*

ダービー卿チャレンジトロフィー2020の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2020/04/10 重賞レース考察・予想

ダービー卿チャレンジトロフィー2020(中山芝1600m)の予想です。

4月4日に中山競馬場で開催され発走時刻は15:45です。出走馬はプリモシーン、マイスタイル、レイエンダ、ストーミーシーなど。中山競馬場の芝1600mで行われるGIIIです。

 

[PR] 3月最高的中が高松宮記念で出ました!/h3>

大阪杯週も注目の重賞プラン★

ーーーーーーーーーーーーーーーー

◆先週の的中実績

【EMINENT-エミネント-】

■3/28(土)「日経賞(G2)

券種:3連単/点数:15点/推奨:600円

331.6倍×600円=198,960円/回収率2210%

9人気スティッフェリオ3着で中波乱を的中!

■3/29(日)「高松宮記念(G1)

券種:3連単/点数:32点/推奨:300円

2117.2倍×300円=653,160円/回収率6803%

1着モズスーパーフレア9人気で高配当!

ーーーーーーーーーーーーーーーー

◆3月重賞的中実績

<
3月最終週の高松宮記念で1番の高額的中が出ました!4月は今週の大阪杯、桜花賞、皐月賞と注目のG1が盛りだくさん!どんな的中が出るのか注目ですね!

ーーーーーーーーーーーーーーーー

今週はもちろんG1大阪杯の無料予想が土曜夜に公開されます!豪華メンバー揃いましたが絶対的な本命馬は不在なので高松宮記念のような波乱もありうる!ぜひ無料なので週末買い目を受け取ってみてください。

大阪杯週の無料予想をゲット!

無料メール登録だけでOK!土日2鞍ずつ週末計4鞍が無料予想が出てくるので要チェックです。

 

ダービー卿チャレンジトロフィー 2020予想

先出し本命馬(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


中央競馬ランキング

 

ダービー卿チャレンジトロフィーの週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

毎年、玉石混合のようなメンバーが揃って予想難しいレースだが、今年に関して言えば例年以上にメンバーレベルが低い印象。一応は前走で重賞勝ちのプリモシーンこそいますが、それに続きそうなのが近走成績がイマイチなマイスタイルやレイエンダ。あとは主な実績がオープンぐらいのジャンダルムやストーミーシーといったぐらいの馬しかおらず、明らかにメンバーレベルが低い。

過去5年のレース結果を見ても、2015年はモーリス、2018年はヒーズインラブ、2019年はフィアーノロマーノと条件戦を勝ち上がってきて勢いのあるフレッシュな馬が勝利していますが、今年に関してはそういう類の馬が皆無。もうオープンに毛が生えたぐらいのレースと見ていいんじゃないだろうか。

そんな今年のダービー卿チャレンジトロフィーの出走馬でも多くを占めるのが前走東京新聞杯組。このレースを勝利したプリモシーンが断然人気に支持されそうということを考えても、今回のこのレースのレベルを保っている頼みの綱のようなレースではあるが、今年の東京新聞杯は冷静に考えてレベルが低そう。勝ち時計1:33:0は翌週の1勝クラスと0.8秒しか変わりませんし、上位にオープン大将のサトノアーサー、8歳馬のクルーガー、初芝のスウィングビートあたりが走れちゃったのを見てもその程度のレベルだったということか。

今回はそんな低レベル疑惑がぷんぷんとする東京新聞杯で完璧な騎乗から勝利したプリモシーン及び、それに準ずる走りを見せた馬たちが人気になるレース。この程度のメンバーならば前走東京新聞杯組以外でハイレベルなパフォーマンスを見せている馬が十分に逆転できると判断した。

というわけで予想の発表。

 



 

 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

 

ダービー卿チャレンジトロフィー 2020の印

本命 ◎ストーミーシー

本命は前走のレース内容が非常に強かったこの馬の激走に期待したい。

もともと「好走しだすと使い詰めても好調が続く」「いつも良い脚を使うが追い込み届かず」という2つの特徴を持っていた馬で、昨年時点でもハイレベルだった東京新聞杯やマイラーズカップで最速上がりで差し込んできて上位とは差のない競馬。ただ、重賞でもオープンでも後ろからしか競馬ができないので同じくらいしか走ることができず、歯痒いレースを繰り返していた感じ。そうこうしている内にさすがに使い詰めがたたって、昨秋あたりからパフォーマンスが落ちてしまった感じで近走はレース内容が目立たなかった。

そんな戦績のところから休養を挟んだ2走前でレースぶりが一変。リフレッシュされた事で完全に調子を戻した感じで、休み明けでいきなり重賞レースでほとんど差のない競馬での6着。同タイムにステルヴィオがいることを考えても普通に評価できるパフォーマンスだったはずで、今回のメンバーに入れば能力上位と見て良さそうだ。

その上で更に圧巻だったのが前走のパフォーマンス。前走時の中山競馬場の芝はもう完全な外差し馬場でインを通った馬は壊滅的なバイアス。その上で前半3F=34.1のハイペースになってしまえば、もうインを通って先行した馬は壊滅するのも当然で、ご覧の通りで先行した馬は軒並み最下位付近に沈むようなレース結果となった。

もう一目瞭然で序盤で先行した馬はほぼ全頭が下位に沈んでいることがお分かり頂けるだろう。そんな馬場バイアスも酷い上に展開も向かない最悪な条件の中で、この馬は内枠からキャリアでほぼ初めての先行策を打ってそのまま押し切るというレースぶり。

インを通って先行した馬は全て最下位近くに沈んでおり、2〜3着馬は馬場の良い外を回って差し込んできた馬たち。それらを考えればこの馬は馬場も展開もまるで向かなかったことを考えれば凄まじく強い競馬をしていたと見ていいか。

相当なタフ馬場だったことを考えれば走破時計1:34:1も普通に評価して良さそうですし、時計面だけを見ても東京新聞杯と差のないレベルだったはず。そんなレースを馬場も展開も合わない中で勝利したことを考えれば、この馬は東京新聞杯組よりも強いのでは?

おそらく前走の積極策で馬が化けたと見て良いと思いますし、今回も内枠から同じように位置をとって競馬ができれば人馬ともに初の重賞獲りが十分にあって良いと見て本命に推します。

 

対抗 ◯ケイアイノーテック

対抗は能力だけならここでも最上位だろうケイアイノーテックが面白そう。

とにかくマイルの距離でじっくり脚を溜めればそれなりにやれる馬。近走は展開がまるで向かなかったり明らかに長い距離を使われているレースばかり。安田記念では最内を通ったとは言え溜めて差す競馬で上位に走れていますし、ここは差しが決まる流れになれば一発あっていいはず。陣営コメントで「途中で動く競馬」という内容のものが出ているので、ちょっと変な競馬になりそうな点がネック。

 

単穴 ▲マイスタイル

能力の衰えや調子落ちがないならばマイスタイルはスムーズな競馬ができれば強い。

ここ2戦はさっぱりな内容だが、阪神カップがGI好走の反動、阪急杯がハイペースを競り合う展開と敗因は割とはっきりしている感じ。今回はスムーズな先行策叶えば巻き返して良さそうだが、横山騎手への乗り替わりはプラスにしてもハンデ57.5kgで大外枠となると本命を打つのは気が引ける。

 

特注 ☆プリモシーン

断然人気になりそうなプリモシーンはここに入れば上位だが信頼できる馬でもないだろう。

前走は復活を遂げる重賞勝ちだったが、実際は東京新聞杯は完全タイム差+1.2の低レベル戦。低調なメンバー相手にミルコが完璧なインサイドアウトを決めて勝利した感じで、そこまで評価はできないか。ただ、今回は前走以上にメンバーレベルが酷い感じですし、相対的に上位評価にはなってしまう。

 

△ ジャンダルム

近走の好走は中山マイルを完璧に立ち回ってのものがほとんど。前走はハイペースで展開が厳しかったとはいえ、同じような競馬をしたカツジには最後に離されて底を見せた感じも。今回は内枠で上手く立ち回ってどこまでやれるか。

 

△ クルーガー

東京新聞杯は見せ場十分の競馬だったとはいえタイムランクEの低レベル戦での結果。今回は中山マイル替わりと内枠は良いと思いますが、おそらくこのメンバーレベルなら人気してしまいそう。人気でそこまで買いたい馬ではない。

 

△ カツジ

マイルCS4着の実績あるように、道中で脚を溜めて差す競馬なら強い馬。近走の敗因は途中で動いてしまっていることが全てで、それでも前走はハイペースを早めにまくってなかなか強い競馬。本来の末脚を活かす形ならケイアイノーテックを倒して重賞勝ちもある馬ですし、一発はあって良さそう。

 

 

印まとめ

◎ストーミーシー 
◯ケイアイノーテック
▲マイスタイル
☆プリモシーン
△ジャンダルム
△クルーガー
△カツジ
×5,6,8,14

勝負度 D

 

推奨馬券

単勝 2 ストーミーシー 本線

馬連 2→11,16,7,3,4,15,5,6,8,14 本線ベース

馬連 2→11,16,7 重ね買い

馬単 2→11,16,7,3,4,15 ボーナス

※ここは前走内容が見た目以上に強そうな◎ストーミーシーに妙味があるというのはわかっているんですが、それ以外に全く信頼できそうな馬がいないレース。それならばストーミーシーは先行策で化けたと見て勝ち負けまでは来るという前提で買いたい。そうなると単勝と馬連だが、馬連の相手はレベル低いのでどの馬が突っ込んできても驚けない感じ。広めに買って高めが突っ込んでくるのを期待したい。

関連記事

京都牝馬ステークス2020の予想を公開!

京都牝馬ステークス2020(京都芝1400m)の予想です。 2月22日に京都競馬場で開催され発

記事を読む

【2016】函館スプリントS / 枠順&展開考察(ローレルベローチェ、シュウジ等の枠順は如何に)

今日は6/19(日)に行われる函館スプリントステークスのレース考察を行います。函館芝1200mで行わ

記事を読む

シリウスステークス2018の予想を公開!

シリウスステークス2018(阪神ダート2000m)の予想です。 9月29日に阪神競馬場で開催さ

記事を読む

エプソムCの予想を公開!

本当は今日はサイクリングついでに府中まで行く予定でしたが、風邪がまだ治らず蓄膿症でひっくひっく言って

記事を読む

【福島牝馬S2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

福島牝馬S2017(福島芝1800m)の考察です。 4月22日に福島競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【東京新聞杯2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

東京新聞杯2017(東京芝1600m)の考察です。 2月5日に東京競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

京王杯2歳S [1] 今年の2歳戦で覚えておきたいこと

本日、サイトデザインをサクッと変更しました。以前から変えよう変えようとは思ってたんですが、きっかけが

記事を読む

小倉2歳ステークス2017の予想を公開!

小倉2歳ステークス2017(小倉芝1200m)の予想です。 9月3日に小倉競馬場で開催され発走

記事を読む

京都牝馬S2017の予想を公開!

京都牝馬S2017(京都芝1400m)の考察です。 2月18日に京都競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

京成杯 [3] 人気馬の短評

今日はJリーグの話でも。私の贔屓の某青いチームは新指揮官モンバエルツさんが来日。今週末かな、新体制発

記事を読む

鳴尾記念2020の予想を公開!

鳴尾記念2020(阪神芝2000m)の予想です。 6月6日に阪神

6月1週目の新馬戦プレビュー(注目株ウインベントゥーラなど素質馬たくさん)

2020-2021シーズンの新馬戦プレビューになります。今シーズンは新

今週末から競馬は新シーズンスタート & データ更新作業のため地方競馬の予想は今週お休みします

なんだかここ数日凄まじく暑いですね。自粛期間中にランニングが趣味になっ

【安田記念2020の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

安田記念2020(東京芝1600m)の考察です。 6月7日に東京

【鳴尾記念2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

鳴尾記念2020(阪神芝2000m)の考察です。 6月6日に阪神

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑