*

【2016】毎日杯 / レース考察(阪神芝1800mで行われるGIII戦を徹底考察します)

公開日: : 重賞レース考察・予想

今日は3/26(土)に行われる毎日杯のレース考察を行います。阪神芝1800mで行われるGIII戦です。その前に余談を少し。

bn_03_640x113

 

 

ショーン・マクアードル・川上さんの一件はラジオで本人の謝罪が流れるという顛末に。あれだけセルフプロデュースが完璧だった人ですから、すすり泣き混じりの肉声をそのまま普通なら公開するかなぁとも思います。あの音声で世論も「可哀想だなぁ」という方向に傾きつつあると思うので、そこまで見越したものだったんじゃないかと思います。

私は先週から言っている通り、この人は天才だと思っています。数十年完璧に作り上げられたキャラクターを演じるなんて無理です。やったことが良かったこと悪かったことは別として、この人のセルフプロデュース能力と努力方法に関しては他の追随を許さないと思うんですよね。

それを知っているからこそ、この人に関しては業界の人からは擁護論が出ていますよね。正直、ハーバード大卒なんて肩書きなくったって、高卒コンサルタントなんて新しくてまた良いじゃないですか。それくらい這い上がれる人だと思うので、これからも期待していたりします。

有吉さんだったり、本音でハシゴ酒あたりから再起して、これまでより少しバラエティ寄りのタレントになれば大ブレイクしかねないと思うんですけどねぇ。チャラくないマイケル富岡のポジションは余っていると思うので頑張って欲しいです。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

【2016】毎日杯 予想考察

過去5年のレース傾向

スクリーンショット 2016-03-21 15.26.16

2015年からはアンビシャスが現4歳勢力のトップクラスに成長。2014年もステファノスがのちに天皇賞2着に好走していますし、2013年の勝ち馬キズナはご存知後のダービー馬。2012年は後の天皇賞馬スピルバーグが走っていますし、遅れてきた素質馬が走るレースというのが毎日杯のイメージです。

そもそも阪神芝1800mというコース自体が弱い馬が走れない舞台。フラワーCでなぜ1番人気でもエンジェルフェイスを確勝と書いたかといえば、弱い馬では走れない阪神芝1800mで逃げ切りの圧勝を決めたからです。

ですので、このレースでは展開利や立ち回りの上手さなどで穴馬を探すのはあんまりよろしくないかも。それよりは後に重賞を勝つような馬なんだけれども、まだバレてない穴馬を探すのがいいと思います。

 

血統傾向

スクリーンショット 2016-03-21 15.26.31

もうこのレースの血統傾向は簡単。とにかくディープインパクト産駒を買えばいいだけのレースです。

過去5年の好走馬を見てもディープインパクト産駒と、その全兄ブラックタイド産駒以外で好走した馬は6頭。残りの9頭はディープインパクト産駒orブラックタイド産駒なわけです。

今年の出走馬の中でディープインパクト産駒はレプランシュ、ディープエクシード、ドゥオーモあたりでしょうか。レプランシュはきさらぎ賞2着ですからまず間違いなく人気になるはず。ディープエクシードやドゥオーモも人気する可能性は十分にありますよね。

これらの馬から本命を選んでもいいですし、他に気になる馬がいたら「本命馬」+「ディープ産駒」+「ヒモ」っていう感じのフォーメーションを組めば当たるレースだと思います。どうせ今年も1頭はディープインパクト産駒が絡むでしょう。

 

レースラップ傾向

スクリーンショット 2016-03-21 15.26.25

阪神芝1800mが過酷なのはやはり何より途中で一旦息が入ってから一気の瞬発力勝負になりながらも、直線の坂がかなりタフなので最後は凄く時計がかかること。ギアチェンジ力ない馬も厳しいですし、ただ末脚の持続力がないと最後の1ハロンで脚色が同じになって差しきれません。

だからこそ「瞬発力があって、かつ長く良い脚が使える馬」が強い舞台なんですが、それって言ってしまえば「ただ強い馬」であり「後にGIで活躍するレベルのディープインパクト産駒」なわけです。

これが毎日杯から出世馬が出たり、ディープ産駒の強い馬の出世レースになっている理由だと思います。

 

レース傾向まとめ

今日のところはこの辺りにしておきます。出走メンバーはこんな感じ。

スクリーンショット 2016-03-21 20.35.31

今年のメンバーの大将格はスマートオーディンでしょうか。

まず1番人気になるとは思いますが、この馬のベスト距離はマイルです。1800mならスローからのギアチェンジ戦でなければ走れないタイプ。ただ父親のダノンシャンティもここは勝っていますし、登録メンバーを見た感じ先行馬もあまりいないので、スローのギアチェンジ戦になればやれていいんじゃないでしょうか。

2番人気がきさらぎ賞2着のレプランシュ、3番人気が弥生賞4着のタイセイサミットという感じでしょうか。その次くらいにディープエクシードやロワアブソリュー、ステイキングダムあたりが来ると見ています。

 

月曜時点で毎日杯はこの馬を狙ってみたいと思っています。

その馬の名はブログランキングで公開中

 

「瞬発力があって、かつ長く良い脚が使える馬」が強い舞台というのは先にも述べた通り。もちろんディープインパクト産駒にこういうタイプの馬が多いんですが、若干長く良い脚寄りとはいえ、この血統の馬もある程度の瞬発力を備えつつ、長く良い脚が使えます。だから阪神芝1800mはこの血統が良く走る舞台で、一時期は特注血統なんて見方もされていました(今は以前よりも走らなくなってきている気がします)

前走はハイペースを早仕掛けで脚を無くした感じ。この血統の一流馬は脚を溜めて爆発的な末脚が使えるタイプが多く、この馬の2戦目、3戦目の決め手を見ても、この馬は後にかなりの大物になってもいい馬だと思います。

前走の教訓から今回はしっかりと脚を溜めて末脚を活かす競馬をしてくるでしょう。おそらく条件はベストでしょうから、あとは力関係で通用するかだと見ています。

 

関連記事

オールカマーは抑えはGETもまぁ安いよね。来週大きく当てよう!

神戸新聞杯はちょっと全くダメな感じ。結構自信あったんですが、スローペースの瞬発力勝負を後ろから行って

記事を読む

【中山牝馬ステークス2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

中山牝馬ステークス2020(中山芝1800m)の考察です。 3月14日に中山競馬場で開催され発

記事を読む

【マーチステークス2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

マーチステークス2019(中山ダート1800m)の考察です。 3月24日に中山競馬場で開催され

記事を読む

【ファンタジーステークス2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

ファンタジーステークス2019(京都芝1400m)の考察です。 11月2日に京都競馬場で開催さ

記事を読む

【2016】AJCCの予想を公開!

みなさんアメリカジョッキークラブカップの予想は決まりましたか? まだの方は是非プロ予想家4人の

記事を読む

【札幌2歳ステークス2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

札幌2歳ステークス2017(札幌芝1800m)の考察です。 9月2日に札幌競馬場で開催され発走

記事を読む

【東海ステークス2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

東海ステークス2018(中京ダート1800m)の考察です。 1月21日に中京競馬場で開催され発

記事を読む

【ユニコーンステークス2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

ユニコーンステークス2020(東京ダート1600m)の考察です。 6月21日に東京競馬場で開催

記事を読む

【弥生賞2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

弥生賞2017(中山芝2000m)の考察です。 3月5日に中山競馬場で開催され発走時刻は15:

記事を読む

【アイビスサマーダッシュ2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

アイビスサマーダッシュ2018(新潟芝1000m)の考察です。 7月29日に新潟競馬場で開催さ

記事を読む

埼玉新聞栄冠賞2020の予想を公開!

埼玉新聞栄冠賞2020(浦和ダート1900m)の予想です。 10

【富士ステークス2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

富士ステークス2020(東京芝1600m)の考察です。 10月2

【菊花賞2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

菊花賞2020(京都芝3000m)の考察です。 10月25日に京

10月3週のレース回顧〜デアリングタクト無敗の3冠達成おめでとう!秋華賞は馬券も的中(^^)

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

秋華賞2020の予想を公開!

秋華賞2020(京都芝2000m)の予想です。 10月18日に京

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑