*

【2016】紫苑Sの予想を公開!

公開日: : 重賞レース考察・予想

今日は9/10(土)に行われる紫苑ステークスの予想です。今年からGIIIに格上げされてメンバーも揃った一戦。秋華賞にも直結するレースになると思うので要注目と言えそうです。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

紫苑ステークス 予想

 

例年「秋華賞には直結しない」と決めつけられている紫苑ステークス。そりゃそうだというのが正直なところで、昨年の紫苑ステークスの1、2着がクインズミラーグロとホワイトエレガンスなのに対して、昨年のローズステークスの1、2着がタッチングスピーチとミッキークイーン。かたや500万をなんとか勝ったくらいのレベルと、かたやGI級の馬となれば格差が出るのは致し方ない。

ただ、今年に関してはそう西高東低の構図にはならなそう。まずオークス3着のビッシュを筆頭に、有力馬もGIIIになったことで紫苑ステークスをステップレースにしてきたこと。そしてヴィブロスやパーシーズベストのような関西馬もローズステークスでなくこちらに出走してきたことがその理由か。データ上は秋華賞では切りでいいレースだが、今年に関してはこのレース組も秋華賞で通用していいはず。

もともとトライアルレースにしてはペースが流れやすい一戦で、2013年の馬場改修によりこの開催の中山芝コースは開幕週が最も差しが決まりやすいというエアレーション馬場に。昨年は開幕週の日曜日に京成杯オータムハンデでフラアンジェリコが最後方から追い込みを決めたように、もうこの開催の中山芝は開幕週といっても先行馬を買っても期待値は低い。素直に決め手ある強い馬から買えばいいだろう。

というわけで、予想の発表。

 

 

本命は◎ヴィブロスが抜けて強いと見ています

年初のクラシック展望で牝馬の横綱として挙げたのがこの馬。それは何も血統だけの話ではなく、未勝利戦のパフォーマンスが圧巻で大物感満載だったのがその理由。ただ、春は使いたかったクイーンCに使えず、チューリップ賞では阪神マイルで不利な逃げの手を打つ羽目になり、完全にリズムが狂ってしまった感じ。まともならチューリップ賞やフラワーCで大敗するような馬ではないでしょうし、春の成績は度外視しても良さそう。

とにかく圧巻だったのは復帰戦の前走の内容。ポンとスタートを出ても一度下げて脚を溜めて、4コーナーは大外を回しながら最後は馬なりでほぼ追わずに突き抜ける大圧勝劇。走破時計自体も悪いものではなく、時計はいくらでも詰まると考えて良さそう。そもそも中京芝2000mは地力が必要なコースで、ここで強い勝ち方ができる馬は素直に強いと評価したほうが良い気もします。

不安は馬体のない馬の長距離輸送になりますが、そのために前走を7月に走って間隔を開けてきたんだと思いますし、前走のパフォーマンスを見ればここでも能力は最上位。恐らく秋華賞ではシンハライト、ジュエラーに続く3番人気に推されているんじゃないでしょうか。

 

対抗は人気ですが◯ビッシュにしました。

新馬戦では圧巻の差し切りを見せて注目馬に挙げた馬。フローラSは最後方から大外ブン回しで届かずという内容でしたが、オークスで早め押し切りの競馬を狙って3着の大健闘。もちろんデムーロ騎手が上手く乗ったというのはありますが、あれは馬の力がなければできない芸当でもありました。

この馬を上位評価にしたのはとにかく本賞金が足りないから。オークス3着ということで本賞金は得られておらず、フローラSも5着なので本賞金が稼げていません。本賞金900万となると今回で権利が取れないと秋華賞への出走は難しそう。馬体小さい馬なので休み明けは逆に良いでしょうし、今の戸崎騎手の調子の良さなら外枠も軽く克服しそうな気はします。

 

三番手は▲パールコードにしました。

人気のディープインパクト産駒が決め手に秀でているとすれば、この馬はとにかく自在性が売りの馬。前へ行って先行力も活かせますし、中団から末脚を活かす競馬もできる印象。フローラSで2着に好走しながらも万全の状態ではないということでオークスを回避したというのも好感が持てますし、普通にここでは能力上位か。

ただ、この馬の場合は本賞金が足りちゃいそうなのが少し評価を下げた要因。本賞金が1950万あるので、実質1000万勝ちと同じ立場。例年1000万勝ちの馬なら秋華賞には出れるので、長距離輸送前のここに万全に仕上げてくるかは疑問。

 

四番手は☆パーシーズベストにしました。

いかにも昨年のタッチングスピーチのようなイメージの馬で、重いタイプのディープインパクト産駒。とにかくズブいが追えば追うほど伸びてくるナタの切れ味タイプの馬で、前走の阪神芝1800mの走破時計は1000万勝ちでもおかしくないレベル。

当初は上がり馬としてこの馬を本命にする予定でしたが、単勝6番人気12倍はちょっと人気しすぎ。柴山騎手も大して信頼を置けませんし、後方一気でスパッとキレるタイプでもないので差し損ねる可能性は十分。

 

戦績を考えればフロンテアクイーンは能力上位の評価で良さそう。ただ、外からズバッと差しが決まるのが今の中山開幕週で、決め手の面で劣るのと内枠で押し込められそうなのは怖い。

 

最大の穴として期待しているのはでしょう。未勝利勝ちは外差し馬場を突き抜けての完勝。前走は超スローペースを差し損ねただけで、パフォーマンス的には勝ち馬と同じだけのものがあるはず。中山開幕週はエアレーション馬場で差しが決まる印象ですし、いかにもこんな血統の差し馬が走るのが紫苑ステークスなのかなという気もします。

 

印まとめ

◎ヴィブロス
◯ビッシュ
▲パールコード
☆パーシーズベスト
△1フロンテアクイーン
△2

 

関連記事

【京成杯オータムハンデ2017の予想ヒント】グランシルク、ダノンプラチナなどの有力馬考察

京成杯オータムハンデ2017(中山芝1600m)の考察です。 9月10日に中山競馬場で開催され

記事を読む

中日新聞杯 [1] 重賞の壁は厚いか

昨日は東海地方引くほど吹雪いておりました。今も若干雪が残っておりますが、どうしていきなりこんなに冬に

記事を読む

京都記念の予想を公開!

なんだかハープスターとキズナを本命にしてはいけない、みたいな雰囲気出ていますよね、京都記念。私は今回

記事を読む

【札幌2歳ステークス2017の予想ヒント】レースラップ比較で見る各馬の能力考察

札幌2歳ステークス2017(札幌芝1800m)の考察です。 9月1日に札幌競馬場で開催され発走

記事を読む

【京王杯2歳ステークス2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

京王杯2歳ステークス2018(東京芝1400m)の考察です。 11月3日に東京競馬場で開催され

記事を読む

小倉大賞典2019の予想を公開!

小倉大賞典2019(小倉芝1800m)の予想です。 2月17日に小倉競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

中山記念2019の予想を公開!

中山記念2019(中山芝1800m)の予想です。 2月24日に中山競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【2016】新潟記念 / レース考察(新潟芝2000mで行われるGIII戦を徹底考察します)

今日は9/4(日)に行われる新潟記念のレース考察を行います。新潟芝2000mで行われるGIII戦です

記事を読む

【中山金杯2019の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

中山金杯2019(中山芝2000m)の考察です。 1月5日に中山競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

アイビスサマーダッシュ [1] なんだかんだ能力が要求されるレース

「週刊ベースボール」っていう雑誌を毎週読んでいるんですが、それの特集が「Bay Dream Come

記事を読む

【東海ステークス2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

東海ステークス2021(中京ダート1800m)の考察です。 1月

TCK女王盃2021の予想を公開!

TCK女王杯2021(大井ダート1800m)の予想です。 1月2

【AJCC2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

AJCC2021(中山芝2200m)の考察です。 1月24日に中

1月2週のレース回顧〜年明けから重賞が難解な結果ばかりで困ります(汗)

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

京成杯2021の予想を公開!

京成杯2021(中山芝2000m)の予想です。 1月17日に中山

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑