*

【2016】ダイヤモンドS / 有力馬考察(フェイムゲーム、タンタアレグリアなどの徹底分析)

公開日: : 重賞レース考察・予想

今日は2/21(日)に行われるフェブラリーSのレース考察を行います。東京ダート1600mで行われるGI戦です。その前に余談を少し。

 

昨日からベイスターズの開幕戦の先行販売が始まったのですが、マリノスの開幕戦のチケットも今日入手しました。

ベイスターズはそもそもの目標が低い=「できれば3位になってほしい」くらいなので、ほんわかとした気持ちでシーズンを迎えられるのですが、マリノスは完全優勝も生で体験していますし、3年前の最後の2連敗で優勝を逃した場面も体験している身としては「優勝以外ない」わけです。

中村俊輔も中澤佑二もあと何シーズンも戦えるかわからないわけですし、本当にモンバエルツ体制の2期目の今季が大勝負なわけです。ただ、開幕を前にしたファンの感想としては、、、

降格しなければいいや

っていうのが正直なところ。もう毎年毎年、補強ポイントはセンターフォワードだとわかっていながら、今年はアデミウソンと藤本淳吾を出したにも関わらずマトモな補強もなく。スペランカー体質で戦力になんて計算できるはずのないラフィーニャに9番を与えて、予想通り怪我で長期離脱。

その後も新体制発表会では社長が「まだ補強はある」とか発言しておいて、今のところ全く音沙汰なし。まぁさすがにそこまで馬鹿じゃないとは思うので外人1名取るとは思うんですが早くしろよと。本当にウルトラCでシティグループの力でベルバトフとか獲ってもらってJリーグのDFじゃ誰もボール奪えない、みたいなのをするんなら満足です。

ただ、開幕まで2週間を切った中で何も音沙汰がないのはちょっと。。。名古屋グランパスのほうが悲惨なので、そこまで悪くはない気がしますが、今年もあんまりJリーグは期待できなさそうな感じがします。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

ダイヤモンドS 有力馬考察

早速、有力馬の考察に入ります。netkeibaの上位人気想定の5頭を取り上げてみます。

 

フェイムゲーム

現役屈指のスタミナを持ちながら最後に強烈な末脚も繰り出せる、ということでまさにダイヤモンドSを走るために生まれてきたような馬。「3年連続の好走はない」と口をすっぱくするほど言っていますが、この馬に関しては3400m条件ではまだ若い方の6歳馬で、広い東京コースを2周もするこのレースなら徹底マークで封じられることもないでしょう。

休み明けでの状態面とハンデ58.5kgがポイントですが、どう見ても実績上位なのでここは普通に中心視でいいんじゃないでしょうか。ただ本命にしたいタイプではないので対抗評価とかにすると思います。

 

タンタアレグリア

水準以上のスタミナとじりじり脚を持っている馬で、東京コースの長丁場は合うと思うのですが、この馬はどうもクラスが上がってからはどんな距離でも本質的にキレ負けしている印象。

ダイヤモンドSも短い距離よりは上がりがかかるとはいえ、上質な決め手が要求される馬ですし、この距離でもじり脚で届かずに5着ぐらいのイメージが結構します。信頼しすぎるのは危ない馬と見ています。

 

モンドインテロ

一見、連勝馬でしかもディープインパクト産駒だと長距離はどうなの?って思われそうですが、このレースはディープインパクト産駒が良く絡んでいますし、血統的には全く問題なさそう。

4歳馬が良く走るレースですし、決め手はこのメンバーの中でも随一。血統的にも父ディープインパクト×母父ブライアンズタイムで長距離も大丈夫そう。前走デムーロからの池添への乗り替わりで人気を落としそうですが、池添騎手は折り合いつけられるので長距離重賞は上手い印象。人気次第でここから入ってもいいかなぁと思っています。

 

カムフィー

あんまりダンスインザダーク産駒って父親とは違ってステイヤー色に出ることが少ないんですが、この馬は完全にステイヤーの方に向いた馬なイメージ。昨年もダイヤモンドSとステイヤーSのどちらでも好走。しかも差しての好走となれば普通に今回も有力視は当然でしょう。

ただ2回走ってしまったので、今回は相当な穴人気は確実。妙味自体はなくなるのであとは人気との兼ね合いでしょうか。

 

ファタモルガーナ

長距離重賞で安定して走るタイプで、休み明けも走るタイプでしたが、前走は久しぶりに崩れた印象。前回は早仕掛けしまったことによる展開のアヤでの負けな感じだが、今回は例年よりメンバーが揃った印象。

前走も早仕掛けしたとはいえ、全盛期ならもう少し粘れていた感じもあり、8歳馬のディープインパクト産駒ということで、そろそろ衰えは警戒しておいた方がいいかも。

 

 

ダイヤモンドステークスは今年はメンバーが揃った印象。上位馬もバッサリ切れる馬がほとんどおらず、非常に難しい一戦になりそう。それだけ騎手の捌き方次第で着順がガラリと変わることもありそうです。

人気もあまりなさそうで、絶好の騎手を乗せてきたこの馬でいいんじゃないかと今のところ思っています。

 

その馬の名はブログランキングで公開中

ハンデもお手ごろな感じになりましたし、いかにもここはぶちかましそうな感じ。相手が非常に難しいですが、本命はこの馬でいいかなと思っています。

 

関連記事

【チューリップ賞2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

チューリップ賞2018(阪神芝1600m)の考察です。 3月3日に阪神競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

【小倉2歳ステークス2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

小倉2歳ステークス2018(小倉芝1200m)の考察です。 9月2日に小倉競馬場で開催され発走

記事を読む

【中山金杯2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

中山金杯2017(中山芝2000m)の考察です。 1月5日に中山競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

【2016】阪神大賞典 / 有力馬考察(シュヴァルグラン、トーホウジャッカルなどの徹底分析)

今日は3/20(日)に行われる阪神大賞典のレース考察を行います。阪神芝3000mで行われるGII戦で

記事を読む

共同通信杯 [2] 強い馬が強いレース

今年のクラシックは異常に面白そうですね。というのもここ2年メンツが小粒、特に去年なんてイスラボニータ

記事を読む

【2016】カペラS / レース考察(中山ダート1200mで行われるGI戦を徹底考察します)

今日は12/11(日)に行われるカペラステークスのレース考察を行います。中山ダート1200mで行われ

記事を読む

【2016】プロキオンS / レース考察(中京ダート1400mで行われるGIII戦を徹底考察します)

今日は7/10(日)に行われるプロキオンSのレース考察を行います。中京ダート1400mで行われるGI

記事を読む

【セントウルステークス2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

セントウルステークス2018(阪神芝1200m)の考察です。 9月9日に阪神競馬場で開催され発

記事を読む

ダービー卿CT2017の予想を公開!

ダービー卿チャレンジトロフィー2017(中山芝1600m)の予想です。 4月1日に中山競馬場で

記事を読む

小倉大賞典2017の予想を公開!

小倉大賞典S2017(小倉芝1800m)の考察です。 2月19日に小倉競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

【朝日杯フューチュリティステークス2018の予想ヒント】枠順から見るレース見解

朝日杯フューチュリティステークス2018(阪神芝1600m)の考察です

【ターコイズステークス2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

ターコイズステークス2018(中山芝1600m)の考察です。 1

クイーン賞2018の予想を公開!

クイーン賞2018 (船橋ダート1800m)の予想です。 12月

【朝日杯フューチュリティステークス2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

朝日杯フューチュリティステークス2018(阪神芝1600m)の考察です

【ターコイズステークス2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

ターコイズステークス2018(中山芝1600m)の考察です。 1

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑