*

3月1週のレース回顧〜牡牝ともにクラシック一冠目の様相が見えてきました〜

公開日: : レース回顧

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないので、2022年はサクッと短時間で書けるぐらいの量で回顧を続けていければと思います(メルマガでは通常営業でボリュームある回顧を書きます)

 




 

日曜日はなんとかお昼頃までにレース予想と仕事を一通り終えて、本当にダッシュでゼーゼー言いながら新横浜駅の日産スタジアムへ。14時キックオフでしたがなんとか13:58に座席に着くことができました。

なんだかんだで開幕してからホームの試合は全てスタジアムに観に行っております。そのおかげか横浜Fマリノス、現在Jリーグの首位ということでこれから観戦欲もさらに高まる次第であります。

ただいま本当に怪我人だらけで主力がほとんど出れていないんですが、スタメン総とっかえ状態なのに普通に強い内容で連勝。もはやどの選手がスタメンなのかもわからないぐらいに選手層が厚くなってきており、ちょっとこれは贔屓目なしにして今のJリーグで抜けて強い気がします。今季は優勝できるんじゃないでしょうか!?

 

というわけで、先週の競馬の話に移りましょう。

恒例の先週末の競馬の中で次走に注目したい馬のブログ版。これのフルボリュームverをメルマガでは毎週配信しておりますので、ご興味ある方は読んでみてください。

今週はチューリップ賞からこの馬をピックアップ。

その馬名はブログランキングの先でご覧ください。

↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

抜群のスタートを切ったが本番を見据えて馬群の中で控える競馬。最後は直線で前が詰まって完全に脚を余している。ナミュール以外は横一線に見えるので、本番で人気が落ちるならこの馬は相当に面白そう。

 

<弥生賞ディープインパクト記念 レース結果>
1着:▲アスクビクターモア 3番人気
2着:△ドウデュース
 1番人気
3着:◯ボーンディスウェイ 9番人気
9着:◎メイショウゲキリン 8番人気

ここはトライアルらしいスローペースの中弛み戦を想定して、そんな展開で前に行きそうな◎メイショウゲキリンと◯ボーンディスウェイが普通に強い馬なのに人気薄で買えそうということでダブル本命で勝負度Bで自信アリのレースでした。

スタートしてからリューベックが出して行ってハナを奪ったのが想定外で、それによってメイショウゲキリンが自分の競馬ができず。あんまり強くないと見ていたドウデュースも位置をとって完璧な競馬ができてしまって2着好走。それでもダブル本命の1頭だったボーンディスウェイが3着に入ってくれて三連複元返しだけは当てることができました。馬連アスクビクターモアは重ね買いもあったので2着なら嬉しかったんですがねー(>_<)

重賞で勝負度Bを打ったのは昨年のホープフルステークス以来ですが、あの時も◎キラーアビリティ自信絶大でしたが相手が薄めが来てほぼトントン。なかなか勝負度Bで大爆発とはいっていませんが、とりあえず負けずに済んでいるのは最低限の結果という感じです。

 

今回の弥生賞はかなりメンバーレベルが高かったので本番の皐月賞にも繋がるというのは当然。ただ、メンバーレベルこそ高かったですが、世代の主役級の馬は出走していなかったので皐月賞で中心になるのは別路線組だと思います。今の3歳牡馬路線はキラーアビリティ、ダノンベルーガ、イクイノックスの3頭が中心。それぞれ、、、

 

キラーアビリティ=後半1000mのロンスパ向きで皐月賞では中心、ダービーでは危険

ダノンベルーガ=エンジンのかかりが遅いTHEハーツクライ産駒でダービーでは中心、皐月賞では危険

イクイノックス=東スポ杯の内容は圧巻、東京コース実績あるが血統的には中山向きなので、皐月賞もダービーも中心になりそう

 

という感じ。それぞれ買える条件の時に評価して買えない時には評価を落とす。その上で弥生賞組で条件向いて突っ込んでこれる馬はどれか、、、というイメージで牡馬クラシックは考えると良さそうですね。

現状3強の様相も大混戦。弥生賞の結果は本番でガラリと変わると思います。

 

<チューリップ賞 レース結果>
1着:▲ナミュール 1番人気
2着:消ピンハイ 13
番人気
3着:△サークルオブライフ 2番人気
13着:◎ジャマン 7番人気

トライアル戦らしくスローペース想定で◎ジャマンと☆ラリュエルの2頭の粘り込みに期待しましたが、ジャマンの方はサウンドビバーチェに競られて最初の3ハロンが速くなって厳しくなり、ラリュエルは序盤で掛かって位置を落としてしまいました。

前半3ハロンこそ速かったですが、中盤が緩んだことでハイレベルなメンバーたちにとってはスローと言っていい展開。基本的にはインを通った馬や先行馬に有利な展開になりましたが、もう最後はナミュールが力の違いを見せつけて突き抜けました。

 

赤松賞が圧巻のパフォーマンスだったのでその時点で牝馬の世代最上位はこの馬だろうと見ていましたが、阪神ジュベナイルフィリーズは大出遅れ+クリスチャンのなんだかなぁという騎乗で不発。今回はスタートを決めて道中で詰まるロスがありながらこの競馬ですからもう今年の牝馬クラシックはこの馬で決まりでしょう。

今年はチューリップ賞のレベルがかなり高かったですし、別路線組にそこまで強い馬もいなそう。よほどのことがなければ桜花賞馬はナミュールだと思いますし、距離延長も問題なさそうなのでオークスも決まりじゃないでしょうか。牝馬3冠まであっていいと思います。大混戦の牡馬クラシックと違ってこちらは1強でしょう。

 

<オーシャンステークス レース結果>
1着:△ジャンダルム 2番人気
2着:×ナランフレグ 4
番人気
3着:×ビアンフェ 5番人気
4着:◎ダディーズビビッド 8番人気

ここは本命馬の◎ダディーズビビッドが4着。好スタートからわざわざ位置を下げて無理矢理に外に出して馬の力だけで4着に来たような感じで、お世辞にも騎乗は誉められたもんではなかったか。それでも印薄い馬が上位独占となったので特に痛恨の結果という感じでもありませんでした。

前半3ハロン=33.4は数字だけ見ると中山芝1200mの重賞では速いペースではありませんが、この時の中山競馬場は向こう正面が凄まじい向かい風だったので、実際は32秒台のハイペースに近かったと思います。前の馬は普通ならば厳しい展開か。

そんな展開で番手から抜け出したジャンダルムは強かったですし、ありえない位置から追い込んできたナランフレグも素晴らしいレースぶり。無理矢理に逃げて残したビアンフェもペースを考えれば強い結果でしょう。ナランフレグは高松宮記念、ビアンフェはスプリンターズSと舞台は限定されそうですが、上位3頭ともにこれからGIで好走してもおかしくない馬だと思います。

 

一通り、高松宮記念の前哨戦が終わってこちらもだんだんと様相が見えてきた感じ。

中心となるのはスプリンターズステークス2着のレシステンシアとシルクロードステークス勝ちのメイケイエール、そこに初のスプリント挑戦になるグレナディアガーズ、復活のGI制覇を目指すダイアトニックあたりか。

伏兵勢として阪急杯2着のトゥラヴェスーラ、オーシャンステークス勝ちのジャンダルム、もし出られればナランフレグあたりになるでしょうか。

ピクシーナイトの故障離脱こそ残念ではありますが、地盤沈下進んでいると見られたこの路線にしてはメンバーが揃った感じ。上位馬はどれもチャンスありだとは思いますが、やはりレシステンシアが一歩リードしているようには見えますね。

 

というわけで重賞回顧はこんな感じで平場回顧に移りましょう。

先週は土曜日の阪神8レースが見解通りにズバッと決まって大本線的中!本命馬の好走もそうですが、森騎手の素晴らしい騎乗に痺れたレースでした。実際にメルマガで配信した予想文は以下の通り。

↓↓↓

[3/5(土)] 阪神10R 橿原S サラ4歳上3勝クラス ダート1200m

◎12 シャマル <次走注目馬>
◯11 ボイラーハウス
▲15 スズカカナロア
☆16 マティアス
△6,10,14

[馬場]C=標準 [バイアス]フラット [展開]ハイ [レース質]■□□■ [勝負度]F

【レース見解】

徹底先行タイプが揃ってさすがにここはハイペースになりそう。内枠のメイショウヒューマも引かないでしょうが、外枠を引いたエイシンバッカスやシャマルも能力が高いので早めに内の馬を被せるようなレースになりそう。内枠先行馬が厳しくなって最後は差しが決まると読みます。

【本命 ◎12 シャマル】

初戦こそ行き足つかずに揉まれて何もできなかったが、その後はダート1200mで3連勝。どれも余裕十分の素晴らしい勝ちっぷりでしたしこの馬はオープンを勝てるような馬だろう。

前走は先行馬がズラリと揃ったメンバー構成で内枠を引いてしまい、もろに揉まれ込んで位置を落として競馬にならず。それでも最後はしっかり伸びていたのでやはりこの馬は能力はあるはず。

今回は揉まれない外枠が引けましたし、前走で控える競馬も経験できたのでハイペースも問題ないはず。大型馬でフットワークを見ても急坂コースは問題ないと思いますし、できればこの馬がめちゃくちゃ強い競馬をして先行馬を全て潰してほしい。

【対抗 ◯11 ボイラーハウス】

アジアエクスプレス産駒でどう考えてもダート短距離馬だと思うのだが、どうも陣営がすぐに長い距離を使いたがって適性条件をあまり使われていない感じ。今回は久々の適性条件でハイペースで展開も向きそうですし、ここはやれていいんじゃないだろうか。

【単穴 ▲15 スズカカナロア】

位置が取れるようになって成績が安定してきたが、逆にテンで脚を使うことで最後の末脚の爆発力が落ちてきた感じ。やはりこの馬はじっとして終いに賭ける競馬が合いそうなので、今回岩田望騎手がそういう競馬をするなら一発あって良さそう。

【特注 ☆16 マティアス】

長期休養明けの前走は全く見せ場なしで何もできず。今回は調教も動いているので変わり身はありそうですし、武豊騎手に戻っての前進はあってもいいか。

【△6 サンライズセナ】

毎回自分の脚を使って差し込んでは来る。完全に展開待ちタイプだと思いますし、今回はハイペース濃厚でハマる可能性はある。

【△10 クリノサンレオ】

ここ2戦は良化気配。前走もスズカカナロアを差していますし、そのスズカカナロアがそこそこ人気するなら足りる可能性もある。今回はハイペースで展開も向きそう。

【△14 エイシンバッカス】

2走前の1勝クラス勝ちが非常に強い内容。スピードを活かす競馬ならオープンまで行けるはずで、前走は出遅れから無理矢理に先手を奪って厳しい競馬になっていた。今回は外枠を引けたのでスムーズな競馬ができれば巻き返していい。

【印まとめ】

【推奨買い目】

三連複 12→11,15,16→11,15,16,6,10,14

ワイド 12→11,15,16

【買い目及び予想のポイント】

ここは次走注目馬◎シャマンから差し馬に決め打ち。メイショウヒューマは強いので粘ってしまう可能性は十分にありそう。なんとか潰れて差し馬だけで決まって欲しいですが、まぁそこまで期待せずに少額で。

<橿原S レース結果>
1着:◯ボイラーハウス 4番人気
2着:◎シャマル 1
番人気
3着:△クリノサンレオ 15番人気

1番人気の◎シャマルを信頼しつつ2列目は差し馬で先行総崩れで差しの穴が絡んでくれないか・・・というシンプルな予想でしたが、大穴クリノサンレオが絡んでくれて良い配当になりました^^

本当は直前まで300倍ついていたので配当下がりすぎですが、まぁそれでもこの投資でこの回収なら上出来でしょう。

 

[3/5(土)] 阪神8R サラ4歳上2勝クラス 芝1200m

◎2   スンリ <次走注目馬>
◯3   カレンヒメ
▲8   サトノルーチェ
☆9   リャスナ
△4,5
×1

[馬場]B=やや高速 [バイアス]ややイン先行 [展開]スロー〜ミドル [レース質]■□□□ [勝負度]F

【レース見解】

少頭数で先行馬不在のメンバー構成。前走で先行しているカレンヒメもスタートは遅いですし、タイセイトレンディかスンリあたりがハナならペースは遅くなりそう。今の馬場を考えてもイン先行有利のレースになるんじゃないだろうか。

【本命 ◎2 スンリ】

この馬は1勝クラス勝ちの内容からしてスプリントならオープンに行ける素材。高速馬場だったとはいえ阪神芝1400mで前半3F=33.6のペースで逃げてそのまま押し切りましたし、1200m通過時計1:08:8も普通に優秀と言えるか。

その後のレースはとにかく不運続きで葵Sは直線どん詰まりでスムーズな競馬ができず、飯豊特別は外伸び馬場で内枠、知多特別は馬場レベルEのタフな芝にノメってまともに走れずに終了。能力以前の問題で負けているレースばかりで、まともに走れれば2勝クラスなら上位と見ていいか。

今回は1勝クラス勝ち以来に綺麗な馬場でスムーズな競馬ができそうですし、先行馬不在で内枠でこの馬のテンスピードがあれば武豊騎手なら逃げることも考えられそう。休み明けで走れる状態かがわからないので勝負度を上げられなかったが、ある程度走れる状態ならここはやれていいはず。

【対抗 ◯3 カレンヒメ】

いかにも半姉カレンモエに似たタイプで、母父クロフネが強く出てキレない印象。前走は二の足で先行したのが好走要因と見て良さそうで、今回はスタートを決めて逃げられればやれて良さそう。

【単穴 ▲8 サトノルーチェ】

前走は伸びないインを通って3着で普通に強い競馬。クラス上位の存在だとは思うが、今回は外枠で位置を落としてどこまで差し込めるか。

【特注 ☆9 リャスナ】

それなりに相手なりに走ってくる馬だが、毎回人気になるほど強くはない。今回は福永騎手で人気している感じですが、外枠で外を回る分で着順を落とす可能性はある。

【△4 スマートルシーダ】

スマートクラージュの全弟で前走は初の1200mで適性を見せて一変。素質はありそうだが、前走は外伸び馬場に恵まれていますし、今回が試金石という感じか。

【△5 ディヴィナシオン】

じっくり溜めて乗ってこその馬。そういう馬だけに川田騎手はプラスにはならないはずで、騎手で人気する点を考えても抑えまで。

【×1 ヤマニンプティパ】

前走は案外な競馬だったが、2~3走前は位置を取ってまずまずの内容。今回も1枠を活かす競馬ができれば差はそこまでない。

【印まとめ】

【推奨買い目】

馬連 2→3,8,9,4,5,1 本線ベース

馬連 2→3,8,9,4,5 重ね買い

馬連 2→3,8,9 重ね買い

【買い目及び予想のポイント】

ここは休み明けでなければもっと勝負したいが、状態さえまともなら◎スンリの能力が上と見て勝負レースにした。相手は信頼できる馬がいないので勝ち負けに期待して馬連流しで。スローになりそうなので武豊騎手はここは逃げちゃって欲しいところ。

<レース結果>
1着:◎スンリ 6番人気
2着:△ディヴィナシオン 3
番人気
3着:△クリノサンレオ 2番人気

ここは次走注目馬スンリが休み明けでも逃げて勝ち切ってくれました。相手が難しかったので馬連をセレクトしたのも正解だった感じがします。

 

土曜競馬のおかげで先週は大幅プラスで終えることができましたが、日曜日もあと一歩で大爆発だっただけに非常に悔しい結果に・・・本当に阪神8レースは永島まなみさえいなければ(苦笑)・・・でした。

↓↓↓

[3/6(日)] 阪神8R サラ4歳上1勝クラス ダート1200m

◎15 アスカロン <次走注目馬>
◯11 メッザノッテ
▲2   メイショウミズモ
△3,7,10,12,13,16

[馬場]C=標準 [バイアス]フラット [展開]ミドル [レース質]■□□□ [勝負度]D

【レース見解】

この時期の1勝クラスらしくそこまで強い馬は不在。スピードタイプの馬はそこそこいるが何が何でもハナというタイプはそこまで多くなく、それならばこのクラスではスピードが抜けているだろう次走注目馬が自分の競馬さえできれば好勝負必至と見ます。

【本命 ◎15 アスカロン】

ずっと適性条件が見つからずに迷走していたが、4走前に中京ダート1200mを使われるとニシノミズカゼに凄まじく競りかけられて前半3F=33.6という恐ろしいハイペースになりながら最後まで粘って6着好走。森厩舎所属のスパイツタウン産駒のイメージそのままの馬だったようで、キュムロンニンバスの1勝クラスの内容からもダート短距離でスピードを活かす競馬なら明らかにこのクラスでは上位。

その見立て通りに2走前は小倉ダート1000mで逃げて2着好走。この時に負けたエルズリーはその後に2勝クラスも連勝しましたし、ちょっとさすがに相手が悪かった感じ。前走のビーアイフェリペの1勝クラスは快速馬が揃う小倉ダート1000mで内枠から行ききれずに揉まれる競馬になり、この馬の良さを活かしきれずに終わってしまいました。

今回はダート1200mで何が何でも行きたい馬は不在でここ2戦よりも明らかに楽な競馬ができそう。キュムロンニンバスの1勝クラスであれだけ競りかけられながらも1150m地点までは粘れていたように距離はおそらく問題ないはずで、大外枠からスッとハナに立ってマイペースの逃げが打てれば止まらないと思います。

【対抗 ◯11 メッザノッテ】

2走前はハイペースのダート1400m戦でかなり外を回って早仕掛けで見せ場十分の競馬。前走はタイムランクCのレースで完全タイム差+0.3で走れていますし、この指数を見ても今回のメンバーなら能力上位。外目の枠からスムーズに先行できそうなのも良いですが、今回は少し間隔が空いたのでアイルハヴアナザー産駒だけに動ききれるかが若干心配。

【単穴 ▲2 メイショウミズモ】

ハイレベルだったキタノエクスプレスの1勝クラスでそこそこ走れていたなどの理由はあるが、前走に関しては1200mに距離を短くしてパフォーマンスを上げた感じ。ダノンレジェンド産駒ですしこの距離が合うんでしょう。その前走を見ても内枠から馬群を縫って差し込んできているのでこの枠も問題なさそう。スムーズに捌ければ上位争いじゃないでしょうか。

【△3 ミスズメジャー】

連続好走できているようにもうクラス上位になってきたか。今回はデビュー以降では最長の休み明けでの出走になるのでいきなり走れるか状態面がポイントに。

【△7 ロードサージュ】

この馬は未勝利勝ちのパフォーマンスが素晴らしくて1勝クラスでも通用しそうなもの。その後は休み休みで順調に使えていないが、久々に間隔を詰めて使える今回は変わり身あっても驚けない。

【△10 ハヴァス】

新馬戦は圧巻のパフォーマンスだったが、凄まじく掛かるところがあってその後はまともに競馬になっていない。今回は初ダートがどうかだが1200mの距離自体は合いそうな感じがします。

【△12 レイワプリンセス】

これまでのレースぶりを見ても1200mでは最後に脚が止まっていて距離が長そう。前走もスムーズな競馬ながら最後は止まっており、今回の条件でアスカロンを追いかける競馬では最後に止まる感じがします。

【△13 サウンドプリズム】

溜めれば最後はズバッと差し込んでこれる馬。地力はあるが新人騎手が乗りこなすには一番難しい類の馬で、上手くなだめて末脚を活かすことができるだろうか。

【△16 パルフェアンジュ】

前走も外を回ってまずまずのレースぶり。和田騎手の継続騎乗となると位置を押し上げてくる可能性もありますし、印は抑えておきたい。

【印まとめ】

【推奨買い目】

馬連 15→11,2,3,7,10,12,13,16 (15→11,2は重ね買い)

三連複 15→11,2→11,2,3,7,10,12,13,16 (15,11,2は重ね買い)

【買い目及び予想のポイント】

ここは次走注目馬の◎アスカロンのスピードが違うはず。逃げて勝ち負けは十分あるので馬連流しと、相手では上位に見える◯▲を2列目に置いた三連複で。

<レース結果>
1着:◯メイショウミズモ 3番人気
2着:◎アスカロン 6
番人気
3着:消ミヤコシスター 12番人気
4着:△パルフェアンジュ 9番人気

1、2着の予想は完璧で馬連は大本線的中。ただ3着がミヤコシスターなんて揉まれて終わると思っていたのに永島まなみがたまにやる剛腕(なぜか腕っ節はある)でダートで穴をあけるパターンでクビ差残されてしまいました・・・パルフェアンジュ3着なら三連複220倍だっただけにこれは痛恨(>_<)

土日ともにダート短距離で大本線で終われていればもっと素敵な週末でしたがね〜。まぁそう上手くはいかないということでしょう。

 

ようやくトライアル戦も始まってワクワク感が強まる季節になってきましたね!

個人的にも毎年1〜2月は不振で3月ぐらいからエンジンがかかってくるので、今年は悪いなりに1〜2月もまずまずで凌げたかなと思います。3月の第1週からなんか調子上がりそうな感覚はひしひしと出てきたので、今週末からは大爆発を連続できるように頑張ります!今週末は1年で最も得意な重賞、フィリーズレビューもありますしね。

というわけで、ワクワク感の強い春の時期に競馬をもっと楽しみたい方はぜひこの機会にメルマガも読んでみてください!!

 

「毎週大きな馬券が当たる!」なんていう誇大広告をあげているところのような派手な結果は期待できませんが、そこそこ毎週当たって2、3週に1回ぐらいドッカーンと大きい万馬券がハマるような感覚で競馬を楽しみたいなら、当ブログが発行しているメルマガ「競馬をビジネスにする」がオススメです。

もう発行して6年になりますが、いまだに発行当時からの読者もいるぐらい購読期間が長い方が多いのがウチのメルマガの特徴。一般的に競馬メルマガやオンラインサロンは誇大広告で煽って一時的にお客を集めるところが多いですが、ウチはそういうところではありません。長く読み続けたい方は長く読んでもらって、少しだけかじってノウハウを身につけたら購読をやめるなんて人も全然OK。

こういうメルマガやオンラインサロンの類の中では珍しく(?)地道に真面目にコツコツと運営していますので、あまり気張らずにお試し読みをしていただければと思います。

 

そんな気張らずにお試し読みをしていただくために、2021年の11月より、、、

メルマガを完全初月無料とさせていただきます!!

これまでも初月無料キャンペーンを実施しておりましたが、翌月の購読は必須で実質1ヶ月の購読料金で2ヶ月読むことができるというものでした。それがこれからは最初の1ヶ月間は完全無料になります。

お試しで読み始めてもらって合わなかったら購読停止していただければ一切の購読料がかかりません。今までよりもはるかにメルマガ購読のハードルが下がるかと思いますので、これを機にぜひメルマガをお試しいただけると嬉しいです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2022年も2月になりました。

ここでは徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】先週の重賞回顧

月曜日に先週の重賞回顧を配信します。前週に行われた重賞レース出走馬全ての馬に回顧コメントをつけて配信しております。次走注目馬などもご紹介。

 

【水曜日】中央競馬の全レース回顧

水曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞プレ予想
金曜日は重賞のプレ予想を配信いたします。ここで「競馬開催日の競馬ノート」の週末のパスワードを配布いたします。ここから週末のレース予想が始まっていきます!

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、気張らずにお試し読みをしていただくために、2021年の11月より、、、

メルマガを完全初月無料とさせていただきます!!

これまでも初月無料キャンペーンを実施しておりましたが、翌月の購読は必須で実質1ヶ月の購読料金で2ヶ月読むことができるというものでした。それがこれからは最初の1ヶ月間は完全無料になります。

お試しで読み始めてもらって合わなかったら購読停止していただければ一切の購読量がかかりません。今までよりもはるかにメルマガ購読のハードルが下がるかと思いますので、これを機にぜひメルマガをお試しいただけると嬉しいです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

1月3週のレース回顧〜毎年思いますが年始の競馬は難しいですねぇ〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

1月3週のレース回顧〜名手もミスする厳冬期〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

5月5週のレース回顧〜強烈な東京芝のバイアス&ミルコどうした?〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

5月5週のレース回顧〜第89回東京優駿はドウデュース号の勝利〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

12月3週のレース回顧〜2歳マイル王決定戦はガチガチ決着、そしていよいよ有馬記念へ〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

1月1週のレース回顧〜年始の中京ダートはドル箱コースでした〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

11月4週のレース回顧〜予想は的中しても競馬に絶対はないということ〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

3月3週のレース回顧〜勝負のフィリーズレビューは印4点での大本線的中!〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

3月3週のレース回顧〜2強オッズになりそうな皐月賞

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

6月4週のレース回顧〜本格的な春競馬の終焉〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

【京都記念2023の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

京都記念2023(阪神芝2200m)の考察です。 2月12日に阪

2月1週のレース回顧〜大舞台に繋がりそうな東京新聞杯とクラシックに繋がらなそうなきさらぎ賞〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

東京新聞杯2023の予想を公開!

東京新聞杯2023(東京芝1600m)の予想です。 2月5日に東

きさらぎ賞2023の予想を公開!

きさらぎ賞2023(中京芝2000m)の予想です。 2月5日に中

アルデバランステークス2023の予想を公開!

アルデバランステークス2023(中京ダート1900m)の予想です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑