*

【2016】フェブラリーS / 有力馬考察(ノンコノユメ、モーニンなどの徹底分析)

公開日: : GIレース考察・予想

今日は2/21(日)に行われるフェブラリーSのレース考察を行います。東京ダート1600mで行われるGI戦です。その前に余談を少し。

 

 

今日の報知グランプリカップの出馬表見たんですが、14頭中6頭が川島厩舎ってちょっと、、、これは能力だけじゃなく陣営の思惑とか戦略まで関わってきそうなのであんまり買うレースじゃなさそう。

競輪もそうなんですけど、人間の心を読まなきゃいけないレースはその思惑が外れた瞬間にアウトなのでなかなか手は出しづらいです。少額は何か買うと思うのでtwitterでサクッと呟きます。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

フェブラリーS 有力馬考察

早速、有力馬の考察に入ります。netkeibaの上位人気想定の5頭を取り上げてみます。

 

ノンコノユメ

おそらくJRAのコース体系の中でベストなのは東京ダート1600m。フェブラリーSはスピードが要求されることから比較的若駒に有利な条件設定ですし、いかにもここは人気で仕方なしという馬でしょう。

ペース関係なく鬼脚で突っ込んでくるのはさすがだとは思いますが、やはりダートでこのスタイルは邪道。今はダート界全体のレベルが低いのでサウンドトゥルー共々なんとかなっている気はしますが、フルゲートの中央競馬のレースでは取りこぼす可能性も十分にありそう。

何よりこの馬を本命にすると、ローリターンな割にかなりハラハラしそうなので本命にはしにくいです(笑)

 

モーニン

例年、根岸ステークス組は本番に一切直結しないというのが常識になりつつありますが、その「いかにも」な人気馬がこのモーニンという印象。武蔵野ステークスでは最後に垂れてますし、マイルでは距離が長いでしょう。

その上にデムーロおじさんに過剰に買われることは必至。こうなると今回はほとんど妙味はゼロに近いんじゃないかと見ています。直線入り口で抜け出してくるも、ラストでぱったり止まりそう。馬券的にもまずバッサリ切ると思います。

 

コパノリッキー

この馬は過去の勝利を見ても恵まれたレースでしか勝っていないタイプ。恐らく一番きつかった勝利が最低人気で勝ったフェブラリーSの時。昨年のフェブラリーSは雑魚メンバーの上に中盤が相当緩んだぬるま湯レースで、JBCクラシックの2連覇もどちらも伏兵という立場で道悪を活かしての逃げ切りでした。

今回はフェブラリーS3連覇がかかる王者の立場で、しかも先行激化間違いなし。自分の競馬ができなければ相当脆い馬ということはここ2戦でもわかっていますし、東京ダート1600mがベスト条件というのを差し引いても今回は買い時ではない気がします。恐らくバッサリ切ります。

 

ベストウォーリア

ノンコノユメが脚質的に不安定で、しかもモーニンとコパノリッキーが見るからに怪しいとなると玄人人気しそうなのはこの馬でしょうか。確かに左回りは得意ですし、マイルも南部杯を2連覇しています。

ただ南部杯の2連覇でGI2勝と言っても、その2つともメンバーはクソ雑魚と言っていいようなレベル。その上この馬は本質的には1400mがベスト条件で、昨年のフェブラリーSも最後は脚が鈍っていました。

今年はそれに加えて前走がJBCスプリント。より短距離シフトに馬が移行してきている感じもあり、一気の距離延長で折り合いを欠く可能性も十分にありそう。玄人人気しそうな割にそこまで買える要素はない気がします。人気次第でバッサリ切るかも。

 

ホワイトフーガ

この馬は一番判断を誤ってはいけない馬だと思います。簡単に考えてしまうと「チャンピオンズカップを制覇したサンビスタをJBCレディスクラシックで突き放した馬」となりがちなんですが、これはさすがに短絡的すぎる考えだと思います。

まずチャンピオンズカップにおけるサンビスタは先行タイプの人気馬が総崩れになる展開の中、インの絶好位でほぼ再現性ゼロなくらいの好騎乗のおかげで勝った馬。その年の牝馬限定の重賞で圧倒的な力を見せていないことからもチャンピオンズカップでサンビスタが抜けて強かったわけはないでしょう。

そしてホワイトフーガはJBCレディスクラシックでそのサンビスタに圧勝しました。ただ、これもハイペースで先行タイプの馬が総崩れの中をインで完璧に折り合いをつけて運んだホワイトフーガが唯一脚が残っていての圧勝という形。

「再現性が低いハマった競馬でチャンピオンズカップを勝ったサンビスタ」に「再現性が低いハマった競馬で勝ったホワイトフーガ」

と考えるのが適当でしょう。現在のダート界は相当レベルが低いので、この馬でも足りる可能性はあると思いますが、サンビスタとの比較論でこの馬を中心視するのは危険極まりないと見ています。

 

フェブラリーステークスは毎年そんなに荒れるレースではないんですが、正直今年のレースは今のダート界が相当レベルが低いのでいくらでも荒れそう。少なくとも上位人気馬でそれなりに評価できそうなのがノンコノユメしかいません。

これは最低人気で勝ったコパノリッキーの年くらいの一撃もあり、と考えてどんな人気薄でもしっかりとチェックしたほうがよさそうです。

 

というわけでコイツが来たら府中の店を荒らせます。

 

その馬の名はブログランキング(穴)で公開中

前走はここ最近のスタイルとは違った好位の競馬。判断自体は間違っていなかったと思うが、今のこの馬の能力を最大限に出すとすれば死んだフリからの追い込み一撃だろう。エルムSでも最速上がりで走れているのを見てもマイルでも距離は大丈夫なはずで、先行激化確実な今回は大外一気の一撃があっても良さそう。馬券内はかなりの難題だとは思いますが、掲示板くらいには普通にしれっときそう。

 

関連記事

【菊花賞2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

菊花賞2019(京都芝3000m)の考察です。 10月20日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【フェブラリーS2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

フェブラリーS2017(東京ダート1600m)の考察です。 2月19日に東京競馬場で開催され発

記事を読む

【ジャパンカップ2018の予想ヒント】外国馬分析(カプリとサンダリングブルー)

ジャパンカップ2018(東京芝2400m)の考察です。 11月25日に東京競馬場で開催され発走

記事を読む

【秋華賞2017の予想ヒント】想定2番人気ディアドラ考察

秋華賞2017(京都芝2000m)の考察です。 10月15日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

ジャパンカップ [6] 栄光の勝利は騎手の力で決まる

「ホビット決戦のゆくえ」が再来週公開ですね。私は原作からの熱狂的な『指輪物語』ファンなんで注目はして

記事を読む

皐月賞の予想を公開!

2日間ほどあまり睡眠をとらない状態で中山競馬場に向かっております。 本日は牡馬クラシック第一弾

記事を読む

【2016】チャンピオンズカップ / 有力馬考察(アウォーディー、ノンコノユメなどの徹底分析)

今日は12/4(日)に行われるチャンピオンズカップのレース考察を行います。中京ダート1800mで行わ

記事を読む

桜花賞 [6] 金曜時点での最終見解

さて、普段はあんまり新聞は買わないですが、GIということで東スポを買ってみました。 思っていた

記事を読む

NHKマイルC [3] 枠順発表!明暗を探る

ハープスターが現役引退と。 この馬私は結構好きだったんですが、アンチがかなり多い馬みたいで、n

記事を読む

5月4週のレース回顧〜令和元年のダービー馬はロジャーバローズ〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

【凱旋門賞2020の予想ヒント】過去データや血統、想定オッズなどを分析考察します

凱旋門賞2020(ロンシャン芝2400m)の考察です。 10月4

【シリウスステークス2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

シリウスステークス2020(中京ダート1900m)の考察です。

日本テレビ盃2020の予想を公開!

日本テレビ盃2020(船橋ダート1800m)の予想です。 9月3

白山大賞典2020の予想を公開!

白山大賞典2020(金沢ダート2100m)の予想です。 9月29

【スプリンターズステークス2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

スプリンターズステークス2020(中山芝1200m)の考察です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑