*

5月4週のレース回顧〜第90回日本ダービー馬はタスティエーラ号〜

公開日: : 最終更新日:2023/05/30 レース回顧

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないので、2022年はサクッと短時間で書けるぐらいの量で回顧を続けていければと思います(メルマガでは通常営業でボリュームある回顧を書きます)

 




 

先週のレース回顧でも書きましたが、先週は北海道に行っておりました。目的はばんえい競馬を見に行くため。

帯広でばんえい競馬を見た後、ここからは完全にプライベートで富良野に行ってきました。

 

個人的に「北の国から」が大好きで、年1回は見直しているぐらいに好きなのですが、今回初めて富良野でそのロケ地巡りに行ってきました。初めていく石の家、あまりにも素敵すぎて感動しました。

 

観光客もほとんどいなかったので石の家の中でパソコンを開いてオークスの回顧なんか書いてみたり。本当にのどかで何もないところでしたが、実に良いリフレッシュになりました。

 

恒例の先週末の競馬の中で次走に注目したい馬のブログ版。これのフルボリュームverをメルマガでは毎週配信しておりますので、ご興味ある方は読んでみてください。

今週は目黒記念よりこの馬をピックアップ。

その馬名はブログランキングの先でご覧ください。

↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

騎手は完璧な競馬。2200m地点までは突き抜けるかという手応えだったが、最後に伸びあぐねたあたり距離が長いんだろう。2000m路線で見てみたい。

 

<日本ダービー レース結果>
1着:消タスティエーラ   4番人気
2着:▲ソールオリエンス  1番人気
3着:◯ハーツコンチェルト 6番人気

今年の日本ダービーは不確定要素の連続で競馬の怖さをそのまま表現したようなレースになりました。

まず最初の不確定要素はスタート直後にドゥラエレーデが落馬したことでしょう。おそらくドゥラエレーデが無事にレースに参加できていれば、鞍上が坂井騎手だったことを考えても逃げたパクスオトマニカを突く競馬をしていたはず。一応はGI馬ですからドゥラエレーデが2番手を取れれば後続のプレッシャーも厳しくなったはずで、ちょっとこの落馬でレース展開が想定とは変わってしまいました。

ただ、それにしても前半1000m=60.4で3コーナーからパクスオトマニカが引き離し気味の逃げを打ったのに誰もついていかず、、、というのはちょっと興醒め。2番手のホウオウビスケッツの丸田騎手が溜め殺しで蓋をしてしまったのが大きかったと思いますが、日本最高峰のレースでこういう競馬になってしまったのはちょっと残念です。結果的にダービー史上に残る大凡戦になってしまいましたね。

2番手以下は超スローペースになって、最も良い位置を取れていたタスティエーラがレースセンスを活かして勝利。といっても最後の脚色は完全にソールオリエンスとハーツコンチェルトの方が上でしたし、まともにペースが流れていたらこの2頭にはあっさり差されていた感じはします。

そして触れなければいけないのは2番目の不確定要素、スキルヴィングの心不全発症でしょうか。もう直線入り口の手応えで完全に突き抜けるかなと思いましたが、そこから反応がまるでなくみなさんご存知の結果に・・・これで青葉賞ローテからのローテがきついからだと批判している方もいましたが、最も悲しいのは管理している厩舎の方や牧場の方でしょうし、この心不全は誰のせいでもないでしょう。人間だって突如こういうことは起きてしまいますしね。

今年の日本ダービーはスキルヴィング、ハーツコンチェルト、ソールオリエンスの3強と見て3頭しか印を打っておらず、なおかつ割と自信があったんですが、競馬は不確定要素に左右されることもあって怖いものだなというのを改めて思いました。それと同時にさすがにここまでの大凡戦を日本ダービー級のレースでやってしまってはダメだろというのも・・・

馬券はハズれということで良いので、しっかり平均的にペースが流れた上でタスティエーラ、ソールオリエンス、ハーツコンチェルト、スキルヴィングの4頭が力を振り絞ってどんな結果になったんだろう、、、というのを違う世界線で見てみたいダービーでした。

去年もダービーは馬券ハズれたんですが、去年みたいな素晴らしいレースを見れたらハズれても良いものを見た感ありますしね。とりあえず今年のダービーに関しては予想の後悔は全くありません!

 

<目黒記念 レース結果>
1着:消ヒートオンビート  4番人気
2着:◯ディアスティマ    6番人気
3着:▲サリエラ      1番人気
4着:◎ゼッフィーロ    3番人気

東京芝2500mに適性が最も高いのは◎ゼッフィーロと見ていたのでここの本命は早々に確定。ただ、最近の目黒記念及び東京芝2500m重賞は本当にクソみたいなスローペース戦ばかりになっているので、今年もそんなレースになるかなぁと危惧して前に行く◯ディアスティマとのダブル本命に。

日本ダービーが超スローの恐ろしい大凡戦になったので、その反動から目黒記念はペース流れるかなと見ていましたが、こちらもディアスティマの超楽逃げに・・・スローの凡戦になると危惧してダブル本命にしたのは良かったんですが、あれだけ観客が集まる大レースDAYに2戦連続この競馬はないんじゃないかと、、、

ディアスティマの単勝が本線馬券だったのでそれはもらったかなと思いましたが、最後の最後にヒートオンビートに差されて無念。印は3頭だけで2、3、4着で予想の方向性は間違っていなかったと思いますが、この日のダミアンレーンは確変して凄かったということですね。あっぱれです。こちらに関しても予想の後悔は全くありません!

 

<葵ステークス レース結果>
1着:消モズメイメイ     4番人気
2着:☆ルガル        2番人気
3着:◯ビッグシーザー    1番人気
11着:◎ヤクシマ      9番人気

ここはもう今まで見たことないような抜群のスタートをモズメイメイが決めた時点で勝負ありましたね。ほんとうにあんなすごいスタート見たことありません。

超高速馬場であれだけスタートで差をつけられれば誰もせりかけられませんし、楽逃げは確定的。あんまりレース負荷はかからない展開になって立ち回り勝負になりました。走破時計は1:07:1ですが、超高速馬場の特殊な展開だったので、あんまり評価はしない方がいい気はします。

 

先週は3つあった重賞で目黒記念だけ元返しのワイド的中も後の2つはハズレ。ただ、先ほども書いた通りで目黒記念とダービーは全く後悔のない予想でしたし、まぁこういう週もあるかなという感じです。

平場のレースの方は何か少しだけ噛み合わないレースの連続。本命馬が4着だったり、少し予想がズレて1−3着だったり、そんな感じのレースが多くて不完全燃焼に終わりました。

まぁ今週末に良いイメージをつけるためにも、惜しい中でも良い予想ができたなぁというのは載せておきます。

↓↓↓

↓↓↓

[5/27(土)] 京都3R サラ3歳未勝利 芝1800m

◎8   ブルーウィン <次走注目馬>
◯16 ガットネロ
▲13 エレガントギフト

[馬場]S=超高速 [バイアス]フラット [展開]スロー [レース質]■□□■ [勝負度]F

【本命 ◎8 ブルーウィン】

この馬は2走前の京都コースでの未勝利が開幕週なのに大外を回して見せ場十分の競馬。そのレースぶりから未勝利では上位と見ていたが、前走の東京コースでの未勝利がかなり楽なペースで逃げられて少し案外な競馬。スローからのキレ負けだったのか、左回りコースがダメだったのか、それとも逃げる競馬がダメだったのか。今回は京都といっても外回りコースでどうかとは思うが、京都コースで巻き返す可能性も。ここは自信なし。

【対抗 ◯16 ガットネロ】

もう戦績通りで未勝利では上位。前に行ける脚質も有利ですし、まぁここは崩れないでしょう。

【単穴 ▲13 エレガントギフト】

2戦目の前走が素晴らしい内容。大外を回ってあの競馬なら評価していいはずで、前走の2着馬はすでに未勝利を勝ち上がった後に1勝クラスも連勝した。そことの比較でも上位だろう。

【推奨買い目】

ワイド 8→16,13

三連複 8,16,13

<レース結果>
1着:◎ブルーウィン    5番人気
2着:▲エレガントギフト   2番人気
3着:消プレッジ      7番人気
4着:◯ガットネロ     1番人気

ここは買い方をミスしたのもありますが、ガットネロが最初のコーナー手前で致命的な不利を受けて下がってしまったですよねぇ・・それがなければ3着には来ていたと思うので、ダービー同様に不確定要素の怖さですね。予想は完璧だったと思います。

 

[5/27(土)] 東京7R サラ3歳1勝クラス 芝1400m

◎10 シャドウフューリー <次走注目馬>
◯7   バースクライ
▲8   ケイデンシーマーク
☆12 トーセンエスクード
△1,4,5,9,13

[馬場]S=超高速 [バイアス]ややイン先行 [展開]スロー〜ミドル [レース質]□■□■ [勝負度]E

【レース見解】

1勝クラスにしてはかなり骨っぽいメンバーが揃った印象。最近の東京芝1400mは上級戦になればなるほど絶対的な脚力勝負になりますし、ここも高速馬場でスローペースになるかもしれませんが脚力上位の馬を順当に評価したい。

【本命 ◎10 シャドウフューリー】

未勝利を勝つまでに時間はかかったが、単純に相手が強かっただけで能力は1勝クラスでも上位。未勝利終盤は積極的な競馬で好走していたが、それはなんとか未勝利を勝ち上がるための最善策だっただけで、ショウナンアレクサの未勝利やニシノライコウの未勝利を見てもある程度溜めて決め手を活かす競馬の方が合っていそう。

昇級初戦の前走は徹底先行マン=坂井騎手がハイペースでぶっ飛ばす逃げ戦法。かなりのハイレベル戦で相手が強かった上に前半3F=34.0のハイペースで逃げとなれば最後に止まってしまったのも仕方がなかったか。それでも1400m通過地点は1分20秒台後半で走れていますし、厳しいペースで展開が向かない中でこれだけの時計で走れていれば評価していい。

今回は1400mに距離を短くしてある程度溜める競馬をしてきそう。徹底先行マンの坂井騎手からそつなく乗ってきそうな戸崎騎手に乗り替わるのも良さそうですし、スムーズに好位〜中団ぐらいから決め手を活かせればやれていいはず。

【対抗 ◯7 バースクライ】

ハーツクライ産駒だが母系の影響が強く出て距離に限界がありそう。マイルだと長く脚が使えないタイプで、おそらくベスト条件は1400mで一瞬の脚を活かしてこそだろう。

前走はマイルの外枠で折り合い難しい中でよく走っていますし、今回は距離短縮でベスト条件になりますし、こういう馬はいかにもルメールが得意としている舞台。順当に走ってきそうだ。

【単穴 ▲8 ケイデンシーマーク】

休養を挟んで距離を短くした前走が圧巻のパフォーマンス。京都コースで終始外を回して他馬を子ども扱いしましたし、まず昇級して即通用と見ていいか。半兄がフェイムゲームとケイデンスコールなら東京コースも合いそうですし、ここでも好勝負になると見ます。

【特注 ☆12 トーセンエスクード】

一連のレースぶりを見ても脚力はこのクラスでも上位。前走で距離をこなしたのは収穫ですし、同じくらいの末脚が使えそうなサトノヴィレとの比較でもこちらの方がスムーズな競馬ができそうだが。

【△1 サトノヴィレ】

一連のレースぶりを見てもこのクラスでも脚力上位。ただ器用さがないタイプで、今回の条件と相手で1枠で三浦騎手となると詰まって全力スパートできないイメージしか湧かない。

【△4 ディナトセレーネ】

圧巻だった未勝利勝ち以降がイマイチのパフォーマンス。レッドファルクス産駒でここ2戦がマイルで最後に止まっているので距離短縮が向く可能性もあるが、これまでキレを見せていないパワータイプなので東京コースのキレ勝負がダメな可能性も。

【△5 ハーエクセレンシー】

脚力はクラス上位だが前走に関してはハイペースで展開が向いている。今回はなかなか骨っぽい馬が揃いましたし、これまでのような後ろから末脚を伸ばす競馬で届くだろうか。

【△9 ニシノピウモッソ】

前走は明らかにマイルの距離が長かった感じ。今回は距離短縮自体は良さそうだが、この条件でもジリっぽさを出す馬。なかなか骨っぽいメンバーが揃ったので相手関係がどうだろう。

【△13 トーセントラム】

めちゃくちゃなローテで使われてきたが、ちゃんと休養を取った2走前が高指数の内容。まともならこのクラスでも通用して良さそうですし、差しが決まるレースになれば。

【推奨買い目】

三連複 10→7,8→7,8,12,1,4,5,9,13 本線ベース

三連複 10,7→8,12,1 重ね買い

三連複 10,7,8 重ね買い

単勝 10 シャドウフューリー ボーナス

【買い目及び予想のポイント】

ここは次走注目馬◎シャドウフューリーが思ったよりも人気がない。素質上位に見える◯▲を2列目において三連複フォーメーションを買いたい。

<レース結果>
1着:◎シャドウフューリー 6番人気
2着:△サトノヴィレ     2番人気
3着:☆トーセンエスクード 4番人気
4着:◯バースクライ    1番人気

ここも本命馬が勝ってくれたのに絶妙に買い方を間違えた感じが。バースクライはルメールが明らかに早めに仕掛けちゃいましたね泣

 

[5/27(土)] 東京11R 欅S サラ4歳上OP ダート1400m

◎7   ジレトール
◯16 バトルクライ
▲15 ルコルセール

[馬場]C=標準 [バイアス]フラット [展開]ミドル [レース質]□■□■ [勝負度]F

【本命 ◎7 ジレトール】

3歳時に昇竜Sと端午Sで現在のダート短距離最強級のリメイクと接戦。かなりのハイレベル戦だった薩摩Sでアラジンバローズ相手に接戦できている点を見ても古馬オープンで十分に通用する馬。芝血統ということもあって少し揉まれ弱いところがあり、前走はタフ馬場の内枠からハイペースを揉まれ込む競馬になって厳しかった。

今回は中枠なので揉まれずに自分のリズムで競馬ができても良さそうですし、スムーズな競馬ができればここでも通用していいでしょう。

【対抗 ◯16 バトルクライ】

ここ2戦で接戦だったレモンポップ、タガノビューティー、ドライスタウトといった馬はどれもその後に重賞で好走。どう考えてもオープンレベルでは抜けている馬に見えますし、今回は休み明けでも鞍上が川田騎手なら格好をつけてきそう。

【単穴 ▲15 ルコルセール】

名古屋城Sは2着馬ヴァンヤールを筆頭に上位馬が軒並み次走以降で活躍しているハイレベル戦。この馬は1800mでは少し距離が長いと思いますし、スピードを活かせるこの条件で外枠から揉まれない競馬ができれば有力。

【推奨買い目】

単勝 7 ジレトール

ワイド 7→16,15 (7→16は重ね買い)

三連複 7,16,15

<レース結果>
1着:◯バトルクライ    1番人気
2着:◎ジレトール       5番人気

印3頭でラスト100m地点ではもうその3頭で決まりかなという感じだったんですが、最後の最後にジレトールは差されて単勝が当たらず、3着争いもルコルセールが差されてワイドと三連複も当たらず・・・ここ取れてたらだいぶ大きかったんですがねぇ。安いワイドだけ。

 

[5/28(日)] 京都3R サラ3歳未勝利 芝1600m

◎8   デアデルマーレ
◯15 ピピオラ

[馬場]S=超高速 [バイアス]フラット [展開]ミドル [レース質]□■□■ [勝負度]F

【本命 ◎8 デアデルマーレ】

これまでの戦績を見てもふわっと溜めて乗る戦法がベスト。特にワンターンのマイル戦が最も適性高そうで、エアメテオラの未勝利ではタイムランクAのハイレベル戦で大外から勢いよく差してきて見せ場十分の競馬だった。

前走はタフな小倉の馬場が合わなかっただけに見えますし、今回は久々のワンターンのマイル戦。今の京都の馬場は決め手が活きる絶好馬場に見えますし枠順も最高。団野騎手が上手く末脚を引き出してくれれば有力。

【対抗 ◯15 ピピオラ】

新馬戦は終始外外を通って不利も受けて脚を余す内容。2戦目のエアメテオラの未勝利は一見すると見せ場がないように見えますが、タイムランクAのハイレベル戦でこの馬も完全タイム差-0.2で走れている。スローからの加速戦で展開も向いていませんでしたし、今の時期の未勝利戦でほどほどに上がりもかかるレースになれば十分にやれていいか。

【推奨買い目】

単勝 8 デアデルマーレ

ワイド 8→15

<レース結果>
1着:◯ピピオラ      7番人気     
2着:◎デアデルマーレ   1番人気

ここは印2頭でそのままワンツーで予想は完璧だったんですが、買い方的に少し反省。馬単マルチあたりを買っていれば相当大きかったですからねぇ・・・

 

[5/29(日)] 京都9R 與杼特別 サラ4歳上2勝クラス ダート1900m

◎13 ワセダハーツ <次走注目馬>
◯5   グーテンドラーク
▲4   ヴォルゴグラード <次走注目馬>
☆11 キタノセレナード

[馬場]C=標準 [バイアス]フラット [展開]ミドル [レース質]■□■□ [勝負度]E

【レース見解】

雨が降った後ほどではないが京都ダートはタフな馬場。そんな馬場の1900mとなるとかなりスタミナが問われるはずで、ここは上位馬と下位馬で能力差がはっきりあるので印を絞って買いたい。

【本命 ◎13 ワセダハーツ】

ダートの良血馬らしくもともとしっかりとした末脚を使える馬だったが、休養を経てのここ2戦がこっそりパフォーマンスを上げてきている印象。天白川特別は水の浮く不良ダートで終始外外を通って厳しい競馬になっていましたし、アスクドゥラメンテの2勝クラスも前が止まらない高速馬場で1頭だけ外から差し込んできて強い内容。以前のこの馬なら差し込んでこれるような馬場には見えませんでしたし、ここに来て力をつけてきているはず。

今回は同じ条件でも良馬場開催で差しが決まりやすい馬場になりますし、ハギノロックオン、アスクドゥラメンテ、ホウオウフウジンあたりの骨っぽいメンバーがいた前走に比べればメンバーレベルも手薄。しっかりスタミナが問われて差しが決まるレースになれば差し込んでこれると思います。

【対抗 ◯5 グーテンドラーク】

初ダートだった2走前は好位から後続を突き放す一方のワンサイドゲーム。特殊な高速馬場だったとはいえ、あのレースぶりなら相当に強いと思いますし、このクラスでも通用しそう。前走は内枠で揉まれ込んでダメだった感じで、おそらくそれを踏まえて今回は揉まれないように外目にエスコートをしてきそう。スムーズな競馬さえできればあっさりまで。

【単穴 ▲4 ヴォルゴグラード】

1勝クラス勝ちの時に倒したトウセツ、メイショウユズルハなどはどれも準オープン以上で活躍している馬で、素質は明らかに2勝クラスでは上位。近走は馬場や展開、出遅れなどでスムーズな競馬ができておらず、今回はまともな競馬ができれば巻き返してもいい。

【特注 ☆11 キタノセレナード】

近走を見てもスタミナ条件でパフォーマンスを上げるホッコータルマエ産駒。前走は川田騎手が完璧に捌いての好走なので、今回は休み明けで鞍上弱化でどこまで。それでもこのメンバーなら上位だろう。

【消15 インテンスフレイム】

父パイロ×母ティップトップで完全な短距離血統。もともと1800mでも距離が長い感じを見せていた馬で、1勝クラスが低レベルになってきたから1800mでも対応できていた感じ。今回はタフな馬場の1900mで昇級初戦となるとあっさり崩れそうだが。

【推奨買い目】

単勝 13 ワセダハーツ

馬連 13→5,4,11 (13→5は重ね買い)

三連複 13→5,4,11 (13,5→4,11は重ね買い)

馬単 13→5,4,11

【買い目及び予想のポイント】

ここはタフな馬場でスタミナを問われれば次走注目馬◎ワセダハーツがやれそう。相手は3頭に絞れそうなので、上手いこと印の馬で決まってほしい。

<レース結果>
1着:◎ワセダハーツ    5番人気
2着:消シュガーコルト     9番人気
3着:消インテンスフレイム 2番人気

ここは次走注目馬のワセダハーツは素晴らしい競馬で勝ち切ってくれたんですが単勝だけ。相手3頭に絞ったんですが、そのうちのグーテンドラークがスタートで出遅れ。ヴォルゴグラードが奇策の逃げ戦法で途中で捲り馬に潰されて終了。うーん、なかなかどの馬も難しい競馬を選択してしまいました。

 

[5/28(日)] 京都10R 安土城S サラ4歳上OP 芝1400m

◎7   ビューティフルデイ
◯12 ママコチャ

[馬場]S=超高速 [バイアス]フラット [展開]ミドル [レース質]□■□■ [勝負度]F

【レース見解】

京都芝は予想通りに超高速馬場。とはいえ外からの差しも決まる馬場で、なかなか狙い所が難しい。ここはあんまり前に行く馬がおらず、ただ後ろから外を回す馬よりはそれなりに位置が取れる馬を買いたい。

【本命 ◎7 ビューティフルデイ】

マイルでは少し折り合いが難しく、1200mでは少しキレが足りない馬。ちょうどドンピシャで1400mが合う馬で、この距離に限ればほぼパーフェクトな戦績。準オープン勝ちは好位から好時計でテンハッピーローズを完封しましたし、おそらくあのレースぶりならオープンでも十分に通用していいはず。

近2走はどちらも長期休養明けで厳しかったと思うが、信越Sはインを突いて直線どん詰まり。春雷Sはタフな馬場も厳しかった上に1200mでキレ負けしていた感じで、それで休み明けでこれだけ走れていれば上出来か。

今回はこのメンバーで1400mならスッと位置を取れそうですし、好位で溜めて末脚を活かす競馬ができればここでも十分にやれて良さそうな感じがします。

【対抗 ◯12 ママコチャ】

条件戦時代の走りだけを見れば間違いなくオープン重賞で通用する馬。ここ2戦は案外すぎる競馬だが、ターコイズSはスムーズさを欠いていましたし、阪神牝馬Sは出遅れて流れに乗れなかった。

これまでのレースぶりから折り合いを気にしなくていい1400mはベスト条件に見えますし、あんまり先行馬がいない中で前目で折り合う競馬ができれば有力ではないでしょうか。

【推奨買い目】

単複 7 ビューティフルデイ

ワイド 7→12

馬連 7→12

【買い目及び予想のポイント】

ここはフルゲート戦で馬場も難しいですが、◎ビューティフルデイが人気にないなら面白いはず。何が来るのかはわからないので印は広げすぎずに・・・

<レース結果>
1着:◯ママコチャ     1番人気
2着:消ビーアストニッシド   2番人気
3着:◎ビューティフルデイ 7番人気

ここは本命の◎ビューティフルデイが藤岡騎手の完璧な競馬で3着。ただ、ビーアストニッシドに最後に破られてしまって馬連まで当たらず・・・うーん、先週はこういう結果が多かったですね。

 

本当に平場のレースがこんな結果の連続で、ダービーがあんなレースになってしまい、目黒記念も平場のレースの焼き増しのような悶絶の結果に・・・まぁ競馬は不確定要素が多いゲームですから、その不確定要素がこちら側に味方にならない時もあるかなと。予想の方向性は間違っていないので今週末にその分取り返します!

 

なんだか本当に最近は馬券の調子が良くて、4月から土日全てほぼ負けなしぐらいの成績。5月はダービー州を除けば今のところ全ての週でトントンor勝利で終えられていますし、かなり良いバイオリズムができていると思います。平場のレースもそうですが重賞レースを当てられているのが良いですね。

ただいま4月から絶好調を維持しており、最近は東京競馬場で重賞を連続的中できております!!

 

<青葉賞 レース結果>
1着:◯スキルヴィング   1番人気
2着:◎ハーツコンチェルト   2番人気
3着:△ティムール     11番人気

<NHKマイルカップ レース結果>
1着:◯シャンパンカラー  9番人気
2着:△ウンブライル    8番人気
3着:△オオバンブルマイ  3番人気

 

<京王杯スプリングカップ レース結果>
1着:◯レッドモンレーヴ  2番人気
2着:消ウインマーベル     7番人気
3着:◎ダディーズビビッド 6番人気
4着:▲アヴェラーレ    4番人気

 

<オークス レース結果>
1着:◎リバティアイランド  1番人気
2着:◯ハーパー       2番人気
3着:☆ドゥーラ       15番人気

この勢いで安田記念も当てちゃいましょう!!

好調の要因はいろいろある感じがしますが、一番大きいのはいま競馬が非常に楽しめているので日常のほぼ全ての時間を競馬に注ぎ込めていることかなと思います。やはり好きこそ物の上手なれ、だと思いますし、好きだということに勝るパワーはないでしょう。この情熱を5月、6月と持って続けていけば、気づいたら大得意としている夏競馬シーズン。そんな感じで突っ走っていきたいと思います。

というわけで、今週もブログおよびメルマガの方を何卒ご贔屓いただけますと幸いです!!安田記念も楽しみましょう!

 

「毎週大きな馬券が当たる!」なんていう誇大広告をあげているところのような派手な結果は期待できませんが、そこそこ毎週当たって2、3週に1回ぐらいドッカーンと大きい万馬券がハマるような感覚で競馬を楽しみたいなら、当ブログが発行しているメルマガ「競馬をビジネスにする」がオススメです。

もう発行して6年になりますが、いまだに発行当時からの読者もいるぐらい購読期間が長い方が多いのがウチのメルマガの特徴。一般的に競馬メルマガやオンラインサロンは誇大広告で煽って一時的にお客を集めるところが多いですが、ウチはそういうところではありません。長く読み続けたい方は長く読んでもらって、少しだけかじってノウハウを身につけたら購読をやめるなんて人も全然OK。

こういうメルマガやオンラインサロンの類の中では珍しく(?)地道に真面目にコツコツと運営していますので、あまり気張らずにお試し読みをしていただければと思います。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2023年も5月になりました。

ここでは徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】先週の重賞回顧

月曜日に先週の重賞回顧を配信します。前週に行われた重賞レース出走馬全ての馬に回顧コメントをつけて配信しております。次走注目馬などもご紹介。

 

【水曜日】中央競馬の全レース回顧

水曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞プレ予想
金曜日は重賞のプレ予想を配信いたします。ここで「競馬開催日の競馬ノート」の週末のパスワードを配布いたします。ここから週末のレース予想が始まっていきます!

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

12月2週のレース回顧〜外国人騎手9週連続GI制覇

さて先月からブログの方できちんとレース回顧を書いています。 重賞レースの簡単な回顧(詳細回顧は

記事を読む

10月3週のレース回顧〜雨+風で予想以上にタフになった秋華賞デーの阪神〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

12月3週のレース回顧〜極端な馬場の時のレースの難しさ〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

5月5週のレース回顧〜今年のダービー馬はシャフリヤール!東京芝重賞は外差し馬場の影響を多分に受けた〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

3月1週のレース回顧〜世代最初のトライアルは波乱模様

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

7月2週のレース回顧〜競馬の予想よりも天気の予想の方が難しい週末でした〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

12月4週のレース回顧〜やはり化け物は2頭いた、リスグラシュー有終の豪脚〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

2月2週のレース回顧〜超一流騎手たちの妙技に感激〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

1月4週のレース回顧〜条件問わずに活躍見せる4歳馬

さて、先週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かない

記事を読む

2月4週のレース回顧〜陽気も暖かく本格的に春競馬も始まりましたね〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

函館2歳ステークス2024の予想を公開!

函館2歳ステークス2024(函館芝1200m)のレース予想です。

7月2週の中央競馬レースプレビュー 〜川田騎手も休養宣言でジョッキー2大巨頭が不在〜

7月2週の中央競馬レースプレビューです。 この記事は週末に行われ

【函館2歳ステークス2024の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

函館2歳ステークス2024(函館芝1200m)のレース考察です。

【函館記念2024の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

函館記念2024(函館芝2000m)のレース考察です。 7月14

7月1週のレース回顧〜猛暑到来で馬も心配になる時期ですね(汗)〜

2024年7月1週の中央競馬レース回顧です。前の週に行われた中央競馬の

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑