*

東京大賞典2018の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2019/01/01 地方レース考察・予想

東京大賞典2018(大井ダート2000m)の予想です。

12月29日に大井競馬場で開催され発走時刻は16:30です。出走馬はゴールドドリーム、ケイティブレイブ、オメガパフューム、エイコーン、サウンドトゥルーなど。大井競馬場のダート2000mで行われるJpnIです。

※すみませんバタバタしており予想配信がギリギリとなりました(汗)東京大賞典はJpnIレースですのでブログにて全体公開となります。

 

[PR] 今なら新規登録してされた方限定で安心の1ヶ月間保証サービス!

ちなみに、先週の最大利益は・・・

1,081,900円です。

乗るか、反るか。それはあなた次第ですが
ここまで当たるサイトというのも正直珍しい。。。

いわゆる「情報サイト」で、怪しい…そんな風に思う方も少なくないでしょう。
しかし今なら新規登録で1ヶ月の保証サービスもあるんです。
これって、いわゆる、自信があるからこそ。

まあそういうことですよね(笑)

先週に関しても最大利益は上記でも上げたとおり100万オーバーの馬券…。

下記のような結果を毎週のように出しているのだから驚きです・・・。

稼げる競馬予想。

本当にこの言葉が似合うサイト「競馬予想ルクリウス」

競馬予想の成功者が自分の味方!そう思うと心強くないですか!?

はっきり言ってこの機会を逃すことほど損な話はないので

今なら1ヶ月の保証がついているわけですから乗ってみるべきですよ。

▼登録は当然無料!こちらから▼

 

東京大賞典 2018予想

予想の根拠

有馬記念とともに日本の年末を彩る東京大賞典。最近こそなかなか大井競馬場へは行けていませんが、以前は毎年のように東京大賞典を見に行っては、スマートファルコンの圧巻の走りやホッコータルマエの盤石の走りに唸らされていました。

そんな強豪たちが去って久しい現代のダート界。以前は東京大賞典は「全く荒れない」ガチガチのレースという印象でしたが、近年はそもそも強い馬がいないおかげでそれなりに荒れるケースも目立っていました。

そんな主役不在時代が長く続いたダート界でしたが、強い3歳勢の筆頭ルヴァンスレーヴという絶対王者が誕生したことによって終焉を迎えそう。これからのダート路線は中央も交流もルヴァンスレーヴが全て勝ち負けをするような時代になりそうで、そうなっていけばガチガチの配当が続きそうだ。

ただ、今回に関してはそのルヴァンスレーヴが不在。となれば話は別なはずで、一応はゴールドドリームとケイティブレイブという両横綱はいるが、まだ穴党の付け入るスキもあるはず。これから続く堅い配当のダート路線の前に残された最後のオアシスのようなレースになるかもしれない。

 

昨年はコパノリッキーが絶妙なペースで逃げての圧勝。一昨年は超スローからの瞬発力勝負をアポロケンタッキーが競り勝った。

その年のメンバーによって展開はガラリと変わるが、今年はおそらく逃げるのはスーパーステション。門別でのレースぶりを見てもそこまでの溜め逃げをするとは思えず、淡々と流れての縦長隊列が濃厚。ルヴァンスレーヴこそいないがそれなりのメンバーは揃った一戦とも見れますが、展開次第で穴が空く可能性も十分にありそう。決して人気通りの決着にはならないだろう。

というわけで予想の発表。

 

 

東京大賞典  2018の印

本命 ◎ケイティブレイブ

本命は前走が全く能力を発揮できていないケイティブレイブが巻き返す。

前走のチャンピオンズカップの敗因は複数あるが、まず言われてる通りの調整ミス。JBCクラシックですでに+10kgだった馬体重が当日輸送で絞れずの+10kg。このおかげで行きっぷりも勝負所の反応も悪かったですし、まずまともな状態ではなかったはず。

加えて最も大きい敗因として挙げられるのが展開と位置取りだろう。この馬は地方交流ダートを得意にしているように、スタミナと先行力が武器の馬。

[JBCクラシック]
7.1 – 11.2 – 11.9 – 12.9 – 12.2 – 11.5 – 11.8 – 12.2 – 12.7 – 13.2 (30.2-38.1)

[チャンピオンズカップ]
12.8 – 11.2 – 13.1 – 12.5 – 12.3 – 12.3 – 12.3 – 11.7 – 11.9 (37.1-35.9)

この2レースのラップを比較しても明らかなように、中盤で捲りが入って終いの上がりがかかったJBCクラシックでは完勝。一方で道中ペースが落ち着いてのほぼ加速ラップの瞬発力勝負になったチャンピオンズカップでは全く伸びて来れず。この馬は昨年のチャンピオンズカップ4着時も今年とさほど変わらない上がり時計しか使えていませんでしたから、本質的に限界上がりが36秒台前半ぐらいなんだろう。

こういった敗因を考えるに、今回は距離が1ハロン伸びてタフな大井コース替わり。超スローだった2年前のアポロケンタッキーでさえ上がりは36.1でしたから、今回はスーパーステションが平均ペースで逃げればまず36秒台後半ぐらいから37秒台ぐらいの上がりで十分に足りるレースになるはず。前回の反省からビシビシ追われていますし、コメントを見ても「この枠なら前へ行く」と先行策を示唆していることからも前走のようになる可能性は低い。

JBCクラシック、日本テレビ盃の完勝。そして帝王賞でのハイペース先行策からのゴールドドリームとの僅差のレース内容を見ても、ルヴァンスレーヴがいないここならば現役最強クラスなのは間違いないはずで、前走から条件が完全に好転するここはまず勝ち負けになると見る。

 

対抗 ◯ゴールドドリーム

対抗はこちらも能力的には抜けているだろうゴールドドリームが強いはず。

さすがに今年は最優秀ダートホースをルヴァンスレーヴに持っていかれるだろうが、それでも早めに動いたフェブラリーステークスで強い2着。今までならまず届いていなかっただろうかしわ記念を勝利。苦手とされていた大井コースを克服して帝王賞1着と、明らかに地力強化が見られる印象。南部杯もルヴァンスレーヴが化け物だっただけでこの馬も2着以下には決定的な着差をつけていますし、特に評価を下げる材料はない。

今回は頓挫明けになりますが、そのチャンピオンズカップ回避も大事をとった程度のものですし全く問題なさそう。最近はそれなりにゲート安定していますし、もう今のルメールさんならこの馬でもそれなりの位置を取って間違いなく勝負になる位置で競馬をしてくるはず。今回は展開面で前につけるケイティブレイブの方が有利と見ましたが、それでも地力最上位級のこの馬とルメールさんのコンビなら最後はまず勝ち負けぐらいまでは持ってきそうだ。

 

単穴 ▲クリソライト

今回、穴として最も期待したいのがこの馬だ。

すでに終わった馬として全く人気がない状況ではあるが、冷静に考えてみると大井コース実績が今回のメンバーの中では最上位級といっていい馬。2走前は休み明けで大外枠で大敗で仕方がないですし、前走に関しては3着ではありますが同じレースを2年前に走った時とパフォーマンスはそう変わっておらず、この馬はおそらく能力はそう落ちてはいない。

昨年の帝王賞はケイティブレイブの追い込みが決まるようなハイペースを2番手追走から3着以下を突き放す強い競馬。陣営コメントを見ても今回は積極策を取るとのことですし、揉まれたくない馬だけにこの枠も絶好。鞍上も大井コースを完全に熟知していて昨年の帝王賞で2着に持ってきた鞍上となれば期待は相当持てるはず。

おそらくはスーパーステションが強気に逃げる展開になるはずだが、それを外めの2番手からがっちりマークで強気に仕掛けて上がり38秒フラットぐらいでまとめられれば、2〜3着なら十分にあり得ると見て穴として期待したい。

 

特注 ☆サウンドトゥルー

冬の時期の大井ダート2000mならばサウンドトゥルーはまだまだやれる。

この馬のキーワードは「冬に走る」という点と「差しの決まりやすいコース、展開でこそ」という事。その2つが当てはまりやすい冬時期の大井ダート2000mの東京大賞典を最も得意としており、過去3年で1着、3着、2着と抜群の成績。

もう8歳馬になったがセン馬なので衰えはそこまでないと思いますし、苦手な夏時期での帝王賞3着やJBCクラシック5着の内容を見てもまだやれていいはず。近年では中央で頭打ちになった馬が南関移籍で調整方法が変わって一気に復活するケースが増えていますし、サウンドトゥルーにとっても南関移籍は良い方向に傾く可能性もあり。ここまでのコース巧者でありながら3歳馬に人気を譲っての5番人気というのはちょっと見くびられすぎな感じがします。

 

△ スーパーステション

さすがに厳しい戦いにはなると思うが、スーパーステションは通用しても驚けないぐらい強いはず。

近走内容を見ても門別競馬の近年の馬の中ではナンバーワンと言って良さそうで、あのオヤコダカよりもこちらの方が上だろう。前走の道営記念の走破時計2:05:3は門別の重いダートを考えれば圧巻のパフォーマンスで、おそらくは大井コースで2分5秒台フラットぐらいで走れるだけの能力は持っているはず。

道営記念で子供扱いしたタービランスはブリリアントカップでリッカルドと少差。ドラゴンエアルはマーキュリーカップで4着だったのを見ても、その1.2秒以上前にこの馬が走っていたならば中央馬の一線級相手でも戦えて不思議がない感じはする。

もちろん今回は大井競馬場への遠征、まだ結果が出ていない大井コースへの対応、そしてクリソライト、ケイティブレイブと言った一線級の馬たちからプレッシャーをかけられる展開など、門別競馬のレースとは比べ物にならないぐらい厳しいレースになるはず。ただ、案外楽なペースで逃げさせてもらえれば時計的には通用の下地があるだけに、ここまで人気ないならば拾ってもいいと見た。

 

△ アポロケンタッキー

さすがに厳しい感じはするが、もう走れるならこれしかないという条件揃ったアポロケンタッキーも抑えておく。

以前から非常に走りどころの難しい馬ではあったが、近走はもう好走レンジにハマらないとさっぱりという馬になってしまった感じ。と言ってもダート馬で6歳で一気に衰えるともあんまり思えず、春にはケイティブレイブとダイオライト記念で接戦の内容で、秋にも日本テレビ盃で2着ならばまだ衰えていると判断するのは早計か。

ズブい上に揉まれると競馬をやめる馬なだけに、スタートから1コーナーまで距離が長くて上がりがかかる大井ダート2000mはベスト条件。大外枠を引けたのも良いですし、とにかく積極的に乗るオイシン・マーフィー騎手もプラス。研究熱心なマーフィー騎手ならば前々で揉まれない競馬で積極的に乗ってくると思いますし、東京大賞典は一昨年に勝利、昨年は内枠で揉まれながらも最後に差し込んできて4着と相性が良い舞台。ここまで人気を落とすなら買ってもいいと見ている。

 

消 オメガパフューム

人気している馬の中ではオメガパフュームをバッサリと切ります。

正直、ジャパンダートダービーの内容を見た段階では、その後のシリウスS1着、JBCクラシック2着、チャンピオンズカップ5着という結果になることは想像もつかなかった馬で、それだけ大井のタフなダートではそこまで強さを見せられないながらも、中央の軽いダートで飛躍的にパフォーマンスを上げてきたという印象が強い馬。

手先が軽く馬体重も450kg程度しかない馬なので、シリウスSのような道悪馬場。平坦コースの京都でハイペースで展開も向いたJBCクラシック。そして終いの瞬発力で最後に差を詰められたチャンピオンズカップのような軽い走りで通用するレースでパフォーマンスを上げたんだろう。

今回はここ3戦とはまるで違う重い大井ダートでのガチンコ勝負。ジャパンダートダービーでも2着とはいえ接戦だったのはグレートタイムやクリスタルシルバー。グレートタイムはその後ほとんど出走していないとはいえ、クリスタルシルバーは南関の古馬トップクラスではありますがその程度のレベルで東京大賞典で勝ち負けになるかといえば疑問な話。

加えてまずミルコやルメールのように位置を取って冒険はしなそうな上に大井コース経験も浅いクリスチャン・デムーロが鞍上というのもマイナスに見えます。後ろから行ってこの馬よりも前にいるだろうケイティブレイブやゴールドドリームを差せるとは思いませんし、同じ位置ぐらいから競馬をしたらコース適性の差でサウンドトゥルーあたりには差し負けると思います。

※失礼、ここは完全な勘違いでした汗 まぁミルコでも切ります。

 

消 エイコーン

ちょっとエイコーンに関してはどう考えても人気しすぎではないだろうか。この馬はもともと未勝利を勝った段階からオープンまで行くと見ていた馬で個人的にも大好きな馬。前走の準オープン勝ちも素晴らしいパフォーマンスでしたし、これがもし次走が佐賀記念あたりならば普通に本命を打った可能性もあったが、さすがに東京大賞典となると厳しい。

前走の花園Sは1:57:8の時計でほぼ同じ馬場差だったJBCクラシックと1秒1差。余裕は十分だったとはいえ2着がビスカリア程度のレベルのレースを戦ってきた馬がいきなりゴールドドリームやケイティブレイブと戦うというのはさすがにきつい。

おそらくは3歳馬の活躍でここまでの人気になっているんだろうが、この厩舎は以前にゴルトブリッツでも無謀な東京大賞典への挑戦を見せて強い相手と戦わせて徐々に馬を強くさせようという魂胆という感じ。陣営自体も「来年につながれば」ぐらいのスタンスで使っている中で、ファンだけが3歳馬だから強いと騒ぎたってしまっている感じがします。冷静に考えれば有馬記念のオジュウチョウサンとそこまで変わらないような臨戦過程ですし、そこまでダート最高峰の壁は薄くないと見ました。

 

消 モジアナフレイバー

南関のエースとしての出走となるモジアナフレイバーだが、さすがにここでは相手が強すぎる。とにかくスタートが遅い馬で、南関レベルのレースであれば中盤で前に取り付いて末脚を発揮できるが、今回のメンバーとなると押し上げるのも難しそう。今までに使えているレース上がりも38.0程度ですし、今回は前へ行く馬がそれぐらいの上がりでまとめてくるはず。常識的に厳しい。

 

 

印まとめ

◎ケイティブレイブ
◯ゴールドドリーム
▲クリソライト
☆サウンドトゥルー
△スーパーステション
△アポロケンタッキー

勝負度 C

 

推奨馬券

買い目に関してはメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、早いもので2018年も12月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【火曜日】先週の重賞回顧

火曜日に先週の重賞回顧を配信します。後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。

 

【水曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【木曜日】中央競馬の全レース回顧

木曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

関連記事

【2016】関東オークスの予想を公開!

今日は6/9(木)に行われる関東オークスのレース予想を行います。川崎2100mで行われるJpnII戦

記事を読む

黒船賞2017の予想を公開!

黒船賞2017(高知1400m)の予想です。 3月14日に高知競馬場で開催され発走時刻は17:

記事を読む

東京スプリント2017の予想を公開!

東京スプリント2017(大井1200m)の予想です。 4月19日に大井競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

黒船賞2018の予想を公開!

黒船賞2018 (高知ダート1400m)の予想です。 3月20日に高知競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

サマーチャンピオン2017の予想を公開!

サマーチャンピオン2017(佐賀1400m)の予想です。 8月16日に佐賀競馬場で開催され発走

記事を読む

浦和記念2017の予想を公開!

浦和記念2017(浦和2000m)の予想です。 11月23日に浦和競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

東京プリンセス賞2017の予想を公開!

東京プリンセス賞2017(大井1800m)の予想です。 5月11日に大井競馬場で開催され発走時

記事を読む

ロジータ記念の予想を公開!

前回は12日間でプラス4万円 先週のエリザベス女王杯では 6番人気マリアライトを本命

記事を読む

勝島王冠の予想を公開!

さて、明日は久しぶりに大井競馬場に参戦予定。予定終わってからになるので17時過ぎになってしまいますが

記事を読む

東京記念2018の予想を公開!

東京記念2018 (大井ダート2400m)の予想です。 9月19日に大井競馬場で開催され発走時

記事を読む

【根岸ステークス2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

根岸ステークス2019(東京ダート1400m)の考察です。 1月

1月3週のレース回顧〜時計だけで価値がわかる稀有な2レース

さて、先週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時

東海ステークス2019の予想を公開!

東海ステークス2019(中京ダート1800m)の予想です。 1月

AJCC2019の予想を公開!

AJCC2019(中山芝2200m)の予想です。 1月20日に中

すばるステークス2019の予想を公開!

すばるステークス2019(京都ダート1400m)の予想です。 1

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑