*

スワンステークス2017の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2017/10/28 重賞レース考察・予想

スワンステークス2017(京都芝1400m)の予想です。

10月28日に京都競馬場で開催され発走時刻は15:35です。出走馬はレッツゴードンキ、サングレーザー、セイウンコウセイ、ジューヌエコール、カラクレナイなど。京都競馬場の芝1400mで行われるGII戦です。

 

【PR:現在回収率330%を継続中】

まだあなたは競馬で無駄なお金を使いますか?

今回は「裏情報」を駆使して導く規格外の予想を配信するサイトを紹介!

※今なら無料登録で重賞の予想も公開中

↓ 無料登録 ↓

今週の重賞レースの無料予想を今週から受け取る

 

早速ですがまずは先週の的中実績からご覧下さい!

ーー【先週の的中実績】ーーーーーーーーー

10/22 京都8R:なでしこ賞

3連単 08 – 09 – 11(12点勝負/各500円)

回収金額:56,150円

 

10/22 新潟8R:3歳上500万

3連単 11 – 06 – 08(12点勝負/各500円)

回収金額:106,000円

 

10/22 京都11R:菊花賞

3連単 13 – 04 – 14(18点勝負/各300円)

回収金額:1,679,100円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

これは先週の予想提供の的中結果の一部にしか過ぎませんが

毎週回収率1万パーセント付近の当たりを出しています。

 

「OASIS」は今最も勢いに乗っている競馬予想サイトと言ってもいいでしょう。

 

ではなぜこんな大きな馬券を的中させることが出来るのか?

そしてなぜこれだけ多くの方に支持されてきたのか?

理由は3つの大きな武器を持っているからです。

 

【1】競馬業界の中枢との太いパイプライン

過去に競馬業界の中心で活躍したN氏を筆頭に

競馬業界の中枢との太い繋がりがあります。

現在の競馬業界にも「N氏に競馬のいろはを教わった」

という人物も少なくはありません。

 

【2】確かな的中実績と最強馬券師軍団の勝ちへのこだわり

弊社が誇る「最強馬券師軍団」は、

現在記録中の回収率330%の実績にも満足せずに

不的中時のみ購入されたお客様の事も考え

敗因を徹底的に分析し、より高みを目指しています。

 

【3】お客様の目線に立ったソリューションのご提供

お客様のご要望に合った様々なソリューションをご用意。

利益率重視型・確実性重視型など、お客様の状況に応じて

最適なソリューションをご提供しています。

まずはお客様の立場になって第一に考え、

予想をあらゆる視点から提供しているからこそ

これだけの実績を出すことが出来るのです。

 

以下、実際にOASISを利用しているお客様の声になります。

 

そしてここからが本題なのですが、

もちろん有料情報もこれだけ結果を出しているのでオススメなのですが

実は無料情報もとてつもない実績を叩いているんです。

 

特に無料予想で提供される【重賞レースの予想】は

桁違いの的中率と回収率を誇っています。

 

もちろん重賞レースがない日は平場のレース提供もあります。

そんな圧倒的実績を誇るOASISが

今週も「天皇賞秋の予想」をなんと、

無料で公開することが決まっています!

 

※メールアドレスの登録のみで簡単に無料登録できます。

※スマホの場合はQRコードを読み取るだけで簡単に登録できます。

 

この大チャンス逃してはいけませんよ!

 

↓ 無料登録 ↓

今週の重賞レースの無料予想を今週から受け取る

 

スワンステークス 2017 予想

予想の根拠はコチラです

お昼過ぎから雨が降り出す予報の東京競馬場に対して、京都競馬場は朝から雨模様の予報。金曜昼時点で京都芝コースは稍重発表でしたし、週中の雨の影響も残った上での週末突入になりそう。恐らく朝は稍重スタートでそこからメインで重馬場に移行するかどうか、というぐらいでしょうか。

 

先週の菊花賞の直線映像を見ても雨馬場になれば恐らくインは壊滅的な状態になるのは想像に難しくなさそう。京都は東京と違ってコース替わりもありませんし、朝から雨予報となればメインレース頃にはインではなく外が伸びる馬場になるはずだ。

 

そもそもスワンステークスは京都コースのイメージとは違って外枠の好走が目立つ舞台。先行馬でも差し馬でも外枠の方がスムーズに競馬ができる傾向で、過去5年を見ても1〜3枠で好走したのはサトノルパンだけと内枠の好走率の低さが際立っている。

 

2015年は外を回した差し馬3頭のワンツースリー。決してペースは速くなかったがもう外を回した差し馬だけで決着した。

 

2016年は外枠から逃げを打ったエイシンスパルタンだけが逃げ粘り、2〜3着には外を回した差し馬が突っ込んできた。

 

こうして見ても外枠、外差しの馬を狙う妙味が高そうなレース。傾向として外枠有利が見えているのに加えて今年はこの馬場なわけだ。

中長距離戦ならば内枠の馬も外に持ち出すタイミング(菊花賞でのクリンチャーのそれ)がありますが、ワンターンの芝1400m戦となると内枠の馬が外に出すのは大外ブン回し以外ではほぼ不可能。そう考えるとこの馬場のワンターンの芝1400mで外目を通れるのはほぼ間違いなく外枠の馬になると考えていいはずです。

というわけで予想の発表。

 

 

スワンステークス 2017の印

本命 ◎

本命は能力、条件、馬場、枠順、騎手の全てが向きそうなこの馬に期待したい。

もともとレベル高い世代の牝馬クラシックで上位に走れていたように能力はある馬。それでも3勝全てが1400m戦であることを見てもこの馬の距離適性は1400mまで。顕著にその距離適性が見えたのが桜花賞で、直線半ばまでは外から全頭を差し切る勢いで伸びてきたが残り100mでパッタリと脚が止まってしまった。

前走に関しては敗因は距離と展開なのが明白。マイルでも長い馬に1800mは厳しかったはずで、しかもスタート良く出てしまったがために先行策でハイペースに巻き込まれたのも厳しかった。それでも1秒差しか負けておらず、大幅馬体増もあったことを考えれば上々の内容だったと言えるんじゃないだろうか。

今回は絶好の距離短縮に加えて、どう考えても外が伸びそうな馬場で外枠を引けた。メンバーを見渡しても先行馬が多いのでそれなりにペースは流れそうですし、この馬はフィリーズレビューの走りを見てもパワー型のピッチ走法で荒れ馬場は絶好なはず。

前走から距離短縮+脚質も差しに回ることでショックかかるはずですし、荒れ馬場◎の鞍上を背に外から一気に突き抜けるところまで期待したいです。

 

対抗 ◯セイウンコウセイ

馬場と枠順が良さそうなセイウンコウセイが対抗評価。

前走は超スローで揉まれる競馬で何もできずに終了。一連の走りを見ても1200m〜1400mなら能力上位は明らかで、高松宮記念のパフォーマンスを見る限り道悪は鬼でしょう。

当初は良馬場なら嫌う予定でしたが、道悪馬場で外枠を引いたとなると軽視する必要はないか。ただタフ馬場で58kgを背負うとなると絶対視はできないと思います。

 

単穴 ▲レッツゴードンキ

枠順が非常にネックだが、さすがにここではレッツゴードンキの能力と適性が上位か。

京都牝馬ステークスや高松宮記念の内容を見ても、この距離形態では能力抜けている馬でタフ馬場も大得意。今回も中枠〜外枠を引けていれば鉄板だったと思いますが、この枠はインが全く伸びない可能性もあり不安要素はあるだろう。

 

特注 ☆フミノムーン

条件と馬場が絶好に合いそうなフミノムーンは本命まで考えた一頭。

京阪杯やキーンランドカップの内容を見ても時計のかかるタフ馬場でこその馬。前走は開幕週の京都の芝でスローペースではどうしようもなかった。今回は条件、馬場、枠順全てがベストという感じで、普通に上位評価でいいはずだ。

 

△ トーセンデューク <穴推奨>

極端な外差し馬場になればトーセンデュークの出番があっても。

前走も展開が向いたが完璧な競馬で5着。ちょっと良馬場のマイル戦では敷居が高そうで、今回は道悪の外差し馬場の1400m戦でどうかという感じ。全く人気ないなら穴として期待したい。

 

△ ムーンクレスト <穴推奨>

昨年のスワンSの内容を見ればムーンクレストも足りていいはず。

どうも時期的に秋口頃から調子を上げてくる馬な感じで、前走は展開も向いたが調子も上向いていたんだろう。父アドマイヤムーンで母父サドラーズウェルズといういかにも道悪が得意そうな血統で、昨年のスワンステークスは少差の5着。外目をスムーズならば一発あっても驚けないだろう。

 

△ ミスエルテ

距離短縮と外枠が絶好に見えるミスエルテだがそもそもの能力が過大評価な感じも。

新馬戦とフェアリーSのパフォーマンスから怪物と評されていたが、その2戦のメンバーレベルが極端に低かったという感じも。実際の能力は朝日杯FS、桜花賞、NHKマイルカップで見せたぐらいにも思えますし、ここは条件がいろいろ向いてもこれぐらいの評価が妥当。

 

△ ジューヌエコール

能力的には足りていいジューヌエコールだが今回は仕上がりが微妙な感じ。内枠を引いてしまいましたし抑え評価でいいはずだ。

 

△ ヒルノデイバロー

特に切る理由のないヒルノデイバローも抑え評価。四位騎手お得意のインサイドアウトが決まれば突っ込んでこれても。

 

△ サングレーザー

かなり人気を被りそうなサングレーザーだが今回は危険な人気馬だろう。

前走は確かに見た目に強い勝ち方だが走破時計は平凡。スプリント路線ならば重賞でも即通用に見えたが、マイラーもいる1400m戦では敷居が高そう。今の馬場で内枠というのも明らかにマイナスだ。

 

印まとめ


◯セイウンコウセイ
▲レッツゴードンキ
☆フミノムーン <穴推奨>
△トーセンデューク <穴推奨>
△ムーンクレスト <穴推奨>
△ミスエルテ
△ジューヌエコール
△ヒルノデイバロー
△サングレーザー

勝負度C

 

推奨買い目

このレースの買い方に関しましては、メルマガにてのみの公開とさせていただいております。会員様はメルマガにて閲覧ください。

重賞以外の平場の予想はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

<ご登録はコチラから>

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、早いもので2017年もなんと10月になりました。

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を簡単に紹介しましょう。

 

【月曜日】重賞回顧データ配布

【火曜日】競馬力に直結する週間コラム

週1で良いのでコラム的なものを書いて欲しいというリクエストを多数頂きました。火曜日に競馬力に直結する週間コラムを配信させていただこうと思います。取りあえげるテーマ等はリクエスト頂ければ反映します。

【水曜日】全レース分析

水曜日には前週に行われた全レース分のデータを配布します。

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルになります。

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

 

また、エクセルでの全レース分析データの配信と同時に、メルマガ内にて前週の全レースの中で不利を受けたりペースに泣かされたりして次走は狙い目だと思われる馬を多数ピックアップしてお伝えしております。

↓こんな感じ↓

この次走注目馬リストをnetkeibaのMy登録馬に書きいれたり、JRA-VANのMy登録馬に書き込んでおけば、その馬が次に出走してきた時には狙い目が丸わかり!他のファンよりも間違いなく一歩先へ行った予想ができると思います。

【木曜日】新馬戦レビュー

木曜日は前週のレースの中でも特に新馬戦だけを抜き出して、そのレースレベルや勝ち馬の将来性についてを配信しております。

↓こんな感じ↓

水曜日に全レースの回顧を配信した上で、新馬戦に関してはここまで細かいレビューを出しています。まず他ではここまでの回顧は出していないでしょう。とにかく競馬を極めたいマニアな方のために新馬もここまでやっちゃいます。

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。

【不定期】地方競馬の予想

地方競馬の予想はメルマガ限定コンテンツとさせていただきます。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

いまご登録頂ければ本日の回顧号からすぐにお読み頂けますので、是非とも今週分からお試しにお読みいただければと思います。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

 

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

関連記事

【2016】京成杯 / 枠順&展開考察(ウムブルフ、メートルダール等の枠順は如何に)

今日は1/17(日)に行われる京成杯の枠順&展開考察を行います。中山芝2000mで行われるG

記事を読む

【AJCC2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

AJCC2017(中山芝2200m)の考察です。 1月22日に中山競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【小倉2歳ステークス2017の予想ヒント】レースラップ比較で見る各馬の能力考察

小倉2歳ステークス2017(小倉芝1200m)の考察です。 9月3日に小倉競馬場で開催され発走

記事を読む

【函館記念2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

函館記念2017(函館芝2000m)の考察です。 7月16日に函館競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【2016】ターコイズSの予想を公開!

今日は12/17(土)に行われるターコイズステークスの予想です。 【PR】二桁人気馬の激走情報

記事を読む

【2016】東京新聞杯の予想を公開!

【3週連続重賞的中ですよ】 かなり気になっていた予想家「ハンターX」氏の予想を試してみましたよ

記事を読む

【2016】ダイヤモンドS / 有力馬考察(フェイムゲーム、タンタアレグリアなどの徹底分析)

今日は2/21(日)に行われるフェブラリーSのレース考察を行います。東京ダート1600mで行われるG

記事を読む

弥生賞 [4] 人気薄を狙うなら中山実績を重視

今週は2場開催。全レースを復習している身からすると2場開催は非常に助かる。見なきゃいけないレースが7

記事を読む

【2016】ファンタジーS/ レース考察(京都芝1400mで行われるGIII戦を徹底考察します)

今日は11/5(土)に行われるファンタジーステークスのレース考察を行います。京都芝1400mで行われ

記事を読む

【2016】ファルコンSの予想を公開!

今日は3/19(土)に行われるファルコンSの予想です。中京芝1400mで行われるGIII戦です。

記事を読む

宝塚記念含む週末競馬の総括と頑張れ日本代表!セネガル戦

さて、今週も土日の中央競馬が終了いたしました。お疲れ様でした。

パラダイスステークス2018の予想を公開!

パラダイスステークス2018(東京芝1400m)の予想です。 6

宝塚記念2018の予想を公開!

宝塚記念2018(阪神芝2200m)の予想です。 6月24日に阪

大沼ステークス2018の予想を公開!

大沼ステークス2018(函館ダート1700m)の予想です。 6月

今週末の新馬戦注目馬とワールドカップについて少し

今週末に行われる2018-2019年シーズンの新馬戦の考察です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑