*

ホープフルSの予想を公開!

公開日: : 重賞レース考察・予想

東スポにて看板記者として活躍している虎石晃(トライシアキラ)氏の予想がネットで見れるという事で、試してみました。

メールアドレスを入力して返ってきたメールに書かれているアドレスを
クリックして登録完了でした。

まずは混戦模様だったジャパンカップ。
虎石氏がどんな予想をするのか楽しみにしていたところ・・

実際配信された予想(無料)
===========================================
11月29日(日)東京11R ジャパンカップ(G1)

◎6ラストインパクト
○1ラブリーデイ
▲11ミッキークイーン

ワイド 6−1、11
===========================================

ラストインパクトが軸?7番人気で単勝23.9倍ですけど・・

大丈夫か?
と心配になりましたが、東スポ看板記者の予想力を信じてワイド馬券を購入。

すると・・

1着…ショウナンパンドラ
2着◎6ラストインパクト
3着○1ラブリーデイ

で入線!!


ワイド890円的中!!

さすがです。ありがとうございます。

 

その翌週は金鯱賞が勝負レースという事でしたので、金鯱賞の馬券を購入しました。

実際配信された予想(月額840円の有料予想)
===========================================
12月5日(土)中京11R 金鯱賞(G2)

◎10ミトラ
○2サトノノブレス
▲5レーヴミストラル

単勝+複勝 10
馬連ながし 10−2、5
ワイドながし 10−2、5
===========================================

5番人気のミトラが本命?

なかなか攻めるな・・

ジャパンカップ当ててくれたし、虎石氏が勝負レースに選んだレースなら大丈夫でしょう!!
という事で虎石氏の指定通りの買い目を購入。

1着◎10ミトラ
2着…ディサイファ
3着○2サトノノブレス

で入線!!


単勝 900円的中!!


ワイド 970円的中!!

 

虎石氏の勝負レース・・信頼できるわ〜。

しかも点数が少ないので収支は断然プラス!

その翌週は残念ながら的中ナシ。

しかし!その翌週にまた勝負レースでキッチリ巻き返すのが虎石氏!!

実際配信された予想(月額840円の有料予想)
===========================================
12月20日(日)中山4R 2歳未勝利

◎11アップクォーク
○8キャニオンロード
▲9ドラゴンテリー

馬連ながし 11−8、9
ワイドながし 11−8、9
===========================================

印3頭だけ?でもこれだけ買い目を絞ってくれると馬券代も少なくて済むので助かる。

という事で馬連とワイドを購入。

すると・・

1着○8キャニオンロード
2着◎11アップクォーク
3着…ヴィガーエッジ

で入線!!


馬連 1,920円的中! ワイド 630円的中!


虎石氏の勝負レース・・神過ぎる(^^)

まずは今週、無料で虎石氏の今週の買い目を体験してみて下さい!


虎石晃(トライシアキラ)氏の有馬記念と阪神カップ予想はコチラ

※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLをクリックして登録を完了させてください。フリーメールアドレスで登録できます。

登録後、「馬スピ特報 」というコーナーをご覧ください。

 

 

ホープフルS 予想

さて、有馬記念の前座として定着した感じのあるホープフルS。

今年の2歳牡馬は相当レベルが高そうで、ここもロードクエストやバティスティーニを筆頭にかなりの素質馬が揃った印象。現状、2歳最強は朝日杯王者のリオンディーズと見られているが、このホープフルSで待ったをかける馬がいるのか、それをしっかりと見届けたい。

 

昨年は勝ったシャイニングレイがあっさりと弥生賞で脱落。2、3着のブラックバゴとコメートも早熟だった感じが強く、このレースから出世する馬は出なかった。その結果、立ち回りのうまかったシャイニングレイと中山適性あった2頭で決まった印象。

ただし、今年も同じように中山適性だけで予想すると危なそうな感じがします。というのも、昨年は16頭立てのレースでしたが、今年は13頭立て。GIの朝日杯と同じくらい賞金が高いレースなのになぜここまで頭数が揃わなかったのか。

 

それは「ここは勝てない」と思う陣営が、かなり自己条件のレースに回ったから。

新潟2歳ステークスの強さで関係者の間ではロードクエストは化け物という評判だということですし、それに加えて黄菊賞を圧勝したバティスティーニまで来るとなればそりゃ出走前からお手上げというのも仕方ないか。

そういう事情で少頭数になった今年のホープフルS。出走馬は捌きやすいレースになりそうですし、メンバーを見てもスローペースはかなり濃厚。スローからの一気のギアチェンジ勝負になる可能性が高く、中山適性というよりもどの馬が強いかの能力比較がきちんとできているかが問われそうと見ています。

ここは絞って強い馬からの少点数ドカンを狙います。

 

 

 

本命は◎ロードクエストにしました。

私、1番人気の馬に本命を打つことなんてほとんどないです。ここも本当はノガロが出ていたらそちらに本命を打つ予定でしたが、回避したおかげで他に穴馬も見つからないので、素直にロードクエストの強さを信頼します。

新馬戦、新潟2歳Sのレースを見る限り、現時点でリオンディーズと対等に戦える数少ない1頭という評価。前走のパフォーマンスを見る限り、普通は単勝1.5倍くらいになっておかしくない馬ですが、距離延長の不安とマツリダゴッホ産駒ということで2倍台に落ち着きそう。単勝2倍ということは2回に1回勝てば良い期待値ということ。おそらくここではレベルが違うはずなので2回に1回は勝つでしょう。ここは未知の馬に人気が行った分、素直にこの馬の強さを信頼したい。

心配されている距離延長ですが、ここ2戦を見る限りこの馬のセールスポイントは、長く良い末脚ではなく、ギアチェンジの速さと一瞬の末脚と言えそう。それでも左回りの直線の長いコースを勝てたのは、ただ能力が抜けていたからであり、本当の適性は2000mくらいのペースで一気にギアチェンジをして差し切るようなレースにありそう。新潟2歳Sで馬なりで一気に先行馬に並びかけたシーンなどを見ても、中山の4コーナーから直線で一気に先行馬を捉えてあっさりと突き抜けるのが目に浮かぶ。

今回はスローペース濃厚で、とにかく中山の直線でどれだけギアチェンジ速く一瞬の末脚を使えるか、というレースになりそうで、そうなればこのメンバーなら大外からぶち抜いて圧勝するだろう。

 

この馬を本命に推す分、逆に玄人が単穴として推してきそうなバティスティーニは少し嫌ってみたい。

単勝はロードクエストが超大口が何件か入ったので2倍前後になっているが、馬単などの他の券種を見てみると、バティスティーニはそこまでロードクエストと差のない人気になっている印象。ライト層がロードクエストを推す分、競馬を知っている人はバティスティーニから買っている、という印象を抱きました。

この馬、確かに前走は見た目にも凄い末脚で強い内容でした。負かしたレヴィンインパクトも強い馬なので、前走内容を評価しないとは口が裂けても言えません。

ただし、この馬は新馬戦、黄菊賞ともに持久力勝負しか経験していません。新馬戦は自ら先手を奪ってペースを操作し、ロングスパート気味のラップにまとめて勝ちきりました。黄菊賞はかなり速いペースを後ろから追走し、前がバテたところを鋭く後ろから差してきた印象。黄菊賞は鮮やかな末脚に見えましたが、実は上がり時計は35.4もかかっています。それだけ消耗戦の相対差しだったということ。

このパターンで人気をかぶってぶっ飛んだのがロスカボス。あの馬も同じキングカメハメハ産駒で、持久力勝負のみ2戦2勝という内容で、東スポ杯で一気にギアチェンジ戦になって何もできずに負けました。このバティスティーニも今のところロスカボスと同じく、持久力が活きるレースしか経験していません。新潟2歳Sで32秒台の末脚を使ったロードクエストと比べると一瞬の末脚では劣るように考えます。

そしてこの馬が一番危ないと思うのは、スタートが本当に下手だということ。新馬戦も出遅れて少頭数をかきわけて無理矢理先行した感じで、黄菊賞も出遅れて後ろからの競馬に。ロードクエストもスタートはダメな馬ですが、あちらは爆発的な瞬発力があるのはわかっています。この馬がもしギアチェンジ戦が苦手とすると、出遅れたらその時点でアウトな気がします。

というわけで、一応の評価は☆バティスティーニは特注としました。もちろんまだ見せていないだけで、ギアチェンジ戦もずば抜けて強いという可能性はありそうなので、そうなった場合は仕方なしと考えています。中山芝2000mの少頭数ギアチェンジ戦を想定した時に、どちらの人気馬を嫌うかと言われればこちらを選びます。複雑な券種を買いそうな玄人層がこちらを推しそうなので、バティスティーニが飛べばどの券種も跳ね上がります。

 

代わって対抗評価とするのは◯ブラックスピネルにしました。

この馬もバティスティーニのように持久力を武器にするタイプですが、バティスティーニと違ってこの馬は抜群にスタートと立ち回りが上手いのが特徴。戦ってきた相手もロスカボス、スマートオーディンと間違いなく強いメンバーで、ロードクエスト以外のメンバー比較の中では能力上位なはず。ある程度の決め手も萩Sで見せていますし、外枠でも先行して2、3番手を取れればなかなかロードクエスト以外には差されないと思っていますが果たして。

 

三番手評価は▲ディーマジェスティとしました。

とにかくこのレースは重めのディープインパクト産駒が走るレース。クラシックでは活躍できないけど、冬の中山なら活躍できるというタイプのディープ産駒が良く走ります。この馬は前走は大外枠から豪快に外を突き抜けて快勝。レースレベルもなかなか高そうだったので、ここでも通用しそう。スローペースからのギアチェンジ戦になればそりゃディープ産駒には優位に働くはず。有力な2着候補と見ています。

※出走取消

 

ハートレーは現時点では半信半疑。新馬戦を見ても強いとは思いますが、1戦1勝馬で過度な期待は禁物とも思います。ちょっと売れすぎている感じがするので、できればブラックスピネルやディーマジェスティの方に期待したい感じ。

 

アドマイヤエイカンは札幌2歳Sと京都2歳Sのレベルがあまりにも低すぎる。この2レースは今年の2歳重賞の中でも1、2を争うレベルの低さで、ここで好走していたとしても、今回のメンバーに入ったら格下でしょう。父ハーツクライに今の中山で爆走しているデピュティミニスターを母父に持っているということで、いかにも血統派に買われそうですが、冷静に見てこの馬に4番人気10倍の能力はありません。

 

プランスシャルマンはスローペースからのギアチェンジ戦は向かなそう。ベストは東京コースで長く良い脚を使うレースで、中山コースは本質的に向かないはず。芙蓉Sでプロディガルサンを物差しにして計られそうですが、どうもプロディガルサンは相手なりに走る印象のある馬で、あの馬基準でこの馬の能力を決めるのはまずい気がします。

 

ブレイブスマッシュは迷いましたがマイラーと見ています。反応が良すぎる馬で、かといって爆発的な決め手はない馬なので、今回はまずキレ負けするんじゃないでしょうか。トーセンファントム産駒は冬になってマシェリガールにしてもハレルヤボーイにしても一気に萎れた印象。この馬も前走以上の結果が出るとはあまり思えません。

 

印まとめ

◎ロードクエスト
◯ブラックスピネル
▲ディーマジェスティ
☆バティスティーニ
△ハートレー

 

関連記事

【2016】阪神大賞典 / 枠順&展開考察(シュヴァルグラン、トーホウジャッカル等の枠順は如何に)

今日は3/20(日)に行われる阪神大賞典の枠順&展開考察を行います。阪神芝3000mで行われ

記事を読む

枠順発表後の函館記念の見解

今朝のニュースでエピカリスがレパードステークスで始動という情報が入ってきました。 先日のジャパ

記事を読む

【中山牝馬ステークス2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

中山牝馬ステークス2019(中山芝1800m)の考察です。 3月9日に中山競馬場で開催され発走

記事を読む

【京都大賞典2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

京都大賞典2020(京都芝2400m)の考察です。 10月11日に京都競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

【中山金杯2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

中山金杯2020(中山芝2000m)の考察です。 1月5日に中山競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

【ステイヤーズステークス2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

ステイヤーズステークス2019(中山芝3600m)の考察です。 11月30日に中山競馬場で開催

記事を読む

京王杯2歳ステークス2017の予想を公開!

京王杯2歳ステークス2017(東京芝1400m)の予想です。 11月4日に東京競馬場で開催され

記事を読む

ターコイズステークス2019の予想を公開!

ターコイズステークス2019(中山芝1600m)の予想です。 12月14日に中山競馬場で開催さ

記事を読む

京都新聞杯2017の予想を公開!

京都新聞杯2017(京都芝2200m)の予想です。 5月6日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【2016】京都牝馬Sの予想を公開!

【東スポ看板記者の予想はやっぱりすごかったです!】 東スポにて看板記者として活躍している虎石晃

記事を読む

クイーン賞2020の予想を公開!

クイーン賞2020(船橋ダート1800m)の予想です。 12月3

【チャレンジカップ2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

チャレンジカップ2020(阪神芝2000m)の考察です。 12月

兵庫ジュニアグランプリ2020の予想を公開!

兵庫ジュニアグランプリ2020(園田ダート1400m)の予想です。

【チャンピオンズカップ2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

チャンピオンズカップ2020(中京ダート1800m)の考察です。

11月5週のレース回顧〜まさしくこれぞ史上最高の一戦、あっぱれアーモンドアイ!

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑