*

【皐月賞2023の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

公開日: : 最終更新日:2023/04/13 GIレース考察・予想

皐月賞2023(中山芝2000m)の考察です。

4月16日に中山競馬場で開催され発走時刻は15:40です。出走馬はソールオリエンス、ファントムシーフ、トップナイフ、フリームファクシなど。中山競馬場の芝2000mで行われるGIです。今回の記事では過去データやレースラップ、血統、予想オッズなどを考察いたします。

 

[PR] 共同通信杯から皐月賞へ!ここの無料予想に刮目を!

皐月賞はファントムシーフが来るか?

エフフォーリアが共同通信杯から

皐月賞を制したのは記憶に新しいところ。

皐月賞の無料買い目を探しているなら

共同通信杯で16万円当てたここの予想に注目です!

━━━━━━━━━━━━━━

無料予想の戦績

G3:共同通信杯

券種:三連複流し

購入組数10組2,000円 24.8倍

券種:三連単フォーメーション

購入組数24組800円 138倍

【払戻】160,000円

【収支】120,800円

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

金鯱賞・中山牝馬Sでも10万馬券出してます。

皐月賞も的中なら爆当たりの可能性ありです!

無料予想←こちら

三連複・三連単の券種組み合わせなど選ぶレース含めて上手く勝ちを拾う無料予想です!

 

皐月賞 2023 考察

先出し本命候補(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

皐月賞のレース概要

中山芝2000mで行われる牡馬クラシック第一弾。この皐月賞で重要なのはとにかく「経験値」「お初の条件に対応できるかどうか」と言っていいでしょう。

今でこそ2歳暮れのホープフルステークスがGIに昇格したことで、皐月賞までに小回りコース、中山コースを経験できる舞台が増えましたが、基本的に2歳ー3歳の時期は東京、阪神、京都、中京などの広いコースが舞台のレースが多く、なおかつ少頭数で負荷の少ないレースばかりになります。

一方で皐月賞はほぼ間違いなくフルゲートになりますし、これまで広いコースばかり使われていた馬にとっては未知の小回り2000m。スプリングステークスやマイル路線から出走してくる馬もいるのでペースは流れることが多いですし、ほぼ全頭にとって未知の条件をいきなり走らされると考えていいはずです。

だいたい皐月賞でぶっ飛ぶ人気馬の特徴は「多頭数を未経験」「中山コース(小回りコース)を未経験」「速いペースを未経験」と言った感じ。一方で穴を開ける馬はそれらの条件をすでに経験している馬であることが多いです。昨年も天才イクイノックスを倒したのは、札幌2歳ステークスで小回りコースを経験して、朝日杯FSでマイルのペースを経験していたジオグリフでした。

 

データ的な見地からの考察


※過去10年の皐月賞の前走レース別成績

皐月賞の最重要トライアルレースが弥生賞と言われていたのはもう遠い昔の話。過去10年スパンで弥生賞組から1頭も皐月賞馬が出ていませんし、こうして見ても皐月賞の最重要トライアルレースの座は共同通信杯に奪われてしまった感じです。共同通信杯組は複勝率43%もありますし、かなり安心感はありますね。

 


※過去10年の皐月賞の前走距離別成績

次項で詳細は書くのですが、皐月賞は初めて経験する馬が多い小回りの速い流れに対応できるかが重要。そういった点からも距離延長ローテの馬が非常に優秀で、一方で距離短縮ローテの馬は(0-0-0-14)で最悪な戦績。まぁここに距離短縮ローテで使ってくる馬なんてすみれステークス組ぐらいしかいないわけですが。それでも同距離ローテよりも延長ローテの方が成績が良いというのは注目すべきでしょう。

 


※過去10年の皐月賞の前走クラス別成績

素質問われるクラシックレースということで特殊な臨戦過程からの好走は少ない傾向。やはり前走は重賞を使っていることが好走の最低条件という感じで、前走オープン組の成績は壊滅的になっています。

 


※過去10年の皐月賞の前走レース成績

最後にキャリア数の戦績を軽く。やはり素質問われるクラシックレースということであまりレース数を使われている馬の戦績は微妙。これまでに6戦以上使われている馬は極端に成績が落ちます。今年で言うとトップナイフはこのデータに該当しますね。

 

ラップ的な見地からの考察

だいたい過去5年の前半1000m平均をとると59.5-60.0ぐらい。前半が60秒ぐらいだとスローペースにはなるんですが、これまで出走馬が走ってきた超スローペースのぬるま湯レースと比較すれば速いペース。これまでのレースよりは追走スピードが間違いなく問われると考えていいでしょう。

これまで超スローのぬるま湯レースしか経験していない馬は追走スピードに戸惑ってぶっ飛ぶことも良くある感じで、一方で1800m以下のレースで速いペースを経験している馬は相当なアドバンテージを手にすることができます。昨年の1-3着馬ジオグリフとドウデュースは朝日杯FSを経験していましたし、過去5年の好走馬を見ても大体はマイルを経験していたり、1800m重賞を勝っている馬が多いです。

 

血統的な見地からの考察

中山芝2000mというトリッキーな舞台で行われる皐月賞ですが、根幹距離のクラシック戦なので王道クラシック血統が有利な傾向。過去10年で父も母父もサンデーサイレンスを持たない馬は2頭しか走っていませんし、その2頭はどちらも稍重馬場でタフさが問われた時に好走しました。良い馬場になればなるほどサンデーサイレンスの良さが活きるレースと見て良さそうです。

 

レベルや馬場、展開などを踏まえて今年はどんなレースになりそうか?

中山競馬場はここ2週ほど雨の影響を受けて外が伸びる馬場になりつつある感じ。今週末は土曜日に雨が降りそうですし、雨の中で1日競馬が行われればおそらくイン馬場は死ぬはず。日曜は晴れるので良馬場に回復すると思いますが、昨年のように外が伸びる良馬場での開催になりそうです。

あらゆるところで言われているように今年の皐月賞は大混戦。前哨戦のレースレベル比較が非常に重要になってきそうです。

出走賞金ギリギリでグラニットがメンバー入りできたのが大きなポイントになりそうで、グラニットは飛ばし気味の大逃げを打つのはほぼ確定的。それ以外にもグリューネグリーン、ラスハンメル、ホウオウビスケッツ、タッチウッド、トップナイフなど前に行きそうな馬は多いですし、間違いなくペースは流れると思います。今回の考察で存分に書いた通りで、小回りコースの速い流れにいきなり放り込まれて対応できるかどうかが重要なレースになるでしょう。

 

考察まとめ

【レース質】小回りで速い流れ(お初の条件)への対応力が問われる。<□■■□>

【波乱度】今年のメンバーで波乱が起きなければいつ起きる?

【ラップ特徴】もともとペースが流れやすいレース。今年はグラニットがいればさらに。

【血統特徴】トリッキーだが根幹距離の2000m。王道血統が走りやすい。

【狙えるタイプ】共同通信杯組。

【狙えるタイプ】距離延長ローテ(距離短縮ローテはダメ)。

【狙えるタイプ】1800m以下の距離で速い流れを経験している馬。

【狙えるタイプ】前走重賞組(前走オープン組はダメ)。

【狙えるタイプ】キャリア5戦以内。

 




 

考察まとめ

枠順発表前の皐月賞の想定オッズを当サイト独自で考えてみます。

【1番人気】ソールオリエンス  [6.2倍]
【2番人気】ファントムシーフ    [7.0倍]
【3番人気】トップナイフ      [8.1倍]
【4番人気】ベラジオオペラ       [8.4倍]
【5番人気】タッチウッド      [8.8倍]
【6番人気】フリームファクシ    [8.9倍]
【7番人気】ダノンタッチダウン   [9.8倍]
【8番人気】タスティエーラ   [9.9倍]
【9番人気】シャザーン       [17.2倍]
【10番人気】マイネルラウレア   [18.0倍]
【11番人気】ホウオウビスケッツ  [32.0倍]
【12番人気】ショウナンバシット  [39.0倍]
【13番人気】ウインオーディン   [42.0倍]
【14番人気】ワンダイレクト    [65.0倍]
【15番人気】グリューネグリーン  [94.0倍]
【16番人気】メタルスピード    [102.0倍]
【17番人気】グラニット      [121.0倍]
【18番人気】ラスハンメル     [234.0倍]

おそらく1番人気はソールオリエンスかファントムシーフ。と言っても誰が見ても大混戦のメンバーなので、8番人気想定のタスティエーラぐらいまでが大混戦のGIとは思えないオッズ構成になりそうです。もう当たりさえすればだいたい万馬券のようなレースではないでしょうか。

 

最後に現時点で面白いと思う馬をピックアップ!

↓↓のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

<推奨根拠>

割とここは自信があります。前哨戦は時計のかかる馬場なので時計的な価値を見出しにくいですが、同日の3勝クラスと遜色ない時計ならレベルはまずまずだったか。何より速い流れと小回りコースを経験している点が魅力的で、お初の条件で人気馬がこぞってパフォーマンスを下げる中でこの馬があっさり突き抜けておかしくなさそう。

 

一方でちょっと危ういと思っている馬はこちら。

↓↓↓

ソールオリエンス

もう京成杯が終わった時点でこの馬が人気になるなら皐月賞は妙味ありと見ていました。京成杯はとても重賞とは言えない低レベルなメンバーでしたし、キャリア2戦ともにスローペースで経験値も皆無。横山武史騎手は完全に乗る馬を間違えた、、、という結果になると見ています。

 

先週はGIの桜花賞を◎コナコーストからきっちり本線的中!

<桜花賞 レース結果>
1着:◯リバティアイランド  1番人気
2着:◎コナコースト     6番人気
3着:△ペリファーニア    5番人気

本命にした◎コナコーストが鮫島騎手の完璧な騎乗で2着に来てくれて、内枠のライトクオンタム、ドゥアイズ、ハーパーが全て怪しい人気馬と見ていたので、コナコースト単複と◯リバティアイランド相手の馬連と三連複2頭軸が買い方としてもベストだろうという予想。印も買い方もほぼ完璧だったと思いますが、あれだけパーフェクトな騎乗を鮫島くんがしてくれたのでGIを勝たせてあげたかった・・・馬券の的中の喜びを一騎手の勝てなかったことが上回るってなかなかないです。それぐらいいまは鮫島騎手がイチオシということですかね。

 

4月-5月は本格的なGIシーズンにもなりますし、大きい当たりをたくさん出せるよう頑張りますので、ご興味ある方はぜひこの機会にメルマガを読んで見てください!

 

「毎週大きな馬券が当たる!」なんていう誇大広告をあげているところのような派手な結果は期待できませんが、そこそこ毎週当たって2、3週に1回ぐらいドッカーンと大きい万馬券がハマるような感覚で競馬を楽しみたいなら、当ブログが発行しているメルマガ「競馬をビジネスにする」がオススメです。

もう発行して6年になりますが、いまだに発行当時からの読者もいるぐらい購読期間が長い方が多いのがウチのメルマガの特徴。一般的に競馬メルマガやオンラインサロンは誇大広告で煽って一時的にお客を集めるところが多いですが、ウチはそういうところではありません。長く読み続けたい方は長く読んでもらって、少しだけかじってノウハウを身につけたら購読をやめるなんて人も全然OK。

こういうメルマガやオンラインサロンの類の中では珍しく(?)地道に真面目にコツコツと運営していますので、あまり気張らずにお試し読みをしていただければと思います。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2023年も4月になりました。

ここでは徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】先週の重賞回顧

月曜日に先週の重賞回顧を配信します。前週に行われた重賞レース出走馬全ての馬に回顧コメントをつけて配信しております。次走注目馬などもご紹介。

 

【水曜日】中央競馬の全レース回顧

水曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞プレ予想
金曜日は重賞のプレ予想を配信いたします。ここで「競馬開催日の競馬ノート」の週末のパスワードを配布いたします。ここから週末のレース予想が始まっていきます!

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

【桜花賞2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

桜花賞2021(阪神芝1600m)の考察です。 4月11日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

【高松宮記念2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

高松宮記念2017(中京芝1200m)の考察です。 3月26日に中京競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【フェブラリーステークス2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

フェブラリーステークス2020(東京ダート1600m)の考察です。 2月23日に東京競馬場で開

記事を読む

【安田記念2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

安田記念2022(東京芝1600m)の考察です。 6月5日に東京競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

エリザベス女王杯2019の予想を公開!

エリザベス女王杯2019(京都芝2200m)の予想です。 11月10日に京都競馬場で開催され発

記事を読む

【2016】菊花賞 / 枠順&展開考察(サトノダイヤモンド、ディーマジェスティ等の枠順は如何に)

今日は10/23(日)に行われる菊花賞のレース考察を行います。京都芝3000mで行われるGI戦です。

記事を読む

フェブラリーステークス2021の予想を公開!

フェブラリーステークス2021(東京ダート1600m)の予想です。 2月21日に東京競馬場で開

記事を読む

マイルCS [6] ペース予測と高速時計への対応能力

急遽、別件で福島へ行くことになりまして、福島の杉田ってところに行ってまいりました。帰りの新幹線でこの

記事を読む

日本ダービー2024の予想を公開!

日本ダービー2024(東京芝2400m)のレース予想です。 5月26日に東京競馬場で開催され発

記事を読む

宝塚記念 [4] 全頭診断その1

昨日は色んな競馬関係者の人と飲む機会があったのですが、ほとんどした話は野球の話のみという(苦笑)

記事を読む

函館2歳ステークス2024の予想を公開!

函館2歳ステークス2024(函館芝1200m)のレース予想です。

7月2週の中央競馬レースプレビュー 〜川田騎手も休養宣言でジョッキー2大巨頭が不在〜

7月2週の中央競馬レースプレビューです。 この記事は週末に行われ

【函館2歳ステークス2024の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

函館2歳ステークス2024(函館芝1200m)のレース考察です。

【函館記念2024の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

函館記念2024(函館芝2000m)のレース考察です。 7月14

7月1週のレース回顧〜猛暑到来で馬も心配になる時期ですね(汗)〜

2024年7月1週の中央競馬レース回顧です。前の週に行われた中央競馬の

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑