*

ローズステークス2018の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2018/09/16 重賞レース考察・予想

ローズステークス2018(阪神芝1800m)の予想です。

9月16日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15:35です。出走馬はサトノワルキューレ、サラキア、カンタービレ、フィニフティ、オールフォーラブ、トーセンブレスなど。阪神競馬場の芝1800mで行われるGIIです。

 

PR) 見事的中のセントウルSの買い方から考察してみた!

毎週無料買い目ばかり見てプラスで喜んでましたが、
よく見ると20倍近くの穴馬をうまく入れ込み
点数36点前後で抑えてる買い目がココは多かったです。

★9月9日「セントウルステークス」的中!
ネロ、アンヴァル、レジーナもさけ
グレイトチャーター。。。。

★阪神11R産経賞セントウルS
券種:三連単 軸1頭マルチ
14⇒02,06,07,13
点数:36点推奨:400円
投資合計:14,400円
結果:14 → 02 → 13
三連単払戻:15,660円
推奨配当:62,640円
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

京成杯オータムハンデ」も的中!
3連単 23,840円獲得!
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

勿論、毎週のように無料情報「贈」も当たる!
9/9 阪神7R  3連複 2,700円獲得!
9/8 阪神10R 3連複 2,000円獲得!

毎週見ててわかった事!
①20倍前後が買い目に出てきたら買い
②土日の無料買い目は毎週プラスなので買い
②のプラスを①につっこむと回収率ぐっとあがる方式かもです。

やっとここの使い方が分かりましたので皆さまにご報告です!
まずは無料メルマガ登録で買い目見てみてください(0円)

今すぐサイトを見に行く!

 

ローズステークス 2018予想

ローズステークスの週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

秋華賞を見据える上で最重要のトライアルと言えるのがこのローズステークス。秋華賞に直結しやすいレースではあるが、冷静に考えてみると秋華賞とは全く異なる舞台で行われるのがこのトライアルレース。

コーナー4回の2000mで激流のポテンシャル勝負になるのが秋華賞に対して、このローズステークスはコーナー2回の1800m。秋華賞ほどペースは上がりにくく、それでいてレース全体に対する直線部分の比率が秋華賞よりも明らかに大きい。必然的に秋華賞よりも末脚特化型のレースになりやすく、過去5年の勝ち馬のうち4頭が4コーナーで10番手以下というのもそれを表している。

 

改めて過去3年の直線のキャプチャ画像を見てみるが、、、

こんな感じで明らかに差し優勢のレース傾向。これだけ見ると決め手鋭い差し馬を狙えばいいレースのように見える。

 

と言っても今年のメンバーは先行馬が少ない、差し馬が多いという以前に「スタートが速い馬が致命的に少ない」のはポイントか。

内枠から見ていってもレッドランディーニ、ウスベニノキミ、スカーレットカラー、サラキア、センテリュオ、サトノワルキューレ、アンコールプリュ、トーセンブレス、ウラヌスチャームあたりは前に行きたくてもスタート微妙で前に行けないような馬ですし、今回のレースで一気にポジションを上げて・・・というのは考えづらい。

枠順並びを見てもどう考えてもラテュロスの単騎逃げが濃厚に見えるが、この馬が過去3戦で逃げている前半1000mの速さは63.6=62.4=63.4という相当なスローペース。秋華賞に出るための賞金を持っているオールフォーラヴ、カンタービレの2頭がわざわざ自分の形を崩してまで逃げを主張するとは思えず、しかも逃げているのが弱いラテュロスならばいつでもかわせるという意識から仕掛けも遅くなるだろう。

一応の重賞レースであるという事を考慮しても、前半1000m=60秒台中盤ぐらいでおさまりそうで、下手すると61秒台のペースまでありえそうな展開が濃厚。阪神競馬場の土曜日の芝レースは雨の影響もあったか完全な前残り馬場になっており、これが1日経って開幕2週目でいきなり外差し馬場に傾くとは考えづらい。おそらく時計水準は回復するがそれなりに前が残るソフト馬場になりそうな感じがしている。

コース設定上、惰性で前々で粘りこむような馬はキレ負けして厳しいとは思うが、前半1000mが60秒台中盤ぐらいかかればレース上がりは34秒を切る可能性がある。後ろで構える差し馬は馬券に絡むには33秒台フラットぐらいの決め手を要求されるレースになりそうで、ちょっとここまで考えると安易に決め手だけある馬を狙うのは危険か。ある程度の位置を取ってそこから速い上がりを使える馬を狙いたい。

というわけで予想の発表。

 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

 

ローズステークス 2018の印

本命 ◎ゴージャスランチ

本命はこういう先行馬不在の一戦で存在感を発揮する鞍上に期待してこの馬を推す。

もともと未勝利は馬の体力を押し出すような競馬を続けて勝ちきれないレースが続いていたが、3走前に出遅れのアクシデントから脚を溜める競馬を覚えた事で決め手も身についてきた印象の馬。2走前は超スローのオークストライアルで直線どん詰まりさえなければ突き抜けていた内容で、不利がなければ上がり33.2ぐらいは使えていた感じ。いくら高速馬場の東京だったとはいえ、これだけの速い上がりが出せていればそれなりにキレる馬と解釈していいだろう。前走はそれ以上のスローペース戦になってエンジンかかるのが遅れた感じだったが、最後に伸び始めてからは2着馬をゴール前で突き放していましたし余力がある勝利だったか。

今回のメンバーを見渡してみても逃げ候補のラテュロスは明らかな能力不足で、先行しそうなオールフォーラヴとカンタービレは今までのレースを見てもまず瞬発力勝負では分が悪いはず。どの騎手も先行馬不在というのはわかっていると思いますが、スタートが下手な馬が多いので脚質を変えて思い切った競馬ができるタイプの馬が多くない。その中でこの馬は前目で競馬ができるレースセンスがある上に、こういう先行馬不在のレースでは思い切った先行策を取る事が多い鞍上が騎乗。多分、今回は外目の2〜4番手ぐらい追走だとは思いますが、ラテュロスが遅いようだとこの騎手なら逃げてしまう可能性もあるかも。

馬の能力的には休養期間での成長がどれくらいあるか次第な部分はあるのですが、血統的に休み明けはベストですし揉まれない外枠が引けたのもベスト。広いコースのスローの流れを前目の位置から伸び伸びと進められれば凡走するイメージがあまり湧かず、ここはスローペースの展開と鞍上の腕を信じて本命に押してみます。

 

対抗 ◯ウラヌスチャーム

対抗は末脚の絶対値という点でウラヌスチャームに期待したい。

もともとこの馬は新馬戦で後のサウジアラビアRC3着馬をぶっこぬいてクラシック候補として期待されていた馬。新馬戦で使ったレース上がり32.0はいくらスローでも並の馬では出せるはずがないもので、この時点で素質の片鱗は見せていた。

ただ、いかにもな遅咲き血統の宿命か、それ以降は中盤が流れるレース質に対応できず、なんとか追走して最後も大して伸びずというレースの繰り返し。それでも陣営が早めに春のクラシックを諦めて自己条件をゆったりとした間隔で使った事により徐々に追走力も身につけていよいよその素質が開花というところまで来た。

ここ数戦は走るごとに一気に指数を押し上げており今まさに成長期という感じ。前走は準オープンといってもおかしくないハイレベルなメンバーが揃っていた上に、この開催の芝1800m戦では抜けて速い時計になったレース。道中のペースも淀みなく流れており、今まで弱点だったミドルラップ戦も克服。その上で直線では馬群の中で進路を確保できずに何度も切り返すロスがありながら最後は勝ち馬と並ぶところまで迫った。まずスムーズなら前走は圧勝していたはずで、そうなっていれば唯一の1000万勝ちとして今回のレースでも中心視されていたはずだ。

新馬戦で見せた圧巻の上がり32.0という末脚。そして前走で淀みない流れの中でも抜けた末脚を見せた点を見ても今回のメンバー相手でも末脚の絶対値は通用していいはず。スローペースの流れで何かが突っ込んでくるとしたらこの馬が最有力候補という感じがします。

 

単穴 ▲サトノワルキューレ

休養で立て直しができていればサトノワルキューレはここでは能力上位。

前走のオークスは能力面というよりは過酷なローテーションで馬に走れる余力がなかった感じで、直線で余力なしと感じたデムーロは最後はほとんど追っておらず、前走だけでオークス上位馬とは能力差が大きいと考えるのは安易な感じがします。

そう考えるのもそれだけフローラステークスの内容が圧巻だったから。高速馬場で逃げ先行馬が2、3着に粘る展開を一頭だけ大外をぶん回しての圧勝。あのパフォーマンスだけを見れば今年の牝馬3強に割って入れるぐらいの能力はあるはずですし、休養でフルに能力を発揮できそうな今回は巻き返しの番だろう。

若干、距離が短い感じはするが、デニムアンドルビーやタッチングスピーチのような馬もそんな感じで突き抜けていますし、フローラステークスのような鬼脚が繰り出せればここは上位だろう。

 

特注 ☆サラキア

素質は間違いなく重賞級のサラキアはこの内枠の奇数番という条件をどう克服するか。

チューリップ賞は大出遅れ、フローラステークスは内枠で直線ほとんど追えず、とここまでの重賞の2戦の敗因は明白。とにかくスタートがまともに出ないのがネックだった馬で、素質だけなら間違いなく春のクラシックでも上位争いできるような馬だったか。

ここ最近のレースを見てもスタートはそれなりにマシになってきた感じで、前走の青島特別は余裕十分での圧勝でレコードを記録。今回はスタートの遅さと馬の不器用さをある程度カバーできる条件ですし、ここは素質を見せられれば突き抜けてもいいはずだ。

ただ、前走もスタートで遅れていますし、内枠の奇数番というのはどう考えてもネック。まず間違いなく人気になるという事を考えてもこれぐらいの評価が無難か。

 

△ トーセンブレス

実績上位のトーセンブレスは鞍上の戦法が分かり切っているので評価を下げた。

アルテミスステークスこそ左回りコースで案外すぎる走りでしたが、右回りコースでは全く崩れずに堅実に末脚を伸ばしてくる馬。阪神ジュベナイルフィリーズでも桜花賞でもラッキーライラックやリリーノーブルといったあたりには差を感じる内容でしたが、今回はその2頭はいませんし桜花賞上位馬はそのままオークス上位を独占しているのでレベルは高かったと考えていいはず。

ただ、前述の通りでレース上がりが34秒を切る可能性もありそうで、そうなるとこの馬は最後方から外に回す競馬をすると分かり切っている点はマイナス。サトノワルキューレはデムーロが秋華賞を睨んである程度の位置を取りに行きそうな感じもしますし、サラキアもここで3着に入らないと秋華賞に出られないのである程度工夫して乗ってきそう。一方でこの馬は賞金を持っていて柴田善臣騎手となればいつも通りの後方待機策だろう。馬の地力でどれだけ差し込んでこれるか。

 

△ センテリュオ

数あるディープインパクト産駒の中でも上がり馬として穴党の期待を背負いそうなセンテリュオは若干評価を落とす。

この馬は全兄がトーセンスターダムで叔父にトーセンホマレボシがいるという血統背景。この家系はそこまでキレないが高速馬場の平坦コースでのハイペース持久力勝負になると異常に強いという特徴があり、この馬もまさにそんな感じの馬。

溜めてキレない割にスタートが遅いのがネックの馬で、君子蘭賞や矢車賞は後ろから徐々に位置を上げるもキレ負け。前走の都井岬特別はタイムランクAで一気に指数を押し上げての強い内容だったが、高速馬場の平坦コースでハイペースとこれ以上ない条件が揃っていた感じで、最後に全馬がバテたところを差し切っての勝利という感じの内容だった。

今回は急坂コースでそこまでハイペースにはならずの終いの決め手勝負が濃厚。見立て通りであればこの馬はそういう条件ではそこまでキレないと見てこれぐらいの評価まで。

 

△ オールフォーラヴ

アルメリア賞の時計が評価されそうなオールフォーラヴだがこのレースで走りそうな馬ではない。

ディープインパクト産駒だが母がレディアルバローザという影響で完全に母のようなキレない持久力型に出ている印象。オークスは使い詰めのローテーションが敗因とされているが、それ以前に東京コースでキレ負けした感じが否めなかった印象だ。

全兄ロードアルバータも全くキレない持久力型でしたし、この馬もベスト条件は母レディアルバローザが連覇した中山芝1800mのタフ馬場のような舞台だろう。今回はある程度の位置を取れそうなのは良いが、瞬発力勝負ではまず間違いなく劣るはず。アルメリア賞はハイペースからの持久力勝負になったのが好走できた要因に見えますし、今回はキレ負け必至と見て抑え評価まで。

 

△ ウスベニノキミ

和田騎手の位置取り次第でウスベニノキミは大穴の期待あり。

フラワーカップやフローラステークスの内容を見ても重賞好走の力はあるはずで、前走の西海賞はスローペースを見越して早めに動いた分脚が溜まらなかった感じ。相対的に今回はキレ負けしそうだが、和田騎手でこの枠ならある程度位置を取りに行く感じはあり、2年前のカイザーバルのような競馬ができれば一発あっても。

 

△ カンタービレ

抑えの抑えでカンタービレを少し。

フラワーカップはかなりの低指数レースで評価できないが、前々で競馬ができる点はこの展開と馬場ではそれなりに評価ができそう。今までキレる脚を一度も使えていないが、それは速い上がりが出せる馬場のレースが一つもなかったとも言えそうで、調教でそれなりの決め手を見せているなら克服できてもいいと見て抑えた。

 

印まとめ

◎ゴージャスランチ
◯ウラヌスチャーム
▲サトノワルキューレ
☆サラキア
△トーセンブレス
△センテリュオ
△オールフォーラヴ
△ウスベニノキミ
△カンタービレ

勝負度D

 

推奨馬券

このレースの買い方に関しましてはメルマガにてのみの公開とさせていただいております。会員様はメルマガにて閲覧ください。

重賞以外の平場の予想はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

今週は3日間開催ということで、メルマガでは平場のレースを多数配信します!メルマガに登録いただければ今夜からお読みいただけるのでぜひこの機会に読んでみてください。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、早いもので2018年も9月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行3年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】重賞回顧データ配布

ここは以前と変わらず、重賞回顧データを配布します。なるべく月曜中に重賞は回顧をお届けできるようにいたします。

 

【火曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、火曜日の夜にメルマガにて予想を配信しております。

※地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開とする場合がありますのでご了承ください。

 

【水曜日】全レース分析

水曜日には前週に行われた全レース分のデータを配布します。

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルになります。

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

また、エクセルでの全レース分析データの配信と同時に、メルマガ内にて前週の全レースの中で不利を受けたりペースに泣かされたりして次走は狙い目だと思われる馬を多数ピックアップしてお伝えしております。

↓こんな感じ↓

この次走注目馬リストをnetkeibaのMy登録馬に書きいれたり、JRA-VANのMy登録馬に書き込んでおけば、その馬が次に出走してきた時には狙い目が丸わかり!他のファンよりも間違いなく一歩先へ行った予想ができると思います。

 

【木曜日】新馬戦レビュー

木曜日は前週のレースの中でも特に新馬戦だけを抜き出して、そのレースレベルや勝ち馬の将来性についてを配信しております。

↓こんな感じ↓

水曜日に全レースの回顧を配信した上で、新馬戦に関してはここまで細かいレビューを出しています。まず他ではここまでの回顧は出していないでしょう。とにかく競馬を極めたいマニアな方のために新馬もここまでやっちゃいます。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

関連記事

【神戸新聞杯2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

神戸新聞杯2017(阪神芝2400m)の考察です。 9月24日に阪神競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【2016】きさらぎ賞の予想を公開!

【東スポ看板記者の予想はやっぱりすごかったです!】 東スポにて看板記者として活躍している虎石晃

記事を読む

アンタレスS [2] 不安を抱える上位人気陣

月9の「我が家へようこそ」を見ました。 池井戸潤ってこんなのも書いてたんですね。結論として成功

記事を読む

【2016】中山牝馬S / レース考察(中山芝1800mで行われるGIII戦を徹底考察します)

今日は3/13(日)に行われる中山牝馬ステークスのレース考察を行います。中山芝1800mで行われるG

記事を読む

フェアリーS [3] 有力馬の評価を公開

前回エントリーではフェアリーSって意味ないんじゃない?っていう導入を書いたと思いますが、今年はその割

記事を読む

京成杯 [2] 中山替わりが強調できるハービンジャー産駒

ようやくお酒も解禁できました。大好きな赤ワイン。久しく弱っていて飲めていなかったためバルバレスコを発

記事を読む

エプソムC [2] エイシン×サトノの一騎打ちか?

やらなければいけない仕事をそっちのけで3時間野球を見た挙句、サヨナラでホームランを打たれた昨日のやる

記事を読む

【2016】紫苑S / 枠順&展開考察(ビッシュ、パールコード等の枠順は如何に)

今日は9/10(土)に行われる紫苑ステークスのレース考察を行います。中山芝2000mで行われるGII

記事を読む

【2016】大阪杯の予想を公開!

今日は4/3(日)に行われる大阪杯の予想です。阪神2000mで行われるGII戦です。 【PR】今週

記事を読む

【紫苑ステークス2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

紫苑ステークス2017(中山芝2000m)の考察です。 9月9日に中山競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑