*

シルクロードステークス2024の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2024/01/31 重賞レース考察・予想

シルクロードステークス2024(京都芝1200m)のレース予想です。

1月28日に京都競馬場で開催され発走時刻は15:35です。出走馬はアグリ、ルガル、バースクライ、オタルエバーなど。京都競馬場の芝1200mで行われるGIIIです。

 

※ここは土曜日の午後の京都芝のレースを見て印を変更しました(1/27[土]18:09)

 

[PR] 無料情報AJCC的中

ボッケリーニ軸にAJCC的中!

回収率332%超はありがたいです(^^)

━━━━━━━━━━━━━━

先週の無料情報

-アメリカJCC-

三連複計5,000円

1頭目:12

2頭目:1,10,11

3頭目:1,2,3,9,11

三連複33.2倍 的中!

[獲得額]16,600円

[回収率]332%

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

土曜日も無料情報あるので前日様子見OKです!

昨年の春もG1をよく当てた無料情報を今から押さえておきましょう。

→無料情報チェック

大型収支か堅く勝つか?根岸S週の答えはここの買い目かもしれません!

 

シルクロードステークス 2024 予想

先出し本命候補(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

シルクロードステークスはどのようなレースか解説します

概要・データ

京都芝1200mで開催される高松宮記念の前哨戦。本来ならばオーシャンステークスや阪急杯が高松宮記念の前哨戦としての役割が強かったんですが、近年は間隔を空けてGIを使いたい陣営が多く、シルクロードSが前哨戦として選ばれがちです。

この時期の京都芝はタフな馬場になりやすく、そんな馬場で行われるスプリント重賞ということで時計がかかるのが特徴。だいたい1分8秒台の決着になりますし、スピードだけではなくスタミナも問われるレースです。

 

近年の京都開催で特筆すべきデータ要素はなし。強いていえば関東馬が勝ちきれていないことじゃないでしょうか。

 

レースラップ

京都芝1200mはスタート直後が登り坂なのでそこまでテンペースは速くなりにくい舞台。重賞レベルでも前半3ハロンは33秒台後半で落ち着くことが多いです。トラックバイアスとしては外有利になりそうですが、コース形態からして外枠から外を回して差し届くような舞台ではありません。

 

血統傾向

京都開催の近年のデータを持ってきました。こうして見ても父ミスタープロスペクター系の活躍が顕著。この時期の京都芝はタフで時計がかかりますし、スピードとパワーを兼備しているアメリカのダート血統=ミスプロ系が有利になりやすいんでしょう。

 

今年の根岸ステークスを予想する上で重要なファクターを解説します

馬場・トラックバイアス

先週末に大雨が降った関西地方ですが、今週はずっと晴れ模様。とはいえ、もともと馬場がソフトだったところにあれだけの雨の影響を受けたわけで、今週も非常にタフな馬場になるはず。先週の傾向を見ても外が伸びる馬場になると見ていいましたが、京都最終はこちらの想像以上に騎手意識が外に行くレースに。

土曜最終時点でここまで逃げ馬がインを空けるとなると、日曜のメインレースの頃にはさらにその意識が強まるはず。土曜最終レースでも結局1枠の先行馬が上位に来ましたし、外伸び馬場=外枠の差し馬が有利な馬場にはならないと思います。

 

展開想定

テイエムスパーダが逃げ候補ですが、枠並び的に日経新春杯のリビアングラスでやらかした田口騎手のリバーラが主張しそう。この2頭が少し飛ばし気味に先行してミドルペースになると見ます。

ただ、この2頭以外には主張したい馬がそこまでいないメンバー構成。明らかに外が伸びる馬場ということを考えても、外目の3、4番手ぐらいのポジションを取れる馬が有利になりそうです。

 

ノーザン・ルメール・川田の取捨

川田騎手は不在。ノーザンファーム生産馬は京都開催の過去10年で(1-0-0-8)という実績のレースです。

ルメール騎手はエターナルタイムに騎乗。今回が初のスプリント挑戦になりますし、芝の短距離戦はルメールの中では苦手な分野になるのでそこまで強調する必要はないか、。

 

[結論] どのような馬を狙えばいいか

想定するレース質

明らかに外伸び馬場だが全馬が外を回す競馬に

 

狙える馬のタイプ

先行して外目の馬場の良い部分を通れる馬

 

嫌える馬のタイプ

インを通る馬 or 馬群の外を回して差し込んでくる馬

 




 

シルクロードステークス 2023の印

【本命 ◎12 メイショウソラフネ】

地味なキャラではあるが、近走で大きく崩れたのは差し馬場に泣いたテレQ杯と重賞初挑戦で外枠から終始外外を回ったスワンSぐらい。前走はしっかりと前に壁を作れたことで巻き返すことができましたし、前走の勝ち馬ビッグシーザーとはそこまで能力差はないと考えていいか。

そのビッグシーザーは京阪杯で上位が差し馬独占の中を逃げて僅差の5着好走。好位から完璧な競馬ができていたルガルと0.2秒差でしたし、トウシンマカオの次に強い競馬をしていたと考えてもいい。そのビッグシーザーを物差しにすればこの馬は今回のメンバーでも十分に勝負になっていいか。

今回の出走メンバーと枠並びを見ても、リバーラとテイエムスパーダが主張しそうだが3番手を取りにいく馬が不在。この馬は難なく3番手ぐらいのポジションを取れそうですし、外枠からこのポジションを取れれば直線はスムーズに馬場の良い外側に出すことができるはず。おそらくリバーラとテイエムスパーダは早々に失速すると思いますし、何の苦もなく馬場の良い部分を通りながら先頭に立てるんじゃないだろうか。

母メイショウデイムも淀短距離Sからの中1週ローテでシルクロードSを使って大穴3着激走。確かに能力的には少し足りない感じもしますが、直線で馬場の良い部分に出せる可能性が最も高い穴馬、ということでこの馬を狙ってみたい。

 

【対抗 ◯13 アグリ】

セントウルSは1頭抜けた末脚を使って素晴らしい内容。スプリンターズSは決め打ち騎乗がハマらなかっただけですし、スプリント路線でも能力は上位の存在か。

前走を見ても1400mがベストの馬だとは思うが、その前走は延長ローテで調教も動いていない中での3着は上出来。近3走を見てもスタートは良いが騎手の意思で下げている感じですし、今回は坂井騎手となれば枠を考えてもテンから出していくはず。外目の4、5番手ぐらいのポジションでは競馬をしてきそうですし、スムーズに直線で馬場の良い部分を通れるんじゃないだろうか。

 

【単穴 ▲17 オタルエバー】

これまでのレースぶりを見てもタフ馬場は不問。近走はハイペースのスプリント戦でスッと先行できていますし、今回は松山騎手が乗るとなれば悠長に構える競馬はしてこないはず。外目の4、5番手ぐらいのポジションは取れそうですし、スムーズに直線で馬場の良い部分を通れるんじゃないだろうか。

 

【△4 ルガル】

3歳時に不良馬場でワンサイドゲームの圧勝実績あり。血統背景を見ても時計のかかるスプリント戦でこその馬に見えますし、京阪杯のレースぶりからここでは能力上位。調教も抜群なので評価はしていいと思うが、ここ2戦がスタート微妙なので内枠から位置が取れなかった場合に少し不安はあり。

土曜日の小倉芝1200mでのレースぶりを見ても、西村騎手は全馬が外を回すことを見越してインを突いてきそうなイメージ。とはいえ土曜の小倉芝以上に京都芝は外伸びの傾向だと思いますし、その博打がハマるかどうかは未知数。

 

【△11 サンライズオネスト】

昨年のCBC賞が外枠だったにしても案外な結果。もうオープン善戦レベルに落ちてきている感じがしますし、重賞となるとどうだろうか。ただ、今回は能力というよりも馬場の良い部分を通れるかどうかのレースになりそうですし、外目の枠から和田騎手が先行してきた場合には怖さあり。

 

【△15 バースクライ】

スプリント転向後は3連勝でオープン入り。使える脚が短いのでこの条件は合いそうだが、決め手を活かすタイプなので今の馬場が合うだろうか。一瞬しか脚が使えないので内枠の方が合いそうで、今回は外枠から外を回る競馬になるとどうか。その点でオタルエバーより評価を一つ落とした。

 

【△16 トゥラヴェスーラ】

昨年の高松宮記念は3着激走。その後はだいたいが時計の速い決着に泣いている感じで、前走はなかなかのハイレベル戦で大外枠から外を差し込んで僅差の4着。ほとんど差がなかったルガルが人気の中心になりそうですが、こちらは年齢面が危惧されて人気薄になりそう。今の競馬ファンは本当に高齢馬を嫌います、

そんなわけで年齢的なものは心配だが、前走から2ヶ月ほど間隔が空いていて坂路調教の動きは絶好。まだ今回では動ける状態に見えますし、前走よりも時計がかかって外差しが効きそうな馬場コンディションもこの馬に向くはず。

条件的には合って良さそうだったんですが、土曜時点でここまで顕著に外が伸びる馬場になった点がマイナス。こうなってしまうと大外枠の差し馬は外外を回るしかないでしょうし、永島騎手がそこをリカバーするのも厳しい。

 

【推奨買い目】

複勝 12 メイショウソラフネ 抑え

ワイド 17→13 抑え

ワイド 12→13 本線

三連複2頭軸流し 12,13→17,4,11,15,16

 

【買い目及び予想のポイント】

ここは土曜の午後の京都芝のレースを見て本命変更。トゥラヴェスーラでは外を回して届かないと判断して、◎メイショウソラフネを本命にします。

 

関連記事

カペラステークス2023の予想を公開!

カペラステークス2023(中山ダート1200m)の予想です。 12月10日に中山競馬場で開催さ

記事を読む

デイリー杯2歳ステークス2022の予想を公開!

デイリー杯2歳ステークス2022(阪神芝1600m)の考察です。 11月12日に阪神競馬場で開

記事を読む

【2016】中京記念の予想を公開!

今日は7/24(日)に行われる中京記念の予想です。中京芝2000mで行われるGIII戦です。

記事を読む

中山牝馬ステークス2020の予想を公開!

中山牝馬ステークス2020(中山芝1800m)の予想です。 3月14日に中山競馬場で開催され発

記事を読む

【2016】シンザン記念の予想を公開!

東スポにて看板記者として活躍している虎石晃(トライシアキラ)氏の予想がネットで見れるという事で、試し

記事を読む

【2016】毎日杯 / レース考察(阪神芝1800mで行われるGIII戦を徹底考察します)

今日は3/26(土)に行われる毎日杯のレース考察を行います。阪神芝1800mで行われるGIII戦です

記事を読む

船橋記念2018の予想を公開!

船橋記念2018 (船橋ダート1000m)の予想です。 1月17日に船橋競馬場で開催され発走時

記事を読む

【小倉大賞典2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

小倉大賞典2019(小倉芝1800m)の考察です。 2月17日に小倉競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

みやこS [3] ペースをどう読むか?

ダート競馬は能力比較が大切、ということで前回は人気馬の能力比較を行った。その上で馬のレース適性を判断

記事を読む

葵ステークス2023の予想を公開!

葵ステークス2023(京都芝1200m)の予想です。 5月27日に京都競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

弥生賞ディープインパクト記念2024の予想を公開!

弥生賞ディープインパクト記念2024(中山芝2000m)のレース予想で

オーシャンステークス2024の予想を公開!

オーシャンステークス2024(中山芝1200m)のレース予想です。

チューリップ賞2024の予想を公開!

チューリップ賞2024(阪神芝1600m)のレース予想です。 3

3月1週の中央競馬レースプレビュー 〜引退調教師と新人騎手、別れと出会いが一挙に到来〜

3月1週の中央競馬レースプレビューです。 この記事は週末に行われ

【オーシャンステークス2024の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

オーシャンステークス2024(中山芝1200m)のレース考察です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑