*

葵ステークス2018の予想を公開!

公開日: : 重賞レース考察・予想

葵ステークス2018(京都芝1200m)の予想です。

5月26日に京都競馬場で開催され発走時刻は15:35です。出走馬はアサクサゲンキ、アンヴァル、タイセイプライド、トゥラヴェスーラ、オジョーノキセキなど。京都競馬場の芝1200mで行われる新設重賞です。

 

PR 【流行の指数サイトで的中!?今週は ★日本ダービー★

先週のオークスは皆様、どうでしたか?

最近、巷で噂の指数サイトを教えてもらったのでチラッと覗いてきました!
うまコラボオークスの指数順位はこんな感じでした。

では、実際の結果はどうでしょうか・・・?

指数人気馬が馬券圏内に絡みやすいという事がこの表を見ればわかりますね。
赤文字の数字をチェックしてみて下さい。

数字が低い馬が人気です。

指数上位馬を確認しつつ自分の予想と絡めて馬券購入を!!!

ー指数サイトを見るー
※登録は簡単!メールアドレスを入力するだけ!

今週末は日本ダービーが行われますね。
ワグネリアンが人気落としてきているので買い目だなーと個人的には考えてます。
軸になるのはダノンプレミアムしかいないので対抗ですかね。

2016年の日本ダービーうまコラボの指数結果です。

指数人気馬の5頭を絡めていれば的中する確率も大幅アップ!

3連単フォーメーションでうまく点数を絞りたいところ。
3連複だったら2頭軸でガッツリ抑えたいですよね。

的中率が高めの指数サイト「うまコラボ」の予想を参考にしてみませんか?


ダービーの予想はコチラです。
※登録は簡単!メールアドレスを入力するだけ!

 

葵ステークス 2018予想

葵ステークスの週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

今年から重賞に格上げされた葵ステークス。登録メンバーを見た時には「さすが重賞になっただけあって凄いメンバーが集まったもんだ」と思ったものですが、この路線は賞金を持っている馬が多数いるおかげで有力と見られていた馬(アルジャーノン、アルモニカ、イエローマリンバ、エイシンデネブ、モズスーパーフレアなど)がこぞって除外の憂き目に。

加えて無敗で人気の中心になると見られていたアンフィトリテも故障離脱。結局、揃ったメンバーは例年と変わらないようなレベルで、今年から重賞になったと言っても大して傾向は変わらなそう。

 

葵ステークスが行われるのは京都芝1200m。この条件はJRAのスプリント戦の中でも珍しいスタート直後に登り坂があるコース設定。中山芝1200mや小倉芝1200mはスタート直後が下り坂になっているので激流になりやすいですが、京都芝1200mは登り坂なのでそこまでテンのスピードが速くなりにくい。

その上で3〜4コーナーが下り坂になっていて直線が平坦コースなので、内枠から前に行った馬が止まらないというのが京都芝1200m=葵ステークスの傾向。上の過去5年のレース結果を見てもわかるように、この馬は反則級に内枠の先行馬ばかりが走っています。

 

過去3年の直線入り口のキャプチャ画像を見ても内枠からある程度の位置につけた馬が上位を独占。ただでさえ内枠先行馬が圧倒的に有利な条件で、この時期の京都の高速馬場となるともう外枠から差してくる馬は絶望的に不利と言っていい。

 

今年はモズスーパーフレアやアルモニカなど先行タイプの有力馬が登録時にはズラリと揃っていたので、流石にメンバーレベルも上がって差しが決まる傾向に変わるかとも思いましたが、前述の通りでほとんどの有力馬が除外されてしまった事で先行争いもさほど激しくはならなそう。

もうこうなれば例年の傾向通りに内枠先行組の粘り込みを中心に予想は組み立てたい。

 

というわけで予想の発表。

 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

葵ステークス 2018の印

本命 ◎ラブカンプー

本命は絶好枠を引けたこの馬の粘り込みに期待する。

この馬は抜群のスタートの速さを活かした逃げが売りの馬で天性のスプリンターと見て良さそう。それだけにここ2戦は距離が長い上に展開も向かずで最悪の条件だった。それでもアーリントンCでは抜群のスタートを見せていましたし、フィリーズレビューでは超ハイペースを大外枠から先手を取り切るなどスピードは相当なものがあるだろう。

3走前のかささぎ賞では小倉芝1200mで33.9のペースで逃げて先行馬全てを潰して勝利。京都の未勝利勝ちでも圧巻の強さを見せていましたし、おそらくこの馬は直線平坦なコースでスピードを活かせる条件が最も合う。その中でも前半がオーバーペースになりにくい京都芝1200mがベストだろう。

今回のメンバーを見渡しても何が何でも逃げたい馬はこの馬ぐらいですし、前走逃げていた馬といってもそのほとんどがスローペース。この馬が内枠から抜群のスタートで先手を主張してしまえば隊列はすぐに落ち着きそうで、案外前半34.2ぐらいで行けるんじゃないだろうか。

近走の成績が悪いせいでそこそこ人気を落としそうだが、1200m戦に限定すれば4戦4連対。その上、この馬は過去2回の短縮ローテでの1200m戦で2戦2勝の実績。まさに今回、短縮ローテでベスト条件に挑めるというわけで、ここは自分の競馬さえできれば期待大だろう。

 

対抗 ◯アサクサゲンキ

対抗は内枠で先行できるとなればアサクサゲンキの評価は落とせない。

小倉2歳ステークスを制した時にはそこまで大物感はなかったが、京王杯2歳ステークスやファルコンステークスでそこまで適性高くないにしてもきっちりと格好をつけてきたあたりは能力の高さだろう。

ベストはスプリント戦だと思いますし、この内枠からスッと先行策を取れれば本命馬と一緒に行った行ったを決める可能性は高いんじゃないでしょうか。

 

単穴 ▲アンヴァル

三番手はこの世代でも最高のスプリンターと見ているアンヴァルにします。

道悪の500万を圧勝した後の福島2歳ステークスが圧巻の内容で、ハイペースを馬なりで先行してほぼおさえたままで後ろを突き放す大楽勝。あのレースを見ただけでもスプリンターとしての才能は相当高そうだ。

ここ2戦は距離が長くて適性外条件と考えて良さそう。ハイパフォーマンスをみせているのが時計のかかる馬場というのは気にかかるが、まず京都コースでも強い競馬を見せてくれる可能性が高そうです。

 

特注 ☆トゥラヴェスーラ

末脚魅力のトゥラヴェスーラは四番手まで。

叔母アストンマーチャンのスピードと父ドリームジャーニーのピッチ走法が上手くミックスされたような馬で、強烈なピッチ走法での差し脚が武器。前走を見ても最後は突き放す一方のワンサイドゲームでしたし、普通にこの馬は世代上位の酢プリンターである可能性が高い。

当然今回も上位評価とするが、例年内枠の先行馬しか来ないレースだけに、後々は大成するにしても今回は枠順と位置取りに泣いて差し損ねというパターンになりそうな感じはする。

 

△ ペイシャルアス <穴推奨>

穴っぽいところではペイシャルアスが面白そう。

ここ4戦ほどは距離、馬場、ペースなど条件向かないレースばかり。もともとカンナSで芝1200mのオープンを勝っている馬ですし、今回は得意条件で内枠が引けたとなれば一発穴を開けても驚けない。

 

△ セイウンクールガイ

久々の芝レースになるがセイウンクールガイは一発あっても驚けない。

前走はダート戦だったがなかなか骨っぽい相手に勝利した好内容。もともと芝は未勝利で上位に走れていましたしヨハネスブルグ産駒なら適性的にも問題なし。力をつけての今なら芝のオープン戦で戦えても。

 

△ オジョーノキセキ

前走が強い競馬だったオジョーノキセキは抑えまで。

出遅れた事で脚が溜まって前走は最後に鋭い末脚を披露。陣営はどうも前走の走りを気に入ったようで今回も末脚を伸ばすような競馬をさせる模様。キンシャサノキセキ産駒は早熟タイプが多く成長あまり見られませんし、今回のメンバーで差しに回ると期待値は低そう。

 

△ タイセイプライド

人気の一角になりそうなタイセイプライドはそこまで評価できない。

キャリアハイのパフォーマンスがクリスマスローズCだったのを見てもスプリント適性が高いのは認めるが、あのレースは中山の馬場が外差しバイアス強く働いておりハイペースも味方していた。今回は内枠先行有利のレースになりそうで恐らくこの馬は枠なりに位置を落としそう。京都コースでズバッと差してこれる末脚はないと見ています。

 

印まとめ

◎ラブカンプー
◯アサクサゲンキ
▲アンヴァル
☆トゥラヴェスーラ
△ペイシャルアス <穴推奨>
△セイウンクールガイ
△オジョーノキセキ
△タイセイプライド

勝負度C

 

推奨馬券

このレースの買い方に関しましては、メルマガにてのみの公開とさせていただいております。会員様はメルマガにて閲覧ください。

重賞以外の平場の予想はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

今週末は日本ダービー週でお祭りという事で平場のレースは全レース予想を配信します!メルマガに登録いただければすぐにお読みいただけるのでぜひこの機会に読んでみてください。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、早いもので2018年も5月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行3年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】重賞回顧データ配布

ここは以前と変わらず、重賞回顧データを配布します。なるべく月曜中に重賞は回顧をお届けできるようにいたします。

 

【火曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、火曜日の夜にメルマガにて予想を配信しております。

※地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開とする場合がありますのでご了承ください。

 

【水曜日】全レース分析

水曜日には前週に行われた全レース分のデータを配布します。

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルになります。

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

また、エクセルでの全レース分析データの配信と同時に、メルマガ内にて前週の全レースの中で不利を受けたりペースに泣かされたりして次走は狙い目だと思われる馬を多数ピックアップしてお伝えしております。

↓こんな感じ↓

この次走注目馬リストをnetkeibaのMy登録馬に書きいれたり、JRA-VANのMy登録馬に書き込んでおけば、その馬が次に出走してきた時には狙い目が丸わかり!他のファンよりも間違いなく一歩先へ行った予想ができると思います。

 

【木曜日】新馬戦レビュー

木曜日は前週のレースの中でも特に新馬戦だけを抜き出して、そのレースレベルや勝ち馬の将来性についてを配信しております。

↓こんな感じ↓

水曜日に全レースの回顧を配信した上で、新馬戦に関してはここまで細かいレビューを出しています。まず他ではここまでの回顧は出していないでしょう。とにかく競馬を極めたいマニアな方のために新馬もここまでやっちゃいます。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

いまご登録頂ければ本日の回顧号からすぐにお読み頂けますので、是非とも今週分からお試しにお読みいただければと思います。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

関連記事

エプソムカップ2017の予想を公開!

エプソムカップ2017(東京芝1800m)の予想です。 6月11日に東京競馬場で開催され発走時

記事を読む

【2016】エプソムカップの予想を公開!

今日は6/12(日)に行われるエプソムカップの予想です。東京芝1800mで行われるGIII戦です。

記事を読む

毎日杯 [3] ダートっぽい馬が大穴をあけるレース

このサイトで何度も書いてますが、今週末は土曜日の馬場状態次第でいくらでも日曜のレースの結果が変わりそ

記事を読む

ファンタジーS [3] 勝ち馬を固定する

いやぁもうですね、京王杯2歳ステークスといい、ファンタジーステークスいい、私ただでさえ2歳重賞はあま

記事を読む

アルテミスステークス2017の予想を公開!

アルテミスステークス2017(東京芝1600m)の予想です。 10月28日に東京競馬場で開催さ

記事を読む

日経賞 [2] 長距離適性が重要視される一戦

さて、いよいよ今週末からプロ野球が開幕。 近年ここまで開幕が楽しみなシーズンもないでしょう。

記事を読む

日本テレビ盃の予想を公開!

ふう、半日かけて先週のレース映像をすべて見終わりました。先週までは2場開催だから良かったものの、今週

記事を読む

【京都記念2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

京都記念2018(京都芝2200m)の考察です。 2月11日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【2016】日経賞の予想を公開!

今日は3/26(土)に行われる日経賞の予想です。中山芝2500mで行われるGII戦です。 【PR】

記事を読む

【2017】中日新聞杯の予想を公開!

中日新聞杯2017(中京芝2000m)の予想です。 12月9日に中京競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【ラジオNIKKEI賞2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

ラジオNIKKEI賞2018(福島芝1800m)の考察です。 7

宝塚記念含む週末競馬の総括と頑張れ日本代表!セネガル戦

さて、今週も土日の中央競馬が終了いたしました。お疲れ様でした。

パラダイスステークス2018の予想を公開!

パラダイスステークス2018(東京芝1400m)の予想です。 6

宝塚記念2018の予想を公開!

宝塚記念2018(阪神芝2200m)の予想です。 6月24日に阪

大沼ステークス2018の予想を公開!

大沼ステークス2018(函館ダート1700m)の予想です。 6月

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑