*

【2016】レパードS / レース考察(新潟ダート1800mで行われるGIII戦を徹底考察します)

公開日: : 重賞レース考察・予想

今日は8/7(日)に行われるレパードステークスのレース考察を行います。新潟ダート1800mで行われるGIII戦です。その前に余談を少し。

 

まだこの原稿を書いている段階では見ていませんが、今日の午後に噂の「シン・ゴジラ」というのを見てきます。

ゴジラシリーズは大好きで、恐らく幼少期に見た「ゴジラ×ヘドラ」に衝撃を受けたのが最初で、その後「ゴジラ×ビオランテ」を見てわざわざ芦ノ湖にロケ地見学に行ったくらい好きでした。

今回は監督が庵野さんということで、否が応でも期待せざるを得ないですよね。なんだか評価もとんでもなく高いということなので、これから劇場で観るのが楽しみで仕方ありません。

その庵野さん作品といえば「新・劇場版エヴァンゲリヲン・破」は映画館で6回見ましたが、初見の時はすごすぎて圧倒されてただただ口をポカンと開けていました。Qになると展開が急激すぎて逆の意味でポカンでしたが。良い意味で私の人生にも影響を与えてくれたすごい人が作るゴジラということで、非常に楽しみにしております。

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

【2016】レパードS 予想考察

過去5年のレース傾向

スクリーンショット 2016-08-01 23.06.22

ダートは芝よりも基礎体力の絶対値が要求されるので、2歳と3歳では走破時計もはっきりと変わってきますし、本当に強い馬かどうかというのは3歳春時点ではまだわかりません。先日のジャパンダートダービーで今までの構図をキョウエイギアがひっくり返したように、本当の強さがわかるのがちょうどこの夏時期くらいからなんですよね。

過去の馬を見てもホッコータルマエなんかは春時点までは伏兵の一頭にすぎませんでしたが、このレパードSの勝利をきっかけに稀代の名馬になっていきました。

ようやく本当に強いダート馬かどうかがわかる、というのがレパードSの最近の位置付けで、昨年勝利したクロスクリーガーにしても、不慮の死さえなければ今頃古馬の一線級とガチンコで戦えてよかった馬だと思います。

 

本当の強さは夏ぐらいになってみないとわからない、とは言っても、春までの勢力図がガラリ一変することは考えられず、基本的には勢力図はほとんど踏襲されていい感じ。その後、明らかに成長した馬はそれを考慮に入れるべきですが、今年に関してはユニコーンSやジャパンダートダービーは明らかにレベルが高かったので、そこと別路線組でははっきりと差別化を図った方がいい気がします。

 

血統傾向

スクリーンショット 2016-08-01 23.06.26

ダートのレースなので基本的に血統はあまり考慮せず。ただ、新潟ダート1800mは一つだけとんでもない特注血統があることだけは書いておきます。それは、、、

シニスターミニスター

もうこの事実は知っている人ばかりだと思いますが、とにかく新潟ダート1800mはシニスターミニスター産駒が嘘みたいに走ります。先週の平場でも未勝利戦で13番人気ドゥリーミンが勝利。もう新潟ダート1800mでシニスターミニスター産駒を見かけたらそれだけで馬券内に入れた方がいいかもしれません。

その考えでいくと、今回のメンバーではマイネルバサラの評価は上げた方が良さそう。ユニコーンSは一発狙いに行っての積極策での大敗ですし、あんまり気にする必要もないか。鳳雛ステークスではジャパンダートダービー勝ち馬のキョウエイギアと差のない競馬をしていますし、ここで一気にパフォーマンスを上げてきても驚けません。

 

レースラップ傾向

スクリーンショット 2016-08-01 23.06.30

 

新潟ダートコースということもあり、また勝ち馬は後々まで活躍する強い馬が多いということもあってか、最後までそこまで時計はかかりません。ということは基本的には先行馬有利のレースと考えていいはず。

ただ、このレースは上がり1位の馬の成績が抜群に良いことも忘れてはいけません。なんだかんだで左回りで芝っぽい適性が要求されることもある新潟ダートコース。ボレアスみたいに末脚一気で突っ込んでくる馬も警戒したいところ。

 

レース傾向まとめ

今日のところはこの辺りにしておきます。出走メンバーはこんな感じ。

スクリーンショット 2016-08-02 0.46.59

ジャパンダートダービー組を代表してケイティブレイブ、ユニコーンステークスを代表してグレンツェント。この2頭の一騎打ちという評価でしょうし、オッズ上でもまずそんな感じになると思います。

今回のメンバーで最有力と思われるのはこの馬。

その馬の名はブログランキングで公開中

 

 

3歳春時点では真のダート馬の実力はわからない、と何度も言ってきましたが、そんな中でも伏竜ステークス後に「こういうタイプの馬が後々は大成しそう」「いかにもホッッコータルマエの3歳春時にそっくりな戦績」と書いていましたが、なんだか本当にそんな感じになってきそうで自分の見立ても間違っていなかったなと。

今回のメンバーでは先行力も持久力も一番でしょうし、先行有利な新潟ダートコースでは状態面以外では崩れるところは想定できない馬。単純な逃げ馬でもないですし、ここはまず勝ち負けになるとみて良さそうです。

 

関連記事

京王杯2歳ステークスの予想を公開!

さて、日本全国の予想家を困らせているだろう京王杯2歳ステークス。先日の考察でも書いたが、ここは妙味重

記事を読む

【2016】京成杯オータムハンデ / 有力馬考察(ロードクエスト、ダノンプラチナなどの徹底分析)

今日は9/11(日)に行われる京成杯オータムハンデのレース考察を行います。中山芝1600mで行われる

記事を読む

【2016】中山牝馬S / 有力馬考察(ルージュバック、アースライズなどの徹底分析)

今日は3/13(土)に行われる中山牝馬ステークスのレース考察を行います。中山芝1800mで行われるG

記事を読む

クイーンカップ [1] 危険なハービンジャー産駒2頭

てっきり佐賀記念を水曜日だと思っていました(汗)まぁ本命はマイネルクロップでしたが、ソリタリーキング

記事を読む

東海S [2] 逃げ馬不在のメンバー構成

東京→横浜への引越しで日々てんやわんやなのです。物自体はほとんど何もないんですが、急な日程決定だった

記事を読む

【ファルコンS2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

ファルコンS2017(中京芝1400m)の考察です。 3月18日に中京競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

【2016】七夕賞 / 枠順&展開考察(アルバートドッグ、ヤマニンボワラクテ等の枠順は如何に)

今日は7/10(日)に行われる七夕賞のレース考察を行います。福島2000mで行われるGIII戦です。

記事を読む

【2016】アーリントンC / 枠順&展開考察(アーバンキッド、ボールライトニング等の枠順は如何に)

今日は2/27(土)に行われるアーリントンカップの枠順&展開考察を行います。阪神芝1600m

記事を読む

ローズS [4] 土曜の馬場を見た感じでの結論

今日は中山競馬場に行ってきました。 たまたま従兄弟が行くというので、今日なんにも重賞も

記事を読む

東スポ杯2歳S [1] あなたが考える来年のクラシックの主役を買おう

すみません、昨日は夕方過ぎに自宅に帰るや否や、バタンQ状態で寝てしまい、メルマガ配信できませんでした

記事を読む

【ラジオNIKKEI賞2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

ラジオNIKKEI賞2018(福島芝1800m)の考察です。 7

宝塚記念含む週末競馬の総括と頑張れ日本代表!セネガル戦

さて、今週も土日の中央競馬が終了いたしました。お疲れ様でした。

パラダイスステークス2018の予想を公開!

パラダイスステークス2018(東京芝1400m)の予想です。 6

宝塚記念2018の予想を公開!

宝塚記念2018(阪神芝2200m)の予想です。 6月24日に阪

大沼ステークス2018の予想を公開!

大沼ステークス2018(函館ダート1700m)の予想です。 6月

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑