*

大阪杯2021の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2021/04/09 GIレース考察・予想

大阪杯2021(阪神芝2000m)の予想です。

4月4日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15:40です。出走馬はコントレイル、グランアレグリア、サリオス、レイパパレなど。阪神競馬場の芝2000mで行われるGIです。

 

あんまりやる気のなかった土曜重賞のニュージーランドトロフィーでしたが、一応本命対抗で決まって的中となりました。

<ニュージーランドトロフィー レース結果>
1着:◯テルツェット 3番人気
2着:△カテドラル 4番人気
3着:◎ボンセルヴィーソ 5番人気

平日時点での注目馬のテルツェットがしっかりと勝利してくれて、最終的に本命としたボンセルヴィーソが3着に走ってくれて三連複的中。ただ、ボンセルヴィーソが2着なら馬単マルチも買っていたので良かったのですが、もうちょっと頑張って欲しかったです。

土曜日は東西ともに晴れの天気で競馬ができましたが、どうやら日曜日は関西の方は朝から雨が降るとのこと・・・綺麗な馬場で3強対決を見たかったところですが、道悪競馬は中山牝馬S→スプリングSと当てることができていますし、きっちりと今週末も道悪適性を見極めて当てたいと思います。

 

[PR] G1に強い無料予想はココだ!大阪杯も信頼しちゃってOK!

高松宮記念も的中

まさにG1的中請負人!ここにあり!

日経賞も的中とギア上げてきました◎

━━━━━━━━━━━━━━

《無料予想》高松宮記念

3連複22倍×400円→8,800円

《無料予想》日経賞

3連複16.3倍×400円→6,520円

[獲得総額]15,320円

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

G1無料予想は実績充分!

【G1無料予想2020年実績】

◎的中率:約62%(21レース中13レース)

◎獲得額:277,890円◎収支額:169,490円

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

今週の無料予想はコレだ↓↓

4日(日)大阪杯

3日(土)ダービー卿CT

春G1戦線オススメはココなんです!

→大阪杯・ダービー卿CTの無料予想

これを見たあなたはラッキー!今すぐメルマガ登録(無料)しましょう!

 

大阪杯 2021予想

先出し本命馬(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

大阪杯の週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

このレースの特徴は2000mという距離で行われるレースではあるが、好走馬は1800m以下の距離に実績がある馬がズラリと並んでいること。ここで近4年の好走馬の距離実績を見ていきたい。

 

【2020年】
1着:ラッキーライラック 桜花賞勝ち
2着:クロノジェネシス 阪神JF2着 桜花賞3着
3着:ダノンキングリー 毎日王冠勝ち

【2019年】
1着:アルアイン 毎日杯勝ち
2着:キセキ 毎日王冠3着
3着:ワグネリアン 東スポ杯2歳S勝ち

【2018年】
1着:スワーヴリチャード 東スポ杯2歳S勝ち
2着:ペルシアンナイト マイルCS勝ち
3着:アルアイン 毎日杯勝ち

【2017年】
1着:キタサンブラック スプリングS勝ち
2着:ステファノス 富士S勝ち
3着:ヤマカツエース ニュージーランドトロフィー勝ち

 

こうして見てもキセキを除く全頭が1800m以下の連対実績あり。やはりこのレースは2000mという距離で行われるレースながら、1800m以下でも対応できるぐらいのスピードが要求される傾向がある。

特に強調したいのは2018年のペルシアンナイト、2017年のステファノスの激走だろう。この2頭は過去4年の大阪杯の歴史の中でも人気薄の激走と言えるが、そのどちらもがマイル重賞での優勝実績があった。それだけ1800m以下の実績、特にマイル重賞での実績が重要になるレースと言っていいでしょう。春の中山芝1800mで行われる中山記念とスプリングステークスもマイル実績がある馬がやたらに強い傾向がありますが、前有利の馬場で後半1000m勝負になりやすいレースではこういうマイラー有利の傾向が共通して出やすいのかもしれません。

 

こういう傾向があるということで、じゃあ高速馬場の阪神芝2000mでの開催となれば、もう2強でしょうがないという見るレースになっていたはず。安田記念とマイルチャンピオンシップを完全制覇しているグランアレグリアと、東京芝1800mで圧巻の2歳レコードを記録しているコントレイルの2頭はどちらも例年の大阪杯の傾向に合致します。この2頭のどちらが勝つかを考える、競馬の予想としてはあんまり面白くないレースになっていたんじゃないでしょうか。

 

ところが蓋を開けてみると今週末も日曜日は雨が降るということで、今まで見てきた要素に加えて「渋馬場への対応力」という要素が問われそうな感じになってきました。

土曜日の阪神芝は今まで降った雨の影響なんてノーカウントという感じのイン先行有利の高速馬場になっていましたが、日曜日は朝からガッツリと雨が降るようなのでメインレースの頃にはさすがに時計のかかる道悪馬場になっているはず。そうなれば全体時計も遅くなって追走スピードも問われなくなりますし、あんまりマイル実績などは問われないようなレースになるはず。今年の大阪杯は(ある程度のスピード性能は重視しつつも)渋った馬場をこなせる点をちゃんと重視した方がいいと思います。

 

天気と馬場を考察し終えたところで今度は展開を考えてみますが、まぁ例年の大阪杯と同様に今年も明確な逃げ馬不在でどう考えてもスローペースが濃厚。

ハッピーグリン騎乗の団野騎手のコメントに「ゲート次第ですが(ハナへ)行ってもいいのかなと思います」というものがあったので、おそらくハッピーグリンの逃げが濃厚。2番手はかかり気味にレイパパレがつけるような感じで、インからサリオスが3番手あたりにつける隊列か。人気のコントレイル、グランアレグリアも4、5番手ぐらいにはつけてくるでしょう。

もともと2コーナー地点がコーナーが急なのでペースが緩みやすいコース形態で、なおかつ逃げ馬不在でハッピーグリンが押し出されての逃げとなればどう考えてもスローペース濃厚。後半1000m地点から一気に速くなって、渋った馬場でいかにロスなく立ち回って相対的に良い脚を持続できるかという感じのレースになると思います。

 

ここで改めて過去の傾向を振り返ってみたいのですが、大阪杯は「スローペースからの後半1000mのスピード持続力+立ち回り勝負」になりやすいため、過去3年のレース映像を見ても一目瞭然ですが、とにかくロスなくインを立ち回った馬が有利になりやすい傾向。

<2020年>

<2019年>

<2018年>

馬場が渋った2019年もインを通った馬が上位独占の結果になりましたし、このレースは後半1000mをいかに速く走るかという点が最上級のレベルで問われるために外を回しての時計ロスは致命的なんでしょう。

先ほど手書きの図で示した隊列想定を思い浮かべつつ、今年も外を回さずにコースロスなくインを抜け出してこられる馬を重視した方がいいと思います。

 

長くなりましたが、今年の大阪杯の予想のポイントをまとめると、、、

(1)1800m以下及びマイルでの実績が重要

→ それよりも道悪馬場で減速できずに走れる馬場適性の方が重要になりそう

(2)スローからの後半1000m勝負になりやすいので、アルアインやラッキーライラックのようなスピード持続力に秀でたタイプが有利

(3)日本最高レベルのスローからの後半1000m勝負になると外を回すロスは致命的。とにかくインをロスなく立ち回れる馬が有利

この3点が大阪杯における重要なポイント。ざっくりまとめれば、

道悪馬場を苦にしないアルアインのような立ち回りタイプを狙う

ということでいいんじゃないでしょうか。

というわけで予想の発表。

 

どんなレースになるかを推理

[コース特徴] 2コーナー地点でペースが緩んでから後半1000m勝負になりやすい
[馬場レベル] E=重い
[馬場バイアス]イン先行有利になりやすいレース
[血統傾向] 王道血統がベタに走るレースだが、今年は道悪への対応力も重要になるか。
[レース展開] スローペースからの後半1000m勝負
[メンバーレベル] B=やや高い
[想定ラップ] 12.4 – 11.6 – 13.0 – 12.8 – 12.2 – 12.0 – 11.8 – 11.6 – 11.6 – 11.9
[想定時計] 2:00:9
[勝負度] C

 



 

 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

大阪杯 2021の印

本命 ◎サリオス

確かにガッチリしたムチムチな馬体などを見ているとマイラーなのかと思う部分はあるが、血統背景やデビュー当時のレースぶりからはとてもマイラーとは思えなかった馬。それが2歳時から超ハイペースのマイルGIを先行してそのまま押し切るんですから、この馬は今回の2強と同じくらいのとてつもない素質を秘めていると考えていい。

その朝日杯FSのパフォーマンスは歴代最強と言ってもいいんじゃないかというもので、これだけ見てもスピードの持続力は今回のメンバーの中でもナンバーワン。それでいて皐月賞ではコントレイルさえいなければ2着以下を突き放して勝てているわけですから「2000mもこなせるスピード持続力の鬼」という点で、大阪杯で何度も好走したアルアインと同じキャラクターの能力強化版と考えていいか。

昨年の秋初戦となった毎日王冠は極端なキレが問われないスピード持続力戦という最高の条件が揃って圧巻のパフォーマンスを見せましたし、マイルCSに関してはあんまり言いたくはないですが全く乗れていなかった鞍上の怠慢騎乗が全てでしょう。最後は馬場も展開も全く向かない中で最速上がりで差し込んできていますし、乗り方次第でグランアレグリアには勝てずとも2着はあったはずです。

マイルの古馬GI級では若干スピード不足なので今回の距離延長は間違いなくプラスに見えますし、前述の通りでアルアインのようなスピード持続力の鬼なので大阪杯は間違いなくベスト条件なはず。今回の鞍上なら前走のような後方のんびり騎乗は絶対にないはずで、インの3番手ぐらいで強気な先行策を取ってくるはず。考察でも書いた通りに大阪杯はインからロスなく立ち回れる持続力型が凄まじく強いレースですし、ここは全てが揃ったと思われるこの馬がコントレイルを倒す可能性は十分にあると見ます。

 

【対抗 ◯7 コントレイル】

あえてここで何か書く必要もないんじゃないかという気もしますが、誰もが知る無敗の3冠馬。

コテコテのスピード配合のディープインパクト産駒ではありますが、タフ馬場の皐月賞や適性ゼロだっただろう菊花賞を勝利するなど能力の絶対値が高すぎた感じで、こういう馬が無敗の3冠馬になれるということでしょう。

前走のジャパンカップで初めて負けを経験しましたが、超ハイレベル戦でアーモンドアイに負けただけですし、タフな菊花賞からの厳しいローテーションだったことなどを考えれば十分に評価できる内容だったと思います。

そんなわけで、この馬が3歳時と同等もしくはそれ以上に成長した姿を見せてきたらあっさり勝てておかしくないはず。ただ、いくら3冠馬と言ってもこの早熟タイプのディープインパクト産駒は古馬になってからは若干怪しんだ方良いはずで、近年でもマカヒキ、ディーマジェスティ、サトノダイヤモンド、ワグネリアンなど古馬になった途端に「あれ?」という馬がズラリと揃っている。それだけ早めに完成してクラシックで全力で走ることができるからこそ、3歳クラシック戦線で強い血統なんだろう。

というわけで、今回は古馬になっての初戦でこのディープ産駒のジンクスを打ち払えるかが最大のポイント。歴史的名馬だと思いますし、まず今回も勝ち負けには持ち込んでくると思いますが、誰しもがそう感じているからこそ古馬になって成長力イマイチというパターンは少し考えておきたいところ。あとはそもそも道悪馬場は決して得意ではないでしょう。

 

【単穴 ▲12 グランアレグリア】

東京マイルでアーモンドアイにあっさりと勝つことができる馬なんて世界にこの馬以外にいないでしょうし、スプリンターズSやマイルCSで並のレベルのGI級なら子供扱いできることを証明。おそらくマイル以下の距離ならば史上最強馬じゃないでしょうか。

ただ「能力が高い=レースで好走できる」とならないのが競馬の難しいところで、あのアーモンドアイもタフ馬場の有馬記念では惨敗。サートゥルナーリアも宝塚記念では馬場を苦にして伸びあぐねてモズベッロに先着されました。

おそらく高速馬場の阪神芝2000mならば好位からあっさりと抜け出して勝っていた可能性が高いと思いますが、今回は雨が降ってのタフ馬場。タフ馬場の高松宮記念は2着好走とはいえ1200m戦ですし、2歳時とはいえタフな馬場の朝日杯FSでクリノガウディーに先着されたこともあったりと重い馬場が向くイメージは一切ありません。

馬のイメージとしては「アーモンドアイをそのまま距離適性を400m短くしたような馬」という感じで、今回の阪神芝2000mの道悪馬場というのはこの馬にとっては近走でも最も過酷な試練と言っていいはずです。距離ももちろん初めてですが、コーナー4回の条件も初めて。今まで使っている上がりタイムが33秒台ばかりという馬ですから、今回は34秒台後半ぐらいの上がりが求められるレースで手応え怪しくなってさっぱり・・・という可能性は十分にあるでしょう。

と、ここまでネガティブポイントをつらつらと書き並べましたが、それでいてなお三番手の評価をしているのはそれだけ歴史的な名馬と評価しているから。馬券的な妙味としてはこの馬が飛んでくれるのがベストですが、こんな向かない条件を全て克服して勝利したら凄まじい名牝の誕生を称えればいいでしょう。

 

【特注 ☆6 ワグネリアン】

ダービーをとったディープインパクト産駒ということでキレキレの瞬発力型を想像する人も多そうだが、なんとこの馬は3歳の弥生賞から一度も最速上がりを記録していない。こちらがイメージしているよりはじり脚型の馬で、古馬になってからはより一層そんなキャラが定着してきた印象。

古馬になってから馬券に絡んだ2回は大阪杯、ジャパンカップとどちらも雨の影響を受けて時計のかかる馬場でしたし、今は母系のダートの血が出てパワーが問われるようなレースの方が合うんだろう。

成績不振の原因を喉に求めて手術をしたりと迷走した点が気にはなるが、前走の京都記念は手術後の休み明け初戦で馬場も展開も全く向かなかったことを考えれば上々の内容。もともとの能力はGIでも通用するものがありますし、コントレイルやグランアレグリアが渋った馬場を苦にするようならばこの馬が相対的に台頭してくる可能性が高い。

 

【△5 ペルシアンナイト】

ずっとマイルを使われてきたが、皐月賞と大阪杯で2着があるようにコーナー4回の2000mこそベストだとずっと思い続けてきた馬。昨年も札幌記念で2着に走っていますし、今回の条件ならば一発あっても良さそうな感じ。少しぐらいの雨ならプラスに働きそうだったががっつり降ってしまうと微妙な感じも・・・

ただGI実績がある馬がベスト条件で最高の枠が引けたとなれば穴では期待しておきたい。乗り替わりはマイナスだと思います。

 

【△10 カデナ】

とにかくじっくり溜めて一瞬の脚を活かしてこその小回り巧者で、昨年も印を打ったがこちらの想像以上の走りを見せて4着好走。小回り芝1800m~2000mなら相当に強いのだが、ハンデ戦以外でこういう条件が日本競馬にない点に泣いている感じで、今回は昨年のこのレース以来となるベスト条件到来という感じ。ただ、ここ2戦を見ても7歳になってさすがに少し衰えも見える感じがしますし、ベスト条件とは言え雨馬場でどこまでやれるか。全く人気がないので穴候補としておく。

 

【×1 モズベッロ】

宝塚記念の後にアクシデントがあった感じだが、AJCCを見る限りでは復調傾向。宝塚記念での3着激走を見ても他馬のスピードが削がれる雨馬場は間違いなくプラスだろうが、2200mでも後ろからになるだけに今回の条件はどう考えても短い。絶好枠を引くことができたので、池添騎手がイチかバチか何か仕掛けてきた時(イン捲り等)を考えて抑えたぐらい。

 

【×4 ブラヴァス】

金鯱賞は悪すぎる馬場にノメって何もできずに終了。それ以前のレースぶりからも道悪馬場が決してダメには思えず、血統的にも相対的にこなして良さそうな印象。前走は全く走っていないので成長度が掴めませんし、内枠から完璧に立ち回っての3着期待で抑えておくぐらいならいい感じもします。

 

【×8 レイパパレ】

この血統は祖母オイスターチケットの狂気のスピードが前面に出やすく、キャリア序盤ではそのスピードだけで押し切れるためにプラスに働くが、徐々に制御が効かなくなって距離を短くするしかなくなる。全兄のシャイニングレイがまさにそんな感じのキャリアを踏んでいきましたし、この馬のキャラを考えてもいかにも同じ路線を歩んでいきそう。

準オープンで川田騎手がスピードを押し出す競馬をしたことで完全にスイッチが入ってしまった感じで、チャレンジカップでは序盤からかかり通しでスローペースで相手が弱かったからなんとか押し切れた感じ。

今回は一気の相手強化で道悪馬場も特にプラスではなさそう。無敗の戦績とスローペースの展開から売れそうな感じはしますが、ただでさえ長い芝2000mで今回のメンバー相手では厳しそう・・・阪神芝2000mで驚異的な成績を誇る川田騎手に敬意を評して一応抑えた感じです。

 

 

印まとめ

◎サリオス
◯コントレイル
▲グランアレグリア
☆ワグネリアン
△ペルシアンナイト
△カデナ
×1,4,8

勝負度 C

 

買い目

大阪杯の買い目はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

さて、4月になりましたが、3月は中山競馬の重賞で素敵な配当を多数GETすることができました!

<中山牝馬ステークス レース結果>
1着:△ランブリングアレー 7番人気
2着:◎ロザムール 5番人気
3着:▲フェアリーポルカ 6番人気

詳細な予想文はコチラから見ることができます。

 

<スプリングステークス レース結果>
1着:◎ヴィクティファルス 3番人気
2着:▲アサマノイタズラ 7番人気
3着:◯ボーデン 1番人気

スプリングステークスは印4点に絞った予想としたのですが、その少点数での上位3頭がそのまま走ってくれての大本線的中!!これは気持ちの良い的中でした(^^)

最近の競馬はファンのレベルが高すぎるので、あえて何も考えずに△印を多めに打って「変な馬が運よく絡んで高配当」というような予想、買い方もよくしますが、やはり個人的に好きなのは「ロジカルに考え尽くしての小点数でのドンピシャ的中」の方ですかね。絞って買うので配当も跳ね上がりますし、やはり予想が完璧にハマっての的中ということで配当以上に爽快感も大きいですね。

一年に数回程度は自画自賛できる予想考察のレースが出てきますが、日曜のスプリングステークスはまさにそんな感じの予想でした。(実際のレース予想全文はコチラでご覧になれます)

的中メールなどたくさん頂きましたので、ここに簡単に紹介させていただきます。

 

by 神田様

 

by どらどら様

 

by winfullbloom様

 

いよいよ4月になりまして、競馬は毎週GIという最も盛り上がるシーズンになります!

この機会にさらに競馬を深く分析して楽しみたい、と考えている方には当ブログが発行するメルマガは非常にオススメです。初月無料になりますので、お気軽にこの機会に読んでみてください(^^)

 

現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

月初の今日から読み始めるのが最もお得になります

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

月初から読み始めるのが最もお得なメルマガのご紹介

さて、2021年も4月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【火曜日】先週の重賞回顧

火曜日に先週の重賞回顧を配信します。後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。

 

【水曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【木曜日】中央競馬の全レース回顧

木曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

スプリンターズステークス2018の予想を公開!

スプリンターズステークス2018(中山芝1200m)の予想です。 9月30日に中山競馬場で開催

記事を読む

チャンピオンズカップの予想を公開!

予想の公開遅れてすみませんでした。と言いますのも昨日の雪の影響で中京ダートどうなったかなーってのを午

記事を読む

【天皇賞(春)2018の予想ヒント】枠順から見るレース見解

天皇賞(春)2018(京都芝3200m)の考察です。 4月29日に京都競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

ジャパンカップ2018の予想を公開!

ジャパンカップ2018(東京芝2400m)の予想です。 11月25日に東京競馬場で開催され発走

記事を読む

【スプリンターズS2017の予想ヒント】想定2番人気セイウンコウセイ考察

スプリンターズステークス2017(中山芝1200m)の考察です。 10月1日に中山競馬場で開催

記事を読む

【ジャパンカップ2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

ジャパンカップ2019(東京芝2400m)の考察です。 11月24日に東京競馬場で開催され発走

記事を読む

【ジャパンカップ2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

ジャパンカップ2018(東京芝2400m)の考察です。 11月25日に東京競馬場で開催され発走

記事を読む

【チャンピオンズカップ2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

チャンピオンズカップ2017(中京ダート1800m)の考察です。 12月3日に中京競馬場で開催

記事を読む

安田記念 [1] 消耗ラップに対応できる血統を買う

昨日は友人に誘われて高城剛さんのトークライヴなるものに行ってまいりました。 こういった自己啓発

記事を読む

【オークス2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

オークス2017(東京芝2400m)の考察です。 5月21日に東京競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

富士ステークス2021の予想を公開!

富士ステークス2021(東京芝1600m)の予想です。 10月2

【富士ステークス2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

富士ステークス2021(東京芝1600m)の考察です。 10月2

【菊花賞2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

菊花賞2021(阪神芝3000m)の考察です。 10月24日に阪

10月3週のレース回顧〜雨+風で予想以上にタフになった秋華賞デーの阪神〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

秋華賞2021の予想を公開!

秋華賞2021(阪神芝2000m)の予想です。 10月17日に阪

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑