*

2月3週のレース回顧〜東京ダートは中京並のイン先行バイアス発生〜

公開日: : レース回顧

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないので、2021年はサクッと短時間で書けるぐらいの量で回顧を続けていければと思います(メルマガでは通常営業でボリュームある回顧を書きます)

 




 

最近は外で気軽に飲むこともできず、かといって家でそんなに飲む気にもならない。週末はお酒飲めないしなぁ、、、ということでノンアルコール飲料を色々試しているんですが、これに凄くはまりました!

ノンアルコールビールとかですと、ちょっと我慢しながら飲んでいる感じがしたのですが、これは普通にレモンサワーと全く変わらないので何も苦なく美味しく飲めます。車を運転してきた時とかでも、これなら自分だけ飲めなくても不満なしかもしれません。

ぜひ買って飲んでみてください(^^)

 

というわけで、早速競馬の話に移りましょう。

恒例の先週末の競馬の中で次走に注目したい馬のブログ版。これのフルボリュームverをメルマガでは毎週配信しておりますので、ご興味ある方は読んでみてください。

今週は京都牝馬ステークスからこの馬をピックアップ。

その馬名はブログランキングの先でご覧ください。

↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

<推奨根拠>

外枠で前に壁を作れず終始折り合いを欠くようなレースぶりで、同じような位置にいた馬が全滅した中で差のない競馬にまとめたんですからこの馬は強いでしょう。内枠を引いてたら・・・とことごとく思いますね。しばらくは適性条件がなさそうなので、1400mで前に壁を作れる枠を引けた時に狙いたいところです。

 

ちょっと先週は重賞が4つもあって、普通の回顧でもいっぱいいっぱいなのでブログ回顧はフェブラリーステークスのみとさせてもらいます。

<フェブラリーステークス レース結果>
1着:△カフェファラオ 1番人気
2着:☆エアスピネル 9番人気
3着:△ワンダーリーデル 8番人気
9着:◎アルクトス 2番人気

もうフェブラリーステークス及び日曜の東京ダート戦は馬場バイアスが全てだったんではないでしょうか。

土曜日からやたらに前に行った馬と内枠の馬しか来ないなぁ・・・というレースが続いていたのですが、風の影響かもと思いそこまで極端に考えていませんでしたが、日曜日は土曜以上にその傾向が強くなっていて、フェブラリーステークスもその影響が顕著に出た感じ。

ペースが速くなっても外を回した馬は全く来れませんでしたし、終始インを通ってきたカフェファラオ、エアスピネル、ワンダーリーデル、エアアルマスが上位を独占。一頭だけ外から突っ込んできたレッドルゼルが一番強い競馬をしていたのが印象的でした。

もう中京競馬場かと思わせるぐらいにイン先行バイアスが強かった感じで、東京最終レースも前に行った馬+1枠の大穴2頭で決まっての大波乱に・・・なかなかここまで凄いバイアスが発生するのも珍しいですね。本当に何が原因でここまでのイン先行バイアスが発生したんでしょうか?風の影響でダートの内側だけ砂が浅くなっていたのかもしれないですね。

 

そんなわけで当初からアルクトス本命でいいや、と思って本命そのままで挑みましたが、アルクトスに取ってのベストの競馬=揉まれずに外を通ってスムーズな競馬、がそのまま馬場バイアスにとって最悪なレースぶりになってしまった感じ。田辺騎手は完璧な騎乗だったと思いますが、この馬場では無理でしたね。そもそも能力面でも劣っていた感じもしましたが。

最後に若干エアスピネルと本命を迷ったのですが、エアスピネルを本命にしていても相手2頭を本線で買えていたかは怪しいところ。おそらくアルクトス、サンライズノヴァ、ソリストサンダーあたりを2列目に置いていたと思うので、外を回した馬が全アウトの馬場ではどっちみち外していた感じはします。中央GI初戦は完敗です(>_<)

 

 

ちょっと今週は回顧量が多すぎるので、ブログ回顧はちょろっとで失礼します。

本当に中央重賞が全く当たらないのでどうしたもんか・・・という気持ちでいっぱいですが、平場の買いたいレースは当たっていて、地方交流重賞は全勝なので、中央重賞だけどうしたもんでしょうか(苦笑)

あんまり考えすぎても悩みそうなので、まぁ中央重賞はいずれ当たるかなーと考えつつ、やるべきことをやって行こうかなと思います。そんなわけでまずは大量のレース回顧に取り組んで参ろうと思います。

また来週!!!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2021年も2月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【火曜日】先週の重賞回顧

火曜日に先週の重賞回顧を配信します。後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。

 

【水曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【木曜日】中央競馬の全レース回顧

木曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

11月3週のレース回顧〜素直に完敗、全く見当もしない結果に終わったエリザベス

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

6月1週のレース回顧〜不利はある程度予測できたか??〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

12月3週のレース回顧〜朝日杯はやはり牡馬のものだった

さて先月からブログの方できちんとレース回顧を書いています。 重賞レースの簡単な回顧(詳細回顧は

記事を読む

4月1週のレース回顧〜驚きのレイパパレ逃げ切り圧勝。怒涛のGI開催は波乱のスタート〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

3月3週のレース回顧〜2強オッズになりそうな皐月賞

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

3月1週のレース回顧〜いよいよトライアルが始まるも、その価値は例年低下〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

2月4週のレース回顧〜競馬は難しく、だからこそ奥深い〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

1月4週のレース回顧〜条件問わずに活躍見せる4歳馬

さて、先週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かない

記事を読む

2月1週のレース回顧〜小倉より、矢作調教師の眼力に脱帽〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

5月2週のレース回顧〜1分30秒5という衝撃〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

新潟大賞典2021の予想を公開!

新潟大賞典2021(新潟芝2000m)の予想です。 5月9日に新

NHKマイルカップ2021の予想を公開!

NHKマイルカップ2021(東京芝1600m)の予想です。 5月

京都新聞杯2021の予想を公開!

京都新聞杯2021(中京芝2200m)の予想です。 5月8日に中

【新潟大賞典2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

新潟大賞典2021(新潟芝2000m)の考察です。 5月9日に新

【京都新聞杯2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

京都新聞杯2021(中京芝2200m)の考察です。 5月8日に中

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑