*

ホープフルステークス2018の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2019/01/01 GIレース考察・予想

ホープフルステークス2018(中山芝2000m)の予想です。

12月28日に中山競馬場で開催され発走時刻は15:30です。出走馬はサートゥルナーリア、アドマイヤジャスタ、ニシノデイジー、ブレイキングドーンなど。中山競馬場の芝2000mで行われるGIです。

 

PR)気になる穴馬!指数が低かったら即買い!

今シーズンの的中率がグーンと上がってます!
16日中山05R44,520円、阪神10R127,250円、阪神11R34,180円
15日中山10R64,680円、阪神05R41,100円、阪神06R55,810円
指数通りに買っていたら簡単に万馬券が取れちゃいました!

もちろんホープフルS週もお世話になります。
今年最後の中央競馬はバッチリ指数で的中を狙いましょう!

コチラはホープフルSのステップレース指数及び結果一覧です。

※指数値30以下の馬と指数順位1位~6位までの馬に要注目!!
ステップレースに出走していて、今回ホープフルSに出走する馬は7頭います。
その馬たちの指数、気になりませんか?

⇒ホープフルSの指数を見る!

メールアドレスを登録後、確認メールからログインして下さい。

 

ホープフルステークス 2018予想

ホープフルステークスの週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

昨年から新設GIとして始まったホープフルステークス。舞台こそ皐月賞と同じだが、まだ成長段階にある2歳馬にとって急坂を2回超えなければいけない中山芝2000mは良馬場スローでも厳しい舞台。それがAコース最終週のタフな馬場で行われる上にGIともなるとペースもそれなりに流れる。その結果としてこのレースは重厚な血統背景の馬が後方待機から突っ込んできての差し決着になる傾向。

今年は頭数も揃いませんでしたし、そこまで先行タイプも多くないのでペースは緩むかとも見ていたのですが、どうもキングリスティア陣営のコメントを見ているとスタミナ勝負に持ち込みたいという意向。鞍上が内田騎手ということを考えても中途半端な逃げは打ちそうもありませんし、Mr早仕掛けのマーフィー騎手が乗るミッキーブラックはおそらく芙蓉ステークスのような競馬を狙ってくるはず。今年も例年通りにある程度ペースは流れて最後はタフ差し決着になるだろう。

 

そして何より今回のレースの予想のポイントはサートゥルナーリアの取捨。兄弟がほとんど走っている超良血馬で、前走の萩ステークスも追わずの楽勝。調教内容を見ても並の馬には見えませんし、ミルコが「化け物かも」というコメントを出しているのを見ても相当な素材の可能性があります。

ただ、今回のホープフルステークスはあんまり人気のない未勝利勝ちの馬などもそれなりに骨っぽかったり、今回のコースへの適性がありそうな馬が多い印象。各馬キャリアが浅くてこの中山のタフな舞台を走れるかはわかりませんし、それならばサートゥルナーリアの素質を信頼するよりは、少し荒れる展開を想定した方が馬券的には面白そうだ。

というわけで予想の発表。

 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

 

ホープフルステークス  2018の印

本命 ◎ニシノデイジー

本命は能力、コース適性、展開全てが上位に取れるニシノデイジーを信頼する。

デビュー前から馬っぷりの良さや調教の動きを評価していた馬だったが、そこからの活躍ぶりはさすがにこちらの想像の上を行くもの。札幌2歳ステークス、東スポ杯2歳ステークスという出世レースを2つも勝っている点も評価できますし、それらのレースの上位馬のその後の成績を見ても、この2レースのメンバーレベルは高かっただろう。

札幌2歳ステークスは札幌の超タフ馬場を捲っての完勝。一方で東スポ杯2歳ステークスは東京の高速馬場をインから差し込んでの勝利。全く異なる適性を問われたレースを連勝した意義は大きそうで、素直に現時点でのこの世代の中距離のトップクラスと判断していいはずだ。

それでも血統背景やこれまでのレースぶりから高速馬場での瞬発力勝負よりはタフ馬場での差し比べの方が向きそう。ハービンジャー産駒は先週の有馬記念でブラストワンピースが勝利しているように今の中山の馬場に合っていると思いますし、母父アグネスタキオン、母母父セイウンスカイはどちらも皐月賞を勝っている馬。中山芝2000mのタフ馬場での差し比べはこれ以上ない条件設定でしょう。

先週の有馬記念で池添騎手が外国人騎手の連勝をストップさせての2018年最後のGIレース。最も強い馬に乗っている勝浦騎手が久々のGI制覇を成し遂げると見て本命にする。

 

対抗 ◯ヴァンドギャルド

対抗はこちらも東スポ杯組のヴァンドギャルドが能力上位と見ていいはず。

メンバー唯一のディープインパクト産駒ではあるが、母スキアはフランスのフィレドーユ賞(2100m)を勝つなどの実績がある欧州の重い血統。母父サドラーズウェルズのディープインパクト産駒で、馬体を見ても重厚感があるのでタフ馬場向き。本質的に前走の東スポ杯のような軽い馬場での瞬発力勝負が向いたとは思えず、今回のようなタフ馬場での差し比べでパフォーマンスを上げてきそう。

新馬戦を見ても道悪の阪神タフ馬場で馬群をこじ開けてグイグイ伸びて着差以上に強い競馬。あの内容を見ても勝負根性がありそうで、タフ馬場での追い比べは得意なはず。クリスチャン・デムーロ騎手は今年の阪神JFでのダノンファンタジーや、昨年のこのレースでのタイムフライヤーなど、差しが決まる傾向のレースで捌きを問われない追い比べならば信用できる騎手。まず昨年と同じような競馬をしてくるはずで、ここは馬場と展開もハマりそうだ。

 

単穴 ▲サートゥルナーリア

明らかに期待値が過剰にオッズに反映されている感じはするが、それでもサートゥルナーリアはこれ以下の印には落とせなかった。

キャリア2戦でまだ一度もステッキを使っていない馬で、前走の萩ステークスは誰がどう見ても強いパフォーマンス。調教の動きでも馬なりで坂路を圧巻の時計で駆け上がっていますし、まずこの馬は重賞の1つや2つ、そしてGIを狙えるぐらいの器であることは間違いない。

ただ、問題なのはその重賞やGIを取るのが今回なのか、という点とどんな条件でなのか、ということだろう。ここ2戦はスローペースからの瞬発力勝負でほぼ調教程度の負荷しかかかっていないが、今回は距離延長、初輸送、タフな流れ、タフな馬場、相手強化とここ2戦とはまるで負荷が違う競馬になることが予想される。そんな何十苦にもなる条件をあっさりと突破されてもおかしくはないと思うが、過去には突破できなかった馬が何頭もいるのも事実。

また調教で見せる圧巻の瞬発力はマイラーのそれと思わせるところもあり、ロードカナロア産駒はアーモンドアイの存在のおかげで距離不問という世間認識になっているが、圧倒的にマイル以下での活躍が目立つ種牡馬。今回はタフ馬場の2000mへの距離延長というのはどう考えても見逃せない部分で、それでいてここまで断然人気になるならば相手ぐらいの評価で留めておきたい。

 

特注 ☆コスモカレンドゥラ

穴として最も期待したいのがこの馬。

デビュー当時は大して強い馬だと思っていなかったが、ここ数戦のレースぶりを見てもセンス抜群で追って渋とく伸びる非常に良い馬。ここ2戦だけ見ると先行力と展開利があっての好走に見えるが、前走も抜け出してからグイグイ伸びて後続を突き放しましたし、未勝利勝ちの中山コースでのレースぶりを見ても急坂を全く苦にせずにスイスイ上がっていくあたり、この馬はただの先行タイプではないはず。その未勝利勝ちの内容からも中山コース替わりは魅力的に映る。

おそらく今回の鞍上は未勝利勝ちの時と同じような行きたい馬を行かせての好位からの競馬をするはずで、先行馬が不利なレースといってもモロに先行争いをするようなことにはならなそう。勝負所でスッと動けるセンスの良さと急坂を苦にせずにグイグイ伸びてくるパワーはタフ馬場の中山向きに見えますし、前に行きそうな馬の中ではこの馬を最上位に評価したい。

 

△ アドマイヤジャスタ

最も評価に迷ったアドマイヤジャスタはこれぐらいでお茶を濁す。

デビュー戦当時からクラシックに乗れるだけの器として評価。その後にあまりこの世代は素質馬が出てこなかったので世代上位級と評価していたが、それでもなんだかんだで札幌2歳Sや東スポ杯のレベルが高かったと判明した今となるとそこまでの馬ではなさそう。

父ジャスタウェイで半兄アドマイヤラクティという血統背景からも完成は古馬になってからという感じがしますし、ここも後方待機から最後は伸びてきそうだが完成度の差で追い比べで負けそうなイメージ。天下のクリストフ・ルメールで展開も向きそうという点で評価はしたいが、これ以上に買いたい馬が4頭いたという感じだ。

 

△ ジャストアジゴロ

穴として十分に期待できそうなのはジャストアジゴロか。

新馬戦では超スローの流れを荒れたインを突いて最後は猛然と追い上げての2着。前走は高速馬場で2:00:9という好時計で勝利。2歳東京芝2000mのレコードに迫るぐらいの時計でしたし、今回新聞で無印が並ぶような馬ではない。

ここ2戦はスローからの決め手勝負での好走だが、父ノヴェリストでタフなレースへの適性はあってもおかしくありませんし、叔父にタイガーカフェがいる配合からも今回の舞台が合う可能性もあり。後方からの末脚勝負という点で展開利もありそうですし、中山で田辺の人気薄なんていかにも穴を開けそうな匂いがする。

 

△ ヒルノダカール

全く人気はないがヒルノダカールはここでも十分に通用していいだけの能力あり。

デビュー戦はハイレベルだったラヴズオンリーユーの新馬戦でキレ負け。前走もなかなかメンバーは骨っぽかったが好位追走から物見する余裕まであっての完勝。血統配合通りにスタミナを活かして良さそうなタイプで今回の条件も合いそうなイメージ。鞍上が松田騎手ということもあって穴馬の1頭という以上の評価はできなかったが、普通に突っ込んできても驚けない。

 

△ ブレイキングドーン

デビュー当時から素質を評価しているブレイキングドーンだが、今回の条件にあまり合うイメージはない。

レースセンスが抜群で完全な立ち回りタイプと見て良さそうで、ここ2戦はスローペースからの瞬発力勝負を早めに動く形での好走。その前走でも最後は追い比べで負けましたし、どうもこの馬は末脚比べに持ち込んで良いようなイメージが持てない馬。

今回はここ2戦と比べてかなり負荷のかかるレースになりそうですし、そういった展開から直線での追い比べになると微妙な感じ。内枠を引いたことで予想以上に人気にもなっていますし、これぐらいの評価が妥当な気がします。

 

△ キングリスティア

前走がタイムランクAでの圧巻の逃げ切り勝ちだったキングリスティアは冷静に考えるとかなり厳しい条件。

確かに前走内容は素晴らしいものだが、誰も競りかけてこない逃げが打ててタイムトライアル戦に持ち込めたのが良かった感じで、今回はたとえ逃げられたとしてもメンバーを考えればかかるプレッシャーが全く違ってくるはず。

中山のタフ馬場自体は合いそうだが、それでもホープフルステークスはとにかく差し馬が有利なレース。キャリア1戦のこの馬はいきなり厳しい逃げに変わって粘りも甘くなりそうなイメージ。何より中11日しかない強行軍での関東遠征という点が2歳馬には厳しそうで、川田騎手から内田騎手への乗り替わりもマイナス。もし川田騎手が本当に勝負になると見ていれば阪神での乗り馬をキャンセルしてでもこの馬に乗りにきていると思いますし、まぁ時計を評価してもこの程度まで。

 

印まとめ

◎ニシノデイジー
◯ヴァンドギャルド
▲サートゥルナーリア
☆コスモカレンドゥラ
△アドマイヤジャスタ
△ジャストアジゴロ
△ヒルノダカール
△ブレイキングドーン
△キングリスティア

勝負度 D

 

推奨馬券

重賞以外の平場の予想はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

メルマガでは平場のレースを多数配信します!メルマガに登録いただければ今夜からお読みいただけるのでぜひこの機会に読んでみてください。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、早いもので2018年も12月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【火曜日】先週の重賞回顧

火曜日に先週の重賞回顧を配信します。後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。

 

【水曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【木曜日】中央競馬の全レース回顧

木曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

関連記事

菊花賞2018の予想を公開!

菊花賞2018(京都芝3000m)の予想です。 10月21日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

宝塚記念 [4] 全頭診断その1

昨日は色んな競馬関係者の人と飲む機会があったのですが、ほとんどした話は野球の話のみという(苦笑)

記事を読む

【2016】菊花賞 / レース考察(京都芝3000mで行われるGI戦を徹底考察します)

今日は10/23(日)に行われる菊花賞のレース考察を行います。京都芝3000mで行われるGI戦です。

記事を読む

NHKマイルカップ2018の予想を公開!

NHKマイルカップ2018(東京芝1600m)の予想です。 5月6日東京競馬場で開催され発走時

記事を読む

ヴィクトリアマイル [5] 枠順発表!明暗を探る

本当にベイスターズはどうしてしまったんでしょうか? 昨日は飲み会があったんですが、最近は飲み会

記事を読む

有馬記念 [2] ゴールドシップを買うべきか買わざるべきか

昨日は忘年会だったんですが、もう途中から記憶がなく、ほぼ意識を失いかけて朝3時頃に帰宅。見る

記事を読む

【2016】阪神JF / 有力馬考察(ソウルスターリング、リスグラシューなどの徹底分析)

今日は12/11(日)に行われる阪神ジュベナイルフィリーズのレース考察を行います。阪神芝1600mで

記事を読む

【2016】安田記念/ 有力馬考察(モーリス、リアルスティールなどの徹底分析)

今日は6/5(日)に行われる安田記念のレース考察を行います。東京芝1600mで行われるGI戦です。そ

記事を読む

【2016】天皇賞(秋) / レース考察(東京芝2000mで行われるGI戦を徹底考察します)

今日は10/30(日)に行われる天皇賞(秋)のレース考察を行います。東京芝2000mで行われるGI戦

記事を読む

【NHKマイルカップ2017の予想ヒント】枠順や展開、馬場などを分析考察します

NHKマイルカップ2017(東京芝1600m)の考察です。 5月7日に東京競馬場で開催され発走

記事を読む

【毎日杯2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

毎日杯2019(阪神芝1800m)の考察です。 3月23日に阪神

【日経賞2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

日経賞2019(中山芝2500m)の考察です。 3月23日に中山

【高松宮記念2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

高松宮記念2019(中京芝1200m)の考察です。 3月24日に

3月3週のレース回顧〜2強オッズになりそうな皐月賞

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

阪神大賞典2019の予想を公開!

阪神大賞典2019(阪神芝3000m)の予想です。 3月17日に

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑