*

ビジネス的馬券論

ここでは旧アメーバブログ時代に大きな反響を呼んだ「馬券論」を掲載します。

これをお読み頂ければ、私の競馬、馬券に対するスタンスがこれを読んでいただければおわかり頂けると思う。今までなんとなく競馬をして、なんとなく負けている人には目から鱗の内容になっているかと思うので、はじめてこのサイトに来た方には一読をおすすめします。

ビジネス的馬券論①

[1]競馬をビジネスと考える [2]競馬の三要素とは? [3]予想力と馬券力

ビジネス的馬券論②

[1]馬券収支管理 [2]競馬を会計視点で考える [3]少点数で高配当を狙え

ビジネス的馬券論③

[1]レースの性質を考える [2]客観的データを重視する [3]競馬の大局観を得る [4]努力をすれば結果はついてくる

 

この3つを読めば、あなたも少しは競馬、馬券に対して真摯になれるだろう。このサイトが「競馬はビジネスである」というタイトルである理由もおわかり頂けると思う。

 

※こちらに記載してある「ビジネス的馬券論」は2014年に前身ブログに掲載されたものです。当時からは考えや内容変わっている部分もありますので、その点ご了承ください。

なお、こちらの内容の最新版としまして、2016年7月15日に「競馬学特論」と題して講義を行った際のテキストがあります。こちらはイベント終了後もテキストのみで販売しておりますので、もしご興味ある方はそちらを読んでみてください。

レジまぐ商品の購入はこちら!

 

<テキストイメージ>

スクリーンショット 2016-07-14 16.15.31

<第1章. 競馬をする上での心得>
1-1 競馬は本当に勝てないものなのか?
1-2 公営ギャンブルの中で競馬は最も当てるのが難しい
1-3 いかにして回収率 100%の壁を越えるか
1-4 「勝ちたいならレース数を絞れ!」という定説への反論
1-5 まず何よりも先に帳簿をつける

<第2章. 現代競馬予想概説>
2-1 レースによる思考転換
2-2 穴馬を狙うことが競馬ではない
2-3 人気馬が走るレース、穴馬が走るレース
2-4 数学 I・A の知識が競馬には必須である
2-5 競馬力は地頭の良さに比例する
2-6 競馬予想とラプラスの悪魔

<第3章. 現代競馬買い方概説>
3-1 あなたは割り算ができますか?
3-2 当たる馬券しか買わない思考
3-3 予想と同時に買い方を考える
3-4 予想と同じ馬券しか買わない
3-5 座席を埋めるという買い方思考法
3-6 「本命→穴」と「穴→本命」は同じこと

<第4章. 現代競馬買い方実践>
4-1 2、3着固定馬券
4-2 行った行った馬券
4-3 枠順決め打ち
4-4 少頭数レース
4-5 断然人気馬からの馬連穴流し
4-6 ロジカル短縮確勝パターン

講義に参加できなくてもテキストだけでわかりやすいように作成しました。こちらだけでも私の考えをご理解頂ける内容になっているかと思います。

お値段の方はセミナーの参加費と同じ2000円(税別)とさせていただきます。一般的な競馬書籍と同じくらいの値段設定にさせていただきましたので、ご興味ある方はお買い求めください。

レジまぐ商品の購入はこちら!

https://regimag.jp/f/file/detail?sale=1040&purchase_form=open

クレジットカードでのお支払いとレジまぐポイントでのお支払いが可能です。クレジットカードをお持ちでない、使えないという方はレジまぐポイントでのお支払いであればコンビニ決済や銀行振込が可能です。詳しくは上記リンク先にてご確認ください。

 


公開日:
最終更新日:2016/12/31

全日本2歳優駿2017の予想を公開!

全日本2歳優駿(川崎1600m)の予想です。 12月13日に川崎

【朝日杯フューチュリティステークス2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

朝日杯フューチュリティステークス2017(阪神芝1600m)の考察です

【2017】カペラステークスの予想を公開!

カペラステークス2017(中山ダート1200m)の予想です。 1

【2017】阪神ジュベナイルフィリーズの予想を公開!

阪神ジュベナイルフィリーズ2017(阪神芝1600m)の予想です。

【2017】香港カップの予想を公開!

香港カップ2017(シャティン芝2000m)の予想です。 12月

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑