*

【2016】ラジオNIKKEI賞 / レース考察(福島芝1800mで行われるGIII戦を徹底考察します)

公開日: : 重賞レース考察・予想

今日は7/3(日)に行われるラジオNIKKEI賞のレース考察を行います。福島芝1800mで行われるGIII戦です。その前に余談を少し。

 

今週は全く仕事が進んでおらず、明日は帝王賞に行かなければいけないので現在急ピッチでいろんな原稿を書いているのですが、それを書いている最中に今日も南関重賞があることを知りました(苦笑)15時くらいまでに仕事をひと段落させた後に予想してサイトにあげたいと思います。

昨晩のイタリア×スペインがEURO2016でも屈指のベストゲームと言える内容で、コンテさすがだなぁという試合で、その後ずっと寝ていて昼前に起きたのですが、起きてコーヒーを飲みながら「とと姉ちゃん」を見ていたら衝撃的ラストすぎて2分ぐらいポカンとしてしまいました。ミッチーあの顔でそんな大事なこと言わないで。。。そのまま終わりってちょっとどんより感が半端ないです。

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

【2016】ラジオNIKKEI賞 予想考察

過去5年のレース傾向

スクリーンショット 2016-06-28 14.00.40

※2011年は中山開催なので2010年から持ってきました

秋の飛躍を目指す3歳馬が、この時期に賞金を稼いで余裕のローテーションで秋のGIに挑むための重賞、と書けば格好はいいですが、

実際は春のGIに出れなかった馬たちの低レベルな残念ダービー

と捉えるのが妥当か。実際に過去5年の好走馬を見てもその後にGIで馬券に絡んだ馬は0頭。それどころかその後に重賞で馬券に絡んだのもクラリティシチーとアンビシャスくらいです。やはり3歳春の時点で頭角を見せていない3歳馬はたいしてレベルが高くない。

そうなるとどういうレースになりがちか、といえば、能力で抜けているような馬がいないので、福島適性、血統バイアス、枠順バイアスでほとんど全てが決まるようなレースになります。

過去5年を見ても圧倒的に内枠の成績が良いですし、このレースは能力面で決まるレースではありません。さすがにディープインパクトの素質馬が出てくると、アンビシャスやファイナルフォームのように力の違いで勝たれる事はありますが、それ以外ならば十分に適性だけでなんとかなるレースと見ています。

 

血統傾向

スクリーンショット 2016-06-28 14.07.17

福島コースといえばどうしてもニジンスキーの名前がまず真っ先に出てくると思いますが、このレースで言えばニジンスキーよりもロベルトサドラーズウェルズリファールといった血統の方が走っています。

ロベルトは今回と同じ福島芝1800mの福島テレビオープンでも毎年爆走していますし、福島芝1800mでは注目の血統と言っていいかも。後は他のコースよりは上がりがかかるのでサドラーやリファールはいいということなんでしょうね。

もちろんニジンスキーも福島芝中距離コースでは絶対に重視しなければいけない血統。これらの血統を持っているというだけで、能力少し足りなくても相手に加えた方がいいようなレースだと思います。

 

レースラップ傾向

スクリーンショット 2016-06-28 14.10.26

そこまでペースが流れるわけではなく、毎年平均ペースで流れるのが特徴。やはりディープインパクト産駒が勝った年は最後が抜けた加速ラップになっていますね。

今年も飛ばす馬がいるか、いないかを考えて、ペースがそこまで速くならないと判断すれば、例年通りに立ち回り上手い内枠の馬を重視すればいいと思います。

 

レース傾向まとめ

今日のところはこの辺りにしておきます。出走メンバーはこんな感じ。

スクリーンショット 2016-06-28 14.31.57

 

ブラックスピネルが断然人気想定ですが、多分ゼーヴィントと競るような形になるんじゃないかと思っています。もともとディープインパクト産駒は能力以上に人気しがちですし、このレースは過去5年で3回ディープインパクト産駒が勝っているのでデータ派からも評価されそう。

 

このレースは軸馬は結構簡単に決まりそう。相手が難しいレースかなぁという印象です。福島芝1800mならこの馬が普通に強いでしょう。

その馬の名はブログランキングで公開中

ミドルペースで逃げて後ろを突き放したすみれ賞の内容が圧巻。その時にブラックスピネルは完封していますし、血統的にもいかにも使われれば使われるほど良くなるタイプ。

皐月賞はハイペースで逃げて大敗も仕方なし。前走は京都コースでの決め手比べに屈しただけで、平均ペースで立ち回り勝負になりそうなここではまず崩れないでしょう。母父ニジンスキーと血統的にも素晴らしいですしね。

 

関連記事

目黒記念2017の予想を公開!

目黒記念2017(東京芝2500m)の考察です。 5月28日に東京競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

CBC賞2017の予想を公開!

CBC賞2017(中京芝1200m)の予想です。 7月2日に中京競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

大阪杯 [3] 道悪濃厚の馬場を制するのは?

まさかの横浜が広島に3連勝。。。 昨年でしたら、まず昨日の試合は間違いなく国吉が追いつかれたと

記事を読む

日経新春杯2017の予想を公開!

日経新春杯2017(京都芝2400m)の予想です。 1月17日に京都競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

平安Sの予想を公開!

オークスのオッズ推移が予想外・・・ もっとあからさまにミッキークイーンとかディープ産駒が売れる

記事を読む

【2016】ステイヤーズS / レース考察(中山芝3600mで行われるGII戦を徹底考察します)

今日は12/3(土)に行われるステイヤーズステークスのレース考察を行います。中山芝3600mで行われ

記事を読む

【2016】スプリングS / レース考察(中山芝1800mで行われるGII戦を徹底考察します)

今日は3/20(日)に行われるスプリングSのレース考察を行います。中山芝1800mで行われるGII戦

記事を読む

NZTの予想を公開!

今日は朝一御殿場から昼に銀座へ移動、夜は新宿と結構忙しい感じでどこでメインレースを見ればいいのかなぁ

記事を読む

NZT [2] レベルの低いアーリントンC組

同居人が福山雅治を愛している人間なので、今日は新譜が発売されたので朝からずーーーーっとアコギのカバー

記事を読む

京都2歳S [2] 上位人気馬の総評

ちょっと最近の現代競馬についての考え方として、私と似たような考えのエントリーを見つけたのでリンクを貼

記事を読む

菊花賞は歴史的なスローでスタミナいらず〜土日の予想結果など

さて、菊花賞の回顧記事も先週に引き続いて非常に遅くなってしまいました。

菊花賞2018の予想を公開!

菊花賞2018(京都芝3000m)の予想です。 10月21日に京

コーフィールドカップ2018の予想を公開!

コーフィールドカップ2018(コーフィールド芝2400m)の考察です。

富士ステークス2018の予想を公開!

富士ステークス2018(東京芝1600m)の考察です。 10月2

【菊花賞2018の予想ヒント】枠順から見るレース見解

菊花賞2018(京都芝3000m)の考察です。 10月21日に京

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑