*

天皇賞徹底回顧 -見解はほぼ的中も不発・・・-

公開日: : GIレース考察・予想

天皇賞(秋)は外から10頭をぶったぎったスピルバーグが初重賞制覇で天皇賞を優勝。見た目からしてスカッとするレース内容だった。

さて、当ブログは予想だけして終わりではない。きちっとこのレースを回顧していきたい。

 

天皇賞(秋)結果

1:スピルバーグ ○  33.7 上がり3F1位
2:ジェンティルドンナ ☆
3:イスラボニータ △
4:ラブイズブーシェ
5:ヒットザターゲット 穴  33.8 上がり3F2位
6:エピファネイア △
7:デニムアンドルビー ◎  33.9 上がり3F3位
8:サトノノブレス
9:カレンブラックヒル
10:ダークシャドウ 穴
11:マイネルラクリマ
12:ディサイファ
13:マーティンボロ
14:フェノーメノ ▲
15:フラガラッハ
16:ペルーサ
17:トーセンジョーダン
18:アスカクリチャン

 

①スローペース濃厚 = 1000m通過60.7のスローペース

②勝ち馬は瞬発力のある馬が勝つ = スピルバーグ

 

ここまで完璧にレース展開を当てていながら、勝ち馬までも当てていながらなぜ的中に至らなかったか。。。

それは、 フェノーメノを評価しすぎたこと それがすべてです。

色々な新聞やサイトが「フェノーメノは格があるので最も信頼できる」と述べておりましたが、当サイトでは http://keibabusiness.com/?p=159 にてフェノーメノには死角があることを書いておりました。

だからこそある程度の位置を取りに行かなければいけないと。 今回フェノーメノの地力を信頼して2・3着固定の馬券としましたが、結果は14着。上がり3Fは34.6で、ジェンティル、イスラと同じ。この馬はやはりオーバートップのギアはありません。それならばもう少し前で競馬をしてほしかった。そして、フェノーメノの弱点を見切っておきながらある程度信頼してしまったことは反省せねばなぁと感じております。

ただ、このレース。実際どうだったんでしょうか。 レースタイムの1:59:7はヘヴンリーロマンスの勝った2005年以来となる1分59秒台。前半3F36.4もその年以来の遅さです。 スピルバーグの上がり3Fにしても33.7とそこまで突出した数字ではありません。それなのにあれだけ豪快に差し切ったように見えたとすれば、先行勢が予想以上にふがいなかった可能性が高いです。

200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m 2000m
12.9 11.7 11.8 12.2 12.1 12.1 12.3 11.4 11.3 11.9

実力上位のジェンティルドンナとイスラボニータが絶好位をとってここまでのスローペース。直線入り口まで12秒台が続く緩いペースを実力上位馬が先行したとなれば、あっさりと突き放してジェンティルとイスラのたたき合いにならなければいけなかった。それが外からスピルバーグに差し切られラブイズブーシェやヒットザターゲットという伏兵にもあわや差し切られそうな2,3着。

着順から上位3頭はジャパンカップでも人気しそうだが、スピルバーグは周りがレベルが低かった説。ジェンティルドンナは能力劣化説。イスラボニータは3歳勢レベル疑問説に加えて2000mでも引っかかってたのだから2400mへの延長は大いに疑問だ。

フェノーメノはスローペースの瞬発力勝負では用なしということを着順で証明してくれた。叩いて状態は上がるだろうが、スローが濃厚のジャパンカップでは必要ない馬といえる。

デニムアンドルビーは上がり時計で一応の格好は見せ、上がり目があるのならばジャパンカップは面白いかもしれない。

エピファネイアはまた掛かり癖が再発してきた模様。こちらもイスラ同様に距離延長はマイナスでジャパンカップはかなり厳しいと言わざるを得ない。

ラブイズブーシェの4着には驚いた。恐らくまったく適性がないだろうスローの瞬発力勝負で4着に来たことは、上がりが34秒台で足りたということもあるが、この馬自身成長している。上がりがかかって距離の伸びる有馬記念では本命級に評価してもいいかもしれない。

総じて今回の天皇賞出走組はジャパンカップでは軽視してかかりたい。

またジャパンカップの時に考察するが、狙うべきは別路線組だろう。

出走が噂される馬の中であれば、この馬が最も魅力的か

その馬の名は? 

↓↓↓

で公開中!(キーワードC)

関連記事

チャンピオンズカップ2018の予想を公開!

チャンピオンズカップ2018(中京ダート1800m)の予想です。 12月2日に中京競馬場で開催

記事を読む

【日本ダービー2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

日本ダービー2020(東京芝2400m)の考察です。 5月31日に東京競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

フェブラリーS [4] 全てを左右するペース分析

今朝もシャルケ×レアルマドリーとバーゼル×ポルトを観戦。 シャルケは上手いこと守備ブロックも出

記事を読む

有馬記念 [5] 一流の名手の腕が問われるレース

いよいよ有馬記念ですね。 「終わり良ければ全て良し」 「有馬記念当てれば全て良し」 と

記事を読む

ヴィクトリアマイルの予想を公開!

枠順発表前はショウナンパンドラ本命予定で、勝負度はB及びAの感じだったんですが、枠順発表でやる気激減

記事を読む

【オークス2019の予想ヒント】枠順から見るレース見解

オークス2019(東京芝2400m)の考察です。 5月19日に東京競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【NHKマイルカップ2019の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

NHKマイルカップ2019(東京芝1600m)の考察です。 5月5日に東京競馬場で開催され発走

記事を読む

マイルCS [3] 枠順と展開からレースを考える

さて、マイルチャンピオンシップの枠順が発表されました。てっきり東スポ杯も発表されてると思いきや、あれ

記事を読む

【桜花賞2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

桜花賞2018(阪神芝1600m)の考察です。 4月8日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15:

記事を読む

【2016】チャンピオンズカップ / 有力馬考察(アウォーディー、ノンコノユメなどの徹底分析)

今日は12/4(日)に行われるチャンピオンズカップのレース考察を行います。中京ダート1800mで行わ

記事を読む

Message

7月2週のレース回顧〜ここまで馬場がクローズアップされる年もあっただろうか〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

プロキオンステークス2020の予想を公開!

プロキオンステークス2020(阪神ダート1400m)の考察です。

七夕賞2020の予想を公開!

七夕賞2020(福島芝2000m)の予想です。 7月12日に福島

五稜郭ステークス2020の予想を公開!

五稜郭ステークス2020(函館芝2000m)の考察です。 7月1

夏競馬において予想に重要なファクターは「馬場読み」だ

本当は朝に七夕賞の第2段記事を書く予定でしたが、早朝に起きて事務作業を

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑