*

皐月賞2018の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2018/04/20 GIレース考察・予想

皐月賞2018(中山芝2000m)の予想です。

4月15日に中山競馬場で開催され発走時刻は15:40です。出走馬はワグネリアン、ステルヴィオ、キタノコマンドール、オウケンムーン、ジャンダルムなど。中山競馬場の芝2000mで行われるGI戦です。

 

PR【皐月賞はもらったも同然!?】赤文字の指数を見るだけ

最近周りがザワザワ。

見やすくて、データも豊富で肝心の指数の的中率が凄いらしい。
しかも、無料で登録出来て、毎週1重賞の指数が無料で見れるらしい。
そんな指数サイトがあると。
今すぐこの指数を見て競馬予想したい方はこちらから登録してください。

なので、この前登録して指数をチェックしてみました。
で、過去4年の実績が乗っていたので週末の4重賞をまとめてみましたよ。
PS.
手作り感満載でごめんなさい!!笑

ここの指数は低ければ低いほど強い馬となります。
注目は「指数値30以下の赤文字」の馬!
となると・・・
皐月賞、2014年、2017年の3着を除いて全て「指数値30以下の赤文字
これは指数見るだけで的中しちゃいますね笑

「皐月賞」の指数予想はサイト運営者北条氏のブログにて日曜日昼、無料公開されます。
是非チェックしてみてください。というか、必ず登録した方が良いレベルの指数が出てます。北条氏のブログを見たい方はこちら

馬柱とコラボ指数を合わせた表はこんな感じ!見やすいでしょ!

スマートに的中を積み重ねてみたいと思いませんか?
このデータを参考に最少点で的中できたらいいですね。

皐月賞はもらったも同然!?この指数でバッチリ取ります!
皐月賞の指数を見たい方は⇒ こちら

 

皐月賞 2018予想

皐月賞の週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

土曜日の中山芝は想定通りに「雨前提」で芝を刈られての高速化傾向。山藤賞の走破時計を見てもかなり芝はいじられたはずで、先週よりも1秒近く時計は速くなっている。

このままの状態で明日の皐月賞を迎えるとすれば、先行馬も多いことから高速決着になる事が濃厚で決着時計も1分59秒を切るぐらいのレースになりそう。ただ、関東地方は土曜夜から日曜昼までが雨予報となっており、せっかく高速化させた馬場が渋る可能性が大。

※そう言ってる現時点で関東地方が大して降っておらず、本当に馬場が悪化するのか書いていてヒヤヒヤする。予想自体は金曜日から完成していたが、若干公開が遅れたのは天気予報がはっきりしないからである。

もうどんな馬場になるのかを現時点で決めつけないと予想が始まらないので、それなりに雨はしとしと降って稍重馬場かそれに近いぐらいの良馬場にはなると想定。極端に時計がかかる馬場にはならないにしても先週までぐらいの時計レベルにはなるか。雨の影響でインを開ける馬が多くなりそうで、4コーナーでのコース取りも鍵になるような感じはしている。

 

そんな雨の影響を受けてある程度時計がかかる馬場として、今年の皐月賞はどう考えても先行馬が多すぎる。

アイトーンが何が何でも逃げると宣言していますし、ケイティクレバーも調教師は何が何でも逃げたい感じ(一方で浜中騎手はそこまで逃げたくはなさそうですが)

それに加えてエポカドーロも藤原調教師が逃げの手を示唆していますし、まずここまで先行馬が多いとなるとスローペースはあり得ないか。当日は強風も予想されており、こういう大舞台に慣れていない国文恭介騎手が乗るアイトーンが作る流れではハイペースを想定しておいたほうがよさそう。

12.1 – 10.7 – 11.9 – 12.2 – 12.2 – 12.4 – 12.3 – 12.1 – 11.8 – 12.3

前半3F=34.7

前半5F=59.1

後半3F=36.2

全体時計=2:00:0

ぐらいのラップと決着時計が濃厚。

まず雨が影響した馬場とハイペース濃厚な展開を考えれば前傾ラップになると考えてよさそうで、レース上がりは36秒ぐらいはかかりそう。

「速い馬が勝つ」と言われる皐月賞だが、これぐらい上がりがかかるレースになればその文句が使えるようなレースにはならないはずで、ヴィクトワールピサやゴールドシップが勝った年のようなスピードよりもスタミナが重要な皐月賞になる気がしています。

 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

 

皐月賞 2018の印

本命 ◎タイムフライヤー

本命はこの馬の走れるレースラップになれば巻き返しの可能性が大。

今までのキャリアを見てもこの馬は上がりがかかって周りが止まれば止まるほどパフォーマンスを上げるスタミナ型。それもそのはずでステイヤーを輩出スタミナ型サンデーサイレンスの父に母父はブライアンズタイムという血統背景。阪神大賞典あたりで激走が期待できそうな血統と言っていいだろう。

この産駒の馬は大体がトモの発達が遅くてこの時期は東京コース以外でまともな走りができないものだが、この馬に関してはスパルタ調教でその辺りの課題が他の産駒よりもマシな印象。血統的に奥手な馬ではあると思いますが、それでも今回の条件ならば素質でカバーできる。

前走の敗戦で一気に評価を落とした形だが、その前走はそもそも賞金を持っている立場で結果を残さなくても良い中での負け。しかも高速馬場の芝2000mで大外枠で出遅れた上に完全にイン先行有利のレースになってしまって、、、と敗因が分かりきっており、最後に上がり34.9を使って差してきたがそれがこの馬の限界上がりぐらいという事だろう。

今回は過去に好走実績のある中山芝2000mに戻りますし、今年の皐月賞は近年の高速馬場と違って時計がかかりそう。上がり35秒台前半ぐらいで足りるスタミナ戦になればこのメンバーでは一番強いはずで、一連のキャリアを見ても道悪や荒れ馬場の適性はこの馬が最も高いクラス。恐らくはほとんどの馬がインを開けて走るようなレースになると思うが、この鞍上であれば恐らく外は回さずにインを突いてくる感じがします。そしてそれに応えられるだけのタフさをこの馬は持っているでしょう。

思ったよりも人気を落としている印象ですし、この馬の重賞勝ちがハイレベルだとは微塵もお思いませんが、今回人気しているのはその時に倒したジャンダルム程度というメンバー構成。ダノンプレミアムなきこのメンバー相手ならば時計と上がりさえかかれば十分に勝負になると見てこの馬を本命に推します。

 

対抗 ◯ワグネリアン

対抗はワグネリアンが普通に強そうだ。

ダノンプレミアムの存在によりこの馬が過少評価されている感じがするが、この馬だって今までのキャリアはほぼ全て強い競馬。道悪競馬も野路菊Sでこなしていますし、タフなレースも東京スポーツ杯2歳ステークスで克服済。1800m以上の距離で厳しいレースを経験していないステルヴィオなどと比較しても相手としての信頼度は明らかにこちらでしょう。

コーナーの反応だったり中山適性といったところが不安視されていますが、それは高速馬場で少しのロスが致命傷になるのであればまだしも、時計がかかって前がバテるようなレースになればそこまで気にする必要はないか。恐らく基礎体力の絶対値が他の馬とは違うと思うので、前が飛ばす流れになれば最後はこの馬が大外から突っ込んでくる可能性は非常に高い。

クラシックという大事な舞台において福永騎手というのは大いに不安。ただ予想を超えた騎乗はしてこない騎手ですし、恐らく無難に外を回してワールドエースの時のような2、3着という感じの競馬になるんじゃないでしょうか。

 

単穴 ▲キタノコマンドール

三番手は過剰人気と騒がれていますがキタノコマンドールは普通に評価するべき。

この馬に関しては前走のラップ、時計、内容をみれば普通に強い馬ですし、過剰人気と騒がれている理由は「すみれステークスというレースに対しての大衆的な評価の低さ」が全てだと思います。皐月賞は弥生賞、スプリングS、共同通信杯といったレースから来た馬で無ければ通用しないと考えている人は多そうで、たかがオープンを勝ったぐらいでという感じで見られているんでしょうが、昨年の皐月賞の1、2着がどんなステップレースから来たのかということを考えてもステップレースだけで馬の強さを判断してはいけない。

全姉デニムアンドルビーという配合でその姉は道悪で非常に強い競馬を見せていますし重い馬場は得意と見てよさそう。一見すると長い直線のコース向きな馬に見えますが、姉も小回りの宝塚記念で好走していますしこの馬もすみれステークスでのパフォーマンスを見ればコーナーで加速できるのでクラシックでは皐月賞が最も合う条件と見ていい。

ディープインパクト産駒はこういうキャリアが浅くて勢いのある馬が最も走りますし、この馬に関しては予想以上に人気しているという事以外は買える要素しかない。荒れ馬場でのデムーロもプラスですし、これでステップレースだけで嫌雨というのはちょっと安易な気がしてならない。

 

特注 ☆マイネルファンロン

超大穴でマイネルファンロンの一撃に期待したい。

この馬は父ステイゴールドで母父ロージズインメイという血統配合を見ても完全なスタミナタイプ。スプリングステークスは距離も短い上にスローペースで展開も向かなかったか。

未勝利戦では重馬場を圧巻のパフォーマンスで逃げ切っており、父ステイゴールド×母母父ブライアンズタイムという血統背景を見てもおそらく重の中山は鬼なはず。ギベオンやジェネラーレウーノあたりと接戦できていればここでもギリギリ足りてよさそうで一撃に期待したい。

 

△  オウケンムーン

オウケンムーンも上位評価します。

血統が非常に地味なので評価を落としている感じはあるが、キレこそそこまでなさそうだがトニービンから受け継いだ持久力はこの世代でも相当なものがあるといってよさそう。適性高いのは日本ダービーの方だと思いますし、500万条件を見ても右回りでどこまでやれるかは試金石。ただ能力の割にあまり人気にもならなそうですし、それならば上位評価としたい。

 

△  ジェネラーレウーノ

穴っぽいところではジェネラーレウーノが面白いか。

前走の京成杯は先行馬総崩れの中、前に行った馬の中で唯一残る非常に強い競馬。体力勝負ならば相当強いと見てよさそうで、時計がかかりそうな今年の皐月賞では面白い1頭になりそう。休み明けはマイナスですがしっかりと印は打っておきたい。

 

△  グレイル

まだまだ馬として完成度は低いと思うがグレイルは雨馬場なら一発の可能性あり。

もともと共同通信杯では断然人気に推されていた馬。その共同通信杯はインしか伸びない馬場と前半でゆったりと走れない流れに馬が戸惑っての負けという感じ。いかにも古馬になってからというタイプだとは思うが素質は相当高そうで、ここも後ろで脚を溜めて前が止まったところを大外一気で差し込んで来てもおかしくはない。

 

△ ジャンダルム

血統と武豊ブランドで人気はするだろうがジャンダルムは抑え評価が精一杯。

馬の素質の高さでビリーヴの子ながら中距離戦を走っている感じだが、恐らくは古馬になればマイル以下の距離を主戦場としていくだろう馬。今回の皐月賞は雨の影響で2000m以上の距離適性が問われそうな感じですし、スタミナの裏付けに欠ける血統の馬はあまり評価はしたくない。

 

△ ステルヴィオ

能力は認めるがステルヴィオは今回は評価は落とす。

父ロードカナロアで母系も短距離タイプ。スプリングステークスこそ距離をこなした格好だが、実際はスローペースからの瞬発力勝負になりあんまり距離適性やタフさは問われないレースになっていた。

今回は距離延長、馬場悪化、ペースアップと前走比でタフさが格段に増す印象で、コスモス賞でのパフォーマンスを見ても2000mのスタミナ勝負が向く馬とは思えない。それでいてこの人気となるのであれば抑え評価が妥当だろう。

 

△ ダブルシャープ

おそらく厳しいとは思うがダブルシャープも最後に抑えておく。馬場が悪化すればするほどパフォーマンスを上げそうなタイプで、超消耗戦のような感じになれば一発あっても。全く人気ないので抑えておく。

 

消 エポカドーロ

前走のスプリングステークスで本命を打ったエポカドーロは今回は無理でしょう。

この馬は走りを見ても血統を見ても完全なスピードタイプ。おそらくは今後の主戦場はマイルになるはずで、スプリングステークスは適性ベストだった上に展開も向いた。道悪自体はピッチ走法なので得意だとは思うが、距離延長でタフなハイペースとなると体力面不安でこの馬はほぼ確実にバテるはずだ。

 

 

印まとめ

◎タイムフライヤー
◯ワグネリアン
▲キタノコマンドール
☆マイネルファンロン <穴推奨>
△オウケンムーン
△グレイル
△ジェネラーレウーノ
△ジャンダルム
△ステルヴィオ
△ダブルシャープ

勝負度C

 

推奨馬券

このレースの買い方に関しましては、メルマガにてのみの公開とさせていただいております。会員様はメルマガにて閲覧ください。

重賞以外の平場の予想はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

 

現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、早いもので2018年も4月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行3年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】重賞回顧データ配布

ここは以前と変わらず、重賞回顧データを配布します。なるべく月曜中に重賞は回顧をお届けできるようにいたします。

 

【火曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、火曜日の夜にメルマガにて予想を配信しております。

※地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開とする場合がありますのでご了承ください。

 

【水曜日】全レース分析

水曜日には前週に行われた全レース分のデータを配布します。

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルになります。

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

また、エクセルでの全レース分析データの配信と同時に、メルマガ内にて前週の全レースの中で不利を受けたりペースに泣かされたりして次走は狙い目だと思われる馬を多数ピックアップしてお伝えしております。

↓こんな感じ↓

この次走注目馬リストをnetkeibaのMy登録馬に書きいれたり、JRA-VANのMy登録馬に書き込んでおけば、その馬が次に出走してきた時には狙い目が丸わかり!他のファンよりも間違いなく一歩先へ行った予想ができると思います。

 

【木曜日】新馬戦レビュー

木曜日は前週のレースの中でも特に新馬戦だけを抜き出して、そのレースレベルや勝ち馬の将来性についてを配信しております。

↓こんな感じ↓

水曜日に全レースの回顧を配信した上で、新馬戦に関してはここまで細かいレビューを出しています。まず他ではここまでの回顧は出していないでしょう。とにかく競馬を極めたいマニアな方のために新馬もここまでやっちゃいます。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

いまご登録頂ければ本日の回顧号からすぐにお読み頂けますので、是非とも今週分からお試しにお読みいただければと思います。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

関連記事

ヴィクトリアマイル2017の予想を公開!

ヴィクトリアマイル2017(東京芝1600m)の考察です。 5月14日に東京競馬場で開催され発

記事を読む

マイルCSはディープ産駒ワンツーも◎ワールドエース惨敗

「THE 消化不良」 もう力を出さずに負けるっていうのは悔しさをどこにぶつけていいかわかりませ

記事を読む

【ダービー全頭特集】コメート

なんだかんだで金曜日あたりから府中周辺に滞在することになると思うんですが、今年は土曜深夜にFAカップ

記事を読む

【2016】秋華賞 / 有力馬考察(ビッシュ、ジュエラーなどの徹底分析)

今日は10/16(日)に行われる秋華賞のレース考察を行います京都芝2000mで行われるGI戦です。そ

記事を読む

【スプリンターズS2017の予想ヒント】枠順と馬場から見るレース見解 ※予想は0時に公開!

スプリンターズステークス2017(中山芝1200m)の考察です。 10月1日に中山競馬場で開催

記事を読む

【有馬記念2017の予想ヒント】枠順と馬場から見るレース見解

有馬記念2017(中山芝2500m)の考察です。 12月24日に中山競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

皐月賞は波乱の結果!これは私が見た中で史上最強の世代かも

さて、皐月賞に行ってまいりました。金土と予想したり色々していて睡眠時間が2時間くらいだったので、昨日

記事を読む

【天皇賞(秋)2017の予想ヒント】全頭診断その3

天皇賞(秋)2017(東京芝2000m)の全頭診断その3です。 10月29日に東京競馬場で開催

記事を読む

【ダービー全頭特集】キタサンブラック

大相撲は照ノ富士の優勝で幕を閉じました。 これで大関昇進は確実でしょうが、まぁ若干早い気はしま

記事を読む

【ダービー全頭特集】ベルラップ

最近、連日のように蚊に悩まされています。 昆虫類全般が苦手なのですが、それにしても蚊は嫌いです

記事を読む

【青葉賞2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

青葉賞2018(東京芝2400m)の考察です。 4月28日に東京

【かしわ記念2018の予想ヒント】過去データや展開、ラップなどを分析考察します

かしわ記念2018(船橋ダート1600m)の考察です。 5月2日

【天皇賞(春)2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

天皇賞(春)2018(京都芝3200m)の考察です。 4月29日

しらさぎ賞2018の予想を公開!

しらさぎ賞2018 (浦和ダート1400m)の予想です。 4月2

【青葉賞2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

青葉賞2018(東京芝2400m)の考察です。 4月28日に東京

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑