*

【2016】京王杯SC/ レース考察(東京芝1400mで行われるGII戦を徹底考察します)

公開日: : 重賞レース考察・予想

今日は5/14(土)に行われる京王杯スプリングカップのレース考察を行います。東京芝1400mで行われるGII戦です。その前に余談を少し。

 

こうしてGIシーズンに突入している一方、Jリーグもファーストステージの優勝争いの佳境に突入しているのですが、4月末には優勝争いに参加していた横浜F・マリノスは急失速。ここ4試合ほどクソ中のクソみたいな試合を繰り替えし、1分3敗という酷い結果。遂には先週日曜はホームで試合をやっているのに見に行かずにNHKマイルカップに行きました。

失点がすべて自分達のミス、という同じデジャヴのような展開を4試合連続繰り返しておりまして、その上で焦って逆転を狙いに行くも、新外国人カイケが全く使い物にならず、中村俊輔が最近はチームメイトのレベルの低さに苛立ちまくっている感じ。

あの大阪のアウェイで見せた気迫と素晴らしい試合内容はなんだったんでしょうか。ここ1ヶ月で別のチームに成り下がりすぎて、4月に「Jリーグ見に行きましょうよ!」と勢いで誘った人たちへの返答に困る次第です。

ひとまずファーストステージはもう何も期待していないので、奇跡的なセカンドステージの巻き返しに少し期待してみます。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

【2016】京王杯SC 予想考察

過去5年のレース傾向

スクリーンショット 2016-05-10 1.45.59

このレースは1年の重賞の中でも一番と言っていいくらい相性の良いレース。2015年は◎サクラゴスペル、2014年は◎エールブリーズ、2013年は◎ガルボで3年連続的中しています。

もともと東京芝1400mという条件がドル箱条件で大得意だったということもあるのですが、比較的傾向がわかりやすくて当てやすいレースだと言えます。ただ、ここ最近は東京芝1400mが傾向が少し変わってきているので難しさは増したかも・・・

基本的に東京芝1400mは直線の長い東京コースにしては前残りが多発するコース。スタート地点が登り坂なのでテンがそこまで早くならず、ぬるま湯ペースのレースになって前が惰性で残るケースがかなり目立ちました。

ただ、ここ1年くらい騎手もそれを意識し始めたのと、馬場の傾向が変わった影響からか、以前よりも芝1600mっぽさが目立つレースが多くなってきています。このレースは中山芝1200mなどで先行できるような馬が狙い目だったんですが、普通に東京芝1600mで差してくる馬でも届いちゃうんですよね。ファンも前有利にだんだん気づいてきた印象で、前に行く馬は過剰に人気する傾向も出てきたと思います。

この京王杯スプリングカップは通常の東京芝1400mよりも若干差しが決まるという傾向のレース。サクラゴスペルのようにある程度の位置につけて惰性で伸びるタイプは有利ですが、逃げてそのまま粘るという馬がそこまで走るイメージはありません。

 

血統傾向

スクリーンショット 2016-05-10 1.49.35

なぜこのレースが当てやすいかと言えば、、、

もうニジンスキーを持っている馬だけ買えばよいからです

過去5年の好走馬を見てもニジンスキーだらけ。こんなにニジンスキーの名前を目にするのはこのレースか七夕賞くらいなものです。昨年のサクラゴスペルも馬キャラ的に合いそうなのとニジンスキー保持が本命の決め手でしたし、一昨年のエールブリーズはこの条件大得意なフジキセキ産駒でニジンスキー保持となれば一目見て本命は決まりました。

ニジンスキー以外ではリファール系がやたら走っていますね。そのリファールのほとんどがダンシングブレーヴの系統ですから、東京芝での持続力が活きるレースということでニジンスキーと同じ役割を担っていそうです。

東京芝1400mに合いそうなキャラの馬を狙いつつ、その馬がニジンスキーもしくはリファール=ダンシングブレーヴを持っていたらベストと言えそうです。

 

レースラップ傾向

スクリーンショット 2016-05-10 12.03.16

昨年はかなりのスローペースになりましたが、基本的にはだらーーっとゴールまで上り坂を登るようなレースラップになります。惰性で走る馬がいかにも走りやすそうなレースですね。昨年はこのレースラップをヴァンセンヌが追い込んできたのは正直驚きです。

今年はメンバーを見渡しても典型的な逃げ馬はいないので、ある程度前々に行ける馬を狙ったほうが良さそうな気はします。

 

レース傾向まとめ

今日のところはこの辺りにしておきます。出走メンバーはこんな感じ。

スクリーンショット 2016-05-10 12.07.13

まさかまさかのサトノアラジンの参戦。正直、この条件に合う気が1ミリもしないのですが、能力はずば抜けているはずなんで昨年のヴァンセンヌのように能力だけで突っ込んでくる可能性もある気はします。

デムーロ騎乗で人気間違いないロサギガンティア、基本的に人気先行のダッシングブレイズ、連戦連勝のアンタラジー、馬柱が綺麗なエイシンスパルタン、1400mなら明らかに能力上位なオメガヴェンデッタ、休養で立て直しを図ってきたクラリティスカイ、などなどこうしてみてみるとメンバーは揃った格好ですね。

 

現時点で京王杯スプリングカップはこの馬が有力かなぁと思っています。

その馬の名はブログランキングで公開中

 

前走後にメルマガで配信した回顧内容は以下の通り。

「先手を奪っての大楽勝。1000万勝ちを見た時点で重賞級だと思っていたが、この勢いだと安田記念の頃には人気の一角になっているかも。次走重賞でも中心視。」

そのままここは信用してみましょう。恐らくここでも能力上位なはずです。脚質もこのレースに合うでしょう。

 

関連記事

【CBC賞2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

CBC賞2020(阪神芝1200m)の考察です。 7月5日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

【2016】日経新春杯 / レース考察(京都芝2400mで行われるGII戦を徹底考察します)

今日は1/17(土)に行われる日経新春杯のレース考察を行います。京都芝2400mで行われる牝馬限定の

記事を読む

【福島牝馬S2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

福島牝馬S2017(福島芝1800m)の考察です。 4月22日に福島競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【日経新春杯2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

日経新春杯2018(京都芝2400m)の考察です。 1月14日に京都競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【武蔵野ステークス2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

武蔵野ステークス2020(東京ダート1600m)の考察です。 11月14日に東京競馬場で開催さ

記事を読む

小倉2歳ステークス2018の予想を公開!

小倉2歳ステークス2018(小倉芝1200m)の予想です。 9月2日に小倉競馬場で開催され発走

記事を読む

中山記念 [2] セオリー通りの中山巧者を狙え

すみません、ちょいとバタバタしておりましてメルマガの全レース分析データがまだ配信できておりません。な

記事を読む

【弥生賞2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

弥生賞2017(中山芝2000m)の考察です。 3月5日に中山競馬場で開催され発走時刻は15:

記事を読む

【2016】ラジオNIKKEI賞 / 枠順&展開考察(ブラックスピネル、アーバンキッド等の枠順は如何に)

今日は7/3(日)に行われるラジオNIKKEI賞のレース考察を行います。福島芝1800mで行われるG

記事を読む

【2016】京都記念 / 有力馬考察(レーヴミストラル、ヤマカツエースなどの徹底分析)

今日は2/14(日)に行われる京都記念のレース考察を行います。京都芝2200mで行われるGIII戦で

記事を読む

【根岸ステークス2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

根岸ステークス2021(東京ダート1400m)の考察です。 1月

【シルクロードステークス2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

シルクロードステークス2021(中京芝1200m)の考察です。

川崎記念2021の予想を公開!

川崎記念2021(川崎ダート2100m)の予想です。 1月27日

1月3週のレース回顧〜久々に雨が降った週末、道悪って懐かしかったですね。

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

AJCC2021の予想を公開!

AJCC2021(中山芝2200m)の予想です。 1月24日に中

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑