*

スプリングステークス2018の予想を公開!

公開日: : 重賞レース考察・予想

スプリングステークス2018(中山芝1800m)の予想です。

3月18日に中山競馬場で開催され発走時刻は15:45です。出走馬はステルヴィオ、ルーカス、エポカドーロ、ゴーフォザサミット、ハッピーグリンなど。中山競馬場の芝1800mで行われるGII戦です。

 

【PR】一撃回収で帯封を連発するサイトをご紹介します!

圧倒的な情報量を武器に、
安定感のある的中+驚異の回収率を実現!

今回紹介するサイトは他のどこのサイトよりも

「帯封馬券」を的中するのに特化した予想を公開しているサイトです。

”帯封馬券とは?”

これは100万超えの配当の馬券になります。

つまりたった1レースで100万超えの配当を的中してやろう!

というコンセプトで予想を提供しているんです。

「そんなこと出来るの?」って思いますよね。笑

しかし、一撃帝王では近走も帯封馬券を含む高額的中を公開しております!

■■■先日の高配当的中■■■

中京09R 4歳上500万
3連単:11-02-01
「289万3400円」炸裂!

その他の的中実績をその目でご確認ください!

その他の的中実績はこちら!

先週も上記のような帯封超えの馬券を連発しているんです!

ではなぜこれだけの実績を残すことが出来るのでしょうか?

それは馬主・生産者側との密接な情報網から得られる

”極秘情報!”

なによりも大切な情報を現場から生で仕入れることができるからこそ

これだけの配当的中できているのだと一撃帝王は言います!

もちろんこれだけでなく確たる予想力が無ければこの結果は得られません。

その結果が、無料情報でも帯超えを達成しているんです。

そして今週の無料情報提供レースは「阪神大賞典」

根岸ステークスにもメディアには乗らない裏情報があるのでしょうか…。

皆さん、このチャンス、絶対に逃してはいけませんよ!

⇒ 無料登録はこちら

 

スプリングステークス 2018予想

スプリングステークスの週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

弥生賞、若葉ステークスが終わり皐月賞への優先出走権を得られるトライアル戦としては最後になったスプリングステークス。

1800mというマイルと2000mをリンクする中間距離で行われる事により、2歳時まではマイル路線を使ってきた馬がクラシックに色気を出して出走して来るケースが多く、スローペースになって前半1000mが61秒台中盤〜62秒程度で流れる事が多いのに対してこちらは前半1000mが60秒程度では毎年流れる。

今年もコスモイグナーツという典型的な逃げ馬がおり、この馬の過去3戦で刻んだレースラップを考えてもまず60秒フラット程度で推移するのは確実か。それを突っつきそうなエポカドーロもおりよほどのスローペースというのは考えにくいだろう。

スプリングステークスはこのようにある程度スピードが要求されるレースになる特性上、ウインブライト、マウントロブソン、キタサンブラック、ロサギガンティア、ロゴタイプなど、自分でスッと動いていけるような機動力があって立ち回りが上手いタイプの馬が好走している傾向。今年は断然人気になりそうなステルヴィオがそれとは真逆なイメージある馬だけに大荒れまで考えて予想を組み立てたい。

 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

 

スプリングステークス 2018の印

本命 ◎エポカドーロ

本命はスピードとレースセンスで抜けている印象のこの馬に期待したい。

新馬戦では3着に負けたが、これは前半1000m=64.4 レース上がり33.7なんていう超スローペースでキレ負けしたのが全て。逃げ切ったタングルウッドはおそらく重賞級の馬でしょうし、この馬も最後はサトノエターナルに差されましたが京都芝1800mのスローからの決め手勝負でディープインパクト産駒にキレ負けするのは仕方なし。恐らく上がり34.2程度がこの馬の使える限界上がりなんだろう。

2戦目の未勝利戦は先手を奪うと圧巻の内容で逃げ切り勝ち。前半3F=36.0 5F=60.3という今回のスプリングSの想定ペースとそこまで変わらないラップで逃げての馬なり圧勝。この時の京都の馬場はかなりタフな馬場で、そんな馬場でミドルペースで逃げてのこの圧勝は相当なスピードと能力がなければできない。

前走も中盤こそ少し緩めたが前半3F=34.7 5F=60.5という流れから馬なりでペースアップして付いてきた先行馬を全て潰すという非常に強い競馬。最後までほぼ追わずのパフォーマンスでしたし、余力十分で加速気味のラップで勝ったこの馬は相当強い。

抜群のスタートの速さと行きっぷりがある馬で、今回もコスモイグナーツに行かせての2番手はほぼ間違いなく取れるはず。初めての直線での急坂が鍵だが、父、母ともに中山で強いパフォーマンスを見せていますし走法も力強いので急坂はこなせるはず。

距離適性も不安で後ろから不器用な競馬しかできなそうなステルヴィオが人気するならば、距離不安なく短縮の恩恵まで受けられる上にレースセンス抜群なこの馬を評価するのは当然と見て本命に推す。

 

対抗 ◯ビッグスモーキー

対抗はビッグスモーキーがこのメンバーの中でも能力上位。

前走が初の芝レースだったが、そのすみれステークスは高速馬場だった事を考慮しても圧巻の走破時計。外を回したにせよ京成杯2着だったコズミックフォースが成す術もなく負けたのは先着した馬がただ強かった可能性が高い。

12.6 – 24.2 – 36.1 – 48.5 – 60.6 – 72.9 – 85.2 – 97.2 – 109.0 – 120.0 – 131.7 (36.1-34.5)

その前走のレースラップも前半3F=36.1 5F=60.6と2200m戦にしては淀みなく流れた格好。このペースに対応できていればスピード負けするとは思えず、400mの距離短縮でもある程度の位置は取れるか。その上で400mの短縮になりますから最後にグイッと伸びてこられる可能性も高い。

ひょっとするとすみれステークスはこの世代での最上位ハイレベル戦の可能性まで考えられますし、前走がフロック視されて人気がまだない今回はこの馬は狙い目に見えます。

 

単穴 ▲バールドバイ

未勝利勝ちからのトライアル挑戦という事で大きな口は叩けないだろうが、バールドバイは普通に上でもやれていい素質はある。

この馬はかなりのハイレベルだったブラストワンピースの新馬戦で最速上がりを使って3着。同じく最速上がりを使ったトラストケンシンが弥生賞でも健闘しましたし、この新馬戦だけを見ても500万で即通用のレベルは示しているように見える。

2戦目の中山芝2000mの未勝利戦ではスローペースをライトカラカゼに後ろから差されるという内容。初戦の内容から考えればライトカラカゼにキレ負けすることは考えづらく、恐らく2戦目の敗因は距離。3戦目で1800mに距離を短縮して最後までグイグイ伸びる非常に強い勝ち方で未勝利を突破した。

ここ3戦の内容を見る限りドバウィ産駒の強いマイラーというイメージの馬で1800mは距離的にギリギリ。2戦目の内容からも中山コースが苦手な可能性はあるが、とにかく前走のパフォーマンスが素晴らしいので人気がないならば穴として期待してみたい。

 

特注 ☆ハッピーグリン

四番手は中山コースが非常に合いそうなハッピーグリンが面白そう。

前走のセントポーリア賞は例年に比べるとメンバーレベルが低く、走破時計も微妙なのであまり評価できなさそうなレース。ただ時計が遅いことに関しては前半スローだったのが全てで、最後は加速ラップをこのハッピーグリンは差し切っていますし強さは見せたレースだっただろう。

父ローエングリン×母父アグネスタキオンという配合を見ても中山コースの鬼という可能性は高そうで、セントポーリア賞の勝負所やコスモス賞での4コーナーでの機動力を見ても中山コースでスーッと上がっていける素質がありそう。今回は一気に相手が強くなりますが、コース適性でそれもカバーできると見ての上位評価で。

 

△ マイネルファンロン

体力面では強調できるマイネルファンロンは距離短縮で位置が取れるかがポイント。

未勝利戦は東京芝2000mを逃げて圧勝。その後の2戦は葉牡丹賞、フリージア賞と、ともに前半がかなりスローなレースを早めスパートで体力を活かしての好走。母父ロージズインメイのステイゴールド産駒ということで決め手には欠けるはずで、こういう体力勝負を挑んでこそというイメージがある馬だ。

そういう競馬を今回もできるかが鍵で、その点で1ハロンの距離短縮は気になる。前走は東京芝2000mで外枠と言ってもスタートはイマイチでしたし、今までは基礎スピードが上位というよりは少頭数で行く馬が少なかったおかげで相対的に位置が取れていた感じ。今回はコスモイグナーツ、エポカドーロなどのスピード馬が引っ張る流れで外枠を引いてしまいましたし、柴田大知騎手はあんまりこういう馬で外枠を引いて押して位置を取るイメージがありません。前目の位置が取れないとキレ負けする予感がします。

 

△  カフジバンガード

中山コース自体が合いそうなカフジバンガードだが、良馬場の1800mでは相対的に位置取りと決め手で負けそうな印象。

ここ2戦はどちらもスタートがイマイチで前走は内田騎手がなんとか位置を取ろうと押して行ったが位置を取れずに後方へ。内田騎手はスタートがそこまで上手くありませんし、あの内容から見て今回も位置は中団から後ろになる事が濃厚。

カオスな道悪馬場だった東京の未勝利戦を圧勝した以外はどれも相対的にキレ負けしている感じで、基礎スピードが一線級相手では足りない印象。位置を取ってこうやまき賞のような競馬ができれば別だが、後ろから末脚を活かすような形ではいつもと同じような惜しい競馬で終わるイメージです。

 

△  ステルヴィオ

断然人気濃厚のステルヴィオだが距離延長、中山コース替わりとその両方がどう考えてもマイナスに見える。

確かにここ2戦はハイレベル戦でダノンプレミアムの2着に走ってはいるのだが、最後の最後にレースの大勢が決してから差し遅れ気味に突っ込んできての2着。その内容から距離を伸ばして良さが出るという見方もあるようだが、ロードカナロア産駒は1800m以上の距離での複勝率は一気に下がりますし、この馬とて最も低いパフォーマンスを見せたのは小回り1800mで門別馬相手にギリギリ勝利したコスモス賞だったか。母系の距離適性を見ても延長がプラスになるとは思えない。

純粋にここ2戦は距離適性というよりもズブさを見せていると考えたほうが良さそうで、直線の長い東京コースから阪神コースに替わってダノンプレミアムとの差が広がったのもそれが理由だろう。そこから阪神よりも直線が短く器用さの要求される中山コースに替わってパフォーマンスを上げるとは思えず、1800mでは最後にロードクエストっぽい感じで末脚鈍りそう。能力は間違いなく高いと思うので最後は鬼脚で突っ込んできそうですが3〜5着ぐらいで取りこぼすイメージです。

 

△  ゴーフォザサミット

素質は間違いなく重賞級のゴーフォザサミットだが、一般的なハーツクライ産駒と同様にトモの甘さが目立つ印象で中山替わりは明らかにマイナス。

百日草特別は先行馬不在、東京芝2000mで1枠1番、前半のレースラップが(13.2 – 12.3 – 12.1)とかなりゆったりした流れだった事で位置を取れた感じ。前走の共同通信杯はスタートで出遅れたのもあったが、それ以上に(12.9 – 11.1 – 11.7)と序盤に追走力を要求される展開になった事で置いていかれた感じが否めなかった。

ハーツクライ産駒はほぼ全ての馬が2〜3歳時はトモが緩くて前半に急かす競馬に弱い。一方でゆったり走らせれば最後は素晴らしい末脚が使えるので東京コースで終いを活かせるレースでのみ買うべき。

今回は前回と同じでコスモイグナーツが引っ張るペースを前受けできるとは思えず、恐らく前走と同じような競馬のデジャヴになって終わる。スプリングステークスで過去にハーツクライ産駒が全く活躍していないのも恐らくこんなところが理由だろう。というわけで今回は能力認めてもこれぐらいの評価まで。

 

消  ルーカス

デムーロ騎乗とネームバリューで人気になりそうなルーカスだが、まだ兄と肩を並べるような馬ではないだろう。ホープフルステークスは中間の調教でのアクシデントがあったようだがそれを踏まえてもポテンシャル勝負で完全な力負け。東スポ杯でもハイペースを最後方追走で展開が向きながらカフジバンガードやシャルルマーニュといった伏兵勢とタイム差なしだったわけで、牡馬一線級の中に入れば微妙に見える。

 

印まとめ

◎エポカドーロ
◯ビッグスモーキー <穴推奨>
▲バールドバイ <穴推奨>
☆ハッピーグリン
△マイネルファンロン
△カフジバンガード
△ステルヴィオ
△ゴーフォザサミット

勝負度C

 

推奨馬券

このレースの買い方に関しましては、メルマガにてのみの公開とさせていただいております。会員様はメルマガにて閲覧ください。

重賞以外の平場の予想はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

ちなみに現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、早いもので2018年も3月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行3年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】重賞回顧データ配布

ここは以前と変わらず、重賞回顧データを配布します。なるべく月曜中に重賞は回顧をお届けできるようにいたします。

 

【火曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、火曜日の夜にメルマガにて予想を配信しております。

※地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開とする場合がありますのでご了承ください。

 

【水曜日】全レース分析

水曜日には前週に行われた全レース分のデータを配布します。

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルになります。

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

また、エクセルでの全レース分析データの配信と同時に、メルマガ内にて前週の全レースの中で不利を受けたりペースに泣かされたりして次走は狙い目だと思われる馬を多数ピックアップしてお伝えしております。

↓こんな感じ↓

この次走注目馬リストをnetkeibaのMy登録馬に書きいれたり、JRA-VANのMy登録馬に書き込んでおけば、その馬が次に出走してきた時には狙い目が丸わかり!他のファンよりも間違いなく一歩先へ行った予想ができると思います。

 

【木曜日】新馬戦レビュー

木曜日は前週のレースの中でも特に新馬戦だけを抜き出して、そのレースレベルや勝ち馬の将来性についてを配信しております。

↓こんな感じ↓

水曜日に全レースの回顧を配信した上で、新馬戦に関してはここまで細かいレビューを出しています。まず他ではここまでの回顧は出していないでしょう。とにかく競馬を極めたいマニアな方のために新馬もここまでやっちゃいます。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

いまご登録頂ければ本日の回顧号からすぐにお読み頂けますので、是非とも今週分からお試しにお読みいただければと思います。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

関連記事

【2016】エプソムカップの予想を公開!

今日は6/12(日)に行われるエプソムカップの予想です。東京芝1800mで行われるGIII戦です。

記事を読む

【2016】京成杯オータムハンデ / 有力馬考察(ロードクエスト、ダノンプラチナなどの徹底分析)

今日は9/11(日)に行われる京成杯オータムハンデのレース考察を行います。中山芝1600mで行われる

記事を読む

ラジオNIKKEI賞 [3] 立ち回りの上手い内枠の馬が強い

絶好のカモにしていた東京ダートが終了してしまったので、どこを収入源にするかを検討中。 中京→芝

記事を読む

【2016】北九州記念 / 枠順&展開考察(ベルカント、オウノミチ等の枠順は如何に)

今日は8/21(日)に行われる北九州記念のレース考察を行います。小倉芝1200mで行われるGII戦で

記事を読む

シンザン記念2017の予想を公開!

シンザン記念2017(京都芝1600m)の予想です。 1月8日に京都競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

宝塚記念2017の予想を公開!

宝塚記念2017(阪神芝2200m)の予想です。 6月25日に阪神競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【2016】アイビスサマーダッシュの予想を公開!

今日は7/31(日)に行われるアイビスサマーダッシュの予想です。   【PR】今週

記事を読む

京都新聞杯の予想を公開!

平場が全く狙いたいレースがないので今日は競馬はほぼお休み。 京都新聞杯もバッサリ行こうとしてい

記事を読む

札幌記念 [2] 上位人気馬の総評

先ほど行われたサマーチャンピオンは、、、 1着:◯タガノトネール 2着:◎タガノジンガロ

記事を読む

アンタレスS [4] ローマンレジェンドの不安要素

もうローマンレジェンドの不安要素という記事をここ1年半くらいで書くのが5回目なくらいかと思います。実

記事を読む

12月3週のレース回顧〜朝日杯はやはり牡馬のものだった

さて先月からブログの方できちんとレース回顧を書いています。 重賞

【有馬記念2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

有馬記念2018(中山芝2500m)の考察です。 12月23日に

ディセンバーステークス2018の予想を公開!

ディセンバーステークス2018(中山芝1800m)の予想です。

朝日杯フューチュリティステークス2018の予想を公開!

朝日杯フューチュリティステークス2018(阪神芝1600m)の予想です

ターコイズステークス2018の予想を公開!

ターコイズステークス2018(中山芝1600m)の予想です。 1

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑