*

皐月賞2020の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2020/04/24 GIレース考察・予想

皐月賞2020(中山芝2000m)の予想です。

4月19日に中山競馬場で開催され発走時刻は15:40です。出走馬はコントレイル、サリオス、サトノフラッグ、ヴェルトライゼンデなど。中山競馬場の芝2000mで行われるGIです。

 

[PR] ◎荒れる重賞対策に太鼓判!絶好調の予想サイトをご紹介!

━━━━━━━━━━━━

「頭数多め?!」
「荒れ狙い?!」

「結論プラスでしょ!?」

━━━━━━━━━━━━

まーーた20万超え3連単

大阪―ハンブルクC
272,960円

12レース無料公開→7レースで3連単

◎的中抜粋すると・・・

印西特別
76,190円

桜花賞  47,760円

NZT   34,500円

後半レースの好走人気薄はココに書いてある感じですね。

「穴だけでなく本命も好調?!」

「毎週ここの人気薄きてませんか?!」

━━━━━━━━━━━━

先日は・・・・・
高松宮記念217,720円

伏竜ステークス259,140円

3連単7万とか8万が普通に見えてきます。
→皐月賞週後半レース穴馬をチェック

無料情報で荒れ狙いにドンピシャなイメージ!ガチで人気薄&本命馬がよくきてる事実。
スマイルカナ9人気みなさんいれられてましたか?! 荒れる後半レースの対策にここの無料情報はおすすめです。

 

皐月賞 2020予想

先出し本命馬(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


中央競馬ランキング

 

皐月賞の週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

週明けの考察でも書いたが、皐月賞と言うレースは当日の馬場状態によってどんな適性が要求されるかがガラリと変わる傾向。

高速馬場で行われた場合はフルゲートでの淀みない流れからのスピード決着になることが多く、2000mよりも短い距離に対応できるようなスピードが求められる。その顕著な例が超高速馬場で行われた2017年の皐月賞で、この年は2000m実績のない距離延長組のワンツー決着となった。

一方で道悪タフ馬場で行われた2012年や2018年は明らかにスタミナに特化したようなレースとなり、2000m以上での実績がある馬が上位を独占した。このような感じで皐月賞はどんな馬場で行われるかで求められる適性が変わってきます。

 

今年は週末にかけてそれなりに雨が降りましたし、土曜日は競馬開催中に凄まじい雨の影響を受けました。皐月賞仕様に高速馬場に仕上げてきたとしても、開催中に雨が降ると先週の芝レースを見ても一気にタフ馬場になる感じで、日曜日はポカポカ陽気になるようですがパンパンの良馬場までの回復は望めないか。発表自体は稍重馬場まで回復してもタフな馬場で決着時計は2分1秒前後ぐらいの決着になるんじゃないかと見ています。

と言うわけで今年の皐月賞はアメリカ競馬向きのスピードが問われる馬場というよりも、ヨーロッパ競馬向きのスタミナが問われる馬場になりそう。近年の皐月賞で重要視されてきた、スピード、マイル適性、距離延長ローテと言った部分は少し置いておいてそれ以外の部分を重要視して見ていきたい。

 

まず今年の皐月賞で重要になりそうなのは距離実績か。

近年の皐月賞ではスピード競馬時代の到来により、もはや2000mを使っていない馬の方が有利とすら言われている感じがありますが、これがタフな馬場になれば別の話。最後までバテずに伸びるスタミナが要求されるレースになればすでに2000mのレースで実績がある馬の方が有利なはずで、2018年のエポカドーロはあすなろ賞勝ち、2012年のゴールドシップは重賞ラジオNIKKEI杯2着の距離実績がありました。今年もマイラー適性だったり距離延長が有利というデータ、傾向が巷ではもてはやされそうですが、逆にここでは2000mの距離実績の方を重視したい。

 

もう一つ重要になりそうなのがステップレースをしっかりと使っているかという点。

昨年のクラシックではノーザンファーム外厩を利用したグランアレグリア、サートゥルナーリア、フィエールマンが休み明けでぶっつけ本番でクラシック競走を勝利。もう去年のこの結果だけを見て大半のファンは「もう外厩の進化で休み明けでも全く問題ないんだ」という考えになっていると思いますが、上記3頭が勝利した桜花賞、皐月賞、菊花賞はどれも超高速馬場だったりスローペースだったりで軽いレース質が功を奏した感じ。スタミナよりもスピードや一瞬のキレが問われるレースになったことで、ぶっつけ本番の馬でも走れるレースだったんじゃないでしょうか。

一方で日本馬がまだ牙城を崩せていいヨーロッパ競馬ではどんな名門厩舎でも大レースの前には必ずステップレースを使います。もう本番に全く関係のないような低レベル戦だったりオールウェザーの馬場のレースだったりもしますが、とにかく一戦叩いて大レースに挑むというのがヨーロッパ競馬の常識。これはヨーロッパの馬場が非常にタフでスタミナを問われるからこそ、そのスタミナは休み明けでは発揮しづらいという面があるんじゃないでしょうか。叩いて叩いて最後の粘りというのが発揮できるというのがヨーロッパの競馬の文化に根付いている感じがします。

そんなわけで今年の皐月賞ですが、日曜日がにどれくらい馬場が回復するかはわかりませんが、まずかなりのタフな馬場になりそう。そんな中で人気するのがディープインパクト産駒の明らかなスピードタイプのコントレイルと、マイル実績しかないサリオスの2頭。その2頭はどちらも2歳GIからのぶっつけ本番で挑んでくるわけですが、昨年のGIの傾向からファンも「このローテーションでも大丈夫」と考えて人気は全く落ちないはず。

ただ、今年の皐月賞は昨年よりも明らかにタフな馬場での開催になりそう。例年よりもヨーロッパ寄りの適性が問われそうで、2000mの距離実績があってステップレースを使われてスタミナが強化されている馬が有利になるように見えます。そんな中でぶっつけ本番で馬場適性や距離適性も怪しいような馬に人気が集中するようならば、それらが全てとんでも驚けないと見ます。

改めて問いますが、2年前には休み明け直行でレイデオロがあっさりと飛んでいる過去もあるのです。去年の結果だけで外厩休み明け最強説を盲目的に信じるのは危険ではないでしょうか。

というわけで予想の発表。

 



 

 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

 

皐月賞 2020の印

本命 ◎ヴェルトライゼンデ

本命はタフ馬場の皐月賞ならこの馬、騎手、厩舎を信頼していいはずだ。

「デビュー前から期待されていた馬だったが、その期待通りに突き抜けての圧勝、道悪馬場でもそのポテンシャルはわかるような勝ち方で素直にこの馬は大物だろう。」

と新馬戦の時のレース回顧で既にクラシック級の評価をしていた馬。その後のレースぶりを見てもその評価に違いはない感じで、負けているレースも位置取り負けだったりキレ負けしているのが全てで、能力で負けたレースはないと言って良いと思います。

前走に関しては超スローペースからの瞬発力勝負になってキレ負けと敗因は明らか。もう賞金を持っている中での明らかな叩き台だったことを考えても陣営はちょうど良い調整ができたぐらいにしか考えていないはずで、ひと叩きされた今回は一気にパフォーマンスを上げてくるはず。

もうとにかくこの厩舎は小回り芝2000m及び皐月賞が大得意で、このレース以外でも同じような阪神芝2000mの鳴尾記念でも圧倒的な成績を収めている。この厩舎はとにかくウッドコースの併せ馬で厳しい負荷をかける傾向にあり、そのために圧倒的に牝馬よりも牡馬の活躍(GIを勝利した牝馬はミッキークイーンだけ)が目立ち、牡馬でも瞬発力を活かす馬よりもアルアイン、ラブリーデイ、トゥザグローリーなど持続力と立ち回りを活かすタイプが多い。これもウッドコースの併せ馬で鍛えられる調教がこういったタイプの馬を強化しやすいんだろう。その上で皐月賞というレースは、最終追いがCW併せ馬先着の追い切りをしている馬が圧倒的に有利なレース。この馬はこの厩舎らしく、当然のように栗東CWの併せ馬で先着の調教をされている。もう皐月賞を勝つためのノウハウを熟知しているこの厩舎の完璧な調整と言っていい。

血統を見ても父がタフ馬場の皐月賞が大得意な◯◯◯◯◯◯◯系で母がドイツオークス3着馬。父の産駒は小倉の芝中距離戦で複勝率5割近い圧倒的な成績を収めているように、小回りで自在に動けるのが特徴で、そこに母系のドイツ血統のスタミナを取り入れたこの馬はまさにタフ馬場の小回りコースを走るために生まれたと言っていいような血統か。

若干、外すぎる枠を引いた感じはありますが、インタビューを見ている限りでこの鞍上は馬の特徴を完璧に把握している感じがありますし、今回はこの馬の父やオルフェーヴルで有馬記念を勝利した時にように早めに動いてのロングスパート勝負に持ち込んでくるはず。それに対応できるだけの小回り適性とスタミナがあると思いますし、皐月賞相性抜群の厩舎の渾身仕上げもあれば、無敗の人気馬達を差し置いて一気に突き抜けてもなんら驚けないと見ます。

 

対抗 ◯ダーリントンホール

タフ馬場になれば適性、枠順、鞍上全てがプラスに働きそうなダーリントンホールが面白い。

ダーレー所有で父がエプソムダービー勝ちのニューアプローチという血統背景。父サドラーズウェルズ系で母方にも日本競馬で走りそうな要素がほとんどないですから高速馬場の皐月賞になれば用無しと見ていた馬。ただ、幸運なことに今年の皐月賞はヨーロッパ寄りのタフな適性が要求されるレースになりそう。

前走の共同通信杯は完全にレース展開が向いての勝利でそのまま重賞勝ちと評価することは難しそう。ただ、2走前の葉牡丹賞では上位馬が軒並み好走しているハイレベル戦を3着に好走。血統背景からも1分59秒台前半の時計を求められる高速決着なんてまるで適性がなかったでしょうし、休み明けで太め残りが見え見えだった状態で外を回して3着に走ったんですからこの馬は普通に強そう。

今回はタフ馬場で父サドラーズウェルズ系の良さが活きる皐月賞になりそうですし、インが荒れて外が伸びる馬場になればこの外枠も良さそう。鞍上のミルコ・デムーロは皐月賞最多勝利の騎手ですし、こういうタフ馬場でどこを通ればいいかは彼が一番知っているはず。人気もそこそこで落ち着きそうですし、今回は上位評価としたい。

 

単穴 ▲クリスタルブラック

一か八かの魅力でクリスタルブラックは大駆けまであって良さそう。

デビューから2戦のレースぶりを見ても折り合い難がある馬で序盤はかなりかかり気味の追走になる。そんなわけで今回も最後方からの競馬になりそう。皐月賞における立ち回りやレースセンスという部分ではほとんど評価できない馬だ。

ただ、その立ち回りという部分に目を瞑ってもここ2戦のパフォーマンスはなかなかのもの。特に前走は1頭だけ別次元の末脚を見せて3着以下を突き放しましたし、子供扱いしたディアスティマとビターエンダーが次走できっちり好走したのを見てもそこまでレースレベルは低くなかっただろう。

タフ馬場をこなすキズナ産駒で母父タイキシャトル、母母父ロベルトで中山コースのタフ馬場はいかにも合いそうなタイプ。いかにも先週の桜花賞で激走したデアリングタクトとイメージが被る馬ですし、一か八かではありますが面白い存在だとは思います。

 

特注 ☆サリオス

休み明けや初距離という不安はあるが、ハーツクライ産駒ということを考えるとサリオスはこのローテが合う感じもありそう。

この馬に関してはとにかくまずハーツクライ産駒の(0-0-0-9)という最悪な皐月賞成績とどう向き合うか。スワーヴリチャードやワンアンドオンリーなどある程度人気になった馬もいただけに、ハーツクライ産駒は明らかに皐月賞への相性は悪いと見て良さそう。

なぜ皐月賞でハーツクライ産駒が走れないかとなると、おそらく小回り2000mのスピードについていけずに差し届かないという点が大きい感じ。スワーヴリチャード、ワンアンドオンリー、グレイルなどは小回りコースでエンジンがかかる前にレースが終わってしまった感じで、前2頭はその後に日本ダービーで巻き返している。

そう言ったハーツクライ産駒の皐月賞の負けパターンから考えるとこの馬はそれには該当しない感じがします。というのも、この馬はここまでの3戦がマイルの距離でしたし、朝日杯FSなどはかなりのハイペースを先行して押し切るというレースぶり。アクセルを踏み遅れるタイプのハーツクライ産駒ではなく、このローテーションならばハーツクライ産駒でも皐月賞で走れても良さそうなイメージ。

血統背景を見ても母父ニニスキはニジンスキー系。母サロミナはドイツオークス馬ですし、そこに父がハーツクライというのを見てもなぜここ3戦がマイルでここまで強い競馬をしているのかがよくわからない。デインヒルを持つことによっての仕上がりの早さとノーザンファーム、堀厩舎の育成調教の凄さが2歳戦でのスピード勝負でも対応できたということか。

ハーツクライ産駒はもともと距離延長ローテは大得意ですし、前述の通りでマイルでも先行できるこの馬なら皐月賞で踏み遅れる負けパターンはなさそう。休み明けでなおかつ未知の距離というのはタフ馬場では不安要素ではありますが、人気馬の中では一番買えるという評価になりました。

 

△ サトノフラッグ

あらゆる人から乗り味を絶賛されているサトノフラッグだが、個人的にそこまで大物な感じには見えない。

ハーツクライ産駒の兄弟のダンサール、バラダセールはとにかくキレない持続力型。この馬も父がディープインパクトに変わったとは言え適性はほぼ変わらず。そこまでキレない分、じわじわと伸びる持続力が売りのタイプか。未勝利勝ち、1勝クラスは共にマーフィー騎手が早めにアクセルを踏んでの完璧な競馬でしたし、弥生賞も武豊騎手とは思えない4コーナーで一気に捲る強気の競馬でこの馬の良さを存分に活かしての勝利という印象だった。

今回はフルゲートの多頭数で内枠。今回はルメール騎手への乗り替わりになりますが、オーソドックスな騎乗をしてくるルメールへの乗り替わりはプラスとは言えなそう。コロナウィルスの影響で週中の美浦への移動ができずにルメールが一度も乗れていないというのもマイナスに見えます。おそらく馬群の中で脚を溜める競馬では何も良さが出ない感じがしますし、今回は枠順を考えても馬群の中でもがいて終わるんじゃないでしょうか。

 

△ コントレイル

1番人気のコントレイルは能力は評価しつつも今回は買える要素が薄い。

父がディープインパクトで母父アンブライドルズソング、母母父も快速血統ティズナウで母母母父もストームキャットというあまりにもアメリカのスピードに特化したような血統背景。これだけ母系が速い血だからこそ2歳から圧巻のパフォーマンスができた感じで、高速馬場でスピードを活かす競馬になればなるほどパフォーマンスを上げるタイプ。

前走のホープフルステークスは絶対能力で適性外条件をこなした感じだが、東スポ杯の圧巻のパフォーマンスと比べれば2着との差はだいぶ詰まった。これはやはりこの馬がタフ馬場の中山コースを本質的に得意としていない可能性が高いだろう。

その前走はタフ馬場にしてもインが伸びる馬場で内枠を活かすことができたが、今回は雨の影響を受けて外が伸びる馬場になりそう。前走でも行きたがっていたので馬群の中で脚を溜める競馬となると直線インの荒れた部分を何度も通ることになりそうですし、こういうレースは皆さんのイメージ通りで福永騎手は捌くのはそこまで得意ではない。

前述の通りでタフなヨーロッパ質のレースになればなるほど直行ローテがプラスとは言えないですし、皐月賞は過去の傾向を見ても馬格の小さい馬はほとんど馬券に絡んでいない。馬体重480kg未満の馬の成績は著しく落ちますし、この馬は調教後馬体重468kgでなおかつ揉まれる内枠となるとなかなか評価はしづらい。もう高速馬場の日本ダービーなら無条件で買って良い馬だと思うので、ワグネリアンと同じイメージで日本ダービーで買えばいいんじゃないでしょうか。

 

△ キメラヴェリテ

例年とは違う馬場になれば、キメラヴェリテは一発ある可能性も。

前走は確かに高速馬場と展開に恵まれた感じ。ただ初芝で芝2000mを1:58:9で走れたというのは展開向いたにしても驚きだった。今回も単騎逃げ叶いそうですし、ダートを走れる馬ならばタフ馬場もこなしそう。最近のGIで暴走気味の騎乗を見せる田辺騎手が番手からどう動いてくるかは鍵ですが、抑えておいて損はないか。

 

△ コルテジア

良馬場だったら見向きもしなかったが、タフな馬場になればコルテジアは少し可能性あるか。

きさらぎ賞はかなり展開に恵まれての勝利。能力的に厳しいんじゃないかとは思うが、一連のレースぶりを見てもかなりの道悪巧者。インが傷んだ馬場でもこの馬は苦にせずにロスなく進むことができそうですし、最後に一枚抑えておきたい。やはりロベルトの血は怖いというのもある。

 

△ ブラックホール

予想以上にタフな外伸び馬場になればブラックホールもチャンスはあっていい。

父が皐月賞馬ゴールドシップで母ヴィーヴァブーケも中距離で活躍していたという完全なスタミナ血統。札幌2歳ステークスのようにとにかくスタミナに特化したレースになれば強い馬で、今回もそういうレースになるかどうか。スピード不足で厳しい感じはしますが、やはりこの血統ですので人気が落ちるなら一枚抑えておきたい。

 

△ ビターエンダー

最後の最後にビターエンダーは抑えることにします。

京成杯を見る限り能力的に厳しそうなのですが、共同通信杯を見る限りタフ馬場は鬼。外伸び馬場で外枠が引けて、ステイゴールド系のオルフェーヴル産駒で、なおかつ皐月賞で好相性の栗東CW調教先着と全ての好走要素が揃っている。これで来られては目も当てられないので最後に抑えることにします。

 

 

印まとめ

◎ヴェルトライゼンデ
◯ダーリントンホール
▲クリスタルブラック
☆サリオス
△サトノフラッグ
△コントレイル
△キメラヴェリテ
△コルテジア
△ブラックホール
△ビターエンダー

勝負度 B

 

買い目

皐月賞の買い目はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

緊急事態宣言が発令されてもこうして競馬を楽しめるというのはもう何よりの喜び。もうこのような状況で週末に外出する人もいないと思いますし、我々に残された数少ない娯楽は競馬なわけです!

と言ってもこれから関係者に感染が出たらどうなるかもわかりませんし「なんで私たちが自粛してるのに競馬だけやってるんだ!」という世論が出る可能性も十分にあると思います。まぁそれもそれでごもっともだと思いますし、そんな中でも競馬を続けていくためにも私たちができる事は、、、

「とにかく外に出ない事」

「馬券をたくさん買う事」

の2つじゃないでしょうか。その2つを実践していく上で私ができる事といえば、とにかく競馬の予想のヒントや情報を提供し続けることかと思いますので、いつも以上に色んなレースの情報や予想を出していけるように頑張ってまいります。

 

そんなわけでこんな状況の競馬開催を支えていくためにも、今週末は存分に朝の1レースから最終の12レースまで参加して楽しみましょう(^^) 当ブログ及びメルマガではその楽しみの手助けができればと思っております。

 

当メルマガ「競馬をビジネスにする」では、、、

初月無料キャンペーンを実施しております!

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2020年も4月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【火曜日】先週の重賞回顧

火曜日に先週の重賞回顧を配信します。後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。

 

【水曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【木曜日】中央競馬の全レース回顧

木曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

関連記事

【秋華賞2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

秋華賞2018(京都芝2000m)の考察です。 10月15日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【有馬記念2019の予想ヒント】ラップや展開を分析考察します

有馬記念2019(中山芝2500m)の考察です。 12月22日に中山競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【高松宮記念2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

高松宮記念2017(中京芝1200m)の考察です。 3月26日に中京競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

天皇賞(春) [4] 枠順発表!明暗を探る

天皇賞の枠順が発表されました! JRAのHPを上からなぞるように見ていきましたが、有力馬の名前

記事を読む

桜花賞 [3] クイーンズリングは無理に嫌わない方がいい

GIウィークということで1日に4本も記事を書いちゃってますよ。 というのも、それだけ今回の桜花

記事を読む

【フェブラリーステークス2017の予想ヒント】枠順から見るレース見解

フェブラリーステークス2018(東京ダート1600m)の考察です。 2月18日に東京競馬場で開

記事を読む

朝日杯FS [2] 札幌2歳Sの価値

朝日杯が阪神JFの結果を参照して良いかどうかは先行馬がどれだけ揃うかになる。だから本格的な展開予想は

記事を読む

【スプリンターズステークス2019の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

スプリンターズステークス2019(中山芝1200m)の考察です。 9月29日に中山競馬場で開催

記事を読む

【NHKマイルカップ2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

NHKマイルカップ2018(東京芝1600m)の考察です。 5月6日東京競馬場で開催され発走時

記事を読む

阪神JF [1] 過剰人気する短距離馬を見抜く

土日は競馬以外にもサッカーでとても重要な試合が3試合もありました。 まずJリーグの優勝争いチャ

記事を読む

7月1週のレース回顧〜梅雨ってここまで雨降るもんでしたっけ?〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

エクリプスステークス2020の予想を公開!

エクリプスステークス2020(サンダウン芝1990m)の予想です。

ラジオNIKKEI賞2020の予想を公開!

ラジオNIKKEI賞2020(福島芝1800m)の予想です。 7

CBC賞2020の予想を公開!

CBC賞2020(阪神芝1200m)の予想です。 7月5日に阪神

安達太良ステークス2020の予想を公開!

安達太良ステークス2020(福島ダート1700m)の予想です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑