*

サウジアラビアロイヤルカップ2017の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2017/10/09 重賞レース考察・予想

サウジアラビアロイヤルカップ2017(東京芝1600m)の予想です。

10月7日に東京競馬場で開催され発走時刻は15:45です。出走馬はステルヴィオ、シュヴァルツボンバー、ダノンプレミアム、スワーヴエドワード、ダブルシャープ、テンクウなど。東京競馬場の芝1600mで行われるGIII戦です。

 

3日間開催は毎日重賞があります。

どうせ足の怪我で遠出もできないので家で競馬三昧な3連休になりそうですが、土曜日は雨がどれくらい残るかもわからずで非常に難しい日になりそうですね。

東京ダートとかカオスな馬場になりそう・・・苦笑

【3日間開催のうま味情報】連日全レース予想

どーも!
馬を愛し、競馬を愛するJ.boyです!
今週は3日間も競馬ができると思うと興奮しまくりです!勝ちまくれる!

直近の3日間開催だと、9月の16(土)、17(日)、18日(祝)
いつものコラボ指数を使って、
前にも話しましたが、初日の16日(土)は前半6Rが終わった時点で+70,000円!
この段階で勝ち逃げして酒飲み行っても良い感じ(笑

どんな感じだったかと言うと、数字が赤いところが的中したところです!

前半6Rは無料で使える予想です!

↓↓

ファンタスティックー!全・的・中!

そして17日(日)は、前半戦は2万馬券くらいかよぉと思ってたら、後半戦がうまく荒れてくれた!
↓↓

+111,000円!荒れるほどうま味がでるのがコラボ指数の仕組みなんですよね、実は。

そして18日(祝)。3日間も自分で予想するの大変だわぁ。だるいわぁ。って方。
騙されたと思って、コラボ指数を参考にしてみてください。前半6Rまで無料で見れるんで。
めちゃくちゃ楽に予想できます!

でも、全然荒れねぇから小当たりが多くなって困りましたよ!
中山4Rでやっと万馬券がでてくれた。8Rで4万馬券がとうとう出て一気に右肩上がり!
↓↓

コラボ指数は、オッズを完全無視してて、
馬の好走データからレースごとに、「最終的に走れる馬」を教えてくれるから、
荒れれば荒れるほどうま味が増す!

しかも3日間全レース予想してくれるから、超楽!
今週の7(土)、8(日)、9日(祝)全レース予想!
前半6Rまでは無料で公開してるんで、まずはガン見しちゃってください!

覚えておいてもらいたいのは、


【コラボ指数の上位6頭は、とにかく走る!】

ちなみになんですけど、日曜日の東京11R、毎日王冠G2。
前半6レースじゃないけど、特別無料公開です!
日曜日の昼くらいに、「北条のブログ」ってとこをのぞいてみてください。
↓↓
コチラ

さらにここで、今後の予定をついでに言っちゃうと、
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
■10/15(日) 京都11R 秋華賞(G1)
■10/22(日) 京都11R 菊花賞(G1)
■10/29(日) 東京11R 天皇賞(秋)(G1)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
これも無料公開が決定してました!

 

サウジアラビアロイヤルカップ 2017 予想

予想の根拠はコチラです

サウジアラビアロイヤルカップを予想する上で重視したポイントは3点。

「世代レベル」「馬場」「展開」

の3つ。それぞれ見ていきましょう。

 

世代レベル

空前絶後の低レベルだった現3歳クラシック路線とは打って変わって、現2歳クラシック路線は一つ前の4歳馬世代ともそう遜色ないぐらいの役者が揃いそうな感じ。

現3歳世代はキングカメハメハが体調不良で種付け頭数が少なかったことに加えて、その代替種牡馬となったルーラーシップ産駒が不作。その上でディープインパクト産駒の大物が出てこずに他の新種牡馬も不作に終わった結果、パッとしない世代になったという印象でした。

またワンアンドオンリーとヌーヴォレコルトがダービー=オークスを取った直後につけられた世代なだけに、普通ならばディープをつけられていたような肌のハーツクライ産駒の馬が多く、ディープインパクト産駒などよりも期待値が全体的に下がった感じはあります。

 

そんな昨年世代とは一転して今年の2歳世代はズラリと期待馬が揃った当たり年。

新種牡馬のロードカナロアとオルフェーヴルが大成功となりそうな事に加えて、ディープインパクト産駒の大物も期待通りに走っていますし、活躍しそうな馬を挙げれば枚挙に暇がないほど。今回人気するダノンプレミアムあたりは昨年世代ならば「この馬が世代最強」と騒がれていておかしくないはずで、そんな馬が人気の一角レベルで落ち着いているのが今年の世代レベルの高さ。

それだけに強い馬がゴロゴロといるので、少し強い勝ち方をしたことや重賞で好走したレベルで人気になりそうな馬には注意したい。あっさりとそれをひっくり返すだけの素材がこの世代にはいくらでもいる。

特に既に終わった新潟2歳ステークスと札幌2歳ステークスに関してはかなり特殊な展開になっており、新潟2歳ステークスは超スローの前残り戦、札幌2歳ステークスは激重馬場でのスローペース立ち回り戦、と馬のポテンシャルをあまり問われない結果に。

これらの重賞で好走しただけで人気している馬や、新馬戦や未勝利を見た目で派手に勝ってきた馬が人気するならば少し注意したいところだ。

 

馬場

東京競馬場周辺は金曜夜〜土曜朝にかけてザーザー降りの雨予報。土曜の1レースぐらいまでには止むという予報ですが、おそらく朝は芝は重or稍重スタートとなるんじゃないでしょうか。

昨年の東京開幕週も土日ともに雨が降りましたが、その雨の影響を顕著に受けていたのが昨年の毎日王冠。

普通ならばスローペースで前が残るはずの展開でしたが、4コーナーで後方1、2、3番手の馬が外を通って差してくるというなかなか特殊なレース展開に。

この毎日王冠以外にも外目から伸びてくる馬の活躍がやたらと目立ちましたし、サウジアラビアロイヤルカップでも1、2着のブレスジャーニーとダンビュライトは後方から外を抜けて差してきた馬でした。

ここ2年ほどの秋の東京開催の芝は極端なソフト化が進んでおり、雨の影響を少しでも受けると顕著な外伸び馬場に変貌する傾向。外伸び馬場というと外を回した馬しか来れないという誤解を生みそうですが、先行して惰性で粘ろうとするような弱い馬の展開利を許さず、しっかりとした脚力を持った馬が上位に来れる馬場になってきている印象です。

特に2歳の若駒にとっては東京芝1600mはかなり過酷な舞台でしょうし、ここ2年のサウジアラビアロイヤルカップの上位馬を見てもほとんどが外から差してきた能力上位馬ばかり。雨が降って外伸び傾向ある馬場になれば、脚力上位の馬がしっかりと伸びて来れるようなレースになると考えています。

 

展開

そして最後に展開を見てみましょう。

恐らく逃げるのは枠順を考えてもハクサンフエロで間違いないはず。この馬は前走もかなり強いパフォーマンスで逃げ切り勝ちを見せており、父シルポートと同じようなイメージの逃げ馬と考えて良さそう。今乗れている石橋脩騎手はそれなりに強気に引っ張りそうですし、そうなればそこまで極端なスローにはならないはず。

雨の影響で脚力が必要な馬場になっている上に、ハクサンフエロがそれなりのペースで飛ばすとなれば脚力上位の強い馬しか上位に来れないレースになるはずで、上手く中団ぐらいから直線で外目に出してしっかりと末脚を使える馬が走るレースになると見ています。

というわけで予想の発表。

 

 

 

サウジアラビアロイヤルカップ 2017の印

本命 ◎ステルヴィオ

本命は素直に能力最上位と見ているステルヴィオにします。

素質馬揃いでハイレベルな2歳世代ですが、現時点でレベル★6つの最高評価をつけたのはルーカスの新馬戦とステルヴィオの新馬戦のみ。走破時計、道中のレースラップ、出走していたメンバーと全てがハイレベルだった印象で、それを余裕の手応えで突き抜けたこの馬は弱いはずがないでしょう。

前走のコスモス賞はこの馬のイメージを考えれば全く向かなそうな重い札幌の芝の道悪戦。しかも2着馬のミスマンマミーアと3着馬のハッピーグリンは普通に強そうでしたから、それを考えれば適性外条件を地力で勝ち切ったことは評価できるか。

今回は新馬戦を勝った東京コースに戻りますし、枠順の有利不利が出にくい東京マイル戦。雨の影響でどちらかといえば外の方が伸びる馬場になりそうですし、この馬は位置も取れるので外枠から良さげな好位の位置が取れそう。

人気になるのでここを本命にするか迷ったのは事実ですが、新潟2歳ステークスでも札幌2歳ステークスでも新馬戦レビューで重賞級評価としたフロンティア、ロックディスタウンが順当に強さを見せましたし、2歳戦は強いと思った馬は信頼していいかなという気持ちで本命に。

 

対抗 ◯ルッジェーロ

対抗は人気なさそうですがこの馬が普通に強いんじゃないかと見ています。

新馬戦は時計が遅かったので何も評価していませんでしたが、加速ラップで終わっていてほとんど追っていないのを見ても、なるほど殆ど能力を出さずに勝ち切っただけだったんだなという感じ。

この馬はとにかく前走のパフォーマンスが秀逸。もうレースラップを見れば一目瞭然ですが、、、

13.0 – 11.7 – 12.2 – 12.2 – 12.3 – 11.6 – 11.111.0 (36.9-33.7)

上がり時計33.7なんていう後ろからは絶対に物理的に差せないレース。それをこの馬は出遅れて最後方追走から大外を回して3/4馬身差にまで迫りました。スローで着差がつきにくい展開ながら3着馬と4着馬の間は3馬身差もついており、普通に上位3頭は強かったと評価していいはず。

中山芝マイル戦でレース上がりが33秒台を記録したのは、ここ2年ではこのレースとダイワリベラルが勝った古馬オープンのニューイヤーステークスのみ。いくらスローでも中山マイルの舞台で上がり33秒台というのはなかなか出せないもので、それを2歳秋時点で出しているんだから上位馬は強いだろう。

過去4年のアスター賞と比較しても今年が走破時計ナンバーワンで、メジャーエンブレムが刻んだレースラップと比べても今年は破格のもの。それを展開向かない中差してきたこの馬は強いと考えるのが当然だろう。

馬体を見てもいかにも祖父フジキセキの良さが出たチーターのような馬。イスラボニータに似たストライドを見せる馬で、前走はソイルトゥザソウルの中山向きのピッチ走法で急坂部分では競り負けていましたが、まずこちらは東京向きなはず。

人気ないですが、いくらでも乗り馬いるだろうリーディングジョッキーがこの馬をここまでこだわるというのを見ても相当素質は高いんじゃないだろうか。最後までこの馬を本命にするか迷いました。

 

単穴 ▲カーボナード

三番手はカーボーナードの素質を評価します。

新馬戦は超スローペースとなったが3着以下を突き放して上位2頭は上がり32秒台を記録。新潟コースの新馬戦の上がり時計なんて信用ならないが、2歳の夏時期に32秒台前半を出せるのは並の馬ではないはずで、実際にロックディスタウンの新馬戦の上位馬が軒並み活躍しているのを見てもある程度の指標にはなるだろう。

前走の未勝利勝ちはスタートを完ぺきに決めて好位から抜け出すだけという完勝ぶり。岩田騎手は未勝利を確実に勝つための競馬をしたという感じで、直線では遊ばないために一発鞭を入れただけであとはほとんど見せ鞭で余裕十分の内容。初戦の上がり時計を見てもまだまだギアは持っているはずで、しっかりと脚を溜めて末脚を炸裂できそうな今回こそこの馬の真価が見える時か。

なんだかんだでディープインパクト産駒が走るのが2歳重賞ですし、母系もスピード系で末脚キレるタイプのディープ産駒に見えます。ダノンプレミアムよりは今回評価すべきは断然こちらに見えます。

 

特注 ☆テンクウ

4番手はこの時期ならテンクウが完成度の高さで勝負になっていい。

前走の新潟2歳ステークスは前述の通りで超スローペースからの位置取り勝負になった一戦。それでも4着以下を大きく突き放した上位3頭はそれなりに評価できそうで、フロンティアあたりは新馬戦レビューでも評価していたように弱い馬ではない。

この馬は前行く2頭を追いかけて差してきた組の中では唯一上位争いできており、現時点での能力ならば2歳上位級と評価して良さそう。いずれ素質馬に抜かれていくだろうが、現時点では脚力上位と見て良さそうだ。

 

△ ソイルトゥザソウル <穴推奨>

全く人気はないがソイルトゥザソウルは普通に突っ込んできておかしくないはず。

確かに前走はスタートを完ぺきに決めて展開もハマった感じはあるが、前述の通り上位3頭は普通に強そうなレース。通った位置取りや走法から対抗馬の方を上に取ったがこの馬とて侮れないはず。

ピッチ走法でピョンピョン走るので東京の長い直線よりは中山や福島向きという感じはするが、それにしてもここまで人気ないなら穴として期待したい。

 

△ シュバルツボンバー

前走のパフォーマンスが印象的なシュバルツボンバーだが今回は半信半疑。

2戦目の使われての一変というには鮮やか過ぎた前走のパフォーマンス。中京の2歳レコードを更新しており、あのシルバーステートの時計を更新したのだからそれなりにも人気になるだろう。

ただ、この馬は新馬戦でもどうも途中で競馬を止めている感じ。血統を見てみれば上がエックスマークとイモータルという精神面に問題がある馬がいる母系。少頭数の揉まれないレースで伸び伸びと走れればパフォーマンスを上げる家系というイメージで、前走はまさにそれがハマって展開もハマった感じだった。

今回はフルゲートの内枠。イモータルの父マンハッタンカフェと同様に気難しい馬が多い印象のディープブリランテ産駒というのもネック。福永騎手なら押さえ込んでの教育騎乗になるでしょうし、人気ほどの信頼感はない。

 

△ ハクサンフエロ

雨さえなければ本命でも良いと思っていたハクサンフエロは必ず抑えておきたい。

前走は逃げて楽勝だったが、ペース、走破時計ともに文句なし。今年のこの世代だから人気薄になっているが、昨年世代なら普通に人気の一角に推されてもおかしくないぐらいの未勝利勝ちのパフォーマンス。父シルポートとイメージが似た逃げ馬だけに人気薄での激走もあっていいはず。

 

△ ボウルズ

新馬戦だけでは全く判断がつかないボウルズは逃げの抑え。

前走は超超超スローの決め手勝負だったとはいえ、阪神の道悪馬場で上がり33.5はなかなか出せないもの。ペース上がってどうなのかとかは今回走ってみないとわからないので逃げの抑えです。サトノクラウンの東京スポーツ杯2歳Sの時のようなイメージ。

 

△ ダノンプレミアム

2番人気濃厚のダノンプレミアムは今回は条件が合わない。

新馬戦はルメール騎乗のアドマイヤビクターという馬が途中から捲りを仕掛けたおかげで新馬戦にしてはかなりの持久力勝負に。道悪+阪神コース+淀みない流れが原因で基礎体力が高い馬が優位になったレースになった印象で、本来の能力以上に着差もついた印象。

基礎体力が高い馬が走ったレースなので、上位馬はそれなりには強いとは思うのだが、この馬は父ディープインパクト×母父ロベルトの配合の持久力タイプ。前走の条件は普通に向いたはずで、今回の東京芝1600mという条件になぜ使ってきたのか・・・

前走のレース映像を見ても溜めてスパッとキレるイメージは持ちませんし、馬群の中で揉まれるのも微妙。マイルの決め手勝負では厳しいと思うので抑え評価で。去年ならダンビュライトぐらい走ってると思います。

 

△ コスモインザハート

最後まで切るか迷いましたがコスモインザハートは抑えには入れておきます。

確かに新馬戦のパフォーマンスは素晴らしいのですが、この馬の新馬戦はありえないハイペース戦になって周りがバテたおかげでバテない強みを活かせた感じの勝利。父ハーツクライ×母父サドラーズウェルズのスタミナ配合とビッグレッドファームの仕上げの早さが向いた感じは否めない。

前走もかなり重い札幌の馬場でスローペースで差し損ねていますし、この馬は溜めてスパッとキレる脚は使えなそう。ハーツクライ産駒は母系にスタミナ血統を入れるとアドマイヤラクティのように極端なステイヤーになってしまいがちですし、この馬も恐らくはキレないけどバテない中長距離で好走するタイプなんだと思います。

サウジアラビアロイヤルカップは好走馬の上がり時計を見ても34秒台前半の末脚は必須のレース。この馬がその上がりを出せる感じはしませんが、、、まぁ枠順も良いので抑えてはおきます。

 

ダブルシャープあたりはどう見積もっても上がり34秒台前半の末脚が使えなさそうなので、予想以上に売れそうなので切ります。

スワーヴエドワードは新馬戦のレースレベルが高くなさそうで、2戦目の上積みが相当ないとここは厳しそう。距離短縮も向かなそうで、その割に名前のカッコよさでかかなり売れそうなので印が回らないので切りました。

 

印まとめ

◎ステルヴィオ
◯ルッジェーロ
▲カーボナード
☆テンクウ
△ソイルトゥザソウル <穴推奨>
△シュバルツボンバー
△ハクサンフエロ
△ボウルズ
△ダノンプレミアム
△コスモインザハート

勝負度C

 

推奨買い目

このレースの買い方に関しましては、メルマガにてのみの公開とさせていただいております。会員様はメルマガにて閲覧ください。

重賞以外の平場の予想はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

<ご登録はコチラから>

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

今週からのメルマガ購読が一番お得です!

さて、早いもので2017年もなんと10月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を簡単に紹介しましょう。

 

【月曜日】重賞回顧データ配布

【火曜日】競馬力に直結する週間コラム

週1で良いのでコラム的なものを書いて欲しいというリクエストを多数頂きました。火曜日に競馬力に直結する週間コラムを配信させていただこうと思います。取りあえげるテーマ等はリクエスト頂ければ反映します。

【水曜日】全レース分析

水曜日には前週に行われた全レース分のデータを配布します。

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルになります。

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

 

また、エクセルでの全レース分析データの配信と同時に、メルマガ内にて前週の全レースの中で不利を受けたりペースに泣かされたりして次走は狙い目だと思われる馬を多数ピックアップしてお伝えしております。

↓こんな感じ↓

この次走注目馬リストをnetkeibaのMy登録馬に書きいれたり、JRA-VANのMy登録馬に書き込んでおけば、その馬が次に出走してきた時には狙い目が丸わかり!他のファンよりも間違いなく一歩先へ行った予想ができると思います。

【木曜日】新馬戦レビュー

木曜日は前週のレースの中でも特に新馬戦だけを抜き出して、そのレースレベルや勝ち馬の将来性についてを配信しております。

↓こんな感じ↓

水曜日に全レースの回顧を配信した上で、新馬戦に関してはここまで細かいレビューを出しています。まず他ではここまでの回顧は出していないでしょう。とにかく競馬を極めたいマニアな方のために新馬もここまでやっちゃいます。

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。

【不定期】地方競馬の予想

地方競馬の予想はメルマガ限定コンテンツとさせていただきます。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

いまご登録頂ければ本日の回顧号からすぐにお読み頂けますので、是非とも今週分からお試しにお読みいただければと思います。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

つまり、、、

月替わりの今週よりご購読頂くのが一番お得になります!!

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

関連記事

【2016】弥生賞 / 有力馬考察(リオンディーズ、エアスピネルなどの徹底分析)

今日は3/6(日)に行われる弥生賞のレース考察を行います。中山芝2000mで行われるGII戦です。そ

記事を読む

金鯱賞の予想を公開!

【わずか3点で195倍的中!!ジャパンカップも◎ラストインパクトで的中!!その秘訣は?】 突然

記事を読む

ダービー卿CT2017の予想を公開!

ダービー卿チャレンジトロフィー2017(中山芝1600m)の予想です。 4月1日に中山競馬場で

記事を読む

京王杯SC [4] 枠順発表!明暗を探る

先週は東京競馬場にNHKマイルカップを見に行きましたが、今週は特に予定がないので土日は家で野球とサッ

記事を読む

AJCC2017の予想を公開!

AJCC2017(中山芝2200m)の予想です。 1月22日に中山競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

京王杯SC [1] ダイワメジャー/フジキセキは時代遅れ?

東京芝1400mで年に2回しか行われない重賞の一つがやってくる!! もう東京芝1400mは新聞

記事を読む

フローラSの予想を公開!

フローラSはどの穴馬を狙うか合戦みたいな予想家たちの戦いみたいになってますが、過去のレースを見ても「

記事を読む

弥生賞 [2] ダート血統がやたら走るレース

弥生賞にここまで素質馬が集まってしまうとスプリングステークスはどうなってしまうんだろうという不安はあ

記事を読む

【2016】阪神牝馬S / レース考察(阪神芝1600mで行われるGII戦を徹底考察します)

今日は4/9(土)に行われる阪神牝馬Sのレース考察を行います。阪神芝1600mで行われるGII戦です

記事を読む

【中山記念2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

中山記念2017(中山芝1800m)の考察です。 2月26日に中山競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

全日本2歳優駿2017の予想を公開!

全日本2歳優駿(川崎1600m)の予想です。 12月13日に川崎

【朝日杯フューチュリティステークス2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

朝日杯フューチュリティステークス2017(阪神芝1600m)の考察です

【2017】カペラステークスの予想を公開!

カペラステークス2017(中山ダート1200m)の予想です。 1

【2017】阪神ジュベナイルフィリーズの予想を公開!

阪神ジュベナイルフィリーズ2017(阪神芝1600m)の予想です。

【2017】香港カップの予想を公開!

香港カップ2017(シャティン芝2000m)の予想です。 12月

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑