*

ニュージーランドトロフィー2017の予想を公開!

公開日: : 重賞レース考察・予想

ニュージーランドトロフィー2017(中山芝1600m)の予想です。

4月8日に中山競馬場で開催され発走時刻は15:45です。出走馬はタイセイスターリー、クライムメジャー、ボンセルヴィーソ、ディバインコード、スズカメジャー、ナイトバナレット、スズカメジャーなど16頭を予定。中山競馬場の芝1600mで行われるGII戦です。

 

sponcered link

中山、阪神、福島、すべてを網羅!!
そして桜花賞の◎はこれで決まり!!

最近登場した「うまコラボ」という競馬サイトが利用者急増中とのこと!
何がすごいの?

情報量と的中精度の観点から、さっそく実戦です!
→ http://www.collabo-n.com/



■サイト運営者・重賞予想解説者:北条直人

こんな感じのよくわからないおじさんが運営しているサイトの様だが、

・もっと楽しみたい。
・勝ちたい。
・的中させたい。
・もう一度的中の興奮を味わいたい。
・競馬の相談が出来る頼れる存在が欲しい。

競馬ユーザーなら誰しもが思うこんなことに答える為に、
土日の全レース72レース分、すべての予想を提供している!

じつはすごい人、北条直人!

これはいいですね!
TVでも新聞でも他競馬サイトでもこんなに予想はできないです。
うまコラボだけができる強みと言っていいでしょう!

このすごい数の情報量と予想提供量を目的に利用者が急増しているようです!

 

そして、的中精度!

高的中率をたたきだしてました!
(的中実績も不的中実績もすべて公開しているので、実績は本物の数値)
基準値としてわかりやすく3連単を見ます。一般的に3連単を当てるのは相当難しいもの。どんなサイトを見ても、平均的中率10%と言われています。

 

うまコラボ:3月5日(日)的中率結果
=========================================
単勝:86.1% 複勝:100% 馬連:58.3%
ワイド:88.9% 三連複:33.3%
三連単33.3%

=========================================

 

うまコラボ:3月4日(土)的中率結果
=========================================
単勝:88.9% 複勝:100% 馬連:69.4%
ワイド:91.7% 三連複:44.4%
三連単44.4%

=========================================

市場の3〜4倍の高さの的中率があります。
3回に1回、もしくは2回に1回に近い数字で3連単が的中できる結果です!

 

今週の桜花賞(G1)に至っては、サイト内の北条ブログで週末公開予定との事で間違いなくチェックすべき内容です!

うまコラボは、週末最大36レース分、そして注目重賞レースの予想が無料で見れます。

最初はこの無料でうまコラボを体験して、実績を積んでみるのがいいかもしれませんね!こんなに内容盛りだくさんの競馬サイトは初めてみました。

 

週末全レース72レース分の予想を見るには月額1,980円だけかかります。
馬券代と比較したら微々たるもので財布に優しい金額ですね。

そして無料との違いとして、
少点数、高配当を重視した買い目付きの予想が提供されるとのことで、
数百円数千円の馬券代で、数万円数十万円とういう高配当的中へより近付けますね!

これで今週から3連単は3回に1回的中する予想が入手できます。

これは魅力的!

利用者急増中のうまコラボ!
今週の桜花賞(G1)の◎予想は、無料で公開!
→ http://www.collabo-n.com/


 

ニュージーランドトロフィー 2017 予想

予想の根拠はコチラです

NHKマイルカップのトライアルレースとしての意味合いがあるこのレース。

ただ、そもそもNHKマイルカップ自体が3歳のマイル王者を決めるレースというよりは、クラシックでは足りない馬たちの残念ダービー的なところがあり、3歳のマイル王者を決めるレースとしては機能していない。

その根拠として、近年のNHKマイルカップで上位に好走してくるのは、皐月賞や桜花賞を戦ってきた馬たちばかりで、こうしたマイル路線の重賞から来て順当に走ったのはカレンブラックヒルぐらいしか思いつかない。

 

それぐらいクラシック路線組とマイル路線組には毎年力差がある印象だが、今年に関してはその牡馬クラシック路線自体のレベルがかなり低い。そこからの脱落組がマイル路線に加わることになるのだが、供給元のレベルが低い以上、マイル路線のレベルもそう高くはなく、大混戦のメンバー構成となった。

もともと毎年、二桁人気が絡むような大荒れになりやすいレース。しかも土曜日は雨の影響で稍重〜重馬場でレースが行われることになりそう。どの馬が突っ込んできてもおかしくないレースになりそうで、道悪馬場を味方にして混戦レースで突っ込んでこれる馬を狙ってみたいレースです。

 

 

ニュージーランドトロフィー 2017の印

本命 ◎ジョーストリクトリ

本命は大穴ですがジョーストリクトリの激走に期待したい。

この馬は新馬戦を見た時から感じていましたが、とにかく一瞬の脚に欠けるタイプの馬。最後まで止まらずに伸びてはくるんですが、ギアチェンジ性能がほとんどないので普通のレースでは決め手で負けて上位には走ってくるが馬券内には入れずというレースばかり。

父ジョーカプチーノということでスピード面は問題ないが、半兄がジョースターライトという典型的なスタミナ馬。配合的にギアチェンジ力に欠けるのは仕方がなさそうで、基礎体力はあるだけに、あとは走れる舞台が揃うかどうかという馬だった感じ。

今回は開催後半の中山マイルというただでさえ上がりがかかる舞台ですし、絶好の道悪馬場。一瞬の脚に欠けるこの馬にとって道悪馬場は向くはずですし、枠順も内すぎない3枠6番と絶好のところを引けました。

そしてこの馬にとって良さそうなのは鞍上がシュタルケ騎手に替わること。前述の通り溜めてスパッとキレる馬ではないので、武豊騎手との相性は良くなかったはずで、それよりも位置をとってガシガシ追ってくれるシュタルケ騎手はベストと言っていいはず。

スピードはあるので好位ぐらいの位置は取れるでしょうし、あとは直線で混戦になればこの馬の止まらずに伸びてくるキャラクターが存分に活きる一戦になる気がします。

 

対抗 ◯スズカメジャー

対抗はスズカメジャーにします。

新馬戦を見ただけでは強いかは判断できませんでしたが、前走のフローラルウォーク賞を見る限りこの馬はそれなりの能力はありそう。走破時計自体は大したことないですが、かなりのスローペースを後ろでしっかりと折り合って最後は大外一気で余裕で差し切った内容は評価していいはず。

そもそも今回のメンバーはベスト距離が1400mという馬ばかりで折り合い不安がある馬が多い印象。その中で絶好枠を引いて折り合いに不安がなく競馬できるのはこの馬ぐらいでしょうし、見立て通りならば上位争いになっていいと思います。

 

単穴 ▲ランガディア

三番手はランガディアにしました。

この馬は新馬戦のパフォーマンスを見たときから強いと思っていました。前走は休み明けでかなりメンバー揃った一戦をそつない競馬で勝ったという感じ。新馬戦のような圧巻のパフォーマンスではありませんでしたが、特に欠点ない印象で今のマイル路線なら上位争いできて良さそう。

スタート抜群でレースセンスも良さそうですし、半兄ファントムライトで父がキングカメハメハという血統背景を見ても重い馬場はこなして良さそう。外枠に前へ行く馬が揃ったので、上手くインで脚を溜めて直線で抜け出してくる競馬がしたい。

 

特注 ☆タイセイスターリー

能力面と馬場を考えればタイセイスターリーも上位だろう。

典型的な気難しいマンハッタンカフェ産駒で、前走は内枠を引いてしまったが上手く前へ行く競馬で見せ場十分の4着。前走戦った相手を考えれば今回は一気の相手弱化ですし、揉まれない外枠が引けたのもプラス。

2走前のシンザン記念では道悪馬場でグイグイ伸びて適性を見せていますし、とにかく気難しい面さえ出さなければ上位争いになっていいと思います。

 

△ ボンセルヴィーソ

上位評価にするか最後まで迷ったボンセルヴィーソはここの位置に。

ここ2戦はフロックではなさそうで、安定した先行力と粘り切る持久力が魅力。荒れ馬場も問題なさそうでここでは能力上位な感じはしますが、それなりに先行馬揃った中での大外枠からの先行策となると序盤にエネルギーを使ってしまいそうな感じもします。

 

△ タイムトリップ

タイムトリップは能力と鞍上魅力だが折り合い面が不安。

ジュニアカップで厳しい展開を上位に粘っており、前走も超スローペースを大外一気で差し切ったように、このメンバーに入っても能力は上位と言えそう。ただ、前走は1400mで折り合いを欠くようなところ見せましたし、マイルの外枠で壁が作れなければ不安はあり。ただ、田辺騎手は非常に上手く乗ってくるイメージはあります。

 

△ メイソンジュニア

前走内容が強かったメイソンジュニアは距離をこなせるかが全て。

福島2歳Sを見ても道悪は得意な方でしょうし、前走のファルコンSは先行馬不利な中を一旦先頭に躍り出る強い競馬。

ただ、この馬の父メイソンという種牡馬は母系が典型的なスプリンター血統という馬で、この馬もさすがにマイルは長いんじゃないかという気がする。

 

△ 

今回の最大の穴馬はこれか。年明けぐらいから急激に力をつけてきた印象で、前走はそれなりに先行馬に厳しいペースを粘り切っての3着。今年の牡馬と牝馬のレベルを考えても、牝馬限定戦→牡馬混合戦に変わることがハードルになるとも思えず、昨年もエクラミレネールがこのローテーションで爆穴を開けているので期待してみたいです。

 

△ クライムメジャー

1番人気に支持されているクライムメジャーですが、この馬はマイルでは折り合い難を見せるはず。サウジアラビアRCでもベゴニア賞でも折り合い難を見せており、それでも3着を確保したあたりはさすがですが、混戦となるとその辺があだになりそう。前走も1400mで行きたがる素振りを見せていましたし、外枠で壁が作れなければ危ない人気馬になりそう。

 

△ ナイトバナレット

出遅れ不安と折り合い難あるナイトバナレットは抑えまで。ベストは1400mでしょうし、このレースはとにかく1枠が走らないので期待値はあんまりありません。

 

印まとめ

◎ジョーストリクトリ
◯スズカメジャー
▲ランガディア
☆タイセイスターリー
△ボンセルヴィーソ
△タイムトリップ
△メイソンジュニア
 <穴推奨>
△クライムメジャー
△ナイトバナレット

勝負度D

 

推奨買い目

中央競馬の重賞の買い方に関しましては、メルマガにてのみの公開とさせていただいております。会員様は本日配信しますメルマガにて閲覧ください。

なお、メルマガでは重賞予想の買い目以外の平場の勝負レースも配信しております。ご興味ある方は下記より購読登録をお願いいたします。

 

<ご登録はコチラから>

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

PR
「競馬はビジネスである」様のサイトスペースをお借りしまして、いま一番アツイ情報サイトのご紹介をさせて頂きます。

 

運や勘、競馬新聞や競馬情報情報誌から得られる情報で馬券を購入し、全く的中しないことに疑問を持たれてても時間の「無駄」であることは言うまでも御座いませんが、それでも諦めずに僅かな「夢」に縋りつくのは愚の骨頂で御座います。

競馬は宝くじでは御座いません。決して運に任せるのではなく、あらゆる情報を元に分析し、予想し、「的中」という二文字を掴み獲るものです。その上で会員様へお願い申し上げます…どうか我々に”その役目”をお任せ頂けないでしょうか。

関係者を筆頭に幅広く太いパイプから流れてくる情報は、メディアも注目しない大穴伏兵馬の存在さえも把握することが可能になると言われております。もちろん出走馬の力関係や各陣営の情報も”ざら”であり、それにより高額輩出が想定されるレースを選出することも十分可能であると言われております。

“その道のプロ”の思惑から当サイトの情報は成り立っているのです。予想や偶然に頼り高額輩出が想定されるレースを厳選している訳ではございません。明確な根拠に基ききっちり的中を狙えるレースのみを選定しているからこそ情報として成り立つのです。

私たちSiteでは無料提供の買い目通りに馬券を買うだけで、1週平均50万円の配当を実現します。

“その道のプロの情報”を試して、今週末からは勝ち組になりませんか??

 

<無料登録はコチラから>

↓↓↓

関連記事

阪急杯2017の予想を公開!

阪急杯2017(阪神芝1400m)の考察です。 2月26日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

CBC賞 [2] 上位人気馬の評価 (2)

さて、今日は水曜日ということで、昨日配信できなかったのですが、 メルマガにて全レース分析を配信

記事を読む

レパードS [3] 枠順確定!明暗を探る

既にプレ予想は終わっていて、枠順を見た感じでは両重賞とも「うーーん」といった感じ。ちょっともともとレ

記事を読む

【2016】京成杯オータムハンデ / レース考察(中山芝1600mで行われるGIII戦を徹底考察します)

今日は9/11(日)に行われる京成杯オータムハンデのレース考察を行います。中山芝1600mで行われる

記事を読む

【京都新聞杯2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

京都新聞杯2017(京都芝2200m)の考察です。 5月6日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

新潟2歳S [2] 全頭診断(1)

今日は横浜スタジアムにDeNA×中日の試合を見に行ってきます。 昨日が悪夢のような試合だったの

記事を読む

弥生賞の予想を公開!

さて、いよいよ弥生賞。 おそらくですがシャイニングレイは仕方ない馬だと思うので、少頭数ですから

記事を読む

【2016】函館スプリントS/ レース考察(函館芝1200mで行われるGIII戦を徹底考察します)

今日は6/19(日)に行われる函館スプリントステークスのレース考察を行います。函館芝1200mで行わ

記事を読む

関屋記念 [3] 究極の瞬発力勝負が濃厚

今日はメルマガにて「馬場ウォッチング」を配信予定。 先週までは 札幌=サンデーサイレンス

記事を読む

京都記念 [3] 二頭の先行馬の取捨

最近、英語を使う機会がまた増えまして、ちょっと英語を使うお仕事もしそうなので、自分の退化気味にびっく

記事を読む

【菊花賞2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

菊花賞2017(京都芝3000m)の考察です。 10月22日に京

オクトーバーS2017の予想を公開!

オクトーバーステークス2017(東京芝2000m)の予想です。

秋華賞2017の予想を公開!

秋華賞2017(京都芝2000m)の予想です。 10月15日に京

府中牝馬ステークス2017の予想を公開!

府中牝馬ステークス2017(東京芝1800m)の予想です。 10

【秋華賞2017の予想ヒント】枠順と馬場から見るレース見解

秋華賞2017(京都芝2000m)の考察です。 10月15日に京

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑