*

【天皇賞(秋)2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

公開日: : GIレース考察・予想

天皇賞[秋]2020(東京芝2000m)の考察です。

11月1日に東京競馬場で開催され発走時刻は15:40です。出走馬はアーモンドアイ、クロノジェネシス、フィエールマン、ダノンキングリーなど。東京競馬場の芝2000mで行われるGIです。今回の記事では過去データやレースラップ、血統、予想オッズなどを考察いたします。

 

[PR] 菊花賞回収率212% 天皇賞は絶好調の予想サイトに乗れ!

皐月賞1000%超えは伊達じゃない!

菊花賞も無料情報で的中!

天皇賞2020無料予想も期待持てます。

━━━━━━━━━━━━━━

◇菊花賞(G1):無料情報

3連複3-9-10/38.1倍×300円

11,430円獲得/回収率212%

↓レース前夜見た買い目画像

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

菊花賞トライアル含め無料情報

中央・地方重賞イイ感じです!

京都大賞典→1万3120円/234%

東京盃  →1万7600円/352%

→(買い目画像

ブエナビスタC→2万400円/425%

セントウルS →5万4720円/912%

戸塚記念   →1万4400円/288%

→(買い目画像

━━━━━━━━━━━━━━

そして11月1日(日)は…

天皇賞(秋)無料開放

京都大賞典~菊花賞とイイ感じで流れきてます!

→天皇賞の無料情報

レースは前夜無料公開!同時公開のワイドも24日は回収率460%です。

 

天皇賞(秋) 2020 考察

先出し本命候補(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

レース傾向

秋古馬3冠の第一戦となる天皇賞(秋)。東京芝2000mという絶妙な距離設定や、ここを使ってからジャパンカップにもマイルチャンピオンシップにも行けるという絶妙な時期設定のおかげで、一線級のマイラーと中長距離馬が一堂に介して最強馬を決めるレース。マイラーが参戦することでペースも緩まずに馬のポテンシャルが存分に発揮されやすかったですし、馬券云々ではなくスポーツとして見応えがあって個人的に最も好きなGIレースでした。

ただ、近年はその傾向が変わってきている感じあり。やはりノーザンファームの力が強くなってきたこともあって明確な使い分けが始まったこともありますが、そもそも秋古馬3戦という言葉自体が無意味になってきている感じで、その3つを完走する馬なんて今の時代はほとんどいなくなってきました。それに加えてマイラーと中距離馬の路線毎の棲み分けも明確化されてきた感じで、今の時代の天皇賞(秋)は中距離馬同士の少数精鋭のガチンコ勝負という感じのレースに変わってきています。

そんなわけで天皇賞(秋)は傾向が変わってきているよ、という事であんまり過去5年とか過去10年スパンで傾向を探っても意味がない印象。特に近5年は馬場がどれもバラバラでその年によって求められる適性が違いましたし、それらをまとめて「過去5年は、、、」などと語るのはちょっと違う気がします。(※2019年と2018年は超高速馬場でスピード持続力優勢、2017年は極悪不良馬場、2016年は外しか伸びない差し馬場、2015年は比較的フラットな馬場でした)

 

ただ、時代は変わっても天皇賞(秋)において不変の重要要素があります。それは、、、

とにかく絶対的な末脚の質が求められる

という事です。

一昔前は激流のハイペースを耐え抜いた上で直線でズバッと差し込んでこれる馬が有利でしたし、超スローペースになった2014年でも前残りが決まるわけではなく、スピルバーグの大外一気が決まりました。

もう時代が変わっても天皇賞(秋)は「末脚の質」が重要ということは変わっていない感じ。基本的には前に行って粘りこむような馬の好走は厳しく、それよりも東京競馬場の長い直線部分でどれだけ爆発的な末脚を使えるかがこのレースでは重要です。

「嘘を言え、過去2年ではキセキとアエロリットが逃げ粘ってるじゃないか」という人もいるかもしれませんが、これはキセキとアエロリットが脚質的に目立たないだけで歴史に名を残していいぐらいに持続力に優れた名馬だったからでしょう。それに高速馬場にも恵まれた感じはありましたしね。

今年は最初の2週で大雨の影響を受けたことで近2年ほどの高速馬場にはまずならなそう。Bコース替わりでもある程度タフさは残るはずで、近2年よりも末脚が活きやすいような馬場になるんじゃないかと見ています。今年は少頭数ですし、とにかく直線部分の末脚の質が要求されるレースになるんじゃないでしょうか。

 

POINT1 → 以前はマイラーと中距離馬が集結して激流のポテンシャル勝負になりやすかったが、最近は路線の棲み分けがなされて少数精鋭の中距離馬のガチンコ勝負になってきている

POINT2 → 時代が変わってもこのレースで重要なのは「絶対的な末脚の質」。今年は過去2年より差しが決まりやすい馬場になりそうな感じがします。

 

レースラップ分析

基本的には天皇賞(秋)というレースはマイラーが多数出走してくることもあり、道中ペースが激流になりやすくて最後はその激流に耐え抜いた上で直線で末脚を発揮できるような馬が強かった傾向。

ただ、近年はマイラーがわざわざここを使うことも少なくなりましたし、フルゲートではない少頭数になることも多く、以前のような激流からの底力勝負にはなりにくくなっています。

過去2年はフルゲート割れでテンが非常に遅く、そこからキセキ、アエロリットが道中ペースを落とさずにスピードの持続力勝負に持ち込んだ感じ。過去2年ともにかなりの高速馬場でしたから、ある程度飛ばしてもバテないという意識が逃げた騎手にもあったでしょう。

今年は過去2年ほどの高速馬場にはならなそうで、飛ばしたら飛ばした分でパッタリ止まりそうな馬場。そもそも逃げ馬不在でダイワキャグニーが押し出されるような展開になりそうですし、今の馬場だと逃げ馬の鞍上も道中ペースを引き上げることはしないだろう。過去2年とは違って、中盤が緩んだところからの直線の究極の瞬発力勝負になりそうな感じがしています。

 

POINT1 → 以前は激流からのポテンシャル差し傾向だったが、近年はマイラーの参戦の減少や少頭数に伴い、傾向が変わってきている

POINT2 → 過去2年はかなりの高速馬場だった影響で飛ばしても止まらない馬場だったが、今年はそれよりタフな馬場なので中盤ペースが緩みそう。

 

血統傾向

日本競馬の根幹を成す東京芝2000mという王道条件で末脚の質が問われるレース。そんなレースですから現代競馬の2大血統と言っていいだろうディープインパクトとキングマンボの血が凄まじく強いレース。過去5年を見ても歴史的名馬と言えるモーリス以外はディープインパクト(全兄弟ブラックタイド含む)かキングマンボ系の馬しか勝利していません。そんなわけで基本的には王道血統が有利というのが大前提。

その上で直線の末脚の質だけでなく、やはり最後までしっかりと伸び続けられる底力が重要になるのが天皇賞(秋)というレース。最後まで伸び続けるという点においてはトニービン=グレイソヴリンの血は偉大。もう昔から天皇賞(秋)はトニービンの血が躍動することで有名で、特にその血は激流になって底力が問われれば問われるほど躍動します。(※代表例を挙げればジャスタウェイ、トーセンジョーダン、カンパニーなどなど)

また、左回りコースでの持続力を強化するという点でヴァイスリージェントの血統も相性良し。過去5年は毎年ヴァイスリージェントを持っている馬が馬券に絡んでいますし、昨年もアエロリットが驚異的な粘りを見せて好走。怪物クロフネを生み出したバテない持続力は天皇賞(秋)でも強調できます。

 

POINT1 → 王道条件で直線の末脚の質が問われるため、王道血統のディープインパクトとキングマンボ系が強い

POINT2 → 直線での底力勝負になるとトニービン=グレイソヴリンの血が躍動する

POINT3 → 過去5年はヴァイスリージェントの血を持つ馬が毎年好走

 




 

考察まとめ

というわけで枠順発表前の天皇賞(秋)の想定オッズはこちら。

枠順発表前の想定オッズ(当サイト予測)

人気 馬名 オッズ
1 アーモンドアイ 1.8
2 クロノジェネシス 3.9
3 フィエールマン 8.3
4 ダノンキングリー 11.4
5 キセキ 15.6
6 ダノンプレミアム 21.2
7 ブラストワンピース 31.5
8 スカーレットカラー 48.3
9 カデナ 88.0
10 ダイワキャグニー 104.0
11 ジナンボー 112.0
12 ウインブライト 134.0

 

秋華賞、菊花賞に続いて1番人気は単勝1倍台になりそう。と言ってもアーモンドアイは安田記念で負けているので単勝1.8倍ぐらいで落ち着くんじゃないでしょうか。

2番人気も抜けた感じでクロノジェネシスになりそう。3番人気も前走GI勝ちのフィエールマンで、以下ダノンキングリー、キセキ、ダノンプレミアム、ブラストワンピースという感じの人気順になるんじゃないでしょうか。

 

最後に現時点で面白いと思う馬をピックアップ!

↓↓のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

<推奨根拠>

まぁこのレースは本命はアーモンドアイでいいと思います。正直、今回は確勝かどうかは微妙なところですが、いくら5歳牝馬で若干衰える可能性があると言ってもこれだけの歴史的名馬ですから、自身のベスト条件で大崩れすることはないでしょう。ただ、アーモンドアイ以外の人気馬に関しては若干ケチがつけられそう。相手は振り回していいとみます。

その中でも最も面白いのがこの馬でしょう。とにかく溜めての直線スピードに関しては今回の豪華なメンバーでもナンバーワン級。好走レンジが狭いおかげで馬柱の見た目が汚いですし、昨年も天皇賞(秋)に使うべきと力説してきたこの馬がようやくここに使ってきてくれました。ベスト条件で圧巻の末脚を見せて欲しいです。

 

一方でちょっと危ういと思っている馬はこちら。

↓↓↓

クロノジェネシス

もうこの馬はアーモンドアイと並んで女傑級という評価をしていいと思います。ただし、それは欧州チックなスタミナが問われるレースでこそでしょう。

3歳時は絶対能力の違いでキレが求められる条件でも走れていましたが、今回の天皇賞(秋)は世界一の直線の瞬発スピードを問われるようなレース。バゴ産駒で上がりがかかればかかるほど良いこの馬に向く条件ではありません。いくら女傑級の馬でも適性がズレれば良い結果は出ない、という好例になりそうな気がしております。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2020年も10月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【火曜日】先週の重賞回顧

火曜日に先週の重賞回顧を配信します。後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。

 

【水曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【木曜日】中央競馬の全レース回顧

木曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

皐月賞 [2] ペースの早いトライアルを重視すべき

今日から春の連ドラがドドドと始まるのでまた忙しくなります。 競馬用語の通じない一般の方と話す時

記事を読む

エリザベス女王杯2020の予想を公開!

エリザベス女王杯2020(阪神芝2200m)の予想です。 11月15日に阪神競馬場で開催され発

記事を読む

【オークス(優駿牝馬)2018の予想ヒント】枠順から見るレース見解

オークス(優駿牝馬)2018(東京芝2400m)の考察です。 5月20日に東京競馬場で開催され

記事を読む

【マイルチャンピオンシップ2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

マイルチャンピオンシップ2018(京都芝1600m)の考察です。 11月18日に京都競馬場で開

記事を読む

ヴィクトリアマイル [6] スローで位置取りで全てが決まる

土曜競馬はメインレースの京王杯スプリングカップが、 1着:◎サクラゴスペル 2着:×ヴァン

記事を読む

エリザベス女王杯は◎ラキシス 〇ヌーヴォの本線決着で三連単的中!

なんだか秋GIの的中率が8割くらいで自分でも気持ち悪いです。恐らく勝因としては現在の京都の馬場を完全

記事を読む

【宝塚記念2017全頭診断】シャケトラ、シュヴァルグランなど

宝塚記念2017(阪神芝2200m)の全頭診断part2です。 6月25日に阪神競馬場で開催さ

記事を読む

【2016】朝日杯FSの予想を公開!

今日は12/18(日)に行われる朝日杯フューチュリティステークスの予想です。 【PR】二桁人気

記事を読む

菊花賞2019の予想を公開!

菊花賞2019(京都芝3000m)の予想です。 10月20日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

日本ダービー [1] 枠順発表!明暗を探る

さて、日本ダービーの枠順が発表されました。 社台のクラブ系の有力馬が軒並み外枠という結構カオス

記事を読む

11月5週のレース回顧〜まさしくこれぞ史上最高の一戦、あっぱれアーモンドアイ!

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

京阪杯2020の予想を公開!

京阪杯2020(阪神芝1200m)の予想です。 11月29日に阪

ジャパンカップ2020の予想を公開!

ジャパンカップ2020(東京芝2400m)の予想です。 11月2

京都2歳ステークス2020の予想を公開!

京都2歳ステークス2020(阪神芝2000m)の予想です。 11

【ジャパンカップ2020の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

ジャパンカップ2020(東京芝2400m)の考察です。 11月2

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑