*

ハービンジャー産駒への新たな考察

公開日: : 雑記

体調がだいぶ良くなってきたのですが、まだ外出するとフラフラするので家で本を読みながら仕事しつつ、回復を待っております。

やっぱり本を読んでる人と読んでない人で明確に文章表現に違いは出てくると最近感じます。内容覚えている覚えていないは別として、蓄積された言語表現の集合体が自分の文章表現の核になっているんだと感じることは多々。

だから、なんらかのライターになりたい人でよくその業界の勉強だけしている人とかいると思いますが、それよりまずとにかく活字を漁ることのほうが大事な気はします。いくら競馬知っててもこりゃないだろ。。。みたいな文章良くありますしね。

また競馬自体に関しても、論理的思考能力を問われるゲームな部分があるので、ある程度頭のケイダンスを上げておかないとダメな気もします。やっぱり須田さんとか棟広さんとか見ても高学歴の人の理論が筋が通ってるって部分はありますし。来週の競馬の予習もいいですがたまには競馬以外の教科で頭を鍛えるのも大事だと思います。

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

ハービンジャー産駒が大ブレイク間近?

最初にはっきりさせておきたいのが、基本的に私はハービンジャー産駒は嫌いでした。

 

(1) 新馬・未勝利ではコース関係なく核の違いを見せる

(2) クラスが上がった瞬間に中山と阪神でしか走らなくなる

(3) 休み明けが走らない

 

これがハービンジャー産駒の特徴だと思います。ほぼすべてのハービンジャー産駒が上記の特徴にあてはまります。

ちょっと例外だなぁと思うのはトーセンバジル。あの馬はまだハービンジャーの血が前面に押し出ていないのか、京都で最速上がりを出してきたりする。

 

一番ハービンジャーっぽい馬だなぁと感じたのはクラージュシチーでした。

未勝利はひと捲りで圧勝しといて、その後はクラス上がりでキレ負けしまくりで未だに500万下条件という。

その他にもフローレスダンサーだったりカービングパスだったり、なんだかんだ期待されつつ結局クラシックに乗れなかった馬多数いますしね。そうですロカもいました。

 

というわけで、あんまり好みじゃなかったハービンジャー産駒でしたが、先週の競馬を見てちょっと印象が変わりました。

 

まず土曜の東京8Rのポトマックリバー。

勝ち時計は2:24:7。普通にオークスより早い時計で2400mを走ってしまっています。終始外外を通りながら唸るような手応えで後続を突き離しての圧勝劇。まさに格が違うといった内容でした。この勝ち上がり方でしたら菊花賞トライアルでも面白い馬になるでしょう。

 

次に日曜の阪神6Rのワーキングプライド。

なかなかこの時期の未勝利戦で未来を期待させる馬なんていないもんですが、この馬はリプレイとレースラップ見れば間違いなく強いとわかる馬です。

時計自体はマーメイドSと遜色ない時計ですし、阪神コースで2:00:8は優秀。結構前半からペースが流れる持続力勝負になったところで、同じハービジャー産駒のオールマイアイが抜け出して勝利が確定しかけたところを、内で詰まりに詰まりながら無理矢理抜け出してきて一気の差し切り勝ち。

間違いなく馬が変わりましたね。この内容ならまだ未勝利勝ちですが秋華賞に出れる可能性は十分にあると思います。

 

といったように、先週あたりからハービンジャー産駒で馬が一変している感覚が見られます。

もともと成長は遅いと見られていた血統ですが、ようやくここにきて本格化してきたかなという印象。若干失敗の匂いがしていたので関係者としては秋以降になんとかGIを獲らせたいところでしょう。このへんは社台の思惑も関わってくるので注意したいところです。

 

詳細は今週の全レース分析ででも解説します。ご興味ある方はメルマガへの登録お願いいたします。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」への登録はコチラから

 

現在、初月無料キャンペーン実施中!

この機会にどうぞご検討ください。

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第20回 ユニコーンS(G3)

関係者も大勝負する!

30倍超も狙える!

1点勝負馬券を無料公開!

詳細はココをクリック

━━━━━━━━━━━━━━━━━

中央に3歳限定のダートG1がないため、ダート路線の世代トップクラスが集うことになる同レース。翌月に行われる地方交流G1のジャパンダートダービーの前哨戦という位置付けにもなっているが、賞金総額は7650万円と7112万円とそう変わらないので、「アッチ(ジャパンダートダービー)は出られる数が限られているから、確実に出られるコッチ(ユニコーンS)が勝負」というメイチの強力情報馬が毎年存在するのは、我々のように関係者の本音を知ることができる事情通の間では常識となっている。

実は、今年も「バケモノみたいなのが1頭いるからね。あれを負かすのは難しいと思うけど、他とはそう差はないでしょ。ウチは確実に賞金を獲りにいくよ」と、某関係者から決して表に出せないような裏ネタをコッソリと聞き出すことができた。この馬が“馬券の肝”になることは間違いない。

今週のユニコーンSは、“馬券の肝”になる強力情報馬と厚く買うべき1点を無料公開する。新聞紙面では載ることのない裏ネタがあることを、ぜひとも体感して頂きたい。

実際に、こんな的中馬券をお届けしています!

2/1 シルクロードS(G3)

8万0310円的中

3/14 中日新聞杯(G3)

5万0580円的中

5/24 オークス(G1)

2万0150円的中

5/9 京都新聞杯(G2)

1万3160円的中

4/19 皐月賞(G1)

1万2360円的中

2/14 クイーンC(G3)

1万1550円的中

↓ ↓ ↓ 今すぐ無料で確認する ↓ ↓ ↓

→→関係者も大勝負するユニコーンSの1点勝負馬券を特別に無料公開←←

関連記事

その馬の前走をちゃんと見ているか?

さて、夏の音楽フェスも徐々にラインナップが見えてきたわけですが、今の所、メンバーの豪華さや旬を掴めて

記事を読む

白川郷ステークス2018の予想を公開!

白川郷ステークス2018(中京ダート1800m)の予想です。 6月30日に中京競馬場で開催され

記事を読む

脂が乗り切った今が旬の松山騎手はもう手の届かないスター騎手になっちゃいそう〜週末の注目馬のご紹介〜

ようやくデータベースの更新作業が昨日で落ち着きました。けれどもグッタリで飲みにもいけず、せめてもの救

記事を読む

今週末の新馬戦注目馬とフジロックのことなど

今週末に行われる2018-2019年シーズンの新馬戦の考察です。 7月27日の札幌芝1500m

記事を読む

土日の競馬の振り返りと川崎記念の注目馬

今週も競馬お疲れ様でした。とにかく寒いですね。日本ってこんなに寒かったでしたっけか。 いつもで

記事を読む

山口俊問題と今週末デビューの新馬について

今日のブログの内容にはほとんど競馬の内容はございません。 それも競馬ブログとしてどうかと思うの

記事を読む

現代競馬のオッズについて思うこと

今日はサクッと現代競馬のオッズについて思う事を簡潔に書こうと思います。 これを書こうと思ったの

記事を読む

大沼ステークス2018の予想を公開!

大沼ステークス2018(函館ダート1700m)の予想です。 6月23日に函館競馬場で開催され発

記事を読む

2017-2018 POG指名終了と今週末の新馬戦について

日本ダービーが終わって競馬界としては忙しいシーズンはひと段落といったところでしょうか。 今季に

記事を読む

2歳新馬戦遂に開幕!月初がお得なメルマガのご紹介も

さて、先週で2歳新馬戦が遂に開幕しましたね。 メルマガやブログで何度も書いている通りに、今年の

記事を読む

【セントライト記念2020の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

セントライト記念2020(中山芝2200m)の考察です。 9月2

【ローズステークス2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

ローズステークス2020(中京芝2000m)の考察です。 9月2

【セントライト記念2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

セントライト記念2020(中山芝2200m)の考察です。 9月2

9月2週のレース回顧〜秋競馬開幕週は雨、馬場、風全てが難しく・・・

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

京成杯オータムハンデ2020の予想を公開!

京成杯オータムハンデ2020(中山芝1600m)の予想です。 9

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑