*

新潟大賞典 [2] ヒットザターゲットの好走パターン

公開日: : 重賞レース考察・予想

今朝のチャンピオンズリーグはバルセロナが3−0でバイエルンミュンヘンに勝利。

途中まではなんとかなんとか守っていたバイエルンでしたが、メッシのゴールで崩壊。その後は怒濤のゴールラッシュでバルセロナがファーストレグで勝ち抜けをほぼ決めてしまいました。

戦前からまぁだいたいこんな結果になるということは見えてました。バイエルンはロッベンとリベリーという飛車角抜きの試合で、ここ最近はリーグ戦でも守備崩壊が目についていましたし。

だからこそグアルディオラは試合開始直後に3バックの超攻撃的布陣でアウェイゴールを取りに行くギャンブルにでましたが、あまりにも機能せずにすぐに断念。その後もちぐはぐな試合は続いて、最後はバルセロナのMSNに仕留められた感じでした。

それにしてもメッシの2点目は圧巻。あんなゴールは世界を探しても彼以外できないでしょう。それをあそこまで簡単にやってのけるんだから、もうこの人は異次元ですね。

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

ヒットザターゲットの好走パターン

今日は新潟大賞典に出走するヒットザターゲットの好走パターンを見ていきたいと思います。

netkeibaの想定オッズでは11番人気と全く人気をしておりませんが、今回この馬は相当面白いと思っております。

まず血統面でグレイソヴリンを持っていますし、過去にこのレースの優勝実績もある。そしてこのレースはこの馬の好走パターンにハマる可能性があります。

その2つの好走パターンを見ていきましょう。

 

直線平坦コースでのみ走る馬

ヒットザターゲットはよく「大賞典コレクター」と言われます。

なぜかと言えば、新潟大賞典、小倉大賞典、京都大賞典と大賞典の名前がつくレースを3勝もしているから。

ただ、これは決して偶然ではなく、大賞典というレースに強い理由があります。

それは、

大賞典の名前のつくレースは直線平坦コースだから

これが好走パターンその一です。

ヒットザターゲットはとにかく直線平坦のコースで瞬発力勝負をした時に好走するタイプの馬。

厳密に言えば東京は少し坂がありますが、京都、小倉、新潟、東京、札幌、函館を平坦と分類し、中山、阪神、中京を急坂と分類すると、その好走率は全く違ってきます。

全8勝はすべて平坦コースで、基本的に坂のあるコースは苦手です。

平坦コースであれば昨年の天皇賞(秋)で5着に好走したように、既にGIでも好走できるだけの能力はある馬。ですが、坂のあるコースは基本的には苦手です。

それでも昨年は宝塚記念で4着に好走したように、坂のあるコースでも走れる力はつけてきた。この実績を見ても今回の新潟大賞典のメンバーを見ればまず実績最上位。加えて直線平坦なのもベスト舞台でしょう。

 

とにかく内枠でしか走らない

ヒットザターゲットの好走パターンその2は、

とにかく内枠でしか走らないということ

内枠の定義を3枠6番以内と設定して、過去のレースを見てみると、

 

1〜6番以内の枠番時の成績

(7-1-0-9) 勝率41% 複勝率47%

 

7番より外の枠番時の成績

(1-0-2-19) 勝率4.5% 複勝率13%

 

ご覧の通り、

圧倒的に内枠(1〜6番)の成績が良いのである

 

ヒットザターゲットはとにかく直線が平坦コースで、内枠(1〜6番)に入った時は鉄板の馬。

加えてグレイソヴリンの血も持っており、このレースを制したことがあり、能力的にも実績的にもこのレースでは最上位。

それがここ2戦の敗戦で11番人気まで嫌われている。

そうなれば、、、

内枠に入ればヒットザターゲットは妙味絶大の穴馬と言えるだろう

 

今はとにかく枠番発表で好枠を願いたい。1/3の幸運を通過すれば本命はもう決まりだ。

 

もしヒットザターゲットが外枠を引いた場合はこの馬あたりを狙おうと思っている。

あんまり人気しないタイプですが、前走は内枠絶対有利のコースで外から差し込んできての好走。2走前、3走前は重賞で凡走していますが、そのメンバーに比べると圧倒的に今回はメンバーレベルが落ちます。

母父トニービンでグレイソヴリンは持っていますし、非常に面白い穴馬と言えるんではないでしょうか?

 

その馬の名は?

↓↓↓

☆その馬の名はブログランキングで公開中☆

上記ブログランキングの(F)に記載ありますのでチェックしてみてください!

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第20回 NHKマイルC(GI)

絞って50倍超も狙える!

極上の馬連3点

詳細はココをクリック

━━━━━━━━━━━━━━━━━

特別登録段階で30頭ものエントリーがあるように確固たる中心馬は不在でも、注目されるのは3戦3勝と無傷のアルビアーノの存在だろう。今年の3歳路線は無敗馬で盛り上がっていたものの、桜花賞では3頭(ルージュバック、クイーンズリング、キャットコイン)全てが撃沈。皐月賞でもサトノクラウンが6着と敗れ、一気に崩壊してしまった。それだけに、アルビアーノの評価に一般ファンは戸惑うところだろう。しかし、当社は某大物関係者からある衝撃的な発言を入手していて……。

また、多頭数出し厩舎のジャッジもこのレースを難解に見せている一つの要因と言っていいだろう。例えば、朝日杯FS2着など重賞で好走を続けるアルマワイオリ、マーガレットSを快勝し土壇場で出走に漕ぎ着けたフミノムーンなどを擁する西浦厩舎。実績だけみれば、圧倒的にアルマワイオリが上だが、厩舎の本音はと言うと……。

これは一部の陣営の思惑に過ぎない。NHKマイルCの馬券を獲りたければ、信頼できる関係者筋からの情報を入手することが必要不可欠になる。もちろん、当社シンクタンクは総勢400名以上の情報ルートを有しているので、問題なく情報を入手することができる。それを、まだ当社の情報をご覧になったことがないという方に限り、実感・証明するためにNHKマイルCにて【極上の3点勝負】という形でお見せする。これは必ずあなたの馬券検討に役立つはずだ。

毎週、高配当馬券を的中!

4/26 フローラS      1万0710円的中

4/19 中山11R皐月賞     1万2360円的中

4/12福島12R喜多方特別    1万9190円的中

4/5阪神9R鳴門S       2万0160円的中

3/29阪神11R六甲S      1万7390円的中

3/22中山11RスプリングS  1万0310円的中

↓ ↓ ↓ 今すぐ無料で確認する ↓ ↓ ↓

→→関係者が大勝負するNHKマイルCの馬連3点馬券を無料公開←←

関連記事

府中牝馬Sの予想を公開!

【毎日王冠を◎○で的中!この予想家の予想に乗っちゃいませんか?】 突然ですが・・馬券を当てたい

記事を読む

東京スポーツ杯2歳S [2] 順調に使える事もクラシックへの道

高倉健さんが亡くなった。神田駅を歩いてたら号外が配られていた。なんだか年をとればとるほど亡くなる人が

記事を読む

【2016】ニュージーランドT / 有力馬考察(アストラエンブレム、レインボーラインなどの徹底分析)

今日は4/9(土)に行われるニュージーランドトロフィーのレース考察を行います。中山芝1600mで行わ

記事を読む

みやこS [1] 少頭数レースを味方につけるのは?

ようやく咳が完治してきました。咳のおかげでまともな運動ができなかったので、この期間に5kgほど太った

記事を読む

小倉2歳S [1] データ・傾向などまとめ

ロードクエストが大圧勝したのが理由かはわかりませんが、今日1日テレビを見ながら色々と作業していて、や

記事を読む

小倉大賞典 [1] 現在の小倉馬場を読み切る

今年の一発目の小倉馬場は思ったほど「THE小倉競馬」といった感じの内枠、前残り馬場ではありません。開

記事を読む

【マーメイドS2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

マーメイドS2017(阪神芝2000m)の考察です。 6月11日に阪神競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

【2016】京都記念の予想を公開!

【みなさんも脱サラ予想家の買い目を今週無料で試してみませんか?】 脱サラして予想家になった「江

記事を読む

【中山記念2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

中山記念2017(中山芝1800m)の考察です。 2月26日に中山競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【セントライト記念2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

セントライト記念2017(中山芝2200m)の考察です。 9月18日に中山競馬場で開催され発走

記事を読む

宝塚記念含む週末競馬の総括と頑張れ日本代表!セネガル戦

さて、今週も土日の中央競馬が終了いたしました。お疲れ様でした。

パラダイスステークス2018の予想を公開!

パラダイスステークス2018(東京芝1400m)の予想です。 6

宝塚記念2018の予想を公開!

宝塚記念2018(阪神芝2200m)の予想です。 6月24日に阪

大沼ステークス2018の予想を公開!

大沼ステークス2018(函館ダート1700m)の予想です。 6月

今週末の新馬戦注目馬とワールドカップについて少し

今週末に行われる2018-2019年シーズンの新馬戦の考察です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑