*

2017年の競馬界を騒がせる馬は?-牝馬クラシック編-

公開日: : 最終更新日:2017/01/04 雑記

あけましておめでとうございます。

2017年になりました。今年もよろしくお願いいたします。

昨日は牡馬のクラシック候補を挙げましたが、今日は牝馬のクラシック候補を挙げてみようかなと思っています。

sponsored link

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第66回 中山金杯(G3)
第55回 京都金杯(G3)

本物の情報で馬券を獲りたい方は必見
金杯【お年玉馬券情報】を無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

『一年の計は元旦にあり』ということわざがあるように、競馬界でも初日となる1月5日は特別な1日と言っていい。東西金杯は無論のこと、新年早々、勝ち星を挙げることができれば、誰しもが『縁起がいい』と思うもの。特に、本業を持っている馬主には縁起を担ぐ人間も少なくないので、厩舎とすればココで結果を出しておけばスポンサーである馬主に対してい大きな点数稼ぎができるのだ。

しかし、こうした馬主が絡んだ話は機密性の高い情報であり、一般ファンが知る方法はほとんどない。だが、弊社シンクタンクは世間に出回らない関係者の本音や裏話を聞くことができる情報ルートを擁しており、毎年、高配当馬券に繋がる『お年玉馬券情報』を入手している。

事実、2016年も初日の中山8Rにて、お年玉情報馬ドリームドルチェ(4番人気1着)から3万0640円の万馬券的中をお伝えしている。もちろん、今年も同様の馬券を狙い撃てるくらいの『お年玉馬券情報』を入手済みだ。

なんと今年は特別も特別、この『お年玉馬券情報』を初めて弊社の情報を聞いて頂く方に限り、特別無料公開する。新年のお年玉をゲットするチャンスを見逃さないで頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第66回 中山金杯(G3)
第55回 京都金杯(G3)

本物の情報で馬券を獲りたい方は必見
金杯【お年玉馬券情報】を無料公開!

ココをクリック!

 

メルマガはお年玉企画キャンペーン実施中!

おかげさまで業界最大手のレジまぐ様のランキングでも最上位となっております当ブログ運営のメルマガ「競馬をビジネスにする」では、今年も新年のお年玉企画を実施します!

2016年の全レース分析データ完全版をプレゼント

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

毎週水曜日にメルマガで配信しております「全レース分析データ」

前週の土日に行われた全てのレースの回顧をエクセルファイルにて配信しているものです。1年間1週も欠かさずに全コースで配信してきましたが、1年も経つとビッグデータとして非常に大きな価値を持ってきます。

クラス別の走破時計、レースラップ、タイムランクなどがひと目でわかりますし、全てのレースに筆者のレース回顧コメント付き。ここまで徹底した毎週のレース回顧は当メルマガだけかと思います。

その全レース分析データの2016年全コース分完全版をお年玉企画としてドドンと配信します!

この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

配布開始は2017年1月3日からを予定。およそ1週間程度の期間限定でお年玉企画を配布させていただこうと考えております。メルマガ購読をご検討の方は是非とも1年で最もお得な1月初旬の開始をオススメします。

 

<ご登録はコチラから>

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

2017年の競馬界展望

今日は昨日に引き続き今年の競馬界のそれぞれの路線でどんな馬が活躍しそうか、というのをざーっと見ていこうと思います。

明日には報知オールスターカップが川崎競馬場で行われます。その予想は今夜にでもサイトにて全体公開で配信しますので、そちらの方もお楽しみに。

というわけで、今年も早速まいりましょう!



牝馬クラシック路線

箇条書きで馬の名前を挙げていくのも整理がつかないので、牡馬と牝馬のクラシック路線に関してはランキング形式で挙げて行ってみます。

 

第10位 カラクレナイ

血統(父) ローエングリン
血統(母) バーニングレッド
血統(母父) アグネスタキオン
調教師 松下武士厩舎
所有 吉田照哉
生産 社台ファーム

こういう血統でもオーナーズで走らせてしまうのが社台の底力か。今まで見たようなローエングリン産駒とは全くイメージの違う馬で、この世代の牝馬でも随一の爆発的な末脚を持っている馬。

ちょっとマイルでは脚が溜まらなそうなイメージがあり、1400mで爆発的な末脚を発揮できるイメージだ。次走はフィリーズレビューということだがそこまでは普通に走ってきそう。

 

第9位 レーヌミノル

血統(父) ダイワメジャー
血統(母) ダイワエンジェル
血統(母父) タイキシャトル
調教師 本田優(栗東)
所有 吉岡實
生産 フジワラファーム

イメージとしては昨年世代のブランボヌールと同じ印象。2歳世代では能力の違いでマイルでもギリギリ走れたが、他馬の成長によってクラシック期ではマイル路線では厳しくなってくる点なんてまさに同じだと思います。

小倉2歳ステークスの圧巻の勝利を見てもスプリントでは頂点を狙える馬なことは間違いなく、春のクラシック路線でさっぱりだったとしても函館スプリントあたりでは軽視しない方が良いタイプかなと見ています。

 

第8位 ミリッサ

血統(父) ダイワメジャー
血統(母) シンハリーズ
血統(母父) サドラーズウェルズ
調教師 石坂正(栗東)
所有 キャロットファーム
生産 ノーザンファーム

初戦の内容だけ見ればまず重賞級。父がディープインパクトからダイワメジャーに変わる事を不安視されていますが、もともとシンハリーズの家系は体質が弱いタイプが多く、その点ではダイワメジャーに変わる事で体質面の強化ができるんじゃないかなぁとも。それにもともとシンハリーズの血統は重い馬に出がちなので、ディープよりもスピード面に特化したダイワメジャーの方が合う気もします。メジャーエンブレムなどを見てもダイワメジャーと母父サドラーの愛称は抜群な感じもしますし。

こうして初戦内容と血統だけを見ればかなり評価できる馬なのですが、いかんせん馬体が小さすぎる印象。どのレースに出ても上位争いしてくる馬だと思いますが、使えるレース数が少ない馬だと思うので、馬体を考えても賞金獲得に失敗した時点でクラシックは夢と終わりそうな感じも。

 

第7位 コロナシオン

血統(父) キングカメハメハ
血統(母) ブエナビスタ
血統(母父) スペシャルウィーク
調教師 池添学(栗東)
所有 サンデーレーシング
生産 ノーザンファーム

新馬戦の内容だけ見ても重賞級の能力はある馬。2戦目の黄菊賞に関しては本来の能力の半分も出していないはずで、あの負けだけで評価を落とす必要はないはずだ。

もう母は歴史的名牝ですしキングカメハメハと母父スペシャルウィークの相性はわかりきっていること。それでいて初戦のインパクトがあれば今年の強い牝馬世代の中でも頂点を狙える素材ですが、いかんせん池添厩舎が不安。

次走はエルフィンステークスということですが、例年そこには素質馬が多数出てくる印象で、そこで本賞金を稼げないとなると一気にクラシック路線から脱落する。

 

第6位 ミスエルテ

血統(父) フランケル
血統(母) ミスエーニョ
血統(母父) プルピット
調教師 池江泰寿(栗東)
所有 サンデーレーシング
生産 ノーザンファーム

朝日杯フューチュリティステークスが終わるまでは歴史的名馬のように騒がれていたが、終わった瞬間に一気にメディアも黙ってしまった印象。まぁロカの時もルージュバックの時もそうですが、派手なレースをした馬は必要以上に騒がれる傾向があり、この世代の被害者はこの馬だったということか。

とは言っても、前走も牡馬相手に4着に走っているわけで、この馬は過大評価されすぎていただけ弱い馬ではないはず。新馬戦もファンタジーステークスも弱い相手に勝利という形だったが、それにしても圧巻の内容であれは弱い馬ではできないはず。

ただ、この馬はいかにも距離面に限界がありそうで、マイルでも少し長い感じ。朝日杯の敗因も距離だった印象は否めず、ここをクリアしない限りは春のクラシックでの活躍は厳しそう。もういっそファンタジーステークスのように後方で溜めに溜めて末脚だけの競馬にした方がいい気はする。

 

第5位 ハナレイムーン

血統(父) ディープインパクト
血統(母) ハウオリ
血統(母父) キングカメハメハ
調教師 掘宣行(美浦)
所有 金子真人ホールディングス
生産 社台ファーム

新馬戦の内容はレースセンスの塊と言っていい非常に優秀な内容。追っても少し反応鈍かった感じは距離延長は可能でしょうし、他の馬との完成度の差を見てもチャンスは桜花賞よりもオークスだろうか。

母父キングカメハメハの産駒はスッと動けない硬い馬になる印象でその点だけがネックだが、新馬戦を見る限りは完成度の高い優秀なディープインパクト産駒の牝馬という感じ。次走次第では一気にクラシックの主役に躍り出てもおかしくない。

 

第4位 アドマイヤミヤビ

血統(父) ハーツクライ
血統(母) レディスキッパー
血統(母父) クロフネ
調教師 友道康夫(栗東)
所有 近藤利一
生産 ノーザンファーム

今までのこの世代のレースの中で最高クラスのメンバーレベルだったのが百日草特別。2着馬のカデナが京都2歳ステークスをあっさりと勝利し、3着馬のアウトライアーズもひいらぎ賞を圧勝したとなればこの馬が弱いはずがない。

牡馬相手に完勝したのに阪神ジュベナイルフィリーズには目もくれず、次走はきさらぎ賞というかなり強気なローテーション。最終的には牝馬クラシックに向かっていくとは思うが、陣営の期待度も相当高いんだろう。

父ハーツクライでその父とも相性の良い母父がダート短距離血統。主戦のルメール騎手がソウルスターリングに奪われてしまいそうなのがネックだが、馬の素質的にはこの世代で牡馬牝馬含めても最上位級と見てよさそうだ。

 

第3位 フローレスマジック

血統(父) ディープインパクト
血統(母) マジックストーム
血統(母父) ストームキャット
調教師 木村哲也(美浦)
所有 サンデーレーシング
生産 ノーザンファーム

全姉ラキシス、全兄サトノアラジンを持つ超良血馬。そのラキシスも開花したのは3歳秋でしたし、サトノアラジンも古馬になってから開花した馬。明け4歳のサトノケンシロウもようやく開花してきた感じですし、この家系は成長が遅い印象。その血統の割には完成度が早く、レースを使われるごとに一気に成長している感じ。

新馬戦では加速体勢に全く入れずの差し負け。その課題を一気に克服して未勝利を圧勝し、アルテミスステークスではリスグラシューとそう差のない競馬ができるまでに成長。

2歳時に3戦を使ったことを考慮して、阪神ジュベナイルを使わずに間隔を開けた点もクラシックを考えれば評価できそうで、間違いなくクイーンCでも主役候補。そのクイーンCでの走りっぷり次第では桜花賞の最有力候補まで浮上しておかしくない。

 

第2位 リスグラシュー

血統(父) ハーツクライ
血統(母) リリサイド
血統(母父) アメリカンポスト
調教師 矢作芳人(栗東)
所有 キャロットファーム
生産 ノーザンファーム

阪神ジュベナイルフィリーズではソウルスターリングに差をつけられての2着だったが、大外枠と出遅れを考えれば見せた能力は同程度。外から差して来れた馬がこの馬だけだった事を考えても、この馬の能力は世代最上位級である事は間違いないはず。

春はチューリップ賞→桜花賞→オークスという王道ローテーションが既に決定済みで、距離も阪神芝1800mで目処が立っている点もプラス。いかにも距離延長は全く問題なさそうな馬で、桜花賞でもまず間違いなく主役候補だろう。

 

第1位 ソウルスターリング

血統(父) フランケル
血統(母) スタセリタ
血統(母父) モンズーン
調教師 藤沢和雄(美浦)
所有 社台レースホース
生産 ノーザンファーム

現時点での2017年クラシック最注目馬はソウルスターリングにしました。

個人的にPOGで指名していた馬で、少しぐらい良い走りをしても過大評価にはしないようにしていましたが、もう阪神ジュベナイルフィリーズの走りを見たらこの馬にケチをつける事は何もないか。

新馬戦こそスタートをもっさりと出て不器用な印象があったが、アイビーSでその点を完璧にクリア。そして阪神ジュベナイルでは逆に器用な馬という印象を与えるようなパーフェクトな勝ちっぷりで世代最強牝馬の称号を得た。

スタート上手く、折合いも完璧で、スッと動ける加速力もあり、その上で世代最高レベルの基礎体力の持ち主。もうこの馬に逆らっても仕方がなさそうなので、春の牝馬クラシックはこの馬を中心に回るとみて良いでしょう。

もともと牝馬のクラシック路線は阪神芝1600mが中心になることもあってか、2歳冬の時点での勢力図がオークスまでずっと続く印象で、今年もソウルスターリングとリスグラシューの2頭がオークスまでの中心になるはず。

父がフランケルで母父がモンズーンという点で、切れ味がどうかとかそういう不安も出されそうですが、時にこういう底力のある重厚な欧州血統はそんなものを超越する怪物を生み出す事あり。この馬もモーリスやテイエムオペラオーのように、重い配合ながらも絶対無敵の強さを持つ大物タイプなんじゃないかと見ています。

 

 

<おまけ>古馬戦線の展望 part2

一応のおまけということで昨日に引き続いて古馬戦線に関しても書いておきましょう。昨日はダート路線と芝マイルについて書きましたが、今日は芝中距離戦線と芝短距離戦線についてを簡単に展望してみます。

 

古馬芝中距離路線

2017年から大阪杯がGIに昇格したことにより、この路線の古馬に春の目標ができました。それにより秋は凱旋門賞を目指す馬でも、春は国内専念というパターンが多く見られそうで、今のところ大阪杯GI昇格はプラスに働きそうな印象です。

この路線はもう有馬記念の結果通りにサトノダイヤモンドキタサンブラックの2強が断然の存在と見てよさそう。どちらもレースセンス抜群な上に現役最強クラスの能力の持ち主、ということで衰え以外に崩れる理由が見当たらず、この2頭が国内GIを走るレースに関しては大荒れは考えられなそう。

ただ、それ以外の3歳牡馬に関しては少し怪しい部分も。ダービー馬マカヒキはおそらく復帰しても強いと思いますが、3歳時の海外遠征はリスクが非常に高いですし、復帰初戦だけは疑ってみたいところ。

もう1頭のディーマジェスティも母父ブライアンズタイムという点がネックで、母父がロベルト系のディープ産駒は古馬になってサッパリになる印象。サトノラーゼンあたりも若駒時はディープの良さが前面に出て決め手を使えていましたが、古馬になるとロベルトの部分が強すぎてさっぱりになりました。どうせ人気先行タイプとなるのであれば少し怪しみたいです。

もうそれらの3強の馬たちよりもレインボーラインミッキーロケットといった馬のほうが古馬になってからは活躍しそうな感じ。

レインボーラインはマイル〜3000mまでオールラウンドにその能力を見せつけた馬。血統的にも牡馬のステイゴールド産駒なら古馬でもやれそうですし、一気に世代最強クラスに君臨しても驚けない。

ミッキーロケットも神戸新聞杯と菊花賞の走りはフロックには思えず、キングカメハメハ産駒は成長期に一気に別馬になるので、ラブリーデイやヤマカツエースのようにいきなり覚醒してもいいか。

明け5、6歳馬はキタサンブラック以外は有力どころがほとんど引退してしまって期待薄の感じはあるが、唯一期待できるとすればアンビシャスか。昨年勝利した大阪杯がGIに昇格しましたし、2000m以下の距離であれば今年こそはGI制覇のチャンスあっていいかも。

 

古馬芝スプリント路線

この路線はマイル以上に今は主役がいない感じ。香港スプリントの結果を見てもロードカナロアの偉大さが再確認されただけで、昨年のGI覇者であるビッグアーサーやレッドファルクスとて大して強い馬とは思えない。

それでも一応の中心はビッグアーサーになるか。香港スプリントはそもそも日本馬は通用しない舞台で、国内の競走馬同士ではなかなか今のスプリント界でこの馬以上の馬はいない。サクラバクシンオー産駒は意外に長持ちするので6歳でもそれなりにはやれるはず。

そこの牙城を揺るがす最有力候補は阪神カップ覇者のシュウジか。その阪神カップは坂コース、荒れ馬場、1400mとこの馬にとってベスト舞台だったとは思えず、得意のスプリント戦に変わって中心的存在になるかも。

新興勢力ではメラグラーナやエイシンスパルタンあたりがGIにも出てくるとは思うが、重賞勝ちはできてもGIを勝てるかは微妙なところ。それよりは6歳にして完成系を迎えた感じがあるネロの方が期待できそうな感じはある。

ただ、本当にこの路線は手薄なので、未知の勢力が一気に勢力図を塗り替えそうな感じも。ブランボヌールあたりは馬体の小ささが不安も、スプリント性能で一気に勢力図をひっくり返していいはず。

秋になればレーヌミノルモンドキャンノは明らかにスプリント向きの馬と思われるだけに、3歳勢が一気に台頭してきてもおかしくないはずだ。

 

今日のところはここまで!

明日は牝馬クラシックの展望を書いてみようと思います。

明日は新年一発目の地方重賞=報知オールスターカップ(新年一発目なので全体公開予定)の予想もあるよ!

お楽しみに。
【PR】二桁人気馬の激走情報をお届けするサイト

こんにちは。島田です。

今回は元JRA騎手の大塚栄三郎さんが、本物の「金になる極秘情報」を無料で公開するサイトをPRします。

 

このサイト、二桁人気馬の激走情報を入手し、

安定的に高配当馬券の的中をお届けすることを使命としているんです。

というのも一般競馬ファンが接点を持つ事など許されるはずもない

関係者各位からの貴重な情報を手にすることが出来るからこそ高配当馬券の的中をお届けすることが可能なんです!

 

これってめちゃめちゃ凄いことじゃないですか?

まず桁違いの配当を手に出来る大チャンスだと思ったほうがいいです!

では最近の的中実績を見ておきましょう。

 

【最近の的中実績】

————————————————————

2016年12月25日
阪神09R/江坂特別
3連単/03-06-05 4点/各2500円投資で
109万9500円獲得

————————————————————

2016年12月25日
阪神05R/2歳新馬
3連単/06-05-10 8点/各1000円投資で
192万9700円獲得

————————————————————

2016年12月24日
中山12R/3歳以上500万下
3連単/07-09-11 3点/各3000円投資
108万4200円獲得

————————————————————

いかがでしょうか?

こんな配当普通じゃとれませんよ、、、

 

3連単でもこれだけ点数を絞っているからこそ

当たった時の払い戻しがとんでもなくデカいんです。

さすがは関係者の裏の情報ですよね!

 

そしてなんと今週は金杯の情報を無料で公開されるみたいですよ。

これは大注目です。

 

メールアドレスのみで無料登録可能なサイトとなっておりますので

よかったら今回を期に登録してみては?

無料登録して早速情報を受け取る

関連記事

【10/1(土)】平場・特別ハンティング

10月からは「的中」をもっと重ねて競馬をより楽しんでみませんか!? さて、早いもので今年も10月に

記事を読む

先週のレースで注目の新馬紹介

朝はサッカーを見て、昼はお仕事をして、夜は競馬の分析という生活がここ1週間ほど続いております。

記事を読む

東西ともに超高速馬場、、、こりゃダービーは荒れそうだ

先週から東京と京都の開催が始まったわけですが、まぁ予想はしていましたが、 東西ともに超高速馬場

記事を読む

前走不利を受けた馬を狙う

先週の土曜7Rのダート1400m戦、勝ったのは6番人気のスリーアローという馬でした。 http

記事を読む

ベルモントSの展望やその他の話など

本日はベルモントS2017(ベルモントパーク2400m)の展望などを書いてみます。 日本時間の

記事を読む

メルマガ「競馬をビジネスにする」サンプル配信決定!

メールでも多数のお問い合わせを頂いております、本サイトのメルマガ 『徹底分析メルマガ「競馬を

記事を読む

函館競馬が開幕!コース別の狙い目を教えます

さて、今週末からは函館競馬が開幕します。 今日は函館競馬場で行われる主要コースの狙い目をまとめ

記事を読む

中山記念上位人気の中の危険馬とあとはほとんど雑記

今週末から中山と阪神の開催。この開催の阪神芝は昔は内枠しか来ないんで大好きだったんですが、去年ぐらい

記事を読む

今週末の4重賞の枠順発表後の見解などなど

今週も、ちょっと4重賞全ての枠順記事を書けるほど余裕がないので全て一本にまとめてこちらにてお送りしま

記事を読む

新サイト完全移行とJBC大的中のお知らせ

アメブロの方と並行更新をさせていただいておりました本サイトですが、このたびをもちまして 新サイ

記事を読む

【CBC賞2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

CBC賞2017(中京芝1200m)の考察です。 7月2日に中京

帝王賞2017の予想を公開!

帝王賞2017(大井2000m)の予想です。 6月28日に大井競

【ラジオNIKKEI賞2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

ラジオNIKKEI賞2017(福島芝1800m)の考察です。 7

宝塚記念を終えての雑感と帝王賞の簡単な見解

上半期最後のGI=宝塚記念が終わりました。 単勝1.4倍に支持さ

2017年6月24日の厳選予想 (花のみちS)

2017年6月24日の中央競馬の平場・特別レースからの厳選予想です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑