*

中山牝馬ステークス2023の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2023/03/16 重賞レース考察・予想

中山牝馬ステークス2023(中山芝1800m)の予想です。

3月11日に中山競馬場で開催され発走時刻は15:45です。出走馬はアートハウス、スルーセブンシーズ、クリノプレミアム、ストーリアなど。中山競馬場の芝1800mで行われるGIIIです。

 

[PR] 中山牝馬S2023攻略法

5歳馬にはやはり注目!
そして荒れ重賞対策OK

荒れ牝馬重賞大得意!!
ココを最後に見ておきましょう!

──────────────────

中山牝馬Sに関するデータをご紹介

過去10年の年齢別成績では5歳馬が(6-6-5-39)複勝率30.4%は他世代にダブルスコア差をつけて優勢、大波乱だった昨年も15.12.1番人気の5歳馬で上位独占でした。ただし人気の5歳馬はそれほど信頼度は高くなく、それよりも4~7番人気の5歳馬だと複勝率57.1%と優秀
少し人気のない5歳馬が面白そうです。
──────────────────
エイシンチラー?イリマ?スライリー?
最後はここの買い目と答え合わせへ

府中牝馬ステークス
2022
5000円→37750円
エリザベス女王杯
2022
5000円→446050円

そして先日荒れた中山記念2023
3連複10点の計5000円→100850円

中山牝馬S2023今年も荒れますって!
そして答え合わせ↓↓
中山牝馬S2023無料開放期待
メール登録し前夜必ず見ておいてください。無料公開=自信の表れです!!!

 

中山牝馬ステークス 2023 予想

先出し本命候補(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

中山牝馬ステークスのレース概要

中山芝1800mで開催される牝馬限定のハンデ重賞。牡馬混合戦だと中山芝1800mはスピード性能が問われる舞台ですが、牝馬同士のレースになると平均ラップで流れて直線に坂もあるのでスタミナがはっきり問われるのが特徴。過去5年のレース結果を見ても小回りコースにしてはやたら差し追い込みが決まっていますし、スタミナ上位の馬が最後はズバッと差し込んでこれるレースと言えます。

スロー瞬発戦が多い現代競馬においてあんまり問われないスタミナが重要なレースですし、それでいてハンデ戦の牝馬限定重賞ですから波乱は当たり前。当然のように二桁人気がしれっと激走する傾向で、あんまり堅く決まるとは考えないほうが良いレースです。

 

データ的な見地からの考察

中山牝馬ステークスはそこまで特筆するようなデータ傾向はなし。強いて挙げるとすれば年齢別の成績でしょうか。


※過去10年の中山牝馬ステークスの年齢別成績

こうして見ても明け5歳馬の成績が勝率、複勝率、回収率で全て優秀。昨年も大波乱の結果でしたが、好走したのは全て5歳馬でした。馬のセレクトで迷ったら5歳馬を買うといいレースだと思います。

 

ラップ的な見地からの考察

2020年と2021年が不良馬場での開催になったのでそこは例外と考えたほうが良さそう。それ以外の年を見ても、大体はやや後傾ラップの平均ペースで流れている感じ。それでも先行馬は厳しいレースになることが多く、レース上がりが35秒台中盤ぐらい掛かって最後は差しがズバッと決まることも多いです。

 

血統的な見地からの考察

これまでずっと書いてきた通りで中山牝馬ステークスは牝馬限定重賞の中ではスタミナが問われるレース。血統傾向を見てもスタミナ寄りの血統の好走が目立っており、ロベルト系、サドラーズウェルズ系、トニービン系、ステイゴールド系など長距離を走りそうなスタミナ血統が相性良さそうです。

 

レベルや馬場、展開などを踏まえて今年はどんなレースになりそうか?

中山競馬場の芝コースは気温上昇で芝の育成が進んで高速化の真っ最中。今週もかなり速い時計が出る馬場になりそう。馬場自体は使われて差しも決まる馬場になってきていて、ちょうどフラットな差しも効く馬場というイメージでいいでしょうか。

例年、スタミナタイプの差しがズバッと決まるレースですが、今年は逃げ先行タイプの数が少なくウインピクシスの楽逃げでスローペースの展開が濃厚。差す競馬にしても大外をぶん回すのではなくロスなく立ち回れる馬が有利になりそうです。

 

考察まとめ

【レース質】スタミナが問われるレースだが今年はスロー濃厚。<■□□■>

【波乱度】毎年のように波乱が起きている

【ラップ特徴】平均ペースで流れやすいが今年はスローになりそう。

【血統特徴】スタミナ溢れる血統が好走しやすい。

【狙えるタイプ】5歳馬優勢

【狙えるタイプ】バテずに最後まで脚を使える馬

 




 

中山牝馬ステークス 2023の印

【本命 ◎5 サトノセシル】

血統イメージ通りにキレはないが持続力とスタミナに秀でた馬で、ベスト条件は「小回りの芝1800m-2000mで上がりがかかる舞台」

クイーンSの時にも8番人気で本命を打ったが、1コーナー手前でごちゃつく不利があったとはいえ勝ち馬と3着馬がインベタでロスなく進める展開でこの馬だけ3コーナーから外を捲り気味に進出する競馬でタイム差なしの2着。間違いなくこの馬が最も強い競馬をしていたはずで、もう少しまともに乗ってくれていればクイーンS勝ちはこの馬だっただろう。

その後は適性ゼロの東京コースで府中牝馬Sを大健闘の4着。福島記念は適性条件で牡馬相手にしっかり2着に走りましたし、前走の愛知杯は超スローペースでキレ負けしただけで力負けとは考えなくてよさそう。

今回はこの馬が走れる「小回りの芝1800m-2000mで上がりがかかる舞台」になりますし、枠並びを考えてもこの枠なら逃げるウインピクシス、番手を取るアートハウスの後ろぐらいの絶好位を確保できそう。クイーンSの時よりもロスなく運ぶことができれば、今回の条件なら普通に重賞は勝てていい馬だと思います。

 

【対抗 ◯4 アートハウス】

綺麗なほどに1着と着外を繰り返しているジグザグ戦歴の馬。これは反動が出やすくてフレッシュな状態の時しか走らないというのもあるが、スローペースのぬるま湯レースの時だけ走っている感じもします。

今回はどう見てもスローペースになりそうなメンバー構成で、内枠からスッと好位が取れそうな枠並び。これぐらい間隔が空いていればフレッシュさはありそうですし、今の川田騎手ということを考えても順当に走ってくる可能性の方が高いか。崩れる時はあっさり崩れる馬なので全幅の信頼はしたくない。

 

【単穴 ▲12 ストーリア】

秋華賞では1コーナーで致命的な不利を受けて位置を落とすロス。それでいて最後は差し込んできてアートハウスとは僅差でしたし、長く良い脚を活かせれば重賞レベルでも戦える馬と見ていいだろう。

ここ2戦はテンで位置を落として脚を余すようなレースに終わっていますが、今回は鞍上が横山武史騎手なら積極策でくると見て間違いなさそう。おそらくテンからガシガシ追ってウインピクシスの2番手ぐらいのポジションを取ってきそうですし、先行できて長く良い脚を活かせればアートハウスとそう差はないだろう。

 

【特注 ☆9 クリノプレミアム】

右回りコースの1800m-2000mで折り合いをつけられれば長く良い脚を使える馬。昨年はブービー人気での勝利だったが、かなり外を回っていて強い競馬。その後は右回りコースの1800m-2000mでは崩れ知らずですし、昨年勝っているようにこの条件はベスト。今年も不調が続くデムーロがミスしなければ有力だろう。

 

【△7 エイシンチラー】

1勝クラス勝ちや3勝クラス勝ちを見ても小回りコースで自在に脚を使える馬で、直線の長いコースで絶対的な末脚を活かしてこそというよりは小回りコースで立ち回りを活かしてこそ。小回りの芝1800mという条件自体は合いそうだが、リアルインパクト産駒で1800mはギリギリという感じのイメージ。ここ2戦を見ても位置は取れて末脚はジリっぽいですし、先行して展開に恵まれたとしてどこまでやれるか。

 

【△8 スルーセブンシーズ】

牝馬の中ではスタミナ上位の馬で中山コースのスタミナ勝負は得意。ただ、高速馬場の芝1800mは少し忙しそうな感じがあり、ルビーカサブランカのような感じで追走に戸惑って脚を余しそうだ。ルメールの手腕でどこまで差し込んでこれるか。

 

【△10 ラルナブリラーレ】

これまでのレースぶりを見てもじっくり溜めて一瞬の脚を活かしてこその馬。愛知杯や阪神牝馬ステークスを見てもマイル以上の距離では位置を取る競馬ではさっぱりダメな感じで、今回は1800mの距離となると近走のような後方待機戦法でハマるかどうかだろう。

連続して中山で穴を開けている菅原騎手でハーツクライの弔いにもなるのでいかにも穴で売れそうだが・・・

 

【△11 スライリー】

とにかくじっとして一瞬の決め手を活かす競馬なら最後は差し込んでこれる馬。近走は合わない条件続きで、今回のレースは条件的に良さそうだが相沢厩舎は休み明けが走らない。クラッシャー気味に途中で捲る騎乗が多い津村騎手のテン乗りというのもどうか。

 

【△13 イリマ】

スカーレットカラーの半妹でこの母系はとにかく溜めて良さが出る馬が多い。近2走は前残りレースやスローペース戦で向かないレース続きですし、今回はハンデ戦で差しが決まるレースになれば。あんまり木幡巧騎手に合うイメージの馬ではない。

 

【△14 ウインピクシス】

松岡騎手が早くから重賞級と評価していた馬だが、直近の3勝は全て展開に恵まれてのもの。今回もスローペースの逃げが打てそうだが、一気の相手強化でアートハウスに番手からマークされる展開でどこまでやれるか。

 

【推奨買い目】

三連複 5→4,12,9→4,12,9,7,8,10,11,13,14 (5→4,12,9は重ね買い)

馬連 5→4,12,9 (5→4,12は重ね買い)

単勝 5 サトノセシル

 

【買い目及び予想のポイント】

ここは絶好条件で枠並びも完璧に見える◎サトノセシルが5番人気で買えるなら面白いはず。展開や相手関係を考えても人気どころの◯▲☆は相手として堅そうな感じはするが、かなり波乱の起きるレースなので3列目は広めに買いたい。

 

関連記事

【キーンランドカップ2019の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

キーンランドカップ2019(札幌芝1200m)の考察です。 8月25日に札幌競馬場で開催され発

記事を読む

【小倉記念2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

小倉記念2022(小倉芝2000m)の考察です。 8月14日に小倉競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

チャレンジカップの予想を公開!

【今年は300万円級の大波乱!?阪神ジュベナイルF(G1)はあの馬が荒らす!?】 ★★━━━━

記事を読む

フローラステークス2023の予想を公開!

フローラステークス2023(東京芝2000m)の予想です。 4月23日に東京競馬場で開催され発

記事を読む

平安ステークス2023の予想を公開!

平安ステークス2023(京都ダート1900m)の予想です。 5月20日に京都競馬場で開催され発

記事を読む

【きさらぎ賞2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

きさらぎ賞2018(京都芝1800m)の考察です。 2月4日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

みやこS [1] 少頭数レースを味方につけるのは?

ようやく咳が完治してきました。咳のおかげでまともな運動ができなかったので、この期間に5kgほど太った

記事を読む

【2016】アーリントンC / 枠順&展開考察(アーバンキッド、ボールライトニング等の枠順は如何に)

今日は2/27(土)に行われるアーリントンカップの枠順&展開考察を行います。阪神芝1600m

記事を読む

ローズS [4] 土曜の馬場を見た感じでの結論

今日は中山競馬場に行ってきました。 たまたま従兄弟が行くというので、今日なんにも重賞も

記事を読む

【2016】アルテミスS / レース考察(東京芝1600mで行われるGIII戦を徹底考察します)

今日は10/29(土)に行われるアルテミスステークスのレース考察を行います。東京芝1600mで行われ

記事を読む

弥生賞ディープインパクト記念2024の予想を公開!

弥生賞ディープインパクト記念2024(中山芝2000m)のレース予想で

オーシャンステークス2024の予想を公開!

オーシャンステークス2024(中山芝1200m)のレース予想です。

チューリップ賞2024の予想を公開!

チューリップ賞2024(阪神芝1600m)のレース予想です。 3

3月1週の中央競馬レースプレビュー 〜引退調教師と新人騎手、別れと出会いが一挙に到来〜

3月1週の中央競馬レースプレビューです。 この記事は週末に行われ

【オーシャンステークス2024の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

オーシャンステークス2024(中山芝1200m)のレース考察です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑