*

7月4週のレース回顧〜真夏の電撃決戦は15番人気◎メイショウカズヒメ4着に泣く(>_<)〜

公開日: : レース回顧

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないので、2020年はサクッと短時間で書けるぐらいの量で回顧を続けていければと思います(メルマガでは通常営業でボリュームある回顧を書きます)

 




 

今日は特に予定もなかったので横浜駅をぶらぶらしながら買い物をしているのですが、そりゃ昨日のあんな酷い試合を見た後ではベイストアに誰もいないのは当然ですよね。

幸い昨日は競馬開催終了後に飲みに出ていたのでリアルタイムで野球の試合を見ていなかったのですが、あんな試合、リアルタイムでテレビで見ていたらチャンネルをテレビ画面に投げつけていたと思います。

幸い、知り合いのベイスターズファンたちも「9回の山崎君なんて怖くて見れない」という人がほとんどで、裏番組で半沢直樹がやっていたおかげで皆そちらを見ていたようで悲惨な結果をリアルタイムで見ていた人がいなかったのが何より。さすがに現地で見ていたらコロナウィルスのことも忘れて罵声を飛ばしていた可能性があります・・・(苦笑)

 

もう週末は野球もこんな結果で、サッカーの方もコンサドーレ札幌に手も足も出ずの敗戦。もう何もいいことがなかったというのはこういう週末のことを言うんでしょうか。

競馬の方もこの土日は買いたいレースがさっぱりなく、重賞のアイビスサマーダッシュ以外で勝負度D以上を打ったレースがゼロ、と会員様には申し訳のない週末になりましたが、まぁそんな中で大きく負けずにトントンで終わったのはこれ幸い。

ただ、アイビスサマーダッシュは大穴から一撃を狙っていただけに痛恨の結果となりました・・・

<アイビスサマーダッシュ レース結果>
1着:無印ジョーカナチャン 2番人気
2着:◯ライオンボス 1番人気
3着:△ビリーバー 9番人気
着:◎メイショウカズヒメ 15番人気

ここは金曜日のメルマガのプレ予想でも書いたとおりで、当初からメイショウカズヒメとビリーバーの2頭に期待していたレース。金曜時点ではダブル本命のような形で狙おうと思っていましたが、最終的には15番人気の大穴◎メイショウカズヒメから一撃を狙うことにしました。

枠並びからもジョーカナチャンを制してライオンボス、ゴールドクイーンあたりがラチ沿いのハナを奪ってくれると思っていたのですが、ジョーカナチャンが抜群のテンの速さを活かして先頭に・・・先手を奪えなければ潰れると見てジョーカナチャンは無印にしていたのでこの時点で「三連複は外れたかなぁ(>_<)」という気持ちではありました。

それでも◎メイショウカズヒメは見立て通りに大外枠から先行勢のちょい後ろの絶好ポジションをキープしてじわじわと伸びてきまして、最後は手に汗握るレースに。ジョーカナチャンは無印だったので三連複は当たらないにしても、ライオンボス相手はワイド大本線で結構買っていましたし、ビリーバーはワイド万馬券近い配当でしたからね。最後は当初のダブル本命の1頭ビリーバーにギリギリ差されての4着となりました・・・

いやぁ15番人気本命でのこの着差なので正直悔しいですねー(>_<) スタート直後の攻防でジョーカナチャンではなく、何かが先頭に立っていてくれれば大本線的中もありそうだったので、この辺りはまだ運がこちらに向き切っていないのかなという感じも。ひとまず狙いは間違っていないと思うので、夏競馬中に同じような大穴でドカンと爆発したいところです。次はきっと4じゃなく3着になってくれるでしょう!

 

ここでアイビスサマーダッシュより見直せる1頭を紹介しておきましょう。

その馬名はブログランキングの先でご覧ください。

↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

<推奨根拠>

いかにも玄人層が買いそうな典型的な過剰穴人気馬という感じで、今回は枠順も微妙な上に人気していたので妙味なしという評価でした。次走はほぼ間違いなくセントウルステークスだと思いますが、この馬に関しては今年のセントウルステークスが阪神ではなく中京開催ということが間違いなくプラスになるはず。次も過剰穴人気にはなると思いますが、次は買っていい番だと思います。

 

前日の通りでこの土日はほとんど買いたいレースがなく、基本的なテーマは「大きく負けないようにして競馬を楽しむ」というスタンス。これでアイビスサマーダッシュでドカンと当てられていれば最高でしたが、買いたいレースがないなりに土日で平場も細々と的中できたおかげで競馬を楽しむことはできました。

 

土日のレースで一つずつメルマガで配信した予想内容と結果をサクッと書いておきます。

↓↓↓

[7/25(土)] 札幌1R サラ2歳未勝利 芝1800m

◎6   ウインルーア
◯3   ギャラントウォリア
▲2   アークライト
△1   ジュンブーケ

[馬場]高速 [バイアス]イン先行 [展開]スロー [レース質]順当 [勝負度]F

【レース見解】

6頭立ての少頭数レース。2頭いる良血馬に人気が集中しそうだが、その2頭ともにそこまで頭抜けた馬ではなさそうで、さすがにこの頭数と相手では格好をつけてきそうだが2頭でのワンツーで決まりというわけではなさそう。順番ぐらいは変わってもいいんじゃないだろうか。

【本命 ◎6 ウインルーア】

父がスタミナタイプのゴールドシップで、母系を見てもココロノアイやツーエムアロンソなどある程度距離をこなしたタイプの馬が多い。デビュー戦は芝1200mでおろされたが、どうも距離不足な感じがありましたし、3コーナーでの不利がなければもう少し走れていただろう。今回は一気の距離延長になりますが1200mよりは断然良いと思いますし、人気の良血2頭は言うほど抜けてもいないと思うのでこの条件で大駆けあっても驚けない。

【対抗 ◯3 ギャラントウォリア】

新馬戦はタイムランクCのレースで脚を余し気味の2着。同じ新馬戦2着でも決着時計やレースラップを見ればアークライトよりも明らかにこちらの方が強い競馬をしていますし、信頼できるのはこちらだろう。ここは堅軸。

【単穴 ▲2 アークライト】

ハープスターの半妹という血統背景もあって凄まじい期待を受けていたが、それにしてはデビュー戦の内容は平凡。確かにスローペースで途中から動くチグハグな競馬にはなっていたが、スローペースで早め先頭なら展開的に向かなかったわけではなさそうで、前走レベルやラップを見ても果たしてそこまで強い馬なのか。再度ルメールとなると断然人気になりそうですが、また2,3着に負ける可能性は普通にありそう。

【△1 ジュンブーケ】

デビュー戦はかなり楽な逃げが打てながらも最後に失速した点は微妙。今回は少頭数で再度展開に恵まれそうなので、使った強みもあってどこまでやれるか。

【推奨買い目】

三連単BOX 6,3,2 本線ベース

三連単 6,3→6,3→2 重ね買い

三連単 6,3→2→6,3 重ね買い

三連複 6,3,1 抑え

【買い目及び予想のポイント】

ここは◎ウインルーアが距離延長でどこまで一変するか次第だが、この相手と頭数ならまず馬券圏内には来てくれるんじゃないだろうか。後は人気2頭にどれだけやれるかだが、2頭の中なら◯ギャラントウォリアの方が強そう。▲アークライトは人気先行な感じがあり、アークライトが勝たなかった場合の三連単を厚めに買いたい。

↓↓↓

<札幌1R レース結果>
1着:◎ウインルーア 3番人気
2着:▲アークライト 2番人気
3着:◯ギャラントウォリア 1番人気

ここは少頭数のレースで1、2、3番人気での決着にはなりましたが、買い方が完璧にハマってなかなか良い配当を手にすることができました。2歳新馬は戦前のコメント、血統、パドックで見た馬体などから全頭の適性などをメモに残してあるので、その地道な努力でウインルーアの距離延長を狙い撃ちできたかなと思います。

 

[7/26(日)] 札幌9R HTB賞 サラ3歳上2勝クラス 芝2000m

◎2   フジノロケット
◯7   レッドアルマーダ
▲1   ダディーズトリップ
△3,4,5,6,8,9,10

[馬場]高速 [バイアス]イン先行 [展開]スロー [レース質]中荒れ [勝負度]F

【レース見解】

札幌7レースと同様にここも大してメンバーレベルが高くない一戦。勢いあるレッドアルマーダが断然人気に支持されるのは仕方ないと思うが、それ以外は開幕週の札幌芝には合いそうもない馬が多いですし、ここは波乱があってもいいんじゃないでしょうか。

【本命 ◎2 フジノロケット】

今まで芝を3回使っているが、出遅れて見せ場がなかったコスモス賞以外の2戦はどちらもなかなかのパフォーマンス。盛岡のジュニアグランプリでは地方馬相手とはいえ勝利していますし、その時に倒したシンボは先日中央の2勝クラスを勝利。短い直線でシンボと一緒に3着以下を突き放したレース内容を見てもこの2頭が能力抜けきっていた可能性が高い。その後のアイビーSでも出遅れながら直線では見せ場十分の末脚を見せており、クリスティとほぼ同じぐらいの上がりが使えるなら今回のメンバーなら通用しても良さそう。

もともと血統を見ても父がジャングルポケットで母父ネオユニヴァースという完全な芝配合で、前走はもともと芝を目指してオパールカップを使ったが大雨での馬場不良のために急遽ダートに変更という不運。今回は満を持しての芝挑戦という感じがしますし、それでいて最低人気なら少し期待してもいいか。

【対抗 ◯7 レッドアルマーダ】

未勝利を大敗2戦から休養を挟んで別馬に化けた感じ。ここ2戦の勝ちっぷりは2勝クラスでも通用しそうなものですし、藤沢調教師が「上を目指せる」とコメントしているぐらいだから手ごたえは良いんだろう。前に行けて速い上がりを使えるタイプで開幕週の札幌芝はいかにも合いそう。ロードカナロア産駒はこの条件で複勝率80%ですし、そこに乗るのは複勝率7割近いクリストフ・ルメール。相手は正直ここで仕方ない気がします。

【単穴 ▲1 ダディーズトリップ】

前走は不可解な負けではあったが、能力的にはこのクラスでは上位なのは当然。ただ開幕週の高速馬場向きのタイプではなく、開催後半の差し馬場でこそ良さは生きる。そこは天下の武豊騎手がどう乗ってくるか。

【推奨買い目】

三連複 2,7→1,3,4,5,6,8,9,10 本線ベース

三連複 2,7,1 重ね買い

複勝 2 フジノロケット 抑え

【買い目及び予想のポイント】

ここは最低人気の◎フジノロケットはそこそこ面白いと思うのですが、それ以外に特に強調できる馬がいないメンバー構成。結局、2頭軸とした◯レッドアルマーダにしても全幅の信頼がおけるタイプとも思っていませんし、もし皆さんの中でもっと良さそうな相手馬がいるならそちらとのワイドとかにしてもいいんじゃないでしょうか。

↓↓↓

<HTB賞 レース結果>
1着:◯レッドアルマーダ 1番人気
2着:▲ダディーズトリップ 2番人気
3着:◎フジノロケット 10番人気

ここは最低人気の◎フジノロケットが突っ込んできてくれたとはいえ相手がガチガチで配当は跳ねず。一応は▲ダディーズトリップは能力上位と見ていたので重ね買いはしていましたが、適性合わないとも思っていたので武豊騎手が完璧に乗ってきてしまったのは誤算でした。

それにしても先週あんまり買いたいレースがなかった理由の一つは「2場開催のせいでトップジョッキーが確勝級の馬に乗っていて逆らえないケースが多かったから」だと思います。札幌はルメール、新潟は川田とどちらの会場にも過剰人気になる絶対的エース騎手がいましたが、彼らが乗る馬が先週はことごとく強い馬ばかりだったのであんまり面白そうなレースがなかったんですよね。

上記のHTB賞にしても最低人気の◎フジノロケットは面白いにしても、相手としてルメールの◯レッドアルマーダに逆らいようがなかったので勝負度が低めに。これが相手も荒れるようなレースならもっと勝負したかったのですが・・・

 

そんなこんなで本日のレース回顧はこのあたりにしておきましょう。

いまだにメイショウカズヒメのモヤモヤはありますが、先週は先週。もう今週末から違うレースが始まりますし、今週末こそは3着でドカンと取ってやります!

というわけで引き続きブログ、メルマガともどもよろしくお願いいたします^^

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2020年も7月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【火曜日】先週の重賞回顧

火曜日に先週の重賞回顧を配信します。後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。

 

【水曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【木曜日】中央競馬の全レース回顧

木曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

関連記事

12月2週のレース回顧〜歓喜の瞬間-重賞3戦3勝達成-〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

11月3週のレース回顧〜淀の地から反省を込めて、馬券購入は慎重に〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

12月3週のレース回顧〜朝日杯はやはり牡馬のものだった

さて先月からブログの方できちんとレース回顧を書いています。 重賞レースの簡単な回顧(詳細回顧は

記事を読む

3月3週のレース回顧〜勝負のフィリーズレビューは印4点での大本線的中!〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

12月4週のレース回顧〜やはり化け物は2頭いた、リスグラシュー有終の豪脚〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

11月2週のレース回顧〜ルメールじゃないけど結局主役は外人騎手

さて先週からブログの方できちんとレース回顧を書いています。 重賞レースの簡単な回顧(詳細回顧は

記事を読む

5月4週のレース回顧〜ここまで理解不能な決着に戸惑ったことはないかも〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

7月3週のレース回顧〜印を絞る予想がカッコイイわけではない〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

2月3週のレース回顧〜雨と展開は読むのが至難〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

2月4週のレース回顧〜競馬は難しく、だからこそ奥深い〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

札幌日経オープン2020の予想を公開!

札幌日経オープン2020(札幌芝2600m)の予想です。 8月8

お盆休みも競馬三昧!地方競馬3連発含めメルマガではたくさんのレースを配信します

夏競馬は週末の重賞レースの数が少ないので平日のブログのネタに困りますね

シビアな現代競馬だからこそオッズを読むことが重要という事など・・・

今日はオフだったのでリフレッシュのためにスーパー銭湯に行ってサウナ充か

【レパードステークス2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

レパードステークス2020(新潟ダート1800m)の考察です。

【エルムステークス2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

エルムステークス2020(札幌ダート1700m)の考察です。 8

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑