*

ジャパンカップ [3] 上位人気馬の総評

公開日: : 最終更新日:2015/12/10 GIレース考察・予想

【ジャパンカップ⇒18頭立てがわずか3頭立てに!これってありですか?】

いきなりですが、みなさんにお聞きしたい事があります。

馬券を買う時に何頭も買うのではなく、
2~3頭のみでバッチリと馬単やワイドを当てたくないですか?


点数をめちゃめちゃ絞って当てた時の快感ってかなりのもの
がありますよね。

その分ドキドキ感も半端ないですけど(笑)

そんな、18頭立てのジャパンカップを、わずか3頭立てにしてくれる予想家がいます。

その予想家とは・・「ハンターX(エックス)氏」

ハンターX氏とは・・


ハンターX氏のジャパンカップ3頭立て予想を無料で見る!

※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLをクリックして登録を完了させてください。フリーメールアドレスで登録できます。
登録後、「馬スピ特報 」というコーナーをご覧ください。
ハンターX氏のジャパンカップの予想は今週土曜日の夕方頃にUPされ、無料で見ることができます。
ちなみに新馬戦などの無料予想で提供されないレースの有料予想は月額840円となります。

さすが、騎手・調教師はもちろん、馬主や専門紙の記者とも交流を持つ関係者だけあって、ハンターX氏の無料予想の精度は高いです。


10月31日のスワンステークスの無料予想
では

馬単2点、ワイド1点で大的中!!

実際のPAT画面(馬単)↓↓↓

実際のPAT画面(ワイド)↓↓↓

 

そして9月5日の札幌2歳ステークスでは、

馬単4点、ワイド2点で大的中!!

実際のPAT画面(馬単)↓↓↓

実際のPAT画面(ワイド)↓↓↓

いかがでしょうか。


馬券で勝つためには
このように点数を絞って着実に的中を積み重ねるという事もかなり有効な作戦となってきます。

是非今週末はハンターX氏の絞りに絞った予想をまずは無料でお試しください!

11月、12月は全てのG1レースの買い目を無料で見ることができます。

ハンターX氏のジャパンカップ3頭立て予想を無料で見る!

※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLをクリックして登録を完了させてください。フリーメールアドレスで登録できます。
登録後、「馬スピ特報 」というコーナーをご覧ください。
ハンターX氏のジャパンカップの予想は今週土曜日の夕方頃にUPされ、無料で見ることができます。
ちなみに新馬戦などの無料予想で提供されないレースの有料予想は月額840円となります。

 

上位人気馬の総評

まず過去のジャパンカップの傾向をざっくりと書いておきます。

最近は「藤原竜也的な人」たちが数多く増えてきたことによって、中穴帯の馬の妙味が一気になくなってきています。いまだに「中穴を狙え」という人もいますが、いま5番人気12倍の中穴で支持されている馬って、5年前なら8番人気21倍くらいで買えた馬です。

よって、最近は私はもう「誰からも見放された大穴」を狙うことが多いです。競馬新聞で言うとどの新聞を見ても△一つもないような馬です。そういう馬って週に一度だけ当てればその週の収支を一発でプラスにできるんです。ちょうど先週の13番人気デルマジロキチなんてそんな感じでしたね。

ただ、ジャパンカップに関しては、この狙いはほぼできないと思っていただいて結構です。

過去5年の馬連と三連単の配当を試しに見てみましょう。

 

<2014年>
馬連 4,120円
三連単 91,790円

<2013年>
馬連 2,500円
三連単 224,580円

<2012年>
馬連 700円
三連単 5,550円

<2011年>
馬連 2,300円
三連単 324,680円

<2010年>
馬連 710円
三連単 25,110円

 

平均馬連配当 2,066円

平均三連単配当 134,342円

 

平均馬連配当がこんなに安いのに三連単がこんなにつくといういびつなレース。

つまりは、、、

 

1、2着馬は順当に決まるが、荒れるとしたら3着穴しかないレース

↓↓↓

強い馬が強い内容と結果を見せるレース

 

なわけです。

 

ですから無謀な単穴や連穴は禁物で、大穴を狙うなら3着付けが無難と言えるレース。逆に本命党の方は変に大穴に流すよりも、人気馬から少点数強い馬へ流してガツンと買うレースと言えるでしょう。

 

そして三連単が10万以上ついた2年の3着馬を見てみると、、、

トーセンジョーダン 11番人気 ジャングルポケット産駒 天皇賞(秋)1着

ジャガーメイル 14番人気 ジャングルポケット産駒 天皇賞(春)1着

 

どちらもGI実績のあるジャングルポケット産駒(グレイソヴリン系)でした

もうジャパンカップで爆裂大穴があるとしたら、グレイソヴリン=トニービンの力で能力を超越しちゃうようなケースしかないんでしょう。

 

今年の出走馬でGI実績のあるグレイソヴリンの血を持っている馬は2頭。

カレンミロティック 想定15番人気 ハーツクライ産駒 天皇賞(春)3着

ワンアンドオンリー 想定12番人気 ハーツクライ産駒 日本ダービー1着

大穴をあけるとしたらこの2頭しかないと思っています。イトウが引っ張る流れを番手につけられれば十分に可能性はあると見ています。恐らく私もこの2頭は印にいれるはずです。

逆に言えばこの2頭以外はまず上位人気馬から好走馬は生まれやすいレースだということ。それを踏まえて上位馬の短評行ってみましょう。

 

ラブリーデイ

スタート抜群、折り合い上手く、コース形態も問わないという超堅実派。京都大賞典と天皇賞(秋)の強さを見るに、まず間違いなく現役最強馬でしょう。ドゥラメンテ、ミッキークイーン以外にはなかなか負ける姿は想像できません。

現時点で今年の重賞勝利は6勝。年間重賞最多勝利数がオグリキャップやテイエムオペラオーの8勝ですから、もうそれらの馬に近いところまで来ているわけです。

とにかく崩れないタイプで、春を見ても疲労もそう溜まらないタイプ。恐らく2600m以下の距離ならどんなレースでも走ってくるはずですが、ここ2戦のようなスローペースの決め手勝負よりもペースが流れての持続力勝負のほうがこの馬の本質的には合うはず。

なんだか勝っても勝っても過小評価される馬で「買ってはいけない」と言われる馬ですが、気づいたら歴史的名馬になっている気がするので常に評価するべき馬でしょう。まず馬券に絡むと思います。

 

ミッキークイーン

恐らくドゥラメンテとこの馬が向こう2年の日本競馬を背負っていくはず。それくらいまで強い馬と認識しています。

オークスではルージュバックとクルミナルと共に3着以下を突き放しましたが、ルージュバックはエリザベス女王杯で並の馬でないことを示しましたし、恐らくクルミナルも復帰してくれば即牝馬のトップクラスになるはずです。

京都芝2000mよりも東京芝2400mのほうが間違いなく良いはずですし、東京芝2400mならまず現役最強クラスでしょう。ドゥラメンテがいない今回はまず勝ち負けになる可能性が高いと見ています。

 

ショウナンパンドラ

中山と阪神で勝っていることと母キューティーゴールドということで、近親のステイゴールドと比較されがちだがその評価は全くもって論外です。このことは「TAROの競馬」さんの全頭分析でも書かれているのでご覧ください。

基本的には「ギアチェンジが早くて馬群を捌くのが上手い」のが特徴で、その特徴がより活きるのが中山だったり阪神芝内回りコースな訳です。中山で差しが鮮烈に見える典型例のような馬で、本来は東京は嫌いたいんですが、前走を見る限り成長度は相当で今は東京コースでも問題なく走ってきそう。

ギアチェンジ型の馬なので、ペースが淀みなく流れる2000mより2400mの方がチャンスは大きいと見ていましたが、ちょっとイトウの存在などでペースが流れそうな予感。そうなると「スローペースの差し得意タイプ」のこの馬にとってはちょっと厳しい展開になるかも。

ミドルペースからのガチンコの直線追い比べになったら多分ラブリーデイやミッキークイーンには劣るはずです。ただ能力的にはもう現役トップクラスにはあると思うので決して軽視はできないでしょう。

 

ゴールドシップ

世間の評価は「今回は叩き台」「JCはバッサリで有馬で本命」という意見がそれこそ大多数。ただこれを言ってる人の9割は天皇賞(春)でゴールドシップをバッサリと切って宝塚記念で本命にした人でしょう。

もうこの馬は常識に捉われてしまってはダメな馬です。既に6歳ですが、衰えはほとんど見られず、現6歳馬は近年では最もレベルが高い世代。その世代でクラシック2勝しているこの馬の評価は安易に下げられません。

そして「今回は叩き台」という意見に関してですが、何のために叩くのでしょうか?

そもそもこの馬に残されているのはあと2戦のみです。そしてジャパンカップでゲートを出れなければ有馬記念に出走できない可能性があり、実質ここがラストレースになる可能性も。そんなレースを叩き台にするでしょうか?

実際、調教内容やフォトパドックなどを見ても完全に仕上げてきていますし、ゴールドシップという馬の種牡馬価値を考えても、一度勝っている有馬記念よりもどう考えても東京コースのジャパンカップのほうが取りたいタイトルでしょう。

須貝調教師も以前、一度のジャパンカップ凡走だけで東京が走れないとは思われたくないのでいつか東京で見返したい、といった類のコメントを出しており、恐らく有馬記念よりもここがメイチのような感じも。。。

まぁいつだってギャンブル要素がある馬であることは間違いないですが、人気を落とすような十分買っていい馬でしょう。

 

サウンズオブアース

好走したレースは、神戸新聞杯、菊花賞、京都新聞杯と全てが2400m以上で、日経賞も物理的に無理な位置から最速上がりで突っ込んできての4着でした。

ただだからといってステイヤーかと言われればそうでもなさそうで、中距離戦ではキレ負けするのである程度の距離が欲しいタイプに思われます。

現4歳世代では1、2に能力ある馬だと思いますが、その現4歳世代のレベルが相当低そうで、5歳のラブリーデイ、3歳のミッキークイーン、6歳のゴールドシップに勝てるとは到底思えない。

スローペースからの決め手比べでは厳しいので、イトウが早い流れを作ってくれることが好走の大前提か。

 

さて、これにて上位人気馬の短評を終わります。

現時点での見解はこんな感じ。

それはブログランキング(E)で公開中

恐らくこの馬たちでワンツーになると思います。その順位付けがジャパンカップのポイントかなと。穴を狙うなら3着で展開利を味方につけそうな「もともと実力がある馬」を狙いたいです。

 

関連記事

【チャンピオンズカップ2017の予想ヒント】枠順と馬場から見るレース見解

チャンピオンズカップ2017(中京ダート1800m)の考察です。 12月3日に中京競馬場で開催

記事を読む

阪神JF [4] 結構大事な名前の力

遂にボーナス(JBCデー一日で稼いだ大金)を解き放つ時が来た。かなり重かったDynabookに別れを

記事を読む

【マイルチャンピオンシップ2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

マイルチャンピオンシップ2017(京都芝1600m)の考察です。 11月19日に京都競馬場で開

記事を読む

天皇賞(秋) [6] ジェンティルドンナはギャンブル要素大

前回はフェノーメノに関しての考察を行ったが、今日はジェンティルドンナについて見ていきたい。 &

記事を読む

朝日杯FS [1] 3強の構図とファン心理の分析

昨日はUEFAチャンピオンズリーグのBEST16の組み合わせ抽選会がありました。 今、

記事を読む

有馬記念 [1] 一年を締めくくるグランプリという意味

最近ワインに異様にはまりつつあります。もともと『神の雫』が好きで色々銘柄等は覚えていたんですが、最近

記事を読む

朝日杯FS [2] 中穴帯の馬の検証

さて、なかなか書く機会がなかったのですが、今クールのドラマも今週が最終回ウィークです。 今

記事を読む

【2016】菊花賞 / レース考察(京都芝3000mで行われるGI戦を徹底考察します)

今日は10/23(日)に行われる菊花賞のレース考察を行います。京都芝3000mで行われるGI戦です。

記事を読む

皐月賞 [9] 本当に評価すべき無敗馬は?

そろそろ始まるのが2歳馬POG。 いろんな記者さんのブログとか見ても取材を始めたとか載ってます

記事を読む

【2016】朝日杯FS / レース考察(阪神芝1600mで行われるGI戦を徹底考察します)

今日は12/18(日)に行われる朝日杯フューチュリティステークスのレース考察を行います。阪神芝160

記事を読む

【函館2歳ステークス2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

函館2歳ステークス2018(函館芝1200m)の考察です。 7月

プラチナカップ2018の予想を公開!

プラチナカップ2018 (浦和ダート1400m)の予想です。 7

マーキュリーカップ2018の予想を公開!

マーキュリーカップ2018 (盛岡ダート2000m)の予想です。

函館記念は◎エアアンセムから本線的中をはじめ日曜はメイン3場完全制覇で的中ラッシュ!

土日の競馬お疲れ様でした。と言っても今週は3連休で明日も地方競馬が2つ

函館記念2018の予想を公開!

函館記念2018(函館芝2000m)の予想です。 7月15日に函

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑