*

6月2週のレース回顧〜ずっと函館開催でいいのに〜

公開日: : レース回顧

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないので、2020年はサクッと短時間で書けるぐらいの量で回顧を続けていければと思います(メルマガでは通常営業でボリュームある回顧を書きます)

 




 

おはようございます。なんだか週末のジメジメ天気とは打って変わって凄く今日は暑いですね・・・朝から萎えています。

コロナウイルスの昨日の東京の感染者数が40人を超えたということで、着実に第2波の足音が迫っているような感じ。また大規模な自粛となるとさすがに、、、なのでもういい加減にコロナは暑さでくたばって欲しい。宇宙戦争の衝撃のラストシーンみたいな感じでウイルス消えたりしないんですかね?あれほど置いてけぼりにされた映画のラストシーンはありませんでした。

 

というわけで、先週の競馬の回顧に移ります。

今日はまず注目馬を最初に紹介しましょう。マーメイドステークスよりこの馬をご紹介。

その馬名はブログランキングの先でご覧ください。

↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

※人気ブログランキングの方の集計がちょっとおかしいのでしばらくはこちらメインで運用しようかと思います。その辺りは様子見で。あとはこちら側も読者側もランキング制度はめんどくさいかなとも思うので、集客に大差なさそうなら廃止しようかなとも思います。まぁしばらくは様子見で。

<推奨根拠>

能力的には牝馬限定重賞は十分に狙えるはずで、牡馬混合でも条件次第では面白そうな馬。今回は人気していましたが条件合わない上に馬場が最悪で何もできていないのでノーカウントでいいでしょう。

 

<エプソムカップ レース結果>
1着:無印ダイワキャグニー 9番人気
2着:△ソーグリッタリング 5番人気
3着:無印トーラスジェミニ 18番人気
18着:◎エメラルファイト 13番人気

先週の東京競馬場の芝のレースはちょっとカオスすぎましたね。もう土曜日の芝のレースの結果がさっぱり意味不明なものが多かったので日曜日はエプソムカップは重賞だから買うとしても他はほぼレースの存在を無視していました。エプソムカップもこの結果はどうやったら当てられるのかちょっと見当がつきません。なんでこの馬が走れたかという回顧をするよりは「この馬は走れていない」という馬をチェックするような視点で回顧した方がいい気がしますね。

ただ、もし今週末が晴れて良馬場になるならば東京競馬場の芝レースは割と傾向がはっきりと出て面白いかも。狙い馬がいれば積極的に買うかもしれません。

 

<マーメイドステークス レース結果>
1着:▲サマーセント 7番人気
2着:無印センテリュオ 2番人気
3着:◎リュヌルージュ 3番人気
4着:◯ナルハヤ 4番人気

ここは一応は的中したのですがワイドだけ。プレ予想の本命候補だったリュヌルージュとサマーセントがどちらも来てくれただけにここは大本線でバシっと取りたかったですね。

印は6頭しか打たなかったのですが、もう4コーナー時点で買ってる馬が軒並み前目にいたので「◎リュヌルージュと◯ナルハヤと▲サマーセントの大本線もらった!」と思ったんですが、ユーイチさんの完璧な騎乗でセンテリュオに破られてしまいました。確かにセンテリュオってタフ馬場がダメと言われてますけど、去年のマーメイドステークスも今年の愛知杯も最後はしっかりと伸びてきているので馬場がダメだったというより位置が後ろ過ぎた感じなんですよね。それを完璧に最内を突いて2着まで持ってきた福永騎手は日曜日に絶好調だったのも納得という感じです。

先週から「買いたくない人気馬は無理に買わない」というスタンスを徹底するようにしているので、まぁここはセンテリュオに破られてしまいましたが仕方ないかなと。いずれ大本線で決まる時が来るでしょう。

 

 

そんなわけで重賞2つのレース回顧はこんなところで。

先週から函館競馬場の開催がスタートしましたが、例年この函館開催は得意なので期待して臨みましたがその期待通りに素晴らしい的中スタートを切ることができました^^

以下、実際にメルマガで配信した予想文とレース結果です。

↓↓↓

[6/14(日)] 函館1R サラ3歳未勝利 芝1200m

◎4   ポーカークイーン
◯5   カペラ
▲6   カレンヒメ
△13 ハッピーペコ
△3   サンデーパームス
△8   セイウンクロクモ

[馬場]高速 [バイアス]イン先行 [展開]ミドル [レース質]平坦 [勝負度]E

【レース見解】

函館芝は開幕週のセオリー通りの高速馬場。特に未勝利レベルのスプリント戦となるとスピードがあって前に行ける馬が断然有利なはずで、その割にこのレースはタフ馬場で差して好走した馬が上位人気に多い感じ。単純に内枠先行勢でスピードを活かせる馬を重視したい。

【本命 ◎4 ポーカークイーン】

芝のスプリント戦は2回使われているが、ボンボヤージの未勝利はタフ馬場のハイペース戦を逃げてラスト100mまでは先頭。最後は外からの差し馬に一気に飲み込まれたが見せ場は十分にあった。小倉芝1200mのレースはタフ馬場の超ハイペース戦で上級戦でも通用している強い2頭を外枠から追いかけての失速でさすがに厳しかった。

前走は出遅れて溜めるよくわからない競馬になったが、そこから最速上がりで外を追い込んでくるという驚きの走り。前走を見ても短距離戦で溜めればそれなりの脚は使えそう。新馬戦で札幌競馬場で差のない4着に走れているように平坦の洋芝コースは合うと思いますし、前走以外は抜群のスピードでスッと先行できているので今回はスプリント戦なら藤岡騎手は位置を取りに行くか。溜めて末脚を活かす経験をした上できれいな馬場での初めてのスプリント戦になるここは一変あっていいと見ます。

【対抗 ◯5 カペラ】

ここ2戦を見ても凄まじいスピードを秘めた馬でまずこの馬はスプリンターだろう。母ヨゾラニネガイヲも短距離馬でしたし、半兄ブールバールはルーラーシップ産駒ながらスプリンターに出た馬でこちらも函館芝1200mで未勝利を勝った。この条件でもスピード負けしないでしょうし開幕週でこの枠が引けてスピードを生かし切ればまず好勝負か。

【単穴 ▲6 カレンヒメ】

母カレンチャンというスプリントの超良血。初戦は二の足で楽に好位が取れたがそこで行きたがるのを抑えて全くスピードを生かせず。最後に追っても伸びなかったのを見ても距離も長かったんだろう。今回は間隔を開けて成長を促したんでしょうし、時期を考えても好走できなければ権利を考えても出走させないはず。カレンチャンの主戦である池添騎手を乗せてきますし、池添騎手自身も函館芝1200m成績が絶好となれば期待していいはず。

【△13 ハッピーペコ】

デビューから2戦を見てもスピードは相当にありそうで兄弟のケントヒーローがスプリンターという点を見てもこの馬もここに適性がある可能性はありそう。今回はCWで調教の動きも抜群に見えますし、ここは穴で面白いんじゃないだろうか。

【△3 サンデーパームス】

2~3走前のレースぶりを見ている限りスピードはありそう。内枠から位置を取れそうですし今の馬場なら印を打っておくべきだろう。

【△8 セイウンクロクモ】

初出走で正直よくわからないのだが、調教もそれなりに動いていますし、母も兄弟も短距離タイプ。中野厩舎は芝1200mに強いですし、印は打っておいていいんじゃないだろうか。

【消1 スターオブフォース】

馬柱だけ見ると安定株だがこの馬はスピードに欠けるので冬の小倉の芝が恵まれていた。前走は福島コースでスピード負けしていますし、今回は3kg増で開幕週の高速馬場となると1枠で人気してもスピード負けして終わりそう。

【消9 ピュリフィアン】

母系が完全な欧州血統のスプリンター。好走した2戦は中京で展開や馬場が完全に向いたもの。スタートも遅いので開幕週の高速馬場では後ろでもがいて終わりそう。

【消12 メイショウアカイシ】

父ヴィクトワールピサで母父がハリケーンランという欧州の中距離血統。前走は好走したとはいえ新潟の外差し馬場がハマってのもの。高速馬場のスプリント戦ではスピード負けしそう。

【推奨買い目】

ワイド 4→5,6,13,3,8

三連複 4→5,6→5,6,13,3,8

単勝 4 ポーカークイーン

【買い目及び予想のポイント】

この条件に合わなそうな人気馬が多いのでワイドをメインで、もし万が一で三連複までハマったらとてつもなく大きい。

<レース結果>
1着:▲カレンヒメ 2番人気
2着:△ハッピーペコ 12番人気
3着:◎ポーカークイーン 8番人気

先週から強く意識してマーメイドステークスでは惜しくもハマらなかった「買いたくない人気馬は無理に買わない」がドンピシャでハマっての高配当。基本線はワイドで守りを固めつつ三連複でしっかり攻めるという買い方がこの少額でも実践できた結果だと思います。それにしてもこの回収率は我ながらあっぱれ!

 

[6/14(日)] 函館9R サラ3歳上1勝クラス 芝1200m

◎1   リゲイン
◯4   バカラクイーン
▲11 インザムービー
☆13 ライチェフェイス
△9   ファンシャン
△7   ジュランド
△2   メイショウオニテ
△8   ソフィアバローズ
△3   ブラウンローズ

[馬場]高速 [バイアス]イン先行 [展開]ミドル [レース質]中荒れ [勝負度]E

【レース見解】

函館芝は開幕週のセオリー通りの高速馬場。特に下級レベルのスプリント戦となるとスピードがあって前に行ける馬が断然有利なはずで、このレースは人気馬が大して強くなさそう。次走注目馬が絶好条件で絶好枠が引けたので期待してみたい。

【本命 ◎1 リゲイン】

この馬は2走前の福島芝1200mが強い内容。最終週で完全なる外差し馬場になっていた中を直線で最内をついて見所十分の内容でしたし、この馬は走れる条件がハマればクラス上位。前走は外枠不利の京都芝1200mでスタートが良すぎてキャリア初の逃げの手に。しかも前半部分でモズハチキンと競り合ったりで脚が溜まらなかったか。馬柱の見栄えは悪いが大敗しているのは超タフ馬場だった小倉戦や1400m以上の距離ばかりですし、平坦の芝1200mなら常に好勝負できている。

加用厩舎は過去2年の成績を見ても函館芝1200mで複勝率6割という圧倒的な成績を誇っていますし、滞在競馬でのこの条件は明らかに狙いすました起用か。今回は開幕週の最内枠と最高の枠順が引けましたし、前走のようなスタートを決めてインの番手ぐらいから競馬ができれば勝ち負けになるんじゃないでしょうか。

【対抗 ◯4 バカラクイーン】

近走は安定傾向。開幕週の馬場で内枠から前に行けるという点は良いと思いますし、ここはベタに上位評価を打っておくのが良いか。ただ、決して抜けている馬ではなさそうですし、馬券的にはこの馬以外が2着に来てくれるのがベスト。

【単穴 ▲11 インザムービー】

前走は外差し馬場を逃げて厳しいレースに。ただ以前のレースぶりを見ても朱竹賞でもスプリント戦で惨敗。一本調子のスピードタイプで能力はあると思うがどうもこの条件は短い感じがする。今回は前走と違って外枠ですし、すんなりとハナを切れればあっさり勝ててもいいが、何かにハナを切られて控える競馬になると脆さを出す可能性も。

【特注 ☆13 ライチェフェイス】

大穴でこの馬は面白そう。さざんか賞は完全なイン先行の決着を出遅れて大外を回して最速上がり。あのレース内容を見る限り1勝クラスのスプリント戦なら通用する。前走も直線で不利を受けていますし、あとは開幕週の大外枠をどう克服するか。

【△9 ファンシャン】

とにかく北海道だけは良く走る馬。今回も新潟を叩いてこの北海道開催狙いのローテーションですし一変には期待したい。ただ時計がかかるから北海道のほうが良い感じはある。

【△7 ジュランド】

未勝利勝ちはそれなりに強い内容。前走は大敗なので評価が難しいところだが、馬体の小さい馬の間隔を開けてのローテーション、滞在競馬、49kgの斤量、開幕週の良馬場という点は良さそう

【△2 メイショウオニテ】

どうもここ2戦は外差し馬場で秋山騎手が決め打ちで後方から競馬をしていた感じ。あやめ賞やトモジャファイブの1勝クラスの内容からも芝1200mである程度の位置を取ればやれそう。

【△8 ソフィアバローズ】

ルーラーシップ産駒で時計のかかるスプリント戦向きという感じ。それでも小倉の未勝利勝ちはそこそこ強かったですし、この時期の3歳馬の成長力や斤量も考慮に入れれば抑えておいたほうがいいか。

【△3 ブラウンローズ】

マーマレードガールの1勝クラスは1枠から完璧に立ち回ってのもの。それ以外のレースぶりを見ても決め手不足が目立つ。特に他に強調できる馬もいないので抑えておく。

【推奨買い目】

単勝 1 リゲイン 本線

馬連 1→4,11,13,9,7,2,8,3 本線

ワイド 1→13 抑え

【買い目及び予想のポイント】

次走注目馬の◎リゲインを本命とするが他に信頼できそうな馬がいないので三連複は買いにくい。ここは絶好枠が引けましたし、山田騎手にはなんとか2着にまで持ってきてもらっての単勝と馬連勝負が良いと見ます。馬連は上位の方を厚めには買いますが、できればなんか変なのが2着には突っ込んできて欲しいです。

<レース結果>
1着:◎リゲイン 3番人気
2着:△ファンシャン 9番人気
3着:▲インザムービー 2番人気

ここは◎リゲインに騎乗していた山田騎手の騎乗にあっぱれ!どうも昨年の新潟競馬場での距離誤認の悪いイメージがある騎手ですが、最近の騎乗ぶりを見ていても今あるチャンスを逃さないようにしっかりと乗る馬の前走などをチェックしている感じの姿勢が見て取れていました。函館競馬開催前にも非常に意気込みの高いコメントを出していたので、そんな彼なら出していって番手で溜める競馬をしてくれると期待していましたが、こちらの期待以上の競馬をしてくれました!

ここも買い目のポイントで書いた通りで人気馬が大して信頼できなさそうだったのでの単勝と馬連紛れ狙いが上手く高めのところが来てくれた感じ。やはり「馬券は買い方勝負」です。

 

[6/14(日)] 函館12R 洞爺湖特別 サラ3歳上1勝クラス 芝1800m

◎7   フォークテイル
◯11 マイネルズイーガー
▲2   プレイヤーサムソン
☆3   オーロラフラッシュ
△6   ターフェルムジーク
△1   ムーンライトナイト
△5   ブレイニーラン
△10 ジンゴイスト

[馬場]高速 [バイアス]イン先行 [展開]ハイ [レース質]平坦 [勝負度]C

【レース見解】

函館芝は開幕週のセオリー通りの高速馬場。ただ先行有利の意識が騎手にも出てきそうな感じで、ここは大外枠に徹底先行タイプの2頭がいるのでペースは速くなりそう。単純な前残り決着にはならなそうで、淀みないミドルラップからの持続力+立ち回り勝負に強い馬が狙い目だろう。

【本命 ◎7 フォークテイル】

さすがにここで走らなければどこで走る。父がロードカナロアなのだが半兄がアルバートという血統背景のおかげで非常に好走レンジの狭い馬で、小回り1800mぐらいでバテずに長く良い脚を使ってこそ良さが出る馬。昨年の札幌開催では1勝クラスで大外をぶん回してペレやミモザイエローを突き放す非常に強い勝ちっぷりを見せており、この馬は条件さえ合えば間違いなくこのクラスでも通用する。

現級ではことごとく恵まれないレースばかりで、三年坂特別はハイペースのマイル戦を先行してロケットとタイム差なしなら上出来。ノエル賞はスローペースの前残り戦を後ろで構えで何もできず。ダイワダグラスの2勝クラスは完全な外差し馬場でインを突いて失速。そして前走の野島崎特別は4コーナーまでは手応え良かったが超スローペースすぎてキレ負けとなった。

今回はこの馬にとってベストだろう小回りの芝1800mになりますし、陣営コメントを見ても「前々で」となっているので悠長に後ろからの競馬はしないはず。鞍上が丸山騎手という点を見ても強気に乗ってくれるか。ジンゴイストとマイネルズイーガーが強気に引っ張ってくれそうな展開も合いそうで、ここは仕掛けどころを間違えなければ頭まで狙えるはず。

【対抗 ◯11 マイネルズイーガー】

もう好走レンジが凄まじくはっきりしている馬で、小回りの芝1800mでスピードを活かす競馬になれば強いタイプ。戦績を振り返っても好走レンジに当てはまる条件ならほぼパーフェクトな戦績ですし、陣営もここ目標に仕上げているだろう。ジンゴイストという同型こそいるがおそらくあちらは弱いでしょうし、番手からでも競馬ができるこの馬ならあっさり競り落として開幕週の馬場を活かして粘りこめそう。

【単穴 ▲2 プレイヤーサムソン】

小回りコースで前半部分で脚を溜めれば最後は差し込んでくる馬で、前走も中山芝1800mでかなり骨っぽい相手に4着好走。そんな好走レンジのために夏の北海道は大得意ですし、内枠で脚を溜めての差し一発が穴パターン。開幕週ではありますがここは先行馬が揃って単純な前残りとはならなそうですし、うまく大野騎手が捌いてくれれば穴をあけていい。

【特注 ☆3 オーロラフラッシュ】

東スポ杯では勢いよく後ろから伸びてきたがラスト200mでパッタリと脚が止まっての4着。1勝クラス勝ちもスローペースのマイル戦でしたし、ニュージーランドトロフィーではハイペースのマイル戦で伸びあぐねた。この一連のレースぶりを見てもこの馬は1800mでは距離が長そう。能力自体は上位だと思うので4番手としましたが、途中で外を回して動きそうな蝦名騎手ともあんまり手が合う気もしませんし、ここは飛んでも不思議ないはず。

【△6 ターフェルムジーク】

日高特別と小倉の2戦は馬場が悪すぎて度外視可能。ノエル賞は直線で悪くない伸びを見せていたが大きな不利あり。昨年の札幌でなかなか強い勝ちっぷりを見せていますし、その時の鞍上の古川騎手でペース流れれば差し込んできても。

【△1 ムーンライトナイト】

枠順や展開は向きそうだが今回はさすがにほぼ1年の休み明け。なかなか重い印は打てない。

【△5 ブレイニーラン】

近走が見どころに欠ける内容。ちょっとさすがに衰えてきている感じがします。抑えまで。

【△10 ジンゴイスト】

ここ2戦はスローペースで相手に恵まれての好走。飯森山特別を見ても大して強くない馬ですし、テンに速くないので果たして逃げられるのかも微妙。抑えまで。

【推奨買い目】

単勝 7 フォークテイル 本線

ワイド 7→11 本線

馬連 7→11,2,3,6,1,5,10 本線ベース

馬連 7→11,2,3 重ね買い

馬単 7→11,2,3 本線

三連複 7→11,2→11,2,3,6,1,5,10 本線

【買い目及び予想のポイント】

本命の◎フォークテイルは思ったよりも穴人気になりそうだが、買いたい相手の◯マイネルズイーガーと▲プレイヤーサムソンは人気がなさそう。人気のオーロラフラッシュが飛んでも驚けないのでここは面白いと思います。エプソムカップじゃなくてこちらが重賞ならいいのに・・・

<レース結果>
1着:◯マイネルズイーガー 3番人気
2着:☆オーロラフラッシュ 1番人気
3着:◎フォークテイル 4番人気

ここは日曜日のレースで一番自信があったので大本線でバシッと取りたかったんですが、本命対抗の馬連がハナ差届かず・・・届いていれば+10,000円の配当だったので悔しい結果ですね。でも、まぁしっかりと的中はできたので良しとします。

 

そんなわけで函館開幕週のおかげで先週は大幅プラスとなりました(汗)

ここ最近は東京競馬場の馬場が読み切れないのに引きずられて調子を落とし気味でしたが、得意な小回りコースの時期がやってきたということでその開幕週から好調スタートとできて良かったです。函館はもう傾向も読みきれると思うので、来週も同じぐらいの的中を出したいところ。

 

ところで函館といえばとある条件でのこの騎手の上手さが一際目立っているように感じます。サクッとランキングの先に書いておきましたので興味ある方はそちらで。

↓↓↓


中央競馬ランキング

スタートを決めて好位から中団で流れに乗って、なおかつ小回りで若手騎手がスピードに任せて競馬をする中でワンテンポ溜めてビュンと脚を使う騎乗がこの条件ではハマりますね。もうこの騎手が乗るというだけで三連複の2列目に加えたりしてもいいんでは?

 

さて、先週の的中結果だけに満足せず、今週末も的中できるようこれからしっかりとレース回顧を行ってまいります。外に出ると暑くてとろけちゃいそうなので家でエアコンをつけてレース映像を見ながら函館に想いを馳せます。

 

当メルマガ「競馬をビジネスにする」では、、、

初月無料キャンペーンを実施しております!

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2020年も6月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【火曜日】先週の重賞回顧

火曜日に先週の重賞回顧を配信します。後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。

 

【水曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【木曜日】中央競馬の全レース回顧

木曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

月初の今からお読みいただくのが最もお得となります!

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

関連記事

4月3週のレース回顧〜GI狭間の週は重賞3戦3勝でいざ天皇賞へ!

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

12月4週のレース回顧〜やはり化け物は2頭いた、リスグラシュー有終の豪脚〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

1月3週のレース回顧〜タフすぎる3場開催は非常に難解でした〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

11月4週のレース回顧〜歴史に残る瞬間を見たジャパンカップ

さて今月からブログの方できちんとレース回顧を書いています。 重賞レースの簡単な回顧(詳細回顧は

記事を読む

6月3週のレース回顧〜相対的に1番人気に妙味が出る時代かな〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

9月3週のレース回顧〜怒涛の3日間開催は重賞3戦3勝で終了!〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

8月2週のレース回顧〜エルムSは大穴◎ハイランドピークから的中!〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

4月3週のレース回顧〜無敗のGI馬はやはり強かった〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

6月3週のレース回顧〜衝撃の156頭除外によるカオスな開催に〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

2月4週のレース回顧〜競馬は難しく、だからこそ奥深い〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

上半期が終了し競馬も下半期シーズンに突入〜夏競馬は玄人たちとのシビアなパイの奪い合い〜

さて、先週の競馬で上半期シーズンが終了。競馬にかかわらずもう2020年

CBC賞2020の予想を公開!

CBC賞2020(阪神芝1200m)の予想です。 7月5日に阪神

安達太良ステークス2020の予想を公開!

安達太良ステークス2020(福島ダート1700m)の予想です。

【エクリプス賞2020の予想ヒント】過去データや血統などを分析考察します

エクリプス賞2020(サンダウン芝1990m)の考察です。 7月

【CBC賞2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

CBC賞2020(阪神芝1200m)の考察です。 7月5日に阪神

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑