*

【紫苑ステークス2023の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

公開日: : 重賞レース考察・予想

紫苑ステークス2023(中山芝2000m)の考察です。

9月9日に中山競馬場で開催され発走時刻は15:45です。出走馬はヒップホップソウル、グランベルナデット、モリアーナ、エミューなど。中山競馬場の芝2000mで行われるGIIIです。今回の記事では過去データやレースラップ、血統、予想オッズなどを考察いたします。

 

[PR]紫苑ステークス耳より情報

去年ライラック6人気
しっかり入れてたのはココでしたね!!

──────────────────

──────────────────

無料公開予想

紫苑ステークス2022

3連複10点500円

5,000→9,850円
回収率197%

そのままセントライト記念回収率146%でしたね!

ちなみに先日

キーンランドカップ2023

3連複9点500円

4,500→30,750円
回収率683%
──────────────────

──────────────────

BOX買いは負けにくい

荒れてもOK、毎度安心です!

紫苑ステークス2023
↑からメール登録し
2年連続期待してみてください!

 

紫苑ステークス 2023 考察

先出し本命候補(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

紫苑ステークスのレース概要

ついにやってきました秋のクラシック路線のトライアルレース。その第一弾は秋華賞のトライアルレースとして7年前から重賞に昇格した紫苑ステークスになります。

オープン時代は全く秋華賞に繋がらないレースとして有名でしたが、重賞昇格以降はヴィブロス、パールコード、ディアドラ、カレンブーケドール、マジックキャッスル、スタニングローズ、ライラックと秋華賞で好走する馬が続出。ローズステークス以上に秋華賞につながるレースに変わってきています。

 

過去5年の配当をみると大きく荒れたのは2020年ぐらい。1番人気と2番人気がダブルで馬券に絡んだのが過去5年中で3回ありますし、極端に大きく荒れるレースではなさそうです。2020年のパラスアテナや2021年のミスフィガロのように二桁人気の馬が単発で走ることはありますが、3頭全てが人気薄ということは考えにくいです。

 

データ的な見地からの考察


※過去7年の紫苑ステークスの東西所属別成績

重賞に昇級してからの東西所属別のデータを見てみると明らかに関西馬の成績が優秀。これは重賞に昇格したことで関西の有力馬がローズステークスではなく、紫苑ステークスに出走することが多くなったからでしょう。わざわざ関東に遠征してまでここを使うということは、よほど秋華賞の出走権獲得に本気だということです。

 


※過去7年の紫苑ステークスの枠順別成績

開幕週に行われるレースですが特に内枠が有利ではないのが紫苑ステークスの特徴。こうしてみても5枠から外の馬しか勝ち馬が出ていませんし、その中でも8枠の成績が異常に良くなっています。中山芝2000mは1コーナーまでの距離が長いので外枠の馬でも位置が取りやすい舞台。内でごちゃついたり揉まれるよりも外から位置が取れる馬が走りやすいんでしょう。

 


※過去7年の紫苑ステークスの脚質別成績

外枠の馬の成績は良いのですが、かといって後ろから行く馬は開幕週なのでほぼ絶望的。こうして見ても先行タイプの成績が非常に優秀ですし、ある程度の位置からジリジリと伸びるタイプの馬が走りやすい舞台です。

 


※過去7年の紫苑ステークスの前走クラス別成績

前走重賞組、前走2勝クラス組の成績はだいたい互角ですが、前走1勝クラス組の成績は極端に悪い傾向。今年は出走馬の半数近くが前走1勝クラス組になりそうですが、果たして好走馬は出るでしょうか。

 


※過去7年の紫苑ステークスの前走距離別成績

前走距離別の成績を見ると、同距離か距離短縮組の馬の成績が優秀。一方で前走から距離延長ローテの馬の成績は最悪。基本的には同距離か短縮組の馬を選ぶべきですが、今回は半数以上の馬が距離延長ローテになりそう。果たして好走馬は出るでしょうか。

 

ラップ的な見地からの考察

1コーナーまでの距離は長いが、スタート直後に急坂があるのは変わらないので前半ペースは緩みやすい舞台。皐月賞のような超ハイレベル戦ではハイペースからのポテンシャル勝負になることも多いが、基本的には前半スローペースになるのが普通です。トライアルレースは速いペースにはなりませんし、過去5年のラップ傾向を見ても基本はスローペースになっていますね。

前半がスローペースになっても向こう正面から下り坂になるのでスパート地点が早くなるのがこの舞台の特徴。勝負所からじわっと仕掛けて渋とく脚を使える馬が有利で、上がり2位〜5位の馬ぐらいがジリジリ伸びて好走しやすいイメージのレースです。

 

血統的な見地からの考察

近4年は父か母父がキングカメハメハ系の馬が優秀な成績。ただ、今年は珍しく出走登録馬の中にキングカメハメハの血を持っている馬がいないんですよねぇ・・・

それ以外だと母系にクロフネを持っている馬の成績が目立っています。あとはキズナ産駒が2年連続で勝利しているので、キズナ産駒も悪くないんじゃないでしょうか。

 

レベルや馬場、展開などを踏まえて今年はどんなレースになりそうか?

今週が中山競馬場は開幕週。芝を全面張り替えしてオール野芝の開幕週になりますし、普通に考えて時計の出る高速馬場と見ていいか。昨年は紫苑ステークスの日が強烈な向かい風で時計がかかりましたが、この時期の中山競馬場は風の影響を受けやすいのでその点は注意です。

オークスの上位5頭は未出走で桜花賞の上位馬の出走もなし。例年に比べると低調なメンバーという感じで、あんまり今年は秋華賞に繋がるようなレースにはならなそう。その分、絶対的な存在がいないので波乱が起こる可能性は高まりそうです。

 

考察まとめ

【レース質】先行力と立ち回りセンス、スタミナが問われる。<■□■□>

【波乱度】大波乱はない感じだが、今年はメンバーレベルが低い分どうか。

【ラップ特徴】前半スローペースからのロンスパ戦になりやすい。

【血統特徴】キンカメが優秀だが今年は登録なし。それ以外ならクロフネかキズナあたり。

【狙えるタイプ】ある程度の位置からじわっと脚を使える馬。

【狙えるタイプ】外めの枠の馬(特に8枠)。

【狙えるタイプ】栗東所属の馬。

【狙えるタイプ】前走1勝クラス以外の馬。

【狙えるタイプ】前走同距離か短縮ローテの馬(延長ローテは微妙)。

 




 

考察まとめ

枠順発表前の紫苑ステークスの想定オッズを当サイト独自で考えてみます。

【1番人気】ヒップホップソウル   [4.8倍]
【2番人気】グランベルナデット   [5.1倍]
【3番人気】モリアーナ       [7.5倍]
【4番人気】キミノナハマリア      [8.4倍]
【5番人気】エミュー          [15.0倍]
【6番人気】アップトゥミー       [17.0倍]
【7番人気】ソレイユヴィータ      [18.1倍]
【8番人気】ミシシッピテソーロ   [19.0倍]
【9番人気】アグラシアド      [24.5倍]
【10番人気】ミタマ          [25.0倍]
【11番人気】フィールザオーラ     [41.0倍]
【12番人気】アマイ          [45.0倍]
【13番人気】フルール         [52.0倍]
【14番人気】ダルエスサラーム     [61.0倍]
【15番人気】ワイズゴールド      [102.0倍]

※シランケド、マーゴットミニモ、ニシノコウフク、ルーチェロッサの4頭中3頭が抽選で出走可能。

オークス最先着のヒップホップソウルと忘れな草賞勝ちのグランベルナデットが人気の中心か。こうして見ても本当にメンバーレベルが低そうなので波乱の可能性も十分にありそうです。

 

最後に現時点で面白いと思う馬をピックアップ!

↓↓のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

<推奨根拠>

今年のメンバーならこの馬で足りそう。中山コースで勝利実績ありますし、ここ2戦は直線で前が詰まって脚を余し気味のレース内容。延長ローテということだけがネックですが、半数以上の馬が延長ローテなら1頭ぐらいは今年は走ってくるでしょう。

 

一方でちょっと危ういと思っている馬はこちら。

↓↓↓

モリアーナ

これまでのレースぶりを見てもマイルでも距離はギリギリ。それが今回は一気の距離延長ですし、そもそも延長ローテ自体がこのレースは成績が良くありません。人気になりそうですし今回は軽視が妥当か。

 

「毎週大きな馬券が当たる!」なんていう誇大広告をあげているところのような派手な結果は期待できませんが、そこそこ毎週当たって2、3週に1回ぐらいドッカーンと大きい万馬券がハマるような感覚で競馬を楽しみたいなら、当ブログが発行しているメルマガ「競馬をビジネスにする」がオススメです。

もう発行して8年になりますが、いまだに発行当時からの読者もいるぐらい購読期間が長い方が多いのがウチのメルマガの特徴。一般的に競馬メルマガやオンラインサロンは誇大広告で煽って一時的にお客を集めるところが多いですが、ウチはそういうところではありません。長く読み続けたい方は長く読んでもらって、少しだけかじってノウハウを身につけたら購読をやめるなんて人も全然OK。

こういうメルマガやオンラインサロンの類の中では珍しく(?)地道に真面目にコツコツと運営していますので、あまり気張らずにお試し読みをしていただければと思います。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2023年も9月になりました。

ここでは徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】先週の重賞回顧

月曜日に先週の重賞回顧を配信します。前週に行われた重賞レース出走馬全ての馬に回顧コメントをつけて配信しております。次走注目馬などもご紹介。

 

【水曜日】中央競馬の全レース回顧

水曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞プレ予想
金曜日は重賞のプレ予想を配信いたします。ここで「競馬開催日の競馬ノート」の週末のパスワードを配布いたします。ここから週末のレース予想が始まっていきます!

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

きさらぎ賞2021の予想を公開!

きさらぎ賞2021(中京芝2000m)の予想です。 2月7日に中京競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

阪神大賞典2018の予想を公開!

阪神大賞典2018(阪神芝3000m)の予想です。 3月18日に阪神競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【ニュージーランドトロフィー2024の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

ニュージーランドトロフィー2024(中山芝1600m)のレース考察です。 4月6日に中山競馬場

記事を読む

アルゼンチン共和国杯[2] 差し脚質優勢も今年のペースは?

前回の考察で東京2400mと2500mの違いを述べ、2400mでは少し重い感じの中距離馬を狙うのがベ

記事を読む

【目黒記念2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

目黒記念2019(東京芝2500m)の考察です。 5月26日に東京競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【カペラステークス2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

カペラステークス2018(中山ダート1200m)の考察です。 12月5日に中山競馬場で開催され

記事を読む

中山記念 [2] セオリー通りの中山巧者を狙え

すみません、ちょいとバタバタしておりましてメルマガの全レース分析データがまだ配信できておりません。な

記事を読む

【日経賞2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

日経賞2018(中山芝2500m)の考察です。 3月24日に中山競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

【中京記念2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

中京記念2018(中京芝1600m)の考察です。 7月22日に中京競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【日経新春杯2020の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

日経新春杯2020(京都芝2400m)の考察です。 1月19日に京都競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

宝塚記念2024の予想を公開!

宝塚記念2024(京都芝2200m)のレース予想です。 6月23

天保山ステークス2024の予想を公開!

天保山ステークス2024(京都ダート1400m)のレース予想です。

6月4週の中央競馬レースプレビュー 〜いよいよ梅雨突入で久々の道悪馬場になるかも?〜

6月4週の中央競馬レースプレビューです。 この記事は週末に行われ

【宝塚記念2024の予想ヒント】ドウデュース、ジャスティンパレス、ローシャムパーク、ベラジオオペラなど出走予定馬13頭の全頭診断

宝塚記念2024(京都芝2200m)のレース考察です。 6月23

さきたま杯2024の予想を公開!

さきたま杯2024(浦和ダート1400m)の予想です。 6月19

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑