*

5月2週のレース回顧〜NHKマイルは◎リッケンバッカー4着(>_<)久々に悔しい・・・〜

公開日: : レース回顧

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないので、2021年はサクッと短時間で書けるぐらいの量で回顧を続けていければと思います(メルマガでは通常営業でボリュームある回顧を書きます)

 




 

緊急事態宣言も延長とのことで、もう本当にやることがなさすぎて困りますね。

もうぶっちゃけ自粛なんかせずに気をつけて旅行するぐらいならしてもいいと思いますし、実際にしている人はたくさんいると思いますが、なんだか根がビビリなせいか2021年になってから神奈川県と東京都以外に一度も行くことなく過ごしております。ここまでどこも移動することなく過ごすのは物心ついてから初めてかも。さすがに息苦しくなってきました。

実は東京五輪のチケットがそこそこ当たっていて、その中に札幌開催のサッカーのチケットとかあるんですが、これはもしオリンピック強行で観客も入れるとなった場合には行っていいもんなんでしょうかね?こういう部分を考えても、オリンピック開催は無理な気がしますが・・・

正直、昨年末の払い戻し期間の時に払い戻さなかったのも、オリンピックの頃にはワクチン環境が整っていて安心安全な環境で観れるという前提のものだったのですが・・・今の状況では正直観に行きたくないのですが、昨年末時点での払い戻ししかないせいで仕方なく会場に行く・・・っていう人結構多そうですけどね。

 

本当にずっと家にいて発狂しそうになったので、たまにmac bookとコーヒーを片手に近くの公園で仕事をするようにしました。最新のmac book airだとバッテリー駆動時間が1日持つので外仕事もしやすいです。今はテレワークの方も多いと思いますが、職種的にできるようなら外での仕事もオススメです。

 

というわけで、競馬の話に移りましょう。

恒例の先週末の競馬の中で次走に注目したい馬のブログ版。これのフルボリュームverをメルマガでは毎週配信しておりますので、ご興味ある方は読んでみてください。

今週はNHKマイルカップからこの馬をピックアップ。

その馬名はブログランキングの先でご覧ください。

↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

<推奨根拠>

血統背景やレースぶりを見てもベストは1200mでもっても1400mまで。ここ2戦はマイルが長い感じでしたし、それぞれ道悪馬場とハイペースで厳しかった感じも。夏のサマースプリント路線は条件次第で面白いんじゃないでしょうか。

 

<NHKマイルカップ レース結果>
1着:▲シュネルマイスター 2番人気
2着:△ソングライン
 6番人気
3着:☆グレナディアガーズ 1番人気
4着:◎リッケンバッカー 11番人気

ここは大穴本命◎リッケンバッカーで全く後悔はありませんが、本当にあと一歩だったんですけどね・・・(>_<)

リアルタイムで見ていた時はさすがに位置が後ろすぎると思ったんですが、今日レースを見返してみたらまぁ横山武史は上手く乗っていたかなぁと。ただ、これがエフフォーリアだったらこんな悠長に乗っていなかったと思いますし、もう少し勝負してくれても良かったかなという気はします。

バスラットレオン、ルークズネスト、ピクシーナイトあたりを危険と見てバッサリ切っていて、相手も本線どころで来ていただけに、久々にメインレースを見た直後にガックリ来て寝てしまいました(苦笑)

 

まぁそれは日曜日の橘Sの結果も関係していた感じで・・・

<橘S レース結果>
1着:◯ダディーズビビッド 7番人気
2着:◎ヴィジュネル 2番人気
3着:無印カイトゲニー 8番人気

ここはこの印での決着でもハズレ。ただ、これはもう絶対に外してはいけない馬券でした。それは予想文で書いた考察からも明らかで・・・

「何が何でも逃げなきゃダメなポールネイロンが内枠に入り、アネモネSで暴走したカイトゲニーも内枠。それに加えて外目の枠に1200mで抜群のスピードを見せて逃げているテイエムトッキュウとジョーレイラニが入ったことで壮絶な逃げ争いになりそう。中京芝1400mはコース形状からハイペースになりやすいですし、まず激流になると見ていいか。

フィリーズレビューやファルコンSの傾向を見ても明らかなのだが、3歳の芝1400mの上級戦はハイペースになるととにかくマイルからの距離短縮ローテが圧倒的に有利になる。今年のファルコンSもハイペースになって上位4頭は全てマイルからの短縮組が独占。同舞台で同じように激流になりそうなここは短縮ローテ組の差し馬が上位を独占するんじゃないだろうか。」

という考察を書いて、実際に距離短縮ローテの馬が5頭いた中で3頭が上位を独占。

もう本命◎ヴィジュネルは相当に自信があって、相手も大本線の◯ダディーズビビッドが来たのに、カイトゲニーを短縮組で1頭だけ無印にして外しました。短縮組でも先行タイプで鞍上が国分恭介騎手。厩舎コメントを見ても「先行策」を示唆していたので、この騎手なら指示に従ってハイペースに巻き込まれて潰れるかな・・・と思ったのですが。

実際は他の馬が速すぎたせいでちょうど良い好位のポケットで競馬ができて、最後は距離短縮の恩恵を受けて3着好走。この組み合わせで三連複1万円ですから本当にこれは外してはダメ!!!いや、本当に5頭しかいないんだからカイトゲニー拾えや、当時の自分と切実に思います。

ちょっと日曜日は予想しなきゃいけないレースが多すぎて、深く精査が足りていなかったというエクスキューズもありますが、そんなの関係ないっていうぐらいにこのレースをものにできなかったことに対する悔しさが尋常ではないです。

NHKマイルカップに関しては、どう頑張っても◎リッケンバッカーの4着は動かしようがありませんが、この橘Sに関しては普通に当てられた馬券を自分自身の人災で外したようなもんですからね。どちらか一つでも当てられていれば普通にあっさりと勝ちで終われたはずなのに、この結果になって本当に悔しくて先ほど書いたようにメインレース後に倒れるように寝てしまいました(苦笑)

あまりにも悔いが残るレースだったので、他の重賞の回顧を書くまえにオープン競走の話を書いてしまいました。この過ちは絶対に今週末以降しないと誓って頑張りたいところ・・・

 

<新潟大賞典 レース結果>
1着:△サンレイポケット 3番人気
2着:◯ポタジェ 7番人気
3着:△サトノソルタス 7番人気
9着:◎バイオスパーク 11番人気

もうここはマイスタイルが逃げてのスローペース予想だったので、こんなラップになってしまえば外れるのも当然。そもそもの考察のロジックがズレてしまった時はあんまり後悔してもしょうがないというやつです。

レース後コメントが私の登録している媒体では見れないのでなんともですが、もうノリさんはマイスタイルを制御するつもりが全くなかった感じ。こういうこともあると割り切るしかないジョッキーですね。早く検量室に帰って武史騎手の雄姿を見たかったのかも(冗談)

そんなわけで、マイスタイルが暴走気味のペースを刻んだせいで、レースはダート戦のような異常な消耗戦に。普段は問われることない消耗戦適性を発揮できた馬が上位独占という感じ。ここまで読み切るのは無理なのでしょうがないです。

 

<京都新聞杯 レース結果>
1着:△レッドジェネシス 3番人気
2着:◯ルペルカーリア 1番人気
3着:◎マカオンドール 2番人気

ここは少頭数で穴っぽい馬もおらず、どう考えてもガチガチに決まるだろうな・・・と戦前にメルマガでも書いていた通りの決着に。まぁこれでは当然トリガミです。

しっかりとペースが流れて地力がはっきりと問われた結果、穴馬の入り込む余地がなかったですね。あえて捻り通して本命を絞り上げればブレークアップという感じのレースでしたが、能力的にたりないと見て本命にはせず。その見立て通りだったという感じの結果でした。

レッドジェネシスはスピード面に劣るので日本ダービーでは厳しいんじゃないでしょうか。

 

というわけで、今週の回顧はこのあたりにてお開き。

本文中に書いたとおりで、NHKマイルカップと橘ステークスのハズレの喪失感で、日曜〜月曜と競馬に触れる気力が起きず、回顧記事も書かなくていいかなぁとも思いましたが、先週も書いていないので書かないのが癖になってしまいそうなので書きました。

ようやく気分もリセットされたので反省するところは反省しつつ、ヴィクトリアマイルを中心とした今週末の予想に臨んでいきたいと思います。そんなわけでヴィクトリアマイルの考察記事もこれから頑張って書いて今日中にあげるつもり!今週もよろしくお願いします。

 

現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2021年も5月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【火曜日】先週の重賞回顧

火曜日に先週の重賞回顧を配信します。後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。

 

【水曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【木曜日】中央競馬の全レース回顧

木曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

12月4週のレース回顧〜2021年の中央競馬お疲れ様でした〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

8月3週のレース回顧〜WINS横手で競馬観戦してきました〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

5月5週のレース回顧〜強烈な東京芝のバイアス&ミルコどうした?〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

4月2週のレース回顧〜桜花賞はレコード決着でソダシの優勝!本当に恐れ入りました〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

7月1週のレース回顧〜七夕賞で見えた最近の競馬のオッズ〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

12月1週のレース回顧〜砂上のアーモンドアイ誕生

さて先月からブログの方できちんとレース回顧を書いています。 重賞レースの簡単な回顧(詳細回顧は

記事を読む

8月5週のレース回顧〜レースレベルが好対照すぎた2重賞〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

4月1週のレース回顧〜驚きのレイパパレ逃げ切り圧勝。怒涛のGI開催は波乱のスタート〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

11月2週のレース回顧〜展開って本当に難しいものですねぇ〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

8月3週のレース回顧〜少額投資でも馬券は買い方次第でなんとかなる〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

1月4週のレース回顧〜小倉競馬場に行ってまいりました〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

東海ステークス2022の予想を公開!

東海ステークス2022(中京ダート1800m)の予想です。 1月

AJCC2022の予想を公開!

AJCC2022(中山芝2200m)の予想です。 1月23日に中

初富士ステークス2022の予想を公開!

初富士ステークス2022(中山芝2000m)の予想です。 1月2

【東海ステークス2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

東海ステークス2022(中京ダート1800m)の考察です。 1月

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑