*

【2016】阪神大賞典 / レース考察(阪神芝3000mで行われるGII戦を徹底考察します)

公開日: : 重賞レース考察・予想

今日は3/20(日)に行われる阪神大賞典のレース考察を行います。阪神芝3000mで行われるGII戦です。その前に余談を少し。

bn_03_640x113

 

遂に横浜F・マリノスが獲得した待望のストライカー、カイケ選手が来日しました。開幕してから既に3試合が経過していますが、最初の2試合がクソ試合で1分1敗。3節目もかなりのクソ試合を相手の退場を活かしてラッキーゴールでなんとか勝ちました。

ただ今のJリーグって現代競馬のスローペースの多頭数の低レベル重賞みたいなもんで、どのチームも強くないんでごちゃつかないでグイッと抜け出せる少しの瞬発力があれば上位争いできちゃったりするんですよね。その瞬発力部分としてカイケ選手の獲得は非常に大きい。プレースタイルはニュースを見る感じでは、、、

 

「カイケのプレーの特長は、スピードを生かした裏への飛び出しとゴール前での落ち着いたプレーだ。相手の背後にうまくポジションを取り、隙を見ては何度も飛び出し、相手DFの脅威となり続ける。GKと1対1のシーンでは、足裏を使ったプレーで相手を抜き去るなど、ゴール前での落ち着きも持ち味だ。身長は182センチと決して長身ではないが、打点の高いヘディングも日本では大きな武器となるだろう。

おそらく横浜FMでは、ワントップの位置に入ることが予想される。中村俊輔という日本屈指の司令塔がいるチームで、彼の得意とする裏へ抜け出すプレーは数多く見られることとなるはずだ。そして、下部組織時代からセットプレーのキッカー務めていたこともあり、高精度な右足でのFKにも注目だ。ペナルティエリア付近はもちろんのこと、長距離からの弾丸FKも得意とする。左の中村俊輔に対し、右のカイケという選択肢が増えたこととなった。また、アジアには初挑戦となるが、海外でのプレーを経験していることもプラス材料となるだろう。」(引用元 SOCCER KING)

 

という感じらしい。もう、まさしくマリノスに欠けていたものです。積極的な裏への抜け出しで相手のディフェンスラインを下げてもらって、中村俊輔と斎藤学が自由にプレーできれば選手の質はリーグトップレベルのものがありますし、一気に優勝争いに加わっても不思議なさそう。

既にメディカルチェックは終わって練習に参加とのことなので、もしかすると今週末から試合に出たりして???競馬もクラシックが楽しみですが、サッカーの方も非常に楽しみになってきそうですね。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

【2016】阪神大賞典 予想考察

過去5年のレース傾向

スクリーンショット 2016-03-14 20.51.02

このレースの出馬表にゴールドシップの名前がないとなんだか寂しくなりますねぇ。去年は阪神競馬場で生で3連覇を見届けました。ちょうど知り合いのゴールドシップ大好き女子が関東からわざわざこのレースを見に来ていたので、共に3連覇を見届けてそのまま梅田のガード下の立ち飲み屋で打ち上げをした記憶があります。

阪神大賞典と言えば、その距離からも見てとれるように天皇賞(春)の最重要トライアルレースという位置付けでした。ただ、長距離レースの需要が低下し、どの馬もドバイやオーストラリアを目指すようになった現代では、あんまり重要なステップレースとは捉えられなくなってきている印象です。

それでもここ4年はゴールドシップ、オルフェーヴルなどが出てきてくれているおかげでレベルは保たれている印象。今年は有馬記念ウィナーのゴールドアクターあたりが出てきてくれたらもっと盛り上がったと思うんですが、ちょっとここ数年に比べてレベルは落ちているかなぁという印象です。

長距離重賞ということもあって、コスモメドウやナムラクレセント、デスペラード、フォゲッタブル、バンデといった、ベタなステイヤーが良く走ります。というのも阪神の坂を2回登ることになるので、あんまり中距離タイプの馬が走れちゃったというレースにはなりにくい気がします。今年もベタなステイヤーを買えばいいんじゃないでしょうか。

 

血統傾向

スクリーンショット 2016-03-14 21.01.05

この血統傾向を見て「ステイゴールドが良く走っている!!」なんていう人はさすがにいないでしょう。確かにステイゴールド産駒が一番走っていますが、オルフェーヴルとゴールドシップの好走をステイゴールドの血のせいにするのは正しいとは思いません。

その2頭以外の血統を見てみると、良く走っているのはハーツクライ、ダンスインザダーク、ネオユニヴァースなどのスタミナ系サンデーサイレンス。そしてグレイソヴリンの血を持っている馬は良く走っていますね。

今年もスタミナ系サンデーサイレンス及びグレイソヴリンを持つ馬には注目していいんじゃないでしょうか。

 

レースラップ傾向

スクリーンショット 2016-03-14 20.55.08

3000m戦ということで、ギアチェンジ能力だったりスピードは要求されません。とにかくゴールドシップ的な「長く良い脚を使える」馬が強いレース。生半可なスタミナで走れるレースではありません。

今年もベタなスタミナタイプ、スタミナ血統を狙えばいいレースなんじゃないでしょうか。

 

レース傾向まとめ

今日のところはこの辺りにしておきます。出走メンバーはこんな感じ。

スクリーンショット 2016-03-14 20.57.06

一番の注目は菊花賞馬トーホウジャッカルの復帰戦ということでしょうか。

本当に「厩舎力」というのがないと名馬でもこうなってしまうんだなぁと思う凋落ぶり。それでも昨年の宝塚記念で4着に走ったように持っているポテンシャルは凄いものがあると思います。ただ、それを上手く出せるかどうか。

今回は長期休養明けで、netkeibaでは2番人気になっていますが、鞍上がデムーロになることで過剰人気は必至。ひょっとすると1番人気になる可能性もあると思います。ただ、ここを不安と見てシュヴァルグランを信用できるかと言われてもまたそれも違うかなぁという気も。

 

というわけで阪神大賞典は現時点ではこの馬を狙ってみたいと思っています。

その馬の名はブログランキングで公開中

前走は大外枠と極端な道悪が敗因の全てでしょう。あそこまで馬場が悪くなってしまえば能力以上に大敗しても仕方ないです。今回は大してステイヤーっぽい馬がいませんし、今までの好走タイプにも好走血統にも合致。勝つとは全く思っていませんが、2、3着は十分あり得るんじゃないでしょうか。

 

関連記事

オールカマー [3] セントライトとの比較でレースの本質を見極める

さて、神戸新聞杯とオールカマーの予想が終わりつつありますが、まぁ土日の馬場を見て印は変わると思います

記事を読む

毎日王冠 [3] 枠順と馬場と展開と・・・

さて、今日は私の知り合いでブログやっている人が2名ほどサイトリニューアルしたのでそのお知らせをしてあ

記事を読む

京王杯SC [2] 特注血統ニジンスキー

友人から薦められていま「ラブライブ!」を暇な時間に見ているのですが、まさかここまでハマるとは思いませ

記事を読む

京都新聞杯 [3] 枠順発表!明暗を探る

先々週は8番人気のベルウッドケルン、先週は11番人気のローレルウラノスを推奨したメルマガの今週の注目

記事を読む

根岸S [1] SSx欧州NDが好走血統

川崎競馬場は久しぶりに来ましたが、気づけば新スタンドできてから来るのは初めてかもしれません。記憶の中

記事を読む

【キーンランドカップ2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

キーンランドカップ2018(札幌芝1200m)の考察です。 8月26日に札幌競馬場で開催され発

記事を読む

中京新聞杯の予想を公開!

今日は平場が面白そうなので、あんまり重賞で勝負しようとは思いませんでした。ちょっとレベル低すぎですよ

記事を読む

【2016】福島牝馬S / レース考察(福島芝1800mで行われるGIII戦を徹底考察します)

今日は4/23(土)に行われる福島牝馬Sのレース考察を行います。福島芝1800mで行われるGIII戦

記事を読む

ラジオNIKKEI賞 [3] 立ち回りの上手い内枠の馬が強い

絶好のカモにしていた東京ダートが終了してしまったので、どこを収入源にするかを検討中。 中京→芝

記事を読む

中山記念2018の予想を公開!

中山記念2018(中山芝1800m)の予想です。 2月25日に中山競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」】をぜひこの機会にご購読下さい!

こんにちわ!「競馬はビジネスである」主催のKAZです。 今回は私

小倉大賞典2019の予想を公開!

小倉大賞典2019(小倉芝1800m)の予想です。 2月17日に

フェブラリーステークス2019の予想を公開!

フェブラリーステークス2019(東京ダート1600m)の予想です。

京都牝馬ステークス2019の予想を公開!

京都牝馬ステークス2019(京都芝1400m)の予想です。 2月

ダイヤモンドステークス2019の予想を公開!

ダイヤモンドステークス2019(東京芝3400m)の予想です。

【フェブラリーステークス2018の予想ヒント】枠順から見るレース見解

フェブラリーステークス2019(東京ダート1600m)の考察です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑