*

2017年の競馬界を騒がせる馬は?-牡馬クラシック編-

公開日: : 雑記

あけましておめでとうございます。

2017年になりました。今年もよろしくお願いいたします。

本日は新年のご挨拶と共に、2017年活躍しそうな馬をざーーーっと挙げてみようかなと思っています。

sponsored link

PR.【中山金杯2017】プロは確実に当てないといけないレース!

ここ3年は、1番人気が必ず馬券に絡むレース、中山金杯。

プロが当てなきゃ話にならないでしょう!

強い馬、走る馬を選ぶのではない。勝てる馬を選ぶ。

間違いなく馬券に絡むのはこの3頭!

⇒ 予想は1月4日公開予定!

メルマガはお年玉企画キャンペーン実施中!

おかげさまで業界最大手のレジまぐ様のランキングでも最上位となっております当ブログ運営のメルマガ「競馬をビジネスにする」では、今年も新年のお年玉企画を実施します!

2016年の全レース分析データ完全版をプレゼント

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

毎週水曜日にメルマガで配信しております「全レース分析データ」

前週の土日に行われた全てのレースの回顧をエクセルファイルにて配信しているものです。1年間1週も欠かさずに全コースで配信してきましたが、1年も経つとビッグデータとして非常に大きな価値を持ってきます。

クラス別の走破時計、レースラップ、タイムランクなどがひと目でわかりますし、全てのレースに筆者のレース回顧コメント付き。ここまで徹底した毎週のレース回顧は当メルマガだけかと思います。

その全レース分析データの2016年全コース分完全版をお年玉企画としてドドンと配信します!

この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

配布開始は2017年1月3日からを予定。およそ1週間程度の期間限定でお年玉企画を配布させていただこうと考えております。メルマガ購読をご検討の方は是非とも1年で最もお得な1月初旬の開始をオススメします。

 

<ご登録はコチラから>

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

2017年の競馬界展望

さて、今日は今年の競馬界のそれぞれの路線でどんな馬が活躍しそうか、というのをざーっと見ていこうと思います。

2016年の元旦にはここでガリバルディが重賞戦線で活躍しそうと予言。結果的には重賞1勝でマイルチャンピオンシップでも穴人気するぐらいの人気にはなりましたが、もう少し活躍する馬を揚げられれば良かったですね。

というわけで、今年も早速まいりましょう!



牡馬クラシック路線

箇条書きで馬の名前を挙げていくのも整理がつかないので、牡馬と牝馬のクラシック路線に関してはランキング形式で挙げて行ってみます。

 

第10位 ダイワキャグニー

血統(父) キングカメハメハ
血統(母) トリプレックス
血統(母父) サンデーサイレンス
調教師 菊沢隆徳(美浦)
所有 大城敬三
生産 社台ファーム

まず第一に2017年の牡馬クラシック路線に言えることは、2016年世代に比べて明らかにメンバーレベルが低いこと。この世代は牝馬こそ層が充実していますが、牡馬に関しては未だにダービー馬の有力候補と言える馬も出ていない気がしますし、なんだかワンアンドオンリー世代を感じます。

そうなると第10位前後は選ぶ人によってバラバラになると思うのですが、初戦のレースぶりと血統背景からダイワキャグニーをピックアップ。

新馬戦はラスト3Fの加速力勝負になりながらも後続馬を大きく引き離すハイレベル戦。3着馬ヴェルラヴニールが次走で未勝利を大楽勝したのを見ても上位馬は普通に強いはずで、このレースを勝ち切ったこの馬も相当な素質の持ち主の可能性あり。

半兄はグラスワンダー産駒で準オープンまで走ったミエノワンダーですし、母父サンデーのキングカメハメハ産駒で、初戦からレースセンス抜群のところを見ても有力な存在と見ます。

 

第9位 キセキ

血統(父) ルーラーシップ
血統(母) ブリッツフィナーレ
血統(母父) ディープインパクト
調教師 角居勝彦(栗東)
所有 石川達絵
生産 下河辺牧場

ルーラーシップ産駒はこれまでデビューしてきた産駒を見ても、いかにも父の特徴を受け継いだフットワーク大きな不器用なタイプが多く、種牡馬としてはマンハッタンカフェのように尻すぼみとなっていく感じがプンプンするが、この馬はルーラーシップ産駒の真打ちと見てよさそう。

新馬戦を見てもいかにも父ルーラーシップのコピーというような雄大なフットワークで、距離は長ければ長いほうが良さそうな感じ。いかにも東京芝2400mは合いそうな馬ですし、順調に行けば日本ダービーの舞台に間に合っていい馬だと思います。

ただ、父ルーラーシップも遅咲きでクラシックには微妙に間に合わなかった馬ですし、ルーラーシップ産駒全般に見える不器用さで出世できるかは微妙なところ。そこらへんは母父ディープインパクトの柔らかさでどれだけカバーできるかといったところか。

 

第8位 レイデオロ

血統(父) キングカメハメハ
血統(母) ラドラーダ
血統(母父) シンボリクリスエス
調教師 藤沢和雄(美浦)
所有 キャロットファーム
生産 ノーザンファーム

世間的には現時点での牡馬クラシック最有力候補はレイデオロ、っていうことになっている気がするんですが、どうもこの馬は新馬からずーーっとクラシックに関しては疑問な目でしか見れません。といっても、もう3連勝で賞金は確保できたのでアクシデントさえなければ日本ダービーに出走はできるのですが。

何と言ってもこの馬は血統背景が不安。父キングカメハメハはクラシック血統として良いと思うのですが、母父シンボリクリスエスでクラシック路線で活躍できる気がさっぱりしません。あのディープインパクト産駒ですら母父ロベルトでは決め手が生まれず大成は難しい印象(ディーマジェスティもなんだか古馬になって走るかは微妙な気がします)それが父キングカメハメハなんですから一流の決め手があるのかは微妙な印象。

と思うのも、葉牡丹賞とホープフルSが明らかにこの馬向きのレースになったからで、

12.4 – 10.9 – 12.3 – 12.2 – 12.5 – 12.1 – 12.3 – 12.1 – 12.0 – 12.5

12.3 – 11.3 – 12.7 – 12.2 – 12.5 – 12.4 – 11.7 – 11.9 – 12.1 – 11.9

どちらもミドルペースの持続力勝負になってギアチェンジ力が要求されなかったレース。そもそも冬時期の中山コースで行われる特別戦は例年有力馬が揃わない傾向があり、倒してきた相手も果たして強いのか微妙な感じ。

世間的にはダービー候補筆頭であるのならばウチでは評価を下げてみます。

 

第7位 サトノクロニクル

血統(父) ハーツクライ
血統(母) トゥービー
血統(母父) インティカブ
調教師 池江泰寿(栗東)
所有 里見治
生産 ノーザンファーム

2017年世代のクラシック路線の特徴として、リスグラシュー、アドマイヤミヤビ、スワーヴリチャードなど、ハーツクライ産駒の大物がよく出ている印象。それもそのはずで、この世代はワンアンドオンリーやヌーヴォレコルトの活躍を見て配合が決められた世代で、今年はハーツクライ産駒の大物が出る可能性が高そう。

その中でもこのサトノクロニクルは未だ未勝利馬ながら大物である可能性は結構高いと見ている。新馬戦はなかなかにメンバーが揃ったプラチナムバレットのレースで2着。いかにも負け方はリスグラシューやスワーヴリチャードの初戦のそれと同じで、ハーツクライ産駒らしいエンジンのかかりの遅さで差し負けた感じ。エンジンかかってからの伸び脚は圧巻でしたし、次走の未勝利は確勝級で上のクラスでも即通用と見ています。

母父ロベルトという点がちょっと重い気はしますが、合わないだろうディープインパクト産駒でもサトノラーゼンが日本ダービー2着に来たわけですし、少しパワー寄りの血統に変わってより良さが出ないかなという気はしています。

 

第6位 エアウィンザー

血統(父) キングカメハメハ
血統(母) エアメサイア
血統(母父) サンデーサイレンス
調教師 角居勝彦(栗東)
所有 ラッキーフィールド
生産 社台ファーム

2016年の新馬戦が全て終わってみて、前世代のリオンディーズ、マカヒキ、サトノダイヤモンド、スマートオーディン、ロードクエストらのような、新馬戦をみただけでヤバイ馬と思わせるようなレースはほとんどなし。結果的に走破時計も圧巻だったムーヴザワールドの新馬戦がなんだかんだで一番評価できるレースになってしまう感じも。その新馬戦の内容と血統背景からエアウィンザーはクラシックでも中心になれる存在だろう。

全兄がエアスピネルという超良血馬で、武豊騎手の評価は「エアスピネル以上」とのこと。そのエアスピネルも生まれる世代を間違えなければ2冠くらいは取れてよかった馬で、今年の世代ならばこのエアウィンザーはチャンスありと見ます。

未勝利戦は着差少なかったとはいえ、立ち回りが上手いタイプの馬に見えるのでそこまで着差をつけるタイプでもないでしょう。次走は福寿草特別ですが相手にも恵まれた感じあり、そこをきっちりと勝てればトライアルでも主役になるはずです。

 

第5位 カデナ

血統(父) ディープインパクト
血統(母) フレンチリヴィエラ
血統(母父) フレンチデピュティ
調教師 中竹和也(栗東)
所有 グランド牧場
生産 前田幸治

新馬戦2着の内容を見て「重賞級」と新馬戦レビューで評価した馬。ただ、あの頃は本当に世代レベルが低く、その中で相対的に見れば明らかにこの馬は上位という評価だった。生産や厩舎を考えても世代最上位クラスとは考えづらく、素質馬がゴロゴロと出て来ればあっさりと抜かされておかしくないと思っていたが、そんな馬が全く出てこない以上、この馬でもクラシックが狙えるような世代になっている。

配合的には父ディープインパクト×母父ヴァイスリージェントでディープ産駒の黄金配合。マカヒキやショウナンパンドラと同じ配合の馬で、この配合のディープ産駒はギアチェンジ力に優れるので大舞台でもその決め手を存分に発揮できる印象。

現時点でのこの世代のハイレベルレースは百日草特別と東京スポーツ杯2歳Sの2つであることは間違いなさそうで、その百日草特別で強い競馬を見せているなら世代5位には入れなければいけない馬かなと見ています。

 

第4位 ムーヴザワールド

血統(父) ディープインパクト
血統(母) リッスン
血統(母父) サドラーズウェルズ
調教師 石坂正(栗東)
所有 サンデーレーシング
生産 ノーザンファーム

現時点での世代最上位レベルの新馬戦を制した馬で、血統を見ても明らかに晩成タイプ。初戦も調教を全く動いていない中で勝ってしまったのだから素質は相当あることは間違いない。

ただ、全姉のタッチングスピーチも春シーズンはさっぱりだったように、やはりこの血統は完成度の遅さがネック。古馬になってくれば大成する気はするが、果たして日本ダービーまでに間に合うのかは微妙なところ。

そのタッチングスピーチも牝馬であるから母父サドラーズウェルズの重さが上手く決め手と重なったところがあるが、牡馬となると重すぎて逆に決め手を消してしまわないかという点もネック。

ただ正直なところこの世代は他に有力馬がほとんどいないので、まずこの馬もクラシックの中心になる馬と見て間違いなさそう。ただ、次走のきさらぎ賞はちょっと適性違う気がしているので負ける感じも・・・ここで本賞金が取れないとクラシックに出れるかが微妙。

 

第3位 サトノアーサー

血統(父) ディープインパクト
血統(母) キングスローズ
血統(母父) デインヒル
調教師 池江泰寿(栗東)
所有 里見治
生産 ノーザンファーム

新馬戦を見ても一切の強さを感じなかったが、そこは仕上がり途上でも勝たせてしまったという池江厩舎の凄みというところか。2走目のシクラメン賞でまさしくの一変を見せてクラシック最有力候補に浮上。

ただ、そのシクラメン賞はさすがに相手が弱すぎたのと、極端すぎるレースラップであれだけで強い馬と決めつけるのもどうなのか。

13.4 – 12.2 – 12.8 – 13.4 – 13.5 – 12.0 – 11.4 – 10.8 – 11.3

ラスト3ハロンだけのギアチェンジ勝負で差し有利の阪神芝1800mというのもよかったか。それでもこれだけの決め手を使えるという点で弱い馬であるはずはなく、次走のきさらぎ賞は適性にも合致するのでまず勝てるはず。

問題はそれを勝った後の皐月賞→ダービーで通用するのかということ。イメージとしては同厩舎のトーセンスターダムくらいの馬と見ているので、クラシック本番では厳しい気もしています。

 

第2位 スワーヴリチャード

血統(父) ハーツクライ
血統(母) ピラミマ
血統(母父) アンブライドルズソング
調教師 庄野靖志(栗東)
所有 NICKS
生産 ノーザンファーム

現時点で5月の東京芝2400mで一番強そうなのはこの馬。いかにもハーツクライ産駒の大物という感じで、器用さはあまり感じないが一度エンジンがかかったらどこまでも伸びていくような末脚が印象的。

脚質矯正前のワンアンドオンリーのようなハーツクライっぽい末脚が使える馬で、距離は今使われている1800mが短すぎるくらいで長ければ長いほうが向くはず。

ただ、次走の共同通信杯も東京芝1800mで距離短く差し負ける可能性高そう。そうなると本賞金稼げずに青葉賞に回りそうな匂いがプンプン。厩舎を見てもそんな可能性が高そうですしね。

青葉賞は圧勝するも本番の日本ダービーでは余力なし、というパターンが容易に想像できるので、次走で賞金を稼げなかったら早めにダービー1本に照準を絞って、自己条件の長距離戦で本賞金を稼いで欲しい気はします。まともならダービー最有力はこの馬と見ています。

 

第1位 その馬の名前は人気ブログランキングで公開中!

血統(父) ヴィクトワールピサ
血統(母) ウィストラム
血統(母父) フレンチデピュティ
調教師 小島茂之(美浦)
所有 丸山担
生産 ノーザンファーム

現時点での2017年クラシック最注目馬はにしました。

もともと未勝利を勝った時からカデナと並んで「この世代では最強クラスの馬」と評価していた馬で、とにかくエンジンが入ってからのフットワークの迫力が凄い馬。一瞬のギアチェンジ力も世代最上位だと思いますし、エンジンかかってからの突き放す伸び方もこの世代では抜けている印象。

前走はマイル戦を使われましたが、決してマイラーの走りには見えず、そこまで折り合い面の不安も言われているほどはなさそうな馬。百日草特別の負けはスローすぎるペースと、インが伸びない馬場で通ったコースが悪かっただけでしょう。

陣営はクラシックにこだわらないとのことですが、今年のたいして素質馬のいない世代ならば十分にダービーが狙える馬だと思いますし、次走のスプリングステークスの結果次第では皐月賞→日本ダービーに進むんじゃないかと見ています。賞金も既に確保できていますし、今春の最大の注目馬はこの馬ということにしておきます。

 

<番外編> クラシックではなさそうだがマイルでは強そうな馬

☆アルアイン☆

新馬戦は仕上がり途上で勝利。2戦目の千両賞で明らかに変わり身を見せての勝利。池江厩舎だけにダービー候補はズラリと揃っているので、どうやらマイル路線を進む感じ。乗りやすそうな馬ですし、イメージとしてはアンビシャスのような感じの出世になりそう。

 

☆ズアー☆

ローカル開催の中京での1戦1勝馬ですが、その勝ち方が圧巻だった。社台グループからやたら良い馬を預けられている池添学厩舎で、その経験不足感は不安だが、初戦の内容ならばNHKマイルカップまで突き進んでも。

 

☆サトノアレス☆

この世代の2歳王者だが、お世辞にもその勝ち時計や内容はあまり強いとは思えなかった。かなり反応良いタイプでマイルがベストに見え、恐らくは皐月賞トライアルで距離の限界が出てNHKマイルカップに進んでいきそうな印象。里見さんもクラシック路線にはサトノアーサーとサトノクロニクルがいますし、藤沢厩舎もレイデオロがいるので途中からマイル路線になる気がしますが。

 

☆ブレスジャーニー☆

現時点で重賞2勝でこの世代では最強クラスであるということは間違いなさそう。ただ、血統が血統なのとあまりにもキレすぎるので距離に限界はある印象。次走は弥生賞とのことですが、さすがにクラシック路線では厳しいんじゃないかなと見ています。春頃には良血のディープやキンカメに成長力であっさり抜かされそう。

 

<おまけ>古馬戦線の展望 part1

今日は牡馬クラシックの展望を行いましたが、明日は牝馬クラシックについても書いてみます。

一応のおまけということで古馬戦線に関しても書いておきましょうか、今日はダート路線と芝マイルについて。明日は芝中距離戦線と芝短距離戦線についてを簡単に展望してみます。

 

古馬ダート路線

チャンピオンズカップと東京大賞典の予想考察時にも書きましたが、今のダート界は絶対的な存在がいない低迷期。ノンコノユメやサウンドトゥルーは相手関係に恵まれて今まで活躍できていた感じで、コパノリッキーもこれだけの癖馬ですから安定的な成績は望めなそう。恐らくはこれらの馬の時代は終わっていくと思います。

一応の中心はアウォーディーと見て良いはず。7歳馬になりますがヘヴンリーソングの家系は晩成傾向強そうですし、今年も一応の中心としてダート路線では上位争いをしてきそう。ただダート界低迷期の王者ですので、上位争いはできても今年はGIを勝てるかは微妙なところです。

恐らくは2017年のダート界は新興勢力が一気に勢力図を塗り替えていくはず。そうなると真っ先に思い浮かぶのが明け4歳馬の存在でしょうが、それよりも先にダート界でトップになりそうなのが昨秋のシリウスステークスの上位3頭でしょう。昨秋のシリウスステークスは近年のレースの中でも桁違いにレベルが高かった印象。

12.6 – 23.9 – 35.3 – 48.2 – 60.5 – 73.0 – 85.3 – 97.4 – 109.2 – 121.7 (35.3-36.4)

レースラップを見ても1800m通過が1:49:2という時計で、ざっくり計算ですが阪神ダート1800mを1:49:2で走っているようなもの。芝スタートとかそういうものを置いておいても阪神ダート1800mを1分49秒台で走れる馬なんて強くないわけがなく、オープンで無双しているミツバが突き放されたのも上位3頭が強すぎたから、という可能性が高そう。

その上位馬であるマスクゾロピオネロアポロケンタッキーの3頭がまず2017年のダート界の中心として考えています。ただ、マスクゾロが脚元の不安がどうかという点、そしてアポロケンタッキーが2000m以下の距離に不安が残る点を考えると、2017年のダート界の最有力候補はピオネロなんじゃないかと見ています。復帰戦の東海ステークスの走りは期待して見てみたいです。

シリウスステークス組以外ではもちろん明け4歳馬の台頭は間違いなくあるはず。ゴールドドリームは東京ダート専用機な感じがあるので、明け4歳馬の中心はケイティブレイブグレンツェントの2頭で良さそう。どちらもコース形態問わずに安定的に走れそうなタイプなので長くダート界の頂点に君臨してもおかしくありません。特にケイティブレイブは使われ方がいかにもホッコータルマエに似ていて好感を感じます。

 

古馬芝マイル路線

もうこの路線はウオッカ引退以降、ほとんどスターのいない低レベル路線。ここ2年ほどはようやくモーリスという大物が出ましたが、そのモーリスも最後はマイル路線ではなく中距離路線に行ってしまいましたし、昨年末で引退してしまいました。2017年もこの路線はとんでもない大混戦の路線になると見ていいでしょう。

そんなマイル路線で最有力と言えるのが明け4歳のエアスピネルでしょう。陣営コメントを見る感じでは春の最大目標は安田記念とのこと。初戦の京都金杯こそ枠順で全てが決まってしまうレースなので勝ちきれるかは微妙ですが、明け4歳馬の世代レベルを考えてもこの馬がマイル路線に乗り込んできたら太刀打ちできる馬はいなそう。

レベルが低い路線だけにイスラボニータも極端な衰えさえなければなんとかなってしまう可能性は高そう。ルメール騎乗後は一切崩れていませんし、フジキセキ産駒は意外に長持ちして走る印象もあるので今年も中心でしょう。

他が全くいない路線だけにもちろんミッキーアイルもこの路線の中心か。ただ、そろそろ衰えが見えそうな年齢でもあるだけに、全幅の信頼は怖い。

ロードクエストあたりはマツリダゴッホ産駒の早熟説が濃厚で、ダノンプラチナは今年も順調に使えないで終わりそう。ガリバルディも脚質が極端すぎて大レースで活躍できる感じもあまりしませんし、本当にこの路線はいませんね。

上がり馬も大していない感じですが、唯一挙げられるとすればブラックムーンでしょうか。この馬はガリバルディと違って位置も取れそうなので、好位からあの末脚を使えるようになれば重賞で戦えても良い気はします。

 

今日のところはここまで!

明日は牝馬クラシックの展望を書いてみようと思います。

明日は新年一発目の地方重賞=報知オールスターカップ(新年一発目なので全体公開予定)の予想もあるよ!

お楽しみに。
【PR】二桁人気馬の激走情報をお届けするサイト

こんにちは。島田です。

今回は元JRA騎手の大塚栄三郎さんが、本物の「金になる極秘情報」を無料で公開するサイトをPRします。

 

このサイト、二桁人気馬の激走情報を入手し、

安定的に高配当馬券の的中をお届けすることを使命としているんです。

というのも一般競馬ファンが接点を持つ事など許されるはずもない

関係者各位からの貴重な情報を手にすることが出来るからこそ高配当馬券の的中をお届けすることが可能なんです!

 

これってめちゃめちゃ凄いことじゃないですか?

まず桁違いの配当を手に出来る大チャンスだと思ったほうがいいです!

では最近の的中実績を見ておきましょう。

 

【最近の的中実績】

————————————————————

2016年12月25日
阪神09R/江坂特別
3連単/03-06-05 4点/各2500円投資で
109万9500円獲得

————————————————————

2016年12月25日
阪神05R/2歳新馬
3連単/06-05-10 8点/各1000円投資で
192万9700円獲得

————————————————————

2016年12月24日
中山12R/3歳以上500万下
3連単/07-09-11 3点/各3000円投資
108万4200円獲得

————————————————————

いかがでしょうか?

こんな配当普通じゃとれませんよ、、、

 

3連単でもこれだけ点数を絞っているからこそ

当たった時の払い戻しがとんでもなくデカいんです。

さすがは関係者の裏の情報ですよね!

 

そしてなんと今週は金杯の情報を無料で公開されるみたいですよ。

これは大注目です。

 

メールアドレスのみで無料登録可能なサイトとなっておりますので

よかったら今回を期に登録してみては?

無料登録して早速情報を受け取る

関連記事

ハービンジャー産駒への新たな考察

体調がだいぶ良くなってきたのですが、まだ外出するとフラフラするので家で本を読みながら仕事しつつ、回復

記事を読む

メルマガサンプル 11月の配信スケジュール

やっと解決しました・・・いやはやメルマガシステムを使わずにサンプル配信期間はわたくしKAZのアナログ

記事を読む

マリーンカップの注目馬とその他もろもろの雑記

木曜時点で週末の重賞のネタが尽きかけたので、もろもろの雑記を書きつつマリーンカップの注目馬なんかも書

記事を読む

今週末の注目馬紹介〜こんな時期だからこそ心に余裕を持ちたいものです

さて、もう今週も金曜日になりました。今週も土日の競馬がやってきますね!(アイキャッチ画像は特に意味も

記事を読む

フルーキー凡走について思うこと

忘れていました。全レース予想の振り返り、ちゃんと今週もやります。   阪神競馬場

記事を読む

有馬記念の登録馬が発表!

有馬記念の登録馬がついに発表。本日は中山競馬場を訪れましたが、すでに有馬記念の準備が進みつつあり、日

記事を読む

謹賀新年!2021年のブログ変更点&メルマガお年玉企画のお知らせ

あけましておめでとうございます!   みなさま、よい新年を迎えられましたでしょ

記事を読む

お年玉企画入手のラストチャンス〜梅花賞の注目馬紹介

2018年の新春メルマガお年玉企画も期限まであと少し。1月の中央競馬開催も今週末が最後になりますし、

記事を読む

ダービー候補に新星登場!!

日本ダービーというと誰しもがサトノクラウンかリアルスティールの名前を挙げる今日この頃。 ただ先

記事を読む

若駒S的中のお話と最終レースのことなど

今日一番の勝負レースとして勝負度Bとし、個人的にも今日の投資のほとんどぶちこんだわけですが、、、

記事を読む

夏休みなので「競馬場徹底攻略ガイド」のプレゼント企画をやります!

※昨日のブリーダーズゴールドカップは簡単に予想はしておりまして、結果的

【札幌記念2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

札幌記念2022(札幌芝2000m)の考察です。 8月21日に札

8月2週のレース回顧〜やはりコースの特徴を知ることは大事〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

クラスターカップ2022の予想を公開!

クラスターカップ2022(盛岡ダート1200m)の予想です。 8

ジャックルマロワ賞2022の予想を公開!

ジャックルマロワ賞2022(ドーヴィル芝1600m)の予想です。

小倉記念2022の予想を公開!

小倉記念2022(小倉芝2000m)の予想です。 8月14日に小

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑