*

【2016】京都大賞典 / レース考察(京都芝2400mで行われるGII戦を徹底考察します)

公開日: : 重賞レース考察・予想

今日は10/10(月)に行われる京都大賞典のレース考察を行います。京都芝2400mで行われるGII戦です。その前に余談を少し。

 

先ほど行われた白山大賞典は、、、

1着:◎ケイティブレイブ

2着:◯アムールブリエ

3着:▲ストロングサウザー

で印通りの大本線的中!!

 

デムーロがいかにも暴走しそうな展開を読み切って、推奨買い目通りに◎→◯→▲の3連単に絞ってボーナスを突っ込んだのがハマりました。

リクエストを頂いていたので、忘れない限りは地方競馬の予想文もレース終了後からは全体公開させていただきます。下記リンクにて見れますので興味ある方はどうぞ。

【2016】白山大賞典の予想を公開!

夏競馬はちょっと自分でも自信を失うレベルの絶不調だったのですが、ようやく中央、地方、海外でドカドカ当たり始めて調子が出てきた感じ。これからも的中ラッシュを続けられるといいですね!

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

【2016】京都大賞典 予想考察

過去5年のレース傾向

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-01-14-31-07

かつては毎日王冠との同日開催で、GI以上に熱い日曜日なんて騒がれ方もしていましたが、最近ではそこまで重要なレースとは認識されなくなった印象。天皇賞の前哨戦としてはレース質も事なりますし、昨年ラブリーデイが勝つまでは天皇賞にも全く繋がらないと言われてきたので、ここから天皇賞を目指す有力馬が少なかった印象。

ただ、今年の出走馬を見てもそうですが、最近はそもそも天皇賞の前哨戦ではなくジャパンカップの前哨戦としてここを使ってくる馬が多い印象。今年で言えばキタサンブラックとサウンズオブアースは天皇賞を回避予定でジャパンカップ直行ですし、有馬記念までのローテは秋3戦以内というセオリーが確立した今はそういうローテーションが主流になってきて逆に京都大賞典はそこそこメンバーが豪華になってきた感じ。

と言っても、なぜかオウケンブルースリが連続好走したり、メイショウカンパクが大外一気で追い込んできたり、ヒットザターゲットが大穴を開けたり、と結構な確率で穴が開くレース。今年は果たしてどうなることか。

 

血統傾向

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-01-14-31-04

ここも毎日王冠と同じく活躍が目立つのはグレイソヴリン系を持っている馬。そこまでコース的にスタミナを問われるような場所ではないので、ここまで走る理由に関してはちょっとわかりません。

過去5年でキングカメハメハ産駒が3勝しているレース。キングカメハメハ産駒というと、どうしてもコーナー4回の2000m前後がベストというイメージだが、京都コースならば直線平坦で2400mでも誤魔化しが効く印象で、なおかつ開幕週の高速馬場ならそのスピードが活きるんでしょう。

 

レースラップ傾向

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-01-14-31-14

メイショウカンパクが追い込みを決めた2012年はこうして見てみるとかなりの前傾ラップ。そうでもなければ京都の開幕週でズバッと追い込みが決まるようなことは考えづらく、基本的には位置が取れる馬とスパッとキレる馬を重視すべきレースだろう。

ただ、今年に関してはヤマカツライデンとキタサンブラックの存在がペースの鍵を握りそう。現役屈指のステイヤーであるヤマカツライデンはもうすでに逃げ宣言をしており、キタサンブラックよりも前で競馬をしそうな感じ。そうなればあんまりスローに落ちることは考えづらく、そこそこペースは流れそうな感じも。

かといって、現役最強の可能性すらあるキタサンブラックが2番手につける流れを他の有力馬が後ろでどっしり構えるとも思えず、しかも有力馬の騎手がサウンズオブアースがデムーロ、ラブリーデイがルメール、ラストインパクトが川田となると、どの騎手も積極的に乗ってきそう。ヤマカツライデンがいつもならば縦長の隊列を作れるぐらいのペースで進むも、結局は一団で進んで、、、という展開になりそうな気がしています。

 

レース傾向まとめ

今日のところはこの辺りにしておきます。出走メンバーはこんな感じ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-04-9-29-45

いよいよキタサンブラックが生涯ではじめての1番人気となる日がやってきそう。もうどう考えても現役ナンバーワンクラスと評価されていいはずで、ここは人気をかぶるのも仕方がないか。

ただ掲示板を見ても「京都だとキレ負けするから危ない」と言ったネガティブな意見が多そうな感じもあり、さすがに1倍台にはいかないかなぁと見ています。2、3番人気想定がデムーロとルメールですしね。

 

ひとまず現時点で本命にする予定の馬はこの馬です。

*************

その馬の名はブログランキングで公開中

*************

世間の見立てではこの馬は「小回りコース向きのスタミナ溢れる先行馬」というイメージなんですが、そのイメージは恐らく少し違うはずで実際は「フットワーク雄大でブレーキを踏まなくてもいい広いコースが得意な自在タイプの馬」というイメージ。

実際、その経歴のほとんどを前々で立ち回って競馬しているわけですが、新馬戦勝ちの内容や菊花賞での末脚なんかを見ても、この馬はエンジンさえかかれば末脚の威力も半端ない馬。持っているエンジン性能が抜けているせいで、小回りコースにも対応しているというのが正確な評価でしょう。

恐らく私の見立てでは、この馬のベストコースはゆったり走れてブレーキかからずにレースができる京都芝2400mか阪神芝2400mなはず。超スローペースからの瞬発力勝負になって勝ち馬の上がりが32秒台みたいなレースになれば不安もありますが、今年はヤマカツライデンの存在もあってそんなレースにはならないはず。まずここは勝ち負けになるはずです。

 

関連記事

【2016】カペラSの予想を公開!

今日は12/11(日)に行われるカペラステークスの予想です。 阪神ジュベナイルの記事を書いた後

記事を読む

ラジオNIKKEI賞 [4] 枠順発表!明暗を探る

さて、また今週も競馬がやってきます。 当サイトが配信しております徹底分析メルマガ「競馬をビジネ

記事を読む

クイーンカップ2018の予想を公開!

クイーンカップ2018(東京芝1600m)の予想です。 2月12日に東京競馬場で開催され発走時

記事を読む

京成杯の予想を公開!

正直、2、3歳の限定重賞なんていうのは馬の成長でデータなんて覆してしまう場合があるのであまり手は出し

記事を読む

東海S [2] 逃げ馬不在のメンバー構成

東京→横浜への引越しで日々てんやわんやなのです。物自体はほとんど何もないんですが、急な日程決定だった

記事を読む

武蔵野Sの予想を公開!

【ファンタジーステークスで馬単万馬券、3連単も的中!! サラリーマン→プロ予想家に転向した予想家は

記事を読む

【2016】ステイヤーズS / レース考察(中山芝3600mで行われるGII戦を徹底考察します)

今日は12/3(土)に行われるステイヤーズステークスのレース考察を行います。中山芝3600mで行われ

記事を読む

【福島記念2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

福島記念2017(福島芝2000m)の考察です。 11月12日に福島競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

ポルックスステークスの予想を公開!

両メインしかほぼ買わない3日間開催の2日目。なんとかメインは当てたいところです。 ポルック

記事を読む

船橋記念2018の予想を公開!

船橋記念2018 (船橋ダート1000m)の予想です。 1月17日に船橋競馬場で開催され発走時

記事を読む

仁川ステークス2018の予想を公開!

仁川ステークス2018(阪神ダート2000m)の予想です。 2月

【阪急杯2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

阪急杯2018(阪神芝1400m)の考察です。 2月25日に阪神

【中山記念2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

中山記念2018(中山芝1800m)の考察です。 2月25日に中

【阪急杯2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

阪急杯2018(阪神芝1400m)の考察です。 2月25日に阪神

金盃2018の予想を公開!

金盃2018 (大井ダート2600m)の予想です。 2月21日に

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑