*

天皇賞(春)2019の予想を公開!

公開日: : GIレース考察・予想

天皇賞(春)2019(京都芝3200m)の予想です。

4月28日に京都競馬場で開催され発走時刻は15:40です。出走馬はフィエールマン、エタリオウ、ユーキャンスマイル、メイショウテッコンなど。京都競馬場の芝3200mで行われるGIです。

 

土曜競馬はほぼ青葉賞一本勝負のような感じでしたが、、、

<青葉賞 結果>
1着:◎リオンリオン
2着:◯ランフォザローゼス
3着:▲ピースワンパラディ

→レース予想の全文はコチラからご覧になります。

かなり自信があったレースでしたが、印通りの綺麗な的中で終わることができました(^^)

これで先週から重賞レース4連勝継続中!!

なんだかここ数週間は平場もサクサク当たって大勝ち続きの連続となっています。ベイスターズの悪夢の分、競馬の神様がこちらを見てくれているということでしょうか。

平場の方も土曜は3戦1勝でプラス。残り2つも見立てはほぼ間違っていなかったので、日月で平場も何か大きいのが当たるでしょう。ゴールデンウィークですし、3日間競馬でもありますし、重賞も平場もご期待ください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

[PR] 毎週のように高額配当を的中させる絶好調サイトをご紹介!

フローラステークス三連単8点344,040円

福島牝馬ステークス三連単9点46,690円

皐月賞Gマイスター三連単6点35,120円

馬券師Gマイスターは先週も10点以下で的中させてきてましたね。

福島中央テレビ杯も12点的中!10番人気からの1着のカネトシブレス入れてきてましたね。
馬券師岩崎さんも元トラックマンなのでやはり頼りになりますね。
こんな的中が飛び交うので毎週楽しみなサイトさんなんです。
ただはじめての方はまずは無料情報からチェックしてみてください。
実際いつも配信されてくるベタ買いOKな買い目画像↓

ダービー卿CT1300%、スプリングS3000%など重賞無料情報でも10点で的中してます。

馬券師軍団JHAはプロの集まり!そんなプロが集結してるサイトの買い目は無料でも破壊力ありますのでおすすめできます。しかも今週は全重賞無料配信されるのでこれはチェックですね!

(前日夜)天皇賞厳選買い目→(無料)

(前日夜)新潟大賞典厳選買い目→(無料)

メルマガ登録のみで毎週無料で厳選重賞予想が見れます。確認メールきたらクリックしてログイン。G1連続モードなのでここは重宝するはずです。

 

天皇賞(春) 2019予想

先出し本命馬(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


中央競馬ランキング

 

天皇賞(春)の週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

さて、やってきました平成最後のGIレース=天皇賞(春)

メンバーレベルが弱い弱いと言われていますが、ここまで節目のレースもないですから「あぁ、平成っていい元号だったよね」と後々思い返せるようにきっちりと当てたいレースであります。

今年の天皇賞(春)のポイントは3つあります。

(1) 週末晴れ予報での高速馬場

(2) 伏兵先行馬の存在で縦長になりそうな隊列

(3) 有力馬のほとんどがスタミナレースを経験していない

この3点が今年のレース予想におけるポイントと見ました。

 

週末晴れ予報での高速馬場

週末のお天気が心配されましたが、京都競馬場は土曜日には使用されず、日曜日も終日晴れ予報。もう土曜日の昼ぐらいから晴れているみたいですし、芝コースに関しては日曜日の朝一から良馬場になっていると見て良さそう。

先週の開幕週の京都芝コースは「冬のタフ馬場と本当に同じ競馬場?」と思うほどの高速馬場。おそらくは平場のレースから全く前が止まらない高速決着の連続になりそうで、午後一番ぐらいには高速馬場を見越しての先行争いでハイペースの展開が続出するような日になっているイメージです。

昨年の天皇賞はタフな馬場で行われて3:16:2という非常に遅い決着に。ただ、今年はまるっきり違う馬場になりそうなので、2017年や2012年に近い高速決着になりそう。ペースによっては3分13秒台ぐらいの決着は十分にありそうです。

 

伏兵先行馬の存在で縦長になりそうな隊列

少頭数ではありますが「ベストは逃げ」という馬がロードヴァンドール、メイショウテッコン、ヴォージュと3頭もいるレース。予想のポイントはどの馬がどんなペースを刻むかという点になると思いますが、戦前で明確に「何が何でも逃げたい」というコメントを出しているのがヴォージュ陣営。今回人気になっているユーキャンスマイルを万葉ステークスで逃げて倒したという実績からも「逃げてこそ」と陣営は考えているようで、内枠が引けたことや強気に乗る和田騎手というのを見てもこの馬が逃げると見て良さそう。

ヴォージュの万葉ステークスでの逃げっぷりを見ても、後ろを引き付けてのスローペースの逃げはおそらく打たないはず。

13.2 – 12.5 – 11.8 – 12.0 – 12.1 – 13.2 – 13.9 – 13.4 – 14.1 – 14.2 – 13.2 – 11.6 – 11.4 – 11.6 – 12.1

万葉ステークスでのラップ構成を見ても、前半部分は飛ばして縦長の隊列を作って、そこから中盤で一気にスローに落として息を入れるような大逃げを打ちました。その成功例がありますし、高速馬場で前が止まらないコンディションとなれば和田騎手は強気に引き離した逃げを打つと見ます。

 

ただ、ヴォージュの大逃げでそのまま直線まで行くとも思えないメンバーと展開。

ロードヴァンドールに乗る横山騎手も、溜めて引き付けるような戦法では勝てないと考えているはず。艮厩舎の馬で手を抜いた騎乗はしないですし、自分がずっと乗り続けて適性を分かりきっている馬ならば間違いなくその良さをフルに発揮できる戦法をしてくるはず。その答えが前走の阪神大賞典で見せた少々厳しくても早めに先手を奪って押し切る戦法と見て良さそうで、今回は大外枠を引いてしまったために逃げる競馬はしない(できない)でしょうが、そのまま2番手で直線まで回ってくるとは思えません。2周目の向こう正面あたりで一気に動いて先頭に躍り出て、そのままロングスパートをかけるような騎乗をしてきそうだなーと個人的には考えています。

この2頭の存在により、おそらく少頭数ながら馬群は縦長にバラけそうなイメージ。有力馬は後ろで脚を溜める戦法になると思いますが、伏兵2頭で後ろを引き離してなおかつ横山騎手のロードヴァンドールが早め先頭で押し切るような競馬をしてきたらずっと溜める競馬をしてなどいられないはずで、早めに動いて押し上げざるを得ない展開になるんじゃないでしょうか。

少頭数ながらスローペースの瞬発力勝負にはならないと思います。

 

有力馬のほとんどがスタミナレースを経験していない

そして最後のポイントがこれになります。

今年の天皇賞の人気の中心は昨年の菊花賞1、2、3、5着の4歳馬。ただ、昨年の菊花賞はほぼ全くスタミナの問われない超スローペースからの瞬発力勝負に。そりゃディープインパクト産駒やキングカメハメハ産駒が決め手を活かして上位に好走できるはずで、昨年の菊花賞で好走=長距離適性があるという判断は危険。

菊花賞以外のレースを見ても、フィエールマン、エタリオウ、グローリーヴェイズ、ユーキャンスマイルと言ったあたりはほぼ全てのレースがスローペースからの上がり勝負の展開になっており、長く良い脚を使うようなレース質を経験したことがありません。

前述の通りで、今年の天皇賞(春)は前が止まらない高速馬場で伏兵2頭が縦長の展開を作りそうな感じ。そうなれば途中で動いて最後まで伸び続けられるようなスタミナとスピードの持続力が問われるはずで、そう言ったことを一切経験しておらず、なおかつ血統的にスタミナの裏付けが全くなさそうな人気馬たちは軒並み危なそう。

一見すると昨年の菊花賞上位馬で堅く決まりそうな感じもするレースですが、もうスローペースになって菊花賞のデジャヴになったら仕方ないと割り切り、スピードの持続力とスタミナが問われる天皇賞(春)を想定して予想を組み立てました。

というわけで予想の発表。

 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

 

天皇賞(春)  2019の印

本命 ◎本命馬は下記ブログランキング先で公開中!


中央競馬ランキング

本命は展開や鞍上の戦法に期待する部分はあるが、絶好条件の天皇賞(春)でこの馬のGI制覇に期待したい。

正直、今年の天皇賞(春)はスタミナが問われる流れになった時に勝つイメージが湧く馬がほとんどいない一戦。実際に出走馬の血統を見てもステイゴールド産駒以外はほとんどが天皇賞馬を出していない血統で、その中でこの馬はステイゴールド以外で唯一天皇賞馬を出している種牡馬を父に持っている。

その父を彷彿とさせるような跳びの大きい雄大なフットワークが魅力的な馬で、とにかく自分のリズムで走れば強いタイプ。父からはスタミナを受け継いでいる感じで、その上で母父キングマンボで母からはスピードを受け継いだ配合をしており、今の京都の高速馬場でも全くスピード負けしないような馬と言っていいだろう。

前述のように跳びが大きいので急加速や急減速をしなければいけないコースは苦手なタイプ。小回りコースで重賞を2つ勝っているが、どちらも得意な舞台だったとは思えず、この馬の本当の良さを活かすのであれば3コーナーぐらいからアクセルをずっと踏み続けられるような広いコース。広い上に下り坂で勢いがつけられて、なおかつ直線が平坦の京都外回りコースはこの馬にとってはベストな条件と見て良さそうで、気性面に成長が見られて本格化しつつあるこのタイミングで天皇賞(春)を使えるのは大きい。

同型多数で逃げられないから評価を落とす、という感じで過小評価されている印象だが、そもそもこの馬は逃げ馬ではありませんし(控える競馬で重賞勝ち実績あり)今回は陣営コメントや鞍上のキャラクターを見てもまず逃げる競馬なんてありえないはず。おそらくはヴォージュとロードヴァンドールが飛ばして先行する縦長の展開を三番手からの競馬になりそうで、そんな展開になれば「実質、この馬が自分のリズムで楽に逃げている」ような展開になりそう。

ヴォージュは弱いのですぐ潰れるでしょうし、ロードヴァンドールも競り合いながら早め先頭でどこまで粘れるか怪しいところ。シャケトラがいれば途中で動いたかもしれませんが、今回の人気馬はどれも今までスローペースで溜めて末脚を伸ばす競馬しかしてこなかった馬ばかり。数少ないロンスパ適性高いこの馬が高速馬場で楽な三番手から抜け出すような競馬ができれば、ここは普通に圧勝まであっていいんじゃないでしょうか。イメージは皐月賞のエポカドーロのような騎乗を期待したい。

 

対抗 ◯エタリオウ

対抗は人気馬の中では唯一、スタミナ勝負に対応できそうなエタリオウにします。

この馬もスローペースの菊花賞2着の馬なわけですが、日本ダービーで後方待機からの末脚勝負の戦法を取るまでは常にスタミナを活かした早仕掛けの戦法を取っていたような馬。血統もステイゴールド産駒という点を見ても、他のディープインパクト産駒やキングカメハメハ産駒の人気馬よりはよっぽどこの条件なら信頼できそう。

ラチ沿いを楽に取れそうな絶好枠も引けましたし、この馬ならば伏兵の先行馬が早めに動いたタイミングで押し上げても最後まで脚を使えそう。この馬を本命にしても良かったのですが、売れることは見え見えで妙味がなさそうですし、今のデムーロを本命にしても良いことがないと考えたので対抗までとしました。

 

単穴 ▲単穴馬は下記ブログランキングの先で公開中!


最強競馬ブログランキングへ

三番手は乗り方次第でこの馬の一撃は十分にあって良いと見ます。

前走は休み明けで馬券には絡めませんでしたが、完全な外伸び馬場でインを突いての少差で力負けではなさそう。これまでGIIでの実績しかないのでGIでは力負けというイメージが付いていそうですが、これまでに挑んだ宝塚記念、有馬記念の2つのGIはどちらも鞍上の酷い乗り方が敗因。宝塚記念はスムーズな競馬ができていれば掲示板ぐらいはありそうでしたし、今回のメンバーなら十分に通用して良さそうな感じです。

もうこの馬を三番手に推したのは血統面がほぼ全て。父はこのレースに相性絶好の種牡馬ですし、何より母がグレイソヴリンの血を持っているのが推せる理由。高速馬場での持続力立ち回り勝負になるとトニービン=グレイソヴリン持ちが激走(土曜の青葉賞も上位は全てトニービン持ちですし、2012年の天皇賞も上位は全てグレイソヴリン持ち)する傾向にあるのですが、今年のメンバーでグレイソヴリンを持っているのはこの馬とチェスナットコートとカフジプリンスだけ。残り2頭が通用するとは一切思えないとなると、買えるグレイソヴリン勢としてこの馬の評価を上げることにしました。

この厩舎ならば先生が鞍上にポジショニングまで全て指示するでしょうし、おそらく前2回のGIよりも前目のポジションになりそう。本命馬の直後くらいの位置が取れれば、そこからグレイソヴリンの力を活かしてスルスルと伸びてきてくれないものか。

 

特注 ☆ロードヴァンドール

もう本当に展開次第だとは思うがロードヴァンドールは横山騎手の神騎乗次第では粘りこみがあって良いかも。

ほとんどの馬がスタミナ勝負を経験していないのだが、阪神大賞典だけはとんでもないスタミナ消耗戦に。その中でハイペースを競り合いながら先行して、なおかつ途中から先頭に立って3着に粘り込んだこの馬はシャケトラに次ぐ強さを見せていた。

横山騎手は青葉賞でのリオンリオンの騎乗でもわかったと思いますが、懇意にしている厩舎でなおかつ自分が育てた馬ならば一切手を抜くことがない傾向。ロードヴァンドールはまさにそれに合致しますし、適性から性格まで何でも理解しているならばフルに能力は発揮してくるはず。

この馬も青葉賞のリオンリオンのようにキレないけれども前々で頑張れるタイプで、それを理解している横山騎手なら早め先頭で粘り込むようなビートブラックのような競馬をしてくるだろう。高速馬場で先行馬は有利になりそうですし、横山騎手の神騎乗次第で粘り込めても驚けないとは思う。

当初はこういう穴馬を本命にした方が良いかなとも考えたが、どうしてもダイワメジャー産駒で母父ストームキャットという配合の馬が天皇賞(春)で激走するイメージが持てずに四番手評価に。阪神大賞典はハイペースだったと言っても時計のかかる馬場がダイワメジャーにハマった感じもあり、またあれだけのスタミナ戦をしちゃっての疲労も残っていないか心配だ。他に買いたい馬もいないので穴として期待する感じです。

 

△ フィエールマン

消すかどうか迷ったのだがフィエールマンは一応印は打っておく。

まだキャリア5戦しか経験していないのですが、ラジオNIKKEI賞以外は全て後傾ラップの展開になっており、スローペースから瞬発力を活かす競馬での好走。そのラジオNIKKEI賞にしても、この馬はレースに参加せずに後ろで脚を溜めての末脚勝負でしたし、実質この馬はスローペースのような競馬だったか。

そんなわけで今回がほぼ初めての地力が問われる一戦。ディープインパクト産駒は絶頂期のサトノダイヤモンドですら3着が精一杯だった鬼門の舞台で、キズナも2年連続で馬券外に敗れているレース。この馬もスタミナが問われた途端に脆さを見せる可能性は十分にあるので、なかなか重い印は打てない。

ただ、母父スウェプトオーヴァーボードで母が短距離馬のグローリーヴェイズに比べれば、この馬は母リュヌドールが2500mの重賞を勝っていたりと距離をこなせる下地あり。本当に走れそうな馬がほとんどいない今年のメンバーだけに、この馬は相対的に走られちゃっても仕方がないかなと見ています。

 

消 ユーキャンスマイル

血統的見地や今まで戦ってきた相手を見てもユーキャンスマイルは一切買いたくない。

重賞やGIには様々なジンクスがあるものだが、キングカメハメハ産駒が天皇賞(春)で全く走れないというのはたまたまではなくて血統的にスタミナに欠けるからだろう。母父ダンスインザダークならいけるという声もありそうだが、そもそも菊花賞では走るダンスの血も天皇賞(春)では全く走っておらず、この馬もそこまでスタミナ補完はされていない普通のキングカメハメハ産駒だろう。

1000万勝ち、菊花賞、万葉ステークス、ダイヤモンドステークスとここ4戦が全てスローペースからの決め手勝負で好走。ダイヤモンドステークスは確かに圧勝でしたが、2着が1000万条件のサンデームーティエ、3着がこの間までダートを走っていたカフェブリッツというメンバー相手の勝利で何が評価できるだろうか。万葉ステークスではいくらヴォージュが展開向いたとはいえ差しきれなかったのは非常に不満。最後は脚色が同じになっていましたし、あんな低レベルなレースでヴォージュ程度を差しきれない馬が天皇賞(春)のスタミナ勝負で通用する馬とは思えない。

普通に考えて万葉ステークス→ダイヤモンドステークスのローテーションの馬なんて例年ならば10番人気以下になるのが普通。それが超スローの菊花賞3着と強い4歳馬というイメージだけで3番人気になるならばこの馬は一切買いたくない。

 

消 グローリーヴェイズ

この馬が強いことは認めるが、この馬も血統的見地からロンスパ展開には向いていないはず。確かに母系に長距離得意なメジロの血は流れているが、母父スウェプトオーヴァーボードで母は1200mと1400mでしか勝利実績のない馬。ディープインパクトは母の個性を色濃く産駒に伝えることを考えても、メジロの底力よりもスウェプトのスピードを伝えている気がしてならない。

キャリアハイのパフォーマンスは新潟の佐渡ステークスと見て良さそうで、この馬は芝の中距離ぐらいで溜めてキレる脚を使ってこそというイメージ。日経新春杯はタフ馬場でのハイペース消耗戦を勝利はしましたが、この馬は内枠から完璧に乗られての勝利でしたし、このレースにしても溜めて末脚を伸ばすスタイルでの勝利。今回は縦長の展開を自ら動いて勝ちに行かなければいけないレースになりそうで、戸崎騎手なら後ろにいる可能性が高いですし、そこからこの血統で伸びてくるとは思えません。

 

消 クリンチャー

ちょっとさすがにクリンチャーは人気しすぎじゃないだろうか。もう血統配合イメージ通りにスタミナの塊のような馬だが、スピードを求められた瞬間にアウトという馬。昨年の天皇賞(春)は時計のかかる馬場で、それなりに内目の枠を引けて、しかも自身が好調期にあってやっとやっとの3着。今年は苦手な高速馬場で大外枠で自身も不調モードで買える要素が一切ない。いくらスタミナが問われるような流れになっても、高速馬場で他馬よりも速い上がりが使えるとは思えず、中団ぐらいでもがいて終わると思います。

 

消 チェスナットコート & カフジプリンス

もう土曜の青葉賞のように縦長のロンスパ展開で上位がトニービン持ちで独占されておかしくないレースになりそうだが、トニービン持ちでこのレースに相性絶好の2頭はまぁ買えない。

チェスナットコートは昨年がほぼ完璧な競馬で伸びあぐねての5着。馬場と展開が完璧に向いた日経賞2着がMAXパフォーマンスと見て良さそうで、いくらハーツクライ産駒といってもGIレベルの馬ではないんだろう。今年は高速馬場を後ろから進めそうですし、調整過程も昨年以下では普通に考えて厳しすぎる。

カフジプリンスはとにかくズブくてキレないハーツクライ産駒。前走のようなスピードが1ミリも問われない持久力勝負にならなければ厳しいはずで、京都コースの高速馬場では4コーナーぐらいからいなくなると思います。

 

 

印まとめ

◎本命馬は下記ブログランキング先で公開中!

中央競馬ランキング

◯エタリオウ
▲単穴馬は下記ブログランキングの先で公開中!

最強競馬ブログランキングへ

☆ロードヴァンドール
△フィエールマン

勝負度 C

※土曜の青葉賞は本当に自信があったのでそれよりは自信ないですが、正直この馬以外に勝つイメージが湧く馬がいません。この馬向きの展開、そして鞍上が上手く乗ってくれるかという運任せな部分も若干はありますが、ハマればこの馬はあっさり勝つと思います。

 

買い目

天皇賞(春)の買い目はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

天皇賞(春)は今週のターゲットレースなので買い目以外の印全文までブログにて公開となりますが、それ以外の新潟大賞典の予想全文はメルマガのみの公開となります。また日月の平場の予想配信もメルマガ限定となります。

先週の重賞レースは3戦3勝のパーフェクト的中となりました!(詳細はこちらでご覧になれます)

今週も重賞および平場の予想を頑張って配信してまいりますので、ご興味ある方はメルマガを読んでみてください。

 

週末は香港国際競争としてクイーンエリザベスII世カップとチェアマンズスプリントプライズがありますが、この2つのレース予想はメルマガ限定となります。こちらもご覧になりたい方はメルマガに登録してみてください。

 

当メルマガ「競馬をビジネスにする」では、、、

初月無料キャンペーンを実施しております!

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2019年も4月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【火曜日】先週の重賞回顧

火曜日に先週の重賞回顧を配信します。後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。

 

【水曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【木曜日】中央競馬の全レース回顧

木曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

関連記事

オークス [4] 逃げ宣言のココロノアイをどう見るか?

ヌーヴォレコルトの宝塚記念出走が白紙ですかぁ・・・ ここだけの話、ヴィクトリアマイルの残り20

記事を読む

チャンピオンズカップ2017の予想を公開!

チャンピオンズカップ2017(中京ダート1800m)の予想です。 12月3日に中京競馬場で開催

記事を読む

日曜夜時点でのスプリンターズステークス雑感

スプリンターズステークス2017(中山芝1200m)の考察です。 10月1日に中山競馬場で開催

記事を読む

【宝塚記念2017全頭診断】シャケトラ、シュヴァルグランなど

宝塚記念2017(阪神芝2200m)の全頭診断part2です。 6月25日に阪神競馬場で開催さ

記事を読む

スプリンターズステークス2019の予想を公開!

スプリンターズステークス2019(中山芝1200m)の予想です。 9月29日に中山競馬場で開催

記事を読む

天皇賞(春)はゴールドシップの化け物捲りが炸裂!

日曜競馬は天皇賞(春)を除くとなかなか良い結果で、勝負レースとしていた東京6レースではきっちりと5番

記事を読む

【宝塚記念2020の予想ヒント】枠順から見るレース見解

宝塚記念2020(阪神芝2200m)の考察です。 6月28日に阪神競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【2016】ジャパンカップ / 有力馬考察(キタサンブラック、リアルスティールなどの徹底分析)

今日は11/27(日)に行われるジャパンカップのレース考察を行います。東京芝2400mで行われるGI

記事を読む

皐月賞2017の予想を公開!

皐月賞2017(中山芝2000m)の考察です。 4月16日に中山競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

【チャンピオンズカップ2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

チャンピオンズカップ2019(中京ダート1800m)の考察です。 12月1日に中京競馬場で開催

記事を読む

【中京記念2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

中京記念2020(阪神芝1600m)の考察です。 7月19日に阪

7月2週のレース回顧〜ここまで馬場がクローズアップされる年もあっただろうか〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

プロキオンステークス2020の予想を公開!

プロキオンステークス2020(阪神ダート1400m)の考察です。

七夕賞2020の予想を公開!

七夕賞2020(福島芝2000m)の予想です。 7月12日に福島

五稜郭ステークス2020の予想を公開!

五稜郭ステークス2020(函館芝2000m)の考察です。 7月1

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑