*

京都牝馬S [2] 牝馬の旬は4歳春にあり

公開日: : 重賞レース考察・予想

前回のエントリーではウリウリに乗る福永騎手というジレンマを解説した。ウリウリはメンバーの中でも屈指の実力を持つ馬、そして京都マイル戦で強調できるディープインパクト産駒。ただし、福永騎手の重賞実績は燦々たるもの。このジレンマをどう解き明かしていくかということで、ウリウリの2,3着固定で1着馬を見つけることこそこのレースを解き明かす近道ではないかと述べた。では、今日から勝ち馬探しを始めていきたい。

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

牝馬の旬は4歳春にあり

エリザベス女王杯でも毎年活躍するのは3歳牝馬。それでもわかるように牝馬のピークは3歳秋〜4歳。ジェンティルドンナやブエナビスタのような名牝クラスになれば別だが、メイショウマンボほどの馬でも4歳春以降は一気に衰えた。

京都牝馬ステークスは4歳牝馬が能力のピークにある状態で行われるレース。だからこそ下の過去10年の年齢別成績を見ていただければわかるが、4歳牝馬の勝率は凄まじいものがある。

4歳 (7-2-1-39)14.3% 18.4% 20.4%
5歳 (2-6-3-38) 4.1% 16.3% 22.4%
6歳 (1-3-4-31) 2.6% 10.3% 20.5%
7歳上(0-0-1-13) 0.0% 0.0% 7.1%

過去10年で7勝を4歳牝馬があげている。
この事実を見れば1着候補として買うべきは4歳馬が中心と見るのが明白だ。

 

今年の4歳馬勢

ウエスタンメルシー
シャイニーガール
ダンスアミーガ
フォーエバーモア
プロクリス
ベルルミエール
リアルヴィーナス
レーヴデトワール

牝馬ということもあるが、全くわからない馬が数頭(笑)

シャイニーガールは京都コースで勝ち鞍もあり、父はブラックタイドでディープインパクトと同配合。スイートピーS勝ちもあるように現4歳牝馬ではトップクラスの実力だろう。ただしアドマイヤデウスの時と同様にオークスからのぶっつけとなれば全くわからない。

フォーエバーモアは阪神JF3着、クイーンカップ1着までは順風満帆なクラシック路線だったが、桜花賞からガタッと調子を落とした。秋を全休したことからもこれが調整ミスだったのか、それともただの早熟馬だったのか。母父ミスプロと言えども父ネオユニヴァースでここまで早熟になるとも思えず、2週連続休み明け馬の激走の怖さはある。

ベルルミエールは3歳時からその強さを個人的に絶賛していた馬で、何度走っても人気にならないので非常に好きな馬だった。ただし、やはりベストはマイル以下の距離に見え、マイル以上ではニュージーランドトロフィーの3着が最高。馬券内はあっても頭まではどうか。

レーヴデトワールは前走の負け方が不可解。ゲートを出た時点で川田騎手が諦めた感じで直線も全く追っていなかった。素質はあると思うが、この馬はやはりパンパンの京都の馬場は合うとは思えない。

こんな感じで今年の4歳勢は一発ありそうな馬はいるが、信頼できる馬があまりいない。
そうなれば、ウリウリ2,3着固定での1着は3頭ほどに夢を託すフォーメーションが現実的か。

その中でも最も夢をたくせる馬は現時点ではこの馬。

 

その馬の名は?

↓↓↓

☆その馬の名はブログランキングで公開中☆

上記ブログランキングの(C)に記載ありますのでチェックしてみてください!

関連記事

【2016】ニュージーランドT / 枠順&展開考察(アストラエンブレム、レインボーライン等の枠順は如何に)

今日は4/9(土)に行われるニュージーランドトロフィーの枠順&展開考察を行います。中山芝16

記事を読む

【青葉賞2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

青葉賞2017(東京芝2400m)の考察です。 4月29日に東京競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

【アルテミスステークス2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

アルテミスステークス2018(東京芝1600m)の考察です。 10月27日に東京競馬場で開催さ

記事を読む

神戸新聞杯の予想を公開!

【あの予想サイト、登録してみたらこんな感じだった!】 今「スマートウィン」というサイトが色々な

記事を読む

【2016】チャレンジカップ / レース考察(阪神芝1800mで行われるGI戦を徹底考察します)

今日は12/10(土)に行われるチャレンジカップのレース考察を行います。阪神芝1800mで行われるG

記事を読む

京都記念 [1] 父サンデー系の独壇場

きさらぎ賞はルージュバックが圧勝 荒れるとしたらルージュバックが後ろからの競馬になり、それを意

記事を読む

京都大賞典 [2] 超スローの予感と決め手ある馬の不在

ノーベル賞が日本人2人も受賞されたとのことで、おめでとうございます。 ニュートリノ関連って2人

記事を読む

【鳴尾記念2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

鳴尾記念2017(阪神芝2000m)の考察です。 6月3日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

青葉賞 [3] 枠順発表!明暗を探る

これまた青葉賞も極端な枠順になりました。 天皇賞(春)が人気馬が全て外枠ならば、青葉賞は人気馬

記事を読む

【京都牝馬ステークス2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

京都牝馬ステークス2018(京都芝1400m)の考察です。 2月17日に京都競馬場で開催され発

記事を読む

Message

【アルテミスステークス2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

アルテミスステークス2018(東京芝1600m)の考察です。 1

【天皇賞(秋)2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

天皇賞2018(東京芝2000m)の考察です。 10月28日に東

菊花賞は歴史的なスローでスタミナいらず〜土日の予想結果など

さて、菊花賞の回顧記事も先週に引き続いて非常に遅くなってしまいました。

菊花賞2018の予想を公開!

菊花賞2018(京都芝3000m)の予想です。 10月21日に京

コーフィールドカップ2018の予想を公開!

コーフィールドカップ2018(コーフィールド芝2400m)の考察です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑