*

クイーンエリザベス2世カップ2018の予想を公開!

公開日: : 海外レース考察・予想

クイーンエリザベス2世カップ2018(シャティン芝2000m)の予想です。

4月29日に香港のシャティン競馬場で開催され発走時刻は日本時間17:40です。出走馬はタイムワープ、ピンハイスター、パキスタンスター、アルアイン、ダンビュライトなど。シャティン競馬場の芝2000mで行われるGI戦です。

 

PR)~ 天皇賞・春シュヴァルグラン」G1馬の意地!!! ~

今週末は天皇賞・春です。
昨年、一昨年と「キタサンブラック」は2連覇という素晴らしい結果を残しました!
3コーナー付近から大逃げしていたヤマカツライデンに迫っていき、直線コーナー前で一気に抜かし先頭を奪いました!
とても見応えのあるレースでしたね。
今年の天皇賞・春は、どんなドラマが繰り広げられるのでしょうか・・・!

出走馬は17頭。
今回、注目が集まるのは「シュヴァルグラン」ですかね。
前走の大阪杯では条件や展開が向かなかったので大敗してしまいました…。
あの負けっぷりを見てると、ちょっと馬券に絡めにくいなーと思う人も多いはず。
とはいえ! 一昨年3着、昨年2着と順位を上げてきているのです。
G1馬はこの馬1頭だけなので期待したいところですね!

シュヴァルグラン」の指数も気になりますね~。
的中率が高いと言われている指数サイトがあって最近かなりチェックしています!
今すぐ指数を見る

昨年の天皇賞・春の指数順位はコチラです。

結果はどうでしょう・・・?

表にして見ると、とてもわかりやすいですね。
コラボ指数の上位馬4頭を狙っていれば的中率アップの可能性大!!
定番で、単勝・複勝を買うのも良し!
物足りない方は、枠連・ワイドを買うのも良し!
もっと欲がある方は、3連単のフォーメーションに組み込むのも良し!
買い方は自由自在。
あなたなら指数をどう使いますか?
推し馬をチェック

今年の阪神大賞典も指数上位馬4頭で決まったんです!
ちゃんと指数通りに買っていたら・・・と後悔。

3連単ボックスで4頭買って24点。各1,000円賭けて24,000円。
配当金が6,530円なので獲得金が65,300円。プラス収支41,300円。

どうですか?悪い話しではないですよね?

週末には全レースの予想・買い目を提供しています。
うまコラボでしか出せない指数を大公開!他サイトとは違います!
前半レースの予想は無料で見れるので、まずは登録して指数をチェック!

今年の天皇賞・春 激アツです!!!

天皇賞・春の推奨馬はコチラ

 

クイーンエリザベス2世カップ 2018予想

クイーンエリザベス2世カップの週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

暮れの香港国際競争の時期のシャティン競馬場は高速馬場で完全な立ち回り勝負になりがち。それに比べればこの時期のシャティン競馬場は雨が多い時期ということもあってかそこまで立ち回り勝負にはならない。昨年こそ超スローペースからのネオリアリズムの押し切りレースとなったが、普通にそこそこペースが流れれば外からの差しでもズバッと決まる。最後の直線は決め手勝負になる事が多いレースだ。

 

それを踏まえた上で考えたいのが香港と日本の中距離馬のレベル。

香港カップはタイムワープが制したがかなり展開に恵まれた印象。ワーザーももう7歳になりますし、ラッパードラゴンが死亡。パキスタンスターも気性面が危うくて順調に使えていないということもあって今の香港の中距離路線は大して層は厚くない。

一方の日本馬も相対的にこの路線ではレベルが高いだろうが、現在の中長距離路線のレベルはたかが知れている。アルアイン、ダンビュライトの2頭は準一線級ぐらいのイメージの馬ですし、絶対的な存在とまでは言えないだろう。

 

どちらの国の馬もそこまで絶対的な存在がいるわけではなく勢力図は互角と言ったところ。そうなればポイントは展開と適性か。

逃げるのは間違いなくタイムワープになるだろうが、それを追いかけるのは日本のアルアインとダンビュライトの2頭。サンデーレーシングの2頭出しというのも珍しいが、どちらもクラブ馬という立場上どちらかを捨て駒にしてタイムワープを潰して、、、というオーダーは組めるとは思えない。

他の香港馬で前に行きそうなのはディノーゾぐらいだが、この馬とて脚質自在タイプですしわざわざ展開を壊しにはいかないはず。

そう考えて行くとこの頭数ならそこまでペースは速くならないはずで、土日にそこまでの降雨がないという予報を信頼すればそれなりにハードな馬場での立ち回り勝負になりそう。そういう馬場と展開で上位に走れそうな馬を信頼したい。

 

 

クイーンエリザベス2世カップ 2018の印

本命 ◎

本命は自分の競馬さえできればこの馬がここでは抜けて強いはずだ。

近走を見る限りでは好走と惨敗を繰り返していて気分屋のように見えるが近走の敗因はもうはっきりしている。前走のチェアマンズトロフィーはマイルのハイペース戦を逃げてスタミナ切れでの大敗。香港競馬は中距離よりもマイル路線の方がレベルが高い事を考えても展開向かずの惨敗は度外視してよさそうだ。

3走前のスチュワーズカップはスタートで出遅れた上に折り合いを完全に欠くというどうしようもない内容。あれでは流石に走れるはずがなく、このレースの大敗も全くもって気にしなくていいはずだ。

香港カップは確かにペースに恵まれた部分はあったが、最後にワーザーやネオリアリズムを逆に突き放しており余裕は十分にあったような内容。そして香港カップより圧巻だったのがゴールドカップの内容で1:59:7の時計でコースレコードを19年ぶりに塗り替えた。この圧巻の走破時計を自ら逃げて記録したわけで、この馬はただ単なる香港カップで展開に恵まれた逃げ馬というわけではなさそうだ。

レース映像を見てもとにかく並ばれてから渋とい根性溢れるタイプ。今回はまず自分の競馬ができるでしょうし、テン乗りのアルアイン、ダンビュライトあたりもこちらを潰すような競馬はおそらくして来ないはず。自分のペースで直線まで向ければもうゴールドカップの再現となる可能性は高く、あの時ほどではなくてもこの馬が自分の競馬でタイムトライアルに持ち込めればここは勝ち負けになると思います。

 

対抗 ◯アルアイン

対抗はアルアインにします。

現在の日本の中距離路線の中ではトップクラスと言っていい馬。適性は2000m前後のスピードレースにありそうで、大阪杯の内容を見ても同じような今回の条件ならば力は出せるはず。

溜めてもキレないので前々で競馬をした方がよさそうで、その点で脚を余さない競馬をしていた川田騎手からの乗り替わりはマイナス。クリスチャン・デムーロはドバイシーマクラシックでもモズカッチャンで後ろから行く競馬を見せたりしていますし、果たしてこのアルアインでもキレ味を活かす競馬をしてくるんじゃないかという不安はあり。

ただ、それでも普通に考えればタイムワープの2、3番手で絶好の競馬ができそう。その競馬ができれば能力も上位だと思いますし上位争い濃厚だと思います。

 

単穴 ▲ピンハイスター

三番手は香港ダービー馬のピンハイスターが強そうだ。

前走が初めての中距離戦になったが道中最後方追走から直線でとんでもない決め手を披露して圧勝。走破時計も香港ダービーがシャティン競馬場に開催となってからでは最も速いタイム。昨年も香港カップ2着のパキスタンスターが馬券に絡みましたし、捌きやすい頭数を考えてもまず上位争いになりそうだ。

前走で走りすぎたポカなどが出なければ普通に今回も好勝負になるはず。ただゴールドカップの時計があまりにも速いので、タイムワープ、アルアイン、パキスタンスターあたりに当時のレースの再現をされてしまうと時計勝負で差し損ねる可能性はありそうだ。モレイラ騎乗ということで日本オッズではかなり人気になりそうですし、今回は三番手評価にします。

 

特注 ☆パキスタンスター

能力の絶対値は高いパキスタンスターだがどう考えても気性面が不安。

昨年のクイーンエリザベス2世カップを2着とした後のプレミアプレートでいきなりレース途中に競争意欲を消失。その大事件の後、陣営は競争意欲を取り戻すために必死になって試行錯誤を繰り返して今年初旬にようやくレースに復帰。

その後は全て4着だが、ゴールドカップはレコード決着で復帰戦を考えればよく走った方。ラッパードラゴンハンデは60kgを背負っていましたし、まぁ情状酌量の余地あり。ただ前走のチェアマンズトロフィーが序盤でまた競馬をやめようとした感じあり、気性面の不安は大きい。それでも最後は大外を伸びて4着に来たように能力はあるが、今回も走る気になるかどうかはゲートが開いてみないとわからない。

 

△  ゴールドマウント <穴推奨>

日本オッズでは全く人気なさそうだがゴールドマウントはここでも通用していいはず。

後方で脚を溜めて末脚に賭けるタイプの馬でどのレースでも最後は差を詰めてくる馬。昨秋はジョッキークラブカップでタイムワープやワーザーとそこまで差のない競馬。香港ヴァーズでも完全に前残りの流れの中で外から追い込んできてそこまで差のない5着。その末脚は国際GIでもハマれば驚異のものだろう。

センテナリーヴァーズはディノーゾがスローペースで楽逃げとなった展開を追い込んで2着。ゴールドカップは圧巻のコースレコードが出て流石に外差しでは厳しかった感じで、前走のハッピーバレーヴァーズは小回りのコースで60kgを背負って最後方から追い込んでの勝利。

今回は捌きやすい頭数ですし日本馬の2頭は若干怪しい部分もありそう。パキスタンスターあたりは自分で走るのをやめる可能性もありますし、そうなれば馬券内に突っ込んでこれても驚けない。

 

△  ダンビュライト

日本馬ということで人気になりそうだがダンビュライトは今回は危険な人気馬。

父ルーラーシップ×母モルガナイトという血統配合通りに全くキレない馬で、大阪杯でも絶好のポジションにつけながら最後は綺麗にキレ負けした。AJCCはデムーロの積極策とスローなのに縦長になった展開が完全に向いた感じ。

今回は少頭数でまず一団の競馬になりそう。どう考えてもハイペースからの消耗戦になるとは思えず、そうなれば直線でキレ負け必至。自分から早めに動いて持久力勝負に持ち込むという手もあるが、そういう競馬があまり好きではない音無調教師がテン乗りのTベリーにそういう指示をするとも思えず、そうなれば番手で回ってくるだけで終わる可能性が高い。

※もうこの馬は高速馬場適性とスピードの持続力に溢れる馬なのでどう考えても天皇賞(春)に出るべきだったと思っています。天皇賞に出てれば今年のメンバーならあっさり勝ってもおかしくないと思いましたが。

 

 

印まとめ


◯アルアイン
▲ピンハイスター
☆パキスタンスター
△ゴールドマウント <穴推奨>
△ダンビュライト

勝負度D

 

推奨馬券

このレースの買い方に関しましては、メルマガにてのみの公開とさせていただいております。会員様はメルマガにて閲覧ください。

重賞以外の平場の予想はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、早いもので2018年も4月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行3年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】重賞回顧データ配布

ここは以前と変わらず、重賞回顧データを配布します。なるべく月曜中に重賞は回顧をお届けできるようにいたします。

 

【火曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、火曜日の夜にメルマガにて予想を配信しております。

※地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開とする場合がありますのでご了承ください。

 

【水曜日】全レース分析

水曜日には前週に行われた全レース分のデータを配布します。

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルになります。

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

また、エクセルでの全レース分析データの配信と同時に、メルマガ内にて前週の全レースの中で不利を受けたりペースに泣かされたりして次走は狙い目だと思われる馬を多数ピックアップしてお伝えしております。

↓こんな感じ↓

この次走注目馬リストをnetkeibaのMy登録馬に書きいれたり、JRA-VANのMy登録馬に書き込んでおけば、その馬が次に出走してきた時には狙い目が丸わかり!他のファンよりも間違いなく一歩先へ行った予想ができると思います。

 

【木曜日】新馬戦レビュー

木曜日は前週のレースの中でも特に新馬戦だけを抜き出して、そのレースレベルや勝ち馬の将来性についてを配信しております。

↓こんな感じ↓

水曜日に全レースの回顧を配信した上で、新馬戦に関してはここまで細かいレビューを出しています。まず他ではここまでの回顧は出していないでしょう。とにかく競馬を極めたいマニアな方のために新馬もここまでやっちゃいます。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

いまご登録頂ければ本日の回顧号からすぐにお読み頂けますので、是非とも今週分からお試しにお読みいただければと思います。

 

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

関連記事

昨年は4競争全制覇!今年も香港国際競争の予想を配信します

今週末はJRAでは阪神ジュベナイルフィリーズ、中日新聞杯、カペラステークスとありますが、それに加えて

記事を読む

ドバイターフ2018の予想を公開!

ドバイターフ2018(メイダン 芝1800m)の予想です。 3月31日にドバイのメイダン競馬場

記事を読む

凱旋門賞の予想を公開!

サクッとになりますが、凱旋門賞の予想を公開しておきます。今日は阪神メインで大本線で的中できて、大幅プ

記事を読む

【ドバイワールドカップ2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

ドバイワールドカップ2018(メイダン ダート2000m)の考察です。 3月31日にドバイのメ

記事を読む

ドバイワールドカップ2017の予想を公開!

ドバイワールドカップ2017(メイダンダート2000m)の考察です。 3月25日にメイダン競馬

記事を読む

コーフィールドカップ2018の予想を公開!

コーフィールドカップ2018(コーフィールド芝2400m)の考察です。 10月20日にコーフィ

記事を読む

メルボルンカップ2018の予想を公開!

メルボルンカップ2018(フレミントン芝3200m)の予想です。 11月6日にフレミントン競馬

記事を読む

【ドバイゴールデンシャヒーン2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

ドバイゴールデンシャヒーン2018(メイダン ダート1200m)の考察です。 3月31日にドバ

記事を読む

【2016】香港カップの予想を公開!

今日は12/11(日)に行われる香港カップの予想です。 土曜競馬は平場はまずまずでしたが、チャ

記事を読む

【ドバイターフ2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

ドバイターフ2018(メイダン 芝1800m)の考察です。 3月31日にドバイのメイダン競馬場

記事を読む

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑