全頭特集】コスモナインボール

交流戦初戦は我がDeNAは悪夢のような結果に。 敗因は久保の相変わらずの無気力投球と、序盤の下

記事を読む

ジャパンカップ [3] バッサリ切れるはずの馬が厄介な存在に

巷は道重さゆみの卒業でニュースは一色ですね。え?違いますか(笑)私は近年のモーですとガキさんだったの

記事を読む

天皇賞(秋) [3] 好走血統を分析する

過去2回で天皇賞(秋)が厳しいレースであり、並大抵の馬では好走できないことは理解いただけたはずだ。今

記事を読む

阪神JF [3] 快速馬には向かない舞台

パッと見の印象なのだが今年の2歳勢はレベル的に大丈夫なのかなぁと不安を抱かざるを得ない。正直、ここ3

記事を読む

秋華賞2018の予想を公開!

秋華賞2018(京都芝2000m)の予想です。 10月15日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【2016】日本ダービー/ 全頭診断 [2](ディーマジェスティ、スマートオーディンなどの徹底分析)

今日は5/29(日)に行われる日本ダービーのレース考察を行います。東京芝2400mで行われるGI戦で

記事を読む

高松宮記念 [2] 思ったより差しが決まらない可能性

園田競馬場に来ました。 園田も得意なコースの一つ。この競馬場は外枠から2、3番手につけられる馬

記事を読む

天皇賞(秋) [1] 中距離列強のガチンコバトル

サカナクションの久しぶりのライブを見に日本武道館に来ました。 武道館って自分でもいつ以来か覚え

記事を読む

【ヴィクトリアマイル2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

ヴィクトリアマイル2018(東京芝1600m)の考察です。 5月13日に東京競馬場で開催され発

記事を読む

【2016】ジャパンカップ / 有力馬考察(キタサンブラック、リアルスティールなどの徹底分析)

今日は11/27(日)に行われるジャパンカップのレース考察を行います。東京芝2400mで行われるGI

記事を読む

菊花賞2018の予想を公開!

菊花賞2018(京都芝3000m)の予想です。 10月21日に京

コーフィールドカップ2018の予想を公開!

コーフィールドカップ2018(コーフィールド芝2400m)の考察です。

富士ステークス2018の予想を公開!

富士ステークス2018(東京芝1600m)の考察です。 10月2

【菊花賞2018の予想ヒント】枠順から見るレース見解

菊花賞2018(京都芝3000m)の考察です。 10月21日に京

【富士ステークス2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

富士ステークス2018(東京芝1600m)の考察です。 10月2

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑