*

クイーンステークス2023の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2023/08/03 重賞レース考察・予想

クイーンステークス2023(札幌芝1800m)の予想です。

7月30日に札幌競馬場で開催され発走時刻は15:35です。出走馬はドゥーラ、ルビーカサブランカ、サトノセシル、イズジョーノキセキなど。札幌競馬場の芝1800mで行われるGIIIです。

 

このクイーンステークス、1年の重賞の中でも割と得意としているレース。札幌2歳ステークスほどではないですが、2回に1回くらいは的中できていますし、近3年でも2回的中できております。

 

<クイーンステークス2022 レース結果>
1着:☆テルツェット 2番人気
2着:◎サトノセシル
 8番人気

3着:▲ローザノワール 3番人気

 

 

<クイーンステークス2020 レース結果>
1着:◎レッドアネモス 11番人気
2着:▲ビーチサンバ 4番人気
3着:◯スカーレットカラー 1番人気

今年もしっかり買いたい馬がいますし、最近の重賞の中では最も買いたいレースになりそう。今年もバッチリ当てちゃいたいところです!

 

[PR] クイーンステークス202攻略するならここの買い方!

────────────────────
まずはクイーンSデータ紹介
過去10年1番人気成績は(3-3-2-2)複勝率80%と信頼度高め。しかし6番人気以下の穴馬も10年で11頭好走と一筋縄ではいかない傾向です。11頭中10頭は5~6歳馬、キャリア豊富な穴馬を馬券に入れておくと良さそうです。となると・・・ミスニューヨークあたりは要注目かもですね!フィアスプライド牝5まで考えるか。。。

────────────────────
最後はここを参考に買い目組んでみてください!

無料公開予想/クイーンS参考レース

函館記念
3連複10点500円

5,000円⇒21,500円
回収率421%
優駿牝馬 3連複10点500円
5,000円⇒84,200円 回収率1684%

────────────────────


そして牝馬重賞に強し!

フローラS +33,800円
福島牝馬S +43,150円

中山牝馬S -5,000円
クイーンC +11,500円

12月~7月無料予想は32.9万⇒219.5万に!!

7月も1週、2週目プラス収支

前夜買い目まで確実に見てください↓

クイーンステークス2023予想
見ておくならココですよ!

 

クイーンステークス 2023 予想

先出し本命候補(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

クイーンステークスのレース概要

札幌芝1800mで開催される牝馬限定重賞。特殊な洋芝コースで行われると言うことで適性が問われるのはもちろんですが、このレースで重視したいのは別定重賞であると言うこと。直近の牝馬限定重賞はヴィクトリアマイルを除けばほとんどがハンデ戦ですし、実績馬は重い斤量を背負わされるのでなかなか出走しにくい。

一方でこのクイーンステークスは別定戦と言うことで実績を持った馬でも出走しやすく、ハンデ戦のGIIIで威張っていた馬たちを実績上位の馬が蹴散らすことが多くなっています

 

データ的な見地からの考察


※近10年のクイーンステークスの前走クラス別成績

前項でも書いたように、クイーンステークスは牝馬限定重賞の中では珍しい別定戦。実績ある馬も斤量負担なく出走できるレースで、そうなれば格はしっかり問われると見ていいか。過去10年の結果を見ても前走GI組の成績が圧倒的になっています

 


※近10年のクイーンステークスの前走レース別成績

では前走オークス組の成績が良いかと言われるとそんなわけもなく、これだけ前走GI組が走っている要因はヴィクトリアマイルからの臨戦組が圧倒的に強いから。これだけの数の馬が出走しているにも関わらず、複勝率は6割超えと圧倒的な成績。別定戦で馬の格が問われるからこそレベルが高いヴィクトリアマイルから来た馬は強調できるレースです。

 


※近10年のクイーンステークスの年齢別成績

前走GI組でもオークス組は微妙と書いた通りで、こうして見ても3歳馬の戦績はイマイチ。どうしてもクラス再編成後の条件戦での3歳馬の活躍を見ると3歳馬を買いたくなりますが、タフな洋芝での古馬混合重賞となると4−5歳馬に軍配が上がります。今年も3歳馬が人気になりそうですが、このデータは少し覚えておきたいところ。

 


※近10年のクイーンステークスの枠順別成績

函館競馬場ほど小回りコースでもなく、差しも決まりやすいレースなので外枠が絶望的と言うレースではありません。ただ、内枠の好走率が異常に高いのも事実で、1−2枠の馬の複勝率と回収率は凄まじいことに。3年前のレッドアネモスを筆頭に1−2枠の馬が極端な穴を開けることが多いので覚えておきたいです。

 


※近10年のクイーンステークスの脚質別成績

レース間隔にもはっきりした傾向が出ており、間隔を詰めて出てきた馬の成績は微妙。前走ヴィクトリアマイル組の成績が良いですし、間隔は空いたほうがいいレースだと思います。

 

ラップ的な見地からの考察

過去5年のラップ平均を見ても全体を通じて平均ペースで推移しやすい傾向。牝馬限定重賞は大体スローペースで終いの瞬発力だけ問われることが多いですから、こういうラップ推移の時点でスタミナははっきり問われるレースと考えていいはずです。

これで函館競馬場なら前々で立ち回った先行馬がそのまま粘り込むようなレースになるんでしょうが、札幌競馬場はコーナー半径が大きくて加速がつきやすい舞台。前が止まった分で差し馬も差し込んでこれるので十分に差しが効くレースになっています。

 

血統的な見地からの考察

こうして見ても目立つのがサトノセシル、フロンテアクイーン、ソウルスターリング、ディアドラなどの欧州血統の活躍。母父まで範囲に含めるとダンジグ持ちの馬がやたらに走っていますし、やはり洋芝で行われるレースだけあって欧州のスタミナ要素が問われるんでしょう。

 

レベルや馬場、展開などを踏まえて今年はどんなレースになりそうか?

今週が札幌競馬場は2週目。先週は雨の影響もなく超高速馬場でしたが、今週も良馬場での開催になりそうで同じく高速馬場になりそう。ペース次第では1分45秒台中盤ぐらいでの決着までありそうです。

メンバーレベル的には例年通りという感じで、一応はオークス3着のドゥーラが中心的な存在になるか。高速馬場で騎手意識が前がかりになりそうですし、重賞初騎乗の古川奈穂騎手が掛かりそうなのでペースは流れそう。十分に差しも決まるレースになるんじゃないでしょうか。

 

考察まとめ

【レース質】洋芝適性重要。淡々と流れて差しも決まる。<□■■□>

【波乱度】十分に波乱要素があるレース。

【ラップ特徴】今年も淀みないペースになりそう。

【血統特徴】欧州スタミナ血統を持っている馬が優勢。

【狙えるタイプ】前走GI組(特に前走ヴィクトリアマイル組が断然)。

【狙えるタイプ】4−5歳馬(3歳馬の戦績が微妙)。

【狙えるタイプ】1−2枠の馬。

【狙えるタイプ】中3週以上間隔を開けている馬。

 




 

クイーンステークス 2023の印

【本命 ◎10 イズジョーノキセキ】

じっくり溜めて末脚を活かしてこその馬。自分の競馬ができれば昨秋の府中牝馬Sや有馬記念を見ても能力は相当。ここ2戦は適性距離よりも短いマイルでしたし、阪神牝馬ステークスは途中で動く競馬でこの馬の良さは出せず。ヴィクトリアマイルは思ったよりも雨が降らずで、ハイレベルなメンバーのマイル戦でのスピード勝負が厳しかった。

非根幹距離の1800mは強い内容で重賞を勝っている舞台ですし、小回りコースも有馬記念で克服済み。クイーンステークスは前走ヴィクトリアマイル組の成績が圧倒的ですし、転厩初戦で57キロをクリアできればここも面白い。

 

【対抗 ◯5 サトノセシル】

2年連続でクイーンS好走の実績通りにこの舞台は合いそう。間隔を空けての臨戦過程はここを狙ってのものだと思いますし、今年も上位争いになっていいか。ちょっと中間に一頓挫があったようなのでその点が少し気になっての対抗評価に。

 

【単穴 ▲12 ミスニューヨーク】

タフでスタミナが問われる舞台なら重賞級。前走の福島牝馬Sは出遅れたとはいえ加藤騎手が乗っていた時点で人災のようなものですし、今回はデムーロへの手戻りでタフさが問われる条件なら上位。

 

【特注 ☆7 ドゥーラ】

適性のないマイル戦にずっと使われていただけで、能力の高さなら世代上位の存在。札幌芝1800mは重賞勝ちもある舞台ですし、適性条件なら当然ここでもやれるはず。

 

【△1 コスタボニータ】

阪神牝馬ステークスは超スロー戦で内枠から完璧な競馬ができていた。メイステークスを見てもガチンコ勝負で重賞では厳しい感じはするが、クイーンステークスはとにかく1枠の成績が良いレース。完璧に立ち回った時のために抑え印は回す。

 

【△4 ルビーカサブランカ】

ここ2戦で行きっぷりが改善されてきたとはいえ1800mは短い馬。函館記念からの中1週ローテの成績も最悪ですし、ルメール騎乗で人気になりそうな点を見てもあまり評価はしたくない。

 

【△8 キタウイング】

重賞2勝は今回のメンバーに入ればミスニューヨークと並んで実績最上位。差しが決まるレースならやれていい感じがしますし、これまでのレースぶりや血統背景からも今回の条件は合いそう。

 

【△9 グランスラムアスク】

矢作厩舎の馬らしく使いつつ本格化。今回もマイペースの逃げが打てそうですし、自分のリズムで逃げられればここでもやれていいか。

 

【△11 ジネストラ】

前走は初の1800mで折り合い重視の競馬。最後は外から伸びてきていましたし距離はこなして良さそう。ただ、血統イメージ通りにスタミナよりスピードに秀でたタイプに見えますし、クイーンSでどこまでやれるかは未知数。

 

【推奨買い目】

三連複 10→5,12,7→5,12,7,1,4,8,9,11 本線ベース

三連複 10→5,12,7,11 重ね買い

三連複 10→5,12,7 重ね買い

ワイド 10→5,12 (10→5は重ね買い) 本線

馬連 10→5,12,7 (10→5は重ね買い) 本線

 

【買い目及び予想のポイント】

ここはデータ的に完全合致して能力も最上位の◎イズジョーノキセキに期待したい。そこそこの人気で買えると思うので上手く三連複を引っ掛けて欲しい。

 

関連記事

【神戸新聞杯2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

神戸新聞杯2018(阪神芝2400m)の考察です。 9月23日に阪神競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

北九州記念2021の予想を公開!

北九州記念2021(小倉芝1200m)の予想です。 8月22日に小倉競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

セントライト記念2022の予想を公開!

セントライト記念2022(中山芝2200m)の考察です。 9月19日に中山競馬場で開催され発走

記事を読む

函館スプリントステークス2019の予想を公開!

函館スプリントステークス2019(函館芝1200m)の予想です。 6月16日に函館競馬場で開催

記事を読む

【函館記念2018の予想ヒント】枠順から見るレース見解

函館記念2018(函館芝2000m)の考察です。 7月15日に函館競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【2016】根岸S / 有力馬考察(モーニン、タガノトネールなどの徹底分析)

今日は1/31(日)に行われる根岸ステークスのレース考察を行います。東京ダート1400mで行われるG

記事を読む

【阪急杯2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

阪急杯2018(阪神芝1400m)の考察です。 2月25日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

【関屋記念2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

関屋記念2022(新潟芝1600m)の考察です。 8月14日に新潟競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

新潟2歳S [1] 過去のデータを鵜呑みにするのは危険か

結局、昨晩はほとんど寝れず。というのも、月火はTBSラジオのJUNKを聴いてから寝るのが習慣なので、

記事を読む

七夕賞 [2] 血統的適性を考察する

昨日はジャパンダートダービー完敗!! 私は地方競馬はそこまで買う方ではなく、買っても2000円

記事を読む

宝塚記念2024の予想を公開!

宝塚記念2024(京都芝2200m)のレース予想です。 6月23

天保山ステークス2024の予想を公開!

天保山ステークス2024(京都ダート1400m)のレース予想です。

6月4週の中央競馬レースプレビュー 〜いよいよ梅雨突入で久々の道悪馬場になるかも?〜

6月4週の中央競馬レースプレビューです。 この記事は週末に行われ

【宝塚記念2024の予想ヒント】ドウデュース、ジャスティンパレス、ローシャムパーク、ベラジオオペラなど出走予定馬13頭の全頭診断

宝塚記念2024(京都芝2200m)のレース考察です。 6月23

さきたま杯2024の予想を公開!

さきたま杯2024(浦和ダート1400m)の予想です。 6月19

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑