*

阪神大賞典2018の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2018/03/18 重賞レース考察・予想

阪神大賞典2018(阪神芝3000m)の予想です。

3月18日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15:35です。出走馬はクリンチャー、アルバート、レインボーライン、サトノクロニクルなど。阪神競馬場の芝3000mで行われるGII戦です。

 

PR【重賞4レース予想】3連単を狙いやすいのは「スプリングS」と「阪神大賞典」

的中に特化した予想。
3月10日(土)三連単・三連複50%、単勝91.7%という高水準の的中率を叩き出しました。

このデータを使って、今週の重賞「フラワーC」「ファルコンS」「スプリングS」「阪神大賞典」をひも解いて行きたいと思います。

無料会員になれば誰でも今週から見れるデータなので、チェックしてみてください。
⇒ こちら

 

各レースの過去4年分をまとめてみました。
このデータで狙いやすいと分かるレースは「スプリングS」「阪神大賞典」です。

過去4年指数上位馬が馬券に絡んでいます。
そして、最も取りたいのは3連単ですよね。

週末までにじっくり研究したいと思いますが、現時点でわかっていることは「スプリングS」「阪神大賞典」共に過去4年1着から3着までスプリングSの2015年1着を除いて【赤文字の指数で馬券決着】している点。ここに注目です。

また、週末4重賞のうち「スプリングS」の予想は、サイト運営者「北条氏のブログ」にて日曜日お昼頃に無料公開されますので楽しみにしてみてください。
⇒ こちら

10日(土)から情報公開となった「超北条ブログ」の詳細、もう見ましたか!?
16日(金)までの限定募集コンテンツです。

内容を見たんですが…本当に凄そうです!
豊富なデータ量を使った予想に北条氏自身が寄り添ってくれるサービスとなるとのこと。今週チェックしないと次の募集はいつになるか…急ぎましょう!

見やすく、豊富なデータを誇る指数サイトはこちら

 

阪神大賞典 2018予想

阪神大賞典の週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

どうやらクリンチャーが断然人気に推されそうな一戦。前走でアルアインとレイデオロを倒して2走前が菊花賞2着ならばその評価も納得か。

ただ、この馬はそれ以前のセントライト記念と日本ダービーは何もできていない馬。ここ2戦は明らかに道悪に恵まれており、今回は高速馬場になってどうか。

とは言っても、もし昨年の皐月賞が終わった後に「来年の阪神大賞典にクリンチャーが出てきたら買いますか?」と聞かれたら玄人の競馬ファンはほぼ100%でYESと答えるはずで、今回なんだか買いたくない雰囲気が漂っているのは今までが完全に穴キャラだったこの馬が断然人気になっているからだろう。

クリンチャーは穴馬として伏兵の立場でこそ良さが出る馬。他のキレる馬より先に仕掛けて持久力勝負に持ち込んでこそという馬で、そういう競馬ができていた藤岡佑介騎手から武豊騎手への乗り替わり。冒険ができない断然の1番人気というのは決してプラスにはうつらない。いくらバテないと言ってもアルバートと近い位置で競馬をしてしまえば相対的にキレ負けするはずで、そう言った意味でクリンチャーは武豊騎手がどう乗るか次第と言える。それでいてここまでの人気ならば中心視はしない方がいいだろう。

 

今回クリンチャーがここまで人気を被っているのは京都記念でアルアインとレイデオロを倒したから。と言っても、アルアインはセントライト記念でも伏兵ミッキースワローにあっさりと倒されていますし、現4歳世代は強い強いと言われていますが、それは上の世代の有力馬がすっぽりいなくなったおかげでの相対的な印象も。

そんな「伏兵にサクッと倒されるキャラのアルアイン」を倒した事でクリンチャーが人気するのであれば、この条件が合いそうな馬の大駆けに期待してみたい。

 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

 

阪神大賞典 2018の印

本命 ◎サトノクロニクル

本命は現4歳世代でも素質は最上位級と見ているサトノクロニクルに期待したい。

この馬は新馬戦2着の走りを見た時から只者ではないと思っていた馬。その新馬戦はスローペースで完全に脚を余した結果となったが、最後に猛然と追い上げて僅差だったのは後に京都新聞杯を勝つプラチナムバレット。相当にレベルが高い新馬戦だった。

その後は未勝利を順当に勝つも、水仙賞は適性条件だったが超スローで差し損ねて2着。京都新聞杯もスローでキレ負けして2着。ラジオNIKKEI賞は合うはずのない小回り1800mで度外視できますし、セントライト記念はスローペースで内枠でスパート遅れの3着、菊花賞はあのカオス馬場ではどうしようもありませんでした。

チャレンジカップは明らかに短い小回り2000mという条件で地力だけで勝ちきった勝利。有馬記念はあの菊花賞を含む秋4戦目で疲弊しやすいハーツクライ産駒では走れなくても頷ける結果でしょう。

このような感じで素質はありながらもまだ適性ベストな条件に一度も使われていないような馬。エンジンのかかりが遅いながらも一旦加速するとどこまでも伸びて行きそうなTHEハーツクライ産駒というイメージの馬で、適性条件や成長過程もシュヴァルグランやスワーヴリチャードにダブらせて良さそう。

そのハーツクライ産駒はギアチェンジ力に欠けるのでとにかく東京と阪神の長丁場でしか大舞台は走れない血統。シュヴァルグランもGI級のポテンシャルを初めて見せつけたのは阪神大賞典でしたし、このサトノクロニクルも自身のポテンシャルをここで初めて大衆に見せつける可能性が高い。

ハーツクライ産駒はとにかく断然人気馬がいる時に伏兵の立場で大仕事をやってのけるケースが多く、今回はクリンチャーという人気馬がいる上での伏兵の立場。いかにも頭まで突き抜ける気がします。

 

対抗 ◯アルバート

対抗はアルバートにします。

2500m以上の距離で折り合って末脚を使わせたら現役最上位級という馬で、阪神大賞典は初参戦になるが舞台適性はまず合っているだろう。前走のステイヤーズステークスを見ても、次走でダイヤモンドステークスを勝つフェイムゲームに圧勝していますし時計も優秀。

福永騎手がなんだかんだで不安視されそうですが、この馬の場合はしっかりと脚を溜めた方が良さそうなので変に動かない福永騎手は手が合うはず。鞍上も阪神大賞典とは相性が良いイメージありますし、ここは無難に上位評価とします。

 

単穴 ▲ムイトオブリガード

三番手は常識的には狙いにくそうですが、この馬の大駆けに期待します。

とにかくこの馬は前走の走破時計とレースラップが超優秀。走破時計は同週に行われた1000万条件よりも0.5秒も速いというもので、その1000万条件を勝ったテーオーフォルテもすぐにオープンに行けるぐらいの実力がある馬。名目上は500万勝ちという立場だが前走内容は1000万を圧勝していてもおかしくないものであった。

そして、その前走のレースラップが阪神大賞典と非常に互換性のありそうな優秀な内容で、、、

12.7 – 11.6 – 12.1 – 12.2 – 12.6 – 13.0 – 13.3 – 12.2 – 11.9 – 11.5 – 11.5 – 11.3 – 11.9 (2:37:8)

序盤から押して行って先行する形で決してテンに楽ではない競馬。途中でラップを緩めたのは1コーナー付近の13.0-13.3の部分だけで、2周目の向こう正面からは再びスパートをかけてラスト5ハロン連続で11秒台を刻んでぶっちぎった。

しかも4コーナーほぼ馬なりで他の先行馬を全て潰してのこのパフォーマンスで最後は余裕十分に流してまだまだ伸びそうな勢い。母シンコウラヴリイという超良血馬で今まではキレ負けしていたところをスタミナ条件で地力勝負させたら一変したという事だろう。

ヤマカツライデンが前半3F=36.0 5F=61.0程度のラップで逃げると想定すれば、前走のこの馬のペースそのままで追走しても2、3番手で同じようなペースで行けるはず。暴論にはなるが前走であと中盤が2ハロン分13.3で緩んだと仮定して、

12.7 – 11.6 – 12.1 – 12.2 – 12.6 – 13.0 – 13.3  – 13.3 – 13.3 – 12.2 – 11.9 – 11.5 – 11.5 – 11.3 – 11.9 (3:04:4)

こんな感じで阪神大賞典の例年の走破時計ぐらいは走れそうな計算になる。もちろん小倉と阪神で比較するのなんて暴論だが、前走のあの余裕の勝ちっぷりならコース替わりを差し引いても対応できて不思議ない。これが本命として狙うのならリスクはあるが、穴馬としてならば十分に狙ってみていい馬ではないだろうか。

 

特注 ☆クリンチャー

前述の通りでクリンチャーは武豊騎手の乗り方次第。

3歳時の皐月賞のパフォーマンスを見ても地力勝負に持ち込んで早めスパートのような形なら良馬場でも相当強いはず。ただ、ここ2戦のように直線で他馬との追い比べのような形になる場合は良馬場では厳しいはずで、阪神芝3000mだとしても相対的にキレ負けする不安が残る(芝とダートで違うがケイティブレイブのようなイメージだ)

今回はキャリアで初の1番人気で藤岡騎手よりも脚を溜めそうな武豊騎手への乗り替わり。評価するとしても全幅の信頼とまではいかない。

 

△ レインボーライン

一見すると毎回速い上がりを使っていて強そうなレインボーラインはこの条件に疑問が残る。馬場も条件も絶好に向きそうだった宝塚記念では3コーナーからのスパートを仕掛けるも途中で脚が上がった。その他のレースは序盤でレースに参加せずに最後方待機している分で最後は伸びてきている感じで、この馬は使える脚が一瞬しかないんだろう。

宝塚記念のように自分から勝ちに行く競馬をしてしまうと阪神の長距離戦では最後に脚が上がってしまいそうで、かといってこの条件で最後方待機で届くのかも微妙。強い可能性もありますが、直線半ばで脚色が周りと同じになっての5着ぐらいがイメージしやすいです。

 

× カレンミロティック

常識的に考えれば10歳馬で厳しそうなカレンミロティックは抑えの抑え。昨秋の京都新聞杯とアルゼンチン共和国杯は厳しい競馬ながら内容は悪くなく、絶好条件のここならば最後の一撃が少しぐらいはあるかもしれない。

 

× ヤマカツライデン

単騎逃げ叶いそうなヤマカツライデンも抑えの抑えまで。オープン昇級後は展開と馬場に恵まれた函館記念の好走のみ。ここも厳しいと思いますが、こういうタイプの逃げ馬はどこかで恵まれて穴を開けるので一応抑えておきます。

 

 

印まとめ

◎サトノクロニクル
◯アルバート
▲ムイトオブリガード<穴推奨>
☆クリンチャー
△レインボーライン
×カレンミロティック
×ヤマカツライデン

勝負度C

 

推奨馬券

このレースの買い方に関しましては、メルマガにてのみの公開とさせていただいております。会員様はメルマガにて閲覧ください。

重賞以外の平場の予想はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

ちなみに現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、早いもので2018年も3月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行3年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】重賞回顧データ配布

ここは以前と変わらず、重賞回顧データを配布します。なるべく月曜中に重賞は回顧をお届けできるようにいたします。

 

【火曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、火曜日の夜にメルマガにて予想を配信しております。

※地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開とする場合がありますのでご了承ください。

 

【水曜日】全レース分析

水曜日には前週に行われた全レース分のデータを配布します。

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルになります。

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

また、エクセルでの全レース分析データの配信と同時に、メルマガ内にて前週の全レースの中で不利を受けたりペースに泣かされたりして次走は狙い目だと思われる馬を多数ピックアップしてお伝えしております。

↓こんな感じ↓

この次走注目馬リストをnetkeibaのMy登録馬に書きいれたり、JRA-VANのMy登録馬に書き込んでおけば、その馬が次に出走してきた時には狙い目が丸わかり!他のファンよりも間違いなく一歩先へ行った予想ができると思います。

 

【木曜日】新馬戦レビュー

木曜日は前週のレースの中でも特に新馬戦だけを抜き出して、そのレースレベルや勝ち馬の将来性についてを配信しております。

↓こんな感じ↓

水曜日に全レースの回顧を配信した上で、新馬戦に関してはここまで細かいレビューを出しています。まず他ではここまでの回顧は出していないでしょう。とにかく競馬を極めたいマニアな方のために新馬もここまでやっちゃいます。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

いまご登録頂ければ本日の回顧号からすぐにお読み頂けますので、是非とも今週分からお試しにお読みいただければと思います。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

関連記事

祝!日本代表ロシアW杯出場決定!新潟記念の危険馬など

祝!日本代表ロシアW杯出場決定!   いやはや、日本代表の試合を見ていましたが

記事を読む

【毎日杯2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

毎日杯2017(阪神芝1800m)の考察です。 3月25日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

京都記念 [3] 二頭の先行馬の取捨

最近、英語を使う機会がまた増えまして、ちょっと英語を使うお仕事もしそうなので、自分の退化気味にびっく

記事を読む

ダービー卿CT2017の予想を公開!

ダービー卿チャレンジトロフィー2017(中山芝1600m)の予想です。 4月1日に中山競馬場で

記事を読む

【クイーンカップ2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

クイーンカップ2018(東京芝1600m)の考察です。 2月12日に東京競馬場で開催され発走時

記事を読む

【2016】フィリーズレビュー / 有力馬考察(キャンディバローズ、アットザシーサイドなどの徹底分析)

今日は3/13(日)に行われるフィリーズレビューのレース考察を行います。阪神芝1400mで行われるG

記事を読む

【プロキオンS2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

プロキオンS2017(中京ダート1400m)の考察です。 7月9日に中京競馬場で開催され発走時

記事を読む

【2016】毎日杯 / 枠順&展開考察(スマートオーディン、ロワアブソリュー等の枠順は如何に)

今日は3/26(土)に行われる毎日杯の枠順&展開考察を行います。阪神芝1800mで行われるG

記事を読む

シルクロードS2017の予想を公開!

シルクロードS2017(京都芝1200m)の予想です。 1月29日に京都競馬場で開催され発走時

記事を読む

チャレンジカップの予想を公開!

今日は比較的買いたい馬が多いですねー。それはなぜかと言うと先週は馬場傾向がわからないので控えめ投資だ

記事を読む

白河特別2018の予想を公開!

白河特別2018(福島芝1200m)の予想です。 7月21日に福

【中京2歳ステークス2018の予想ヒント】過去データやラップなどを分析考察します

中京2歳ステークス2018(中京芝1600m)の考察です。 7月

今週末の新馬戦注目馬とフジロックのことなど

今週末に行われる2018-2019年シーズンの新馬戦の考察です。

【中京記念2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

中京記念2018(中京芝1600m)の考察です。 7月22日に中

【函館2歳ステークス2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

函館2歳ステークス2018(函館芝1200m)の考察です。 7月

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑