*

ジャパンカップ2018の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2018/11/25 GIレース考察・予想

ジャパンカップ2018(東京芝2400m)の予想です。

11月25日に東京競馬場で開催され発走時刻は15:40です。出走馬はアーモンドアイ、サトノダイヤモンド、スワーヴリチャード、キセキなど。東京競馬場の芝2400mで行われるGIです。

 

PR) ジャパンカップに絶対的な自信があります!!

「競馬大陸」の人気コンテンツ「利益直結馬」

徹底した情報で馬券的中に繋げるからこそ絶大な指示を誇るサイト!

今週は注目のG1!ジャパンカップ
どうやら絶対の自信があるようでこれは見逃し厳禁ですよ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━
利益につながる馬だけをご紹介しているこのコンテンツ。

先日も【東京11R 東京スポーツ杯2歳S】にて「59万3030円」
<3連単大本線的中!>

一般には出回らない厳選された情報が
今ご登録頂くと無料で受け取れる!
「ジャパンカップ」【利益直結馬】の厳選情報!

無料登録はコチラから!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■近走の的中実績も確かなもの!

マイルCS        /三連単29,790円
エリザベス女王杯  /三連単56,370円
天皇賞秋       /三連単24,230円
菊花賞          /三連単100,590円

なんと言っても利益直結馬の魅力は自信をもった的中率!!
今週配信が予定されているジャパンカップで重賞連勝が続いていますからね。
これがG1も含めことごとく当たるからそりゃ人気もでますよw
更に、毎週火、木、金に更新の重賞攻略ガイドが大人気!

ここの情報だけでも登録する価値があると思いますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■無料で厳選勝負情報を公開!■■
今週の厳選勝負レースは「ジャパンカップ
無料で公開することが決定しています!
▼今週末の利益直結馬情報を受け取る▼

 

ジャパンカップ 2018予想

ジャパンカップの週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

3歳馬  (2-3-2-21) 勝率7.1% 連対率17.9% 複勝率25.0%
4歳馬  (5-3-2-41) 勝率9.8% 連対率15.7% 複勝率19.6%
5歳馬  (3-4-4-36) 勝率6.4% 連対率14.9% 複勝率23.4%
6歳馬  (0-0-0-24) 勝率0.0% 連対率0.0% 複勝率0.0%
7歳以上 (0-0-2-21) 勝率0.0% 連対率0.0% 複勝率8.7%

これはジャパンカップの過去10年間の年齢別の成績をまとめたデータ。天皇賞(秋)も6歳以上の馬が全く走れないレースだとお伝えしたが、このジャパンカップも東京芝2400mでの究極のガチンコ勝負になるので、とにかくサラブレッドとしての旬の馬しか好走できないレース。

一般的にサラブレッドの全盛期は3歳秋ぐらいから5歳あたりまでの期間。どうしても6歳を超えてしまうと力が衰える傾向がありますし、そう言った点からこのような年齢別のデータが出てくるんでしょう。3歳馬の成績が一番良いのは、ジャパンカップに出走してくるという時点で同世代の中では抜けきった馬が強い馬しか出てこないからだと思います。

 

そんな「今が旬」の馬しか走れないのがジャパンカップ。

ただ、今年のメンバーを見渡してみると、そんな旬を過ぎたような馬ばかりというのが正直なところ。

サトノダイヤモンドは前走で復活したと言ってもレッドジェノヴァに詰められるようなレース内容。シュヴァルグランも明らかに昨年で旬は過ぎたように見えますし、外国馬2頭もとても主役とは呼べないような馬たち。

 

それでいて、今の東京の芝はかなりの高速馬場。

おそらくは前走の敗戦からウインテンダネスがミドルラップorロンスパの逃げを打つはずで、それにキセキ、ガンコあたりも突いていけばスローペースからの3ハロン戦になる可能性は低い。そんな淀みない流れになったとしても今の東京芝ならば前へ行った馬の方が断然有利と見ていいだろう。

今の馬場状態とペースを考えても2分23秒台を切るぐらいの決着時計になる可能性が高く、そんな速い時計に対応できるのは前述の通りで「今が旬」の馬だけだろう。この2018年の11月25日に行われるジャパンカップで、能力のピークを迎えそうな馬を中心に買ってみたい。

というわけで予想の発表。

 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

 

ジャパンカップ  2018の印

本命 ◎キセキ

本命は条件、馬場、枠順、展開と全てが向きそうなこの馬にします。

この馬は3歳時の夏で見せたパフォーマンスの時点で「東京コースならばGI級」と評価していた馬。ルーラーシップ産駒ながら母父のおかげでそこまでズブズブの馬ではなく、雄大なフットワークからどこまでも伸びていきそうなハーツクライ産駒に近いロンスパ型だ。

4歳春までスランプに陥ったが、ここ2戦は明らかに復調気配。特にこういうロンスパ型の馬にとってはここ2戦でスタートとテンの行きっぷりが良化したのは評価できそうで、長く良い脚を前目の位置で発揮できるようになってパフォーマンスが安定してきた。

前走の戦法はおそらくはプランBだったはずで、今回は目標にされずに好位からロンスパ戦を差し切る競馬がしたいはず。この鞍上ならばウインテンダネスの逃げをラチ沿い2番手でマークする競馬を狙ってくるはずで、今回は枠並びを見てもこの馬より内の馬でテンに速い馬が全くいない。おそらくはラチ沿い2番手という絶好のポジションが取れるはずだ。能力最上位のアーモンドアイやスワーヴリチャードよりもスムーズな競馬ができそうなのはほぼ間違いなく、昨年のシュヴァルグランのような競馬ができる可能性が一番高いのはこの馬だろう。

1点だけ不安要素があるとすれば疲労面。天皇賞(秋)はほとんどレースに参加していないマカヒキですら疲労が残ってジャパンカップを回避したほど。自分で淀みないラップを刻んで逃げたこの馬にダメージがなかったとは思えず、その点だけが引っかかる。ただ調教の動きを見ても、逆に前走の激しい競馬を経験して更に仕上がったような感じすらあり、当初本命予定だったアーモンドアイがここまで人気被るのであればこちらを本命にしたい。

 

対抗 ◯アーモンドアイ

対抗はもうここは逆らわずにアーモンドアイの能力を評価していいと見ます。

前述の通りでジャパンカップは「今が旬」のサラブレッドが強い競馬を見せて好走する舞台。今回のメンバーで今が旬と言える馬はさほど多くなく、その中でも牝馬3冠を全て圧勝した上に、秋華賞を叩き台にしてここに挑んできたアーモンドアイの充実度はここでは抜けているはずだ。

ロードカナロア産駒ということで淀みない流れの2400m戦になってどうかという不安はありますが、秋華賞の内容を見ても3歳秋時点で距離が原因で負けるとは思えず、オークスを見ても上がり33.2で余裕十分に突き抜けましたから、少なくとも今の時期ならば問題ないはず。

東京芝2400mでロスなく立ち回れる1枠1番を引きましたし、ある程度ウインテンダネスが引っ張ってくれればそこまで馬群が凝縮することもないのでぎちぎちに揉まれこむような競馬にもならないはず。今の日本競馬のほとんどの有力馬に騎乗しているクリストフ・ルメールが「日本で一番強い」と言ったほどの馬ですし、ここは人気でもしょうがないレースになる可能性が高い。

ただ、当初は単勝2倍を少し切るぐらいのオッズで見込んでいたが、蓋を開けてみたら単勝1.1倍に迫るほどの異常な一本被り。もちろんこの馬がかなりの可能性で勝ち負けになるという前提で買うつもりではあるが、ギャンブルとしてこのオッズで本命にしても妙味がない。3歳牝馬ということもあり、まさかの可能性もありと見て対抗にする。

 

単穴 ▲スワーヴリチャード

三番手はスムーズな競馬ができればスワーヴリチャードは十分に巻き返せる。

もともとアーモンドアイが登場するまでは現役最強の馬でしたし、左回りコースの芝2400mという舞台はこれ以上ないベスト条件。もし前走で出遅れながらも3着ぐらいまで格好をつけていればアーモンドアイにここまで人気は譲らなかったはずで、この馬がこの条件で3番人気ぐらいで買えるのであれば評価するべきだろう。

前走の天皇賞は最後の直線でも伸びなかったのは不満もあるが、最後はミルコはほとんど追っていませんし、これは自身が継続騎乗となるジャパンカップを見越してのことだろう。天皇賞がかなり消耗の大きいレースだったことを考えても、一度使った上にほとんど疲労を残さないレースができた、というのはある意味プラスであり、今回のメンバーの中ではアーモンドアイと並んでここに万全の状態で臨める馬と言っていい。

いかにもなハーツクライ産駒のロンスパ型で、とにかく緩みないペースで地力を問われれば問われるほど強い競馬ができそうなタイプ。ウインテンダネスやキセキが引っ張る流れは絶好といえそうで、とにかくスタートを決めてミルコがスムーズな競馬をしてくれればここは突き抜ける可能性も十分にあるだろう。

 

特注 ☆ウインテンダネス

今回穴っぽいところで最も期待したいのはウインテンダネスか。

単純に春シーズンに見せたパフォーマンスが今回のメンバーなら上位のもの。父親のカンパニーのイメージそのままにグレイソヴリンの長く良い脚をゴリゴリに使えるような馬で、緑風ステークスのようなレースができればここでも十分に馬券に絡めていいはず。

とにかくこの馬に関しては自分のレースができるかどうか。そう言った意味でGIでこの鞍上となると本命にする勇気はないが、人気もなさそうですし一発を期待してみたい。

 

△ ミッキースワロー

中距離路線ならば能力は最上位級のミッキースワローは侮れない。

前走の札幌記念は勝負所で前が詰まって全く追えずに終了。春シーズンのAJCCや大阪杯の内容を見ても能力は一線級と言って良さそうですし、セントライト記念でアルアインを一瞬で突き放したのを見てもGIで十分にやれて良さそうな馬だ。加えて父がディープインパクト系のトーセンホマレボシで母父ジャングルポケットでトニービン持ち。この舞台に適性がある可能性は十分にある。

ただ、今までのこの馬のレースぶりを見ていると、血統イメージの割に長く良い脚を使ってというよりは一瞬の末脚を活かしたほうが良さそうなタイプ。今回はウインテンダネスの逃げでロンスパ戦になりそうですし、まず後ろから行くことになりそうなので展開的に向くかどうか。またベタに休み明けというのは気になります。

 

△ ノーブルマーズ

適正的に穴馬の資格が十分にありそうなノーブルマーズだがこの枠はマイナス。

目黒記念では詰まりながら2着で宝塚記念では3着に好走。血統イメージ通りに持続力勝負になれば強い馬で、東京芝2400mはそのトニービン性を存分に活かせるという意味では良い条件。

ただ目黒記念も宝塚記念も内枠からロスのない競馬ができていましたし、今回は外枠からどういう競馬をするのかは鍵に。まぁ全く人気がないと思うので抑えておきます。

 

△ サウンズオブアース

最後にサウンズオブアースを抑えておく。もう7歳になり一時は衰えたと思っていたが、2走前の札幌記念から復調気配。札幌記念ではサングレーザー、マカヒキ、モズカッチャンと少差の4着ですからまだ一線級相手でも戦えて良さそう。毎日王冠は明らかに距離不足な印象でしたし、2年前に2着に走ったこのレースならば大穴の可能性ありと見て最後に印を打ちます。

 

消 サトノダイヤモンド

人気になりそうなサトノダイヤモンドは拾うか迷いましたが消します。

前走の京都大賞典で復活のような形にはなっているが、倒したのはレッドジェノヴァとアルバートで決して一線級とは呼べないメンバー構成。しかもラストの1ハロンは脚が上がってレッドジェノヴァに差されそうな感じでしたし、あの内容で復活とはとても呼べないだろう。

東京芝2400mで内枠を引けたこと自体は良いと思うが、この馬自体がスッと動けないので内枠はあまり得意ではないタイプ。加えて急坂がダメなので東京の直線の序盤部分では加速がつかないはずで、おそらくインの馬群の中でもがき苦しむはず。能力的にもここでは劣るはずなので、上位勢で人気を裏切るとすればこの馬だろう。

 

消 シュヴァルグラン

昨年覇者のシュヴァルグランはもう昨年時のような能力はないだろう。

同じ京都大賞典始動のローテーションではあるが、昨年の京都大賞典は出遅れから大外ぶん回しで3着という非常に強い内容。今年に関してはスムーズな競馬をしながらレッドジェノヴァやアルバートあたりにあっさりと突き放されており、いくら前哨戦といっても内容が悪過ぎ。明らかに年齢を重ねてスピードの衰えが見えます。抑えで買うか迷いましたが、馬券で工夫するとしてこの馬は切ることにします。

 

印まとめ

◎キセキ
◯アーモンドアイ
▲スワーヴリチャード
☆ウインテンダネス
△ミッキースワロー
△ノーブルマーズ
△サウンズオブアース

勝負度 C

 

推奨馬券

このレースの買い方に関しましてはメルマガにてのみの公開とさせていただいております。会員様はメルマガにて閲覧ください。

重賞以外の平場の予想はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

メルマガでは平場のレースを多数配信します!メルマガに登録いただければ今夜からお読みいただけるのでぜひこの機会に読んでみてください。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

それに加えて、5周年記念の11月には特別プレゼントも実施中!!

「回収率100%を越えるための必須メソッドとその思考法」をプレゼント

今まで配信商品として販売してきました上記ファイルですが、もう2年を経過しますので若干古新聞となってきましたので、年明けごろにバージョンアップ版を作成し、セミナー開催を予定しております。そのため、11月いっぱいで当ファイルは販売停止とする予定です。

ですが、かなりしっかりと書いた入門書になりますので、最後にこの機会にメルマガにご入会された方に無料でプレゼントしたいと思います。

こちらのプレゼントは11/1〜11/30までの期間限定ダウンロードとなります。この機会を逃すともう入手のチャンスは無くなりますので忘れずにダウンロードください。

 

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

11月からの購読が史上最大にお得なメルマガのご紹介

さて、早いもので2018年も11月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【火曜日】先週の重賞回顧

火曜日に先週の重賞回顧を配信します。後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。

 

【水曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【木曜日】中央競馬の全レース回顧

木曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

それに加えて、5周年記念の11月には特別プレゼントも実施中!!

(1)「回収率100%を越えるための必須メソッドとその思考法」をプレゼント (11月末迄)

(2)「2歳馬データベース 2018-2019」をプレゼント (11/15迄)

今だけのプレゼント企画を入手するチャンスになります。詳細はコチラからご覧いただけると幸いですが、、、

今、ご購読頂くと実質2ヶ月分お得な時期になります!!

年始にもお年玉企画など毎年やっておりますが、おそらくブログ&メルマガ創設史上、ここまでお得な期間はないかと思われますので、まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

 

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

関連記事

【桜花賞2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

桜花賞2018(阪神芝1600m)の考察です。 4月8日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15:

記事を読む

秋華賞 [4] 枠順とペースからレースを考察する

私の秋の京都のGIレースのモットーとして、 「枠順が出るまでは無闇に本命馬を決めたり予想をしな

記事を読む

【秋華賞2018の予想ヒント】枠順から見るレース見解

秋華賞2018(京都芝2000m)の考察です。 10月15日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

オークス [3] レッツゴードンキの戦法は?

正直、瀬戸サオリって誰やねん、という気持ちでいっぱいですが、確実にキャプテンからいじられそうなので、

記事を読む

朝日杯FS [4] 距離経験の重要性

寒いですね。非常に寒い。あまりにも寒いのでガルボの気分になって耐えようと思うも上手くいかず。極寒の地

記事を読む

【皐月賞2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

皐月賞2017(中山芝2000m)の考察です。 4月16日に中山競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

マイルチャンピオンシップ2018の予想を公開!

マイルチャンピオンシップ2018(京都芝1600m)の予想です。 11月18日に京都競馬場で開

記事を読む

エリザベス女王杯2018の予想を公開!

エリザベス女王杯2018(京都芝2200m)の予想です。 11月11日に京都競馬場で開催され発

記事を読む

菊花賞は仕掛け合いの乱ペースで見るべきレースでしたね(汗)

今週は咳が止まらない+予想が不振ということで、非常に消化不良の週末に・・・ 平場、重賞合わせて

記事を読む

スプリンターズS [2] 超前傾ラップに耐えられる馬はいるか

今週はスプリンターズステークスだぁ!と思っていたら、今週は南関重賞が2つもあるんですね。完全に忘れて

記事を読む

【有馬記念2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

有馬記念2018(中山芝2500m)の考察です。 12月23日に

【阪神カップ2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

阪神カップ2018(阪神芝1400m)の考察です。 12月22日

12月3週のレース回顧〜朝日杯はやはり牡馬のものだった

さて先月からブログの方できちんとレース回顧を書いています。 重賞

【有馬記念2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

有馬記念2018(中山芝2500m)の考察です。 12月23日に

ディセンバーステークス2018の予想を公開!

ディセンバーステークス2018(中山芝1800m)の予想です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑