*

【京王杯スプリングカップ2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

公開日: : 重賞レース考察・予想

京王杯スプリングカップ2017(東京芝1400m)の考察です。

5月13日に東京競馬場で開催され発走時刻は15:45です。出走馬はサトノアラジン、レッドファルクス、キャンベルジュニア、グランシルク、ロサギガンティアなどを予定。東京競馬場の芝1400mで行われるGII戦です。

 

月初購読開始がお得なメルマガのご紹介

さて、早いもので今年も5月になりました。

当サイトが発行している徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」は、絶対に当たるというメルマガではありません。

 

ただ、加入頂いている方はお分かりかと思いますが、、、

「毎週それなりに結構当たります(汗)」

ですが、週末の予想配信がメインコンテンツというわけではなく、きちんと週末に勝負レースの配信は行っておりますが、それよりも重賞、平場を含めたレースの回顧、分析を一番の売りとしています。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

お値段は週刊Gallopや週刊競馬ブックを読むのと同じ料金。ですが、これだけは断言できますが、、、

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

おかげさまで発行1年足らずの当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様のランキングで7位になるまでになりました。

スクリーンショット 2016-03-01 9.01.34

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

当メルマガは「初月無料キャンペーン」を実施しております。

月初にご購読頂ければその月は無料で全ての内容をお読みいただくことができます。

クオリティで不満にさせることはまずないと思いますので、少しでもご興味を抱かれた方は試しに一月でもご購読頂けると良いかと思います。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

京王杯スプリングカップ 2017 考察

過去5年のレース傾向

つい2年ぐらいまでは1年の重賞の中で1番自信があったレースがこの京王杯スプリングカップ。2014年も◎エールブリーズでしたし、2015年も◎サクラゴスペルで、このレースほど簡単なレースはないなぁと思っていました。

もともと東京芝1400mというコースは東京競馬場の中でもかなり特殊なコース形態で、上り坂スタートなので序盤の先行争いがそこまで激しくなりにくく、その上で直線が長い割に前へ行った馬がだらーーっとなだれ込めるという条件でした。

その割に東京コースというだけでマイルから来た差し馬とかが人気するので、とある血統の先行馬なんかを買っていればぼろ儲けというコースだったと記憶しています(そのとある血統は次項で説明)

 

ところがここ2年ぐらい、馬場改修が進んだことによって東京芝1400mの傾向もかなり変化。以前は前へ行ってだらーーっと走れる馬が有利なコースでしたが、どんなにスローでも外差しが決まったりと、どちらかといえば東京マイル寄りのレース条件へと変化してきた印象があります。

昨年の京王杯スプリングカップでも差し馬が3頭上位を独占したのを見てもかなりレース傾向が変わってきているかもしれません。

 

 

血統傾向

もう東京芝1400mといえば2年前まで、、、

ダイワメジャーとフジキセキ

だけをひたすら買い続ければ儲かるというドル箱条件でした。

どちらも複勝率5割近い成績を誇っていましたし、どんなに近走成績悪い馬でもこの条件だけ激走する(例えばデンファレとか)馬が続出していたので大好きな条件でした。

 

ただ、ここ最近は平場でもあんまりこの2頭の激走率が良くない感じ。ただ、それでも昨年の京王杯スプリングカップでもダイワメジャーとフジキセキが2、3着ですし、それなりに影響力はあるとみていいか。

 

それ以外ではこのレースではニジンスキーリファールの血を持つ馬の成績が圧倒的。どちらもだらーーっと長く良い脚を使うという特性を補完しやすい血統ですから、この条件に非常に合うということなんでしょう。

レース傾向が変わってきているとはいえ、ここ5年でフジキセキ産駒、ダイワメジャー産駒、ニジンスキー、リファール持ち以外で好走したのは2012年のレオプライムの1頭だけ

もう京王杯スプリングカップはこの4つの血統に支配されていると見て良さそうで、今年もかなり血統を重要なファクターとして予想を組み立てていいと思います。

 

レースラップ傾向&展開予測

基本的に東京芝1400mは序盤からだらーーっと平均ラップで流れがちなラップになりやすいコース形態。一昨年こそかなりのスローから瞬発力勝負になりましたが、基本的には平均ラップ巧者を重視すべきレースか。

今年のメンバーを見てみましたが先行馬がほとんどいないメンバー構成。普通に考えれば前に行ける馬にかなり有利なペースになりそうですが、先週の東京芝は外差しもかなり決まっていただけに馬場に悩まされる一週間になりそうです。

 

考察まとめ

というわけで枠順発表前の京王杯スプリングカップの想定オッズはこちら。

 

枠順発表前の想定オッズ(当サイト予測)

人気 馬名 オッズ
1 サトノアラジン 2.5
2 レッドファルクス 4.8
3 キャンベルジュニア 6.1
4 グランシルク 8.8
5 ダッシングブレイズ 9.4
6 ロサギガンティア 13.5
7 トーセンデューク 18.0
8 トーキングドラム 24.2
9 ヒルノデイバロー 28.7
10 ブラヴィッシモ 36.2
11 クラレント 48.0
12 ダンツプリウス 55.2
13 トウショウドラフタ 64.4
14 メドウラーク 78.6
15 ストーミーシー 92.0

 

昨年このレースで圧巻の末脚を見せているサトノアラジンの1番人気は確実か。

その後にデムーロ騎乗のレッドファルクス、ルメール騎乗のキャンベルジュニアが続きそうな感じ。それなりに伏兵陣も買える要素がある馬が揃った印象なので、単勝万馬券の馬は出ない気もします。

 

最後に現時点で面白いと思う馬をピックアップ!

↓↓のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


中央競馬ランキングの説明文欄で馬名公開中

 

<推奨根拠>

どう見ても先行馬不在のメンバー構成。前走それなりの内容を見せたこの馬なら十分に粘れる可能性あるんじゃないかと見ています。

もうこの馬は過去に好走実績があるコース巧者ですし、血統を見ても父系にニジンスキーを持っていますし母父がダンシングブレーヴでリファール系とこのレースを走るために生まれてきた血統背景。

もともと左回りコースが大得意な馬で、東京コースでは2回もGIで馬券に絡んでいる馬です。さすがに年齢的な衰えはありそうですが、最後に花を咲かすチャンスがあるとすればここじゃないでしょうか。

 

PR【本当に強い馬の見抜き方】オッズは完全に“悪”だ!

競馬をやっていると絶対に目がいってしまうオッズ。

オッズを見れば、
「人気薄を自信を持って買えないぜこのやろう。。。」

何て尻込みする人も多いでしょう。

でも・・・
この春の重賞は穴馬が入りまくっています!

例えば、
a

04月02日(日) 大阪杯(G1)
→7番人気ステファノス 2着

04月08日(土) ニュージーランドT(G2)
→12番人気ジョーストリクトリ 1着

04月09日(日) 桜花賞(G1)
→8番人気レーヌミノル 1着

04月16日(日) 皐月賞(G1)
→4番人気ペルシアンナイト 2着

04月23日(日) フローラS(G2)
→10番人気ヤマカツグレース 2着

もはや穴馬を見抜けなければ、
お話しにならないのが、この春の重賞です!

でも、こんな穴馬どうやって見抜けばいいのか?

実は、上の穴馬を完全に見抜いた
脅威の“競馬指数”が存在するのです!

スピード指数や適正指数、統計データ、血統理論まで、
ありとあらゆるデータをまとめあげたこの指数だからこそ、

 ━━━━━━━━━━━━━━
オッズに左右されず、
真に強い馬を見抜く事ができる
━━━━━━━━━━━━━━

という訳なんですね。

穴馬を見抜ける精度も凄いんですが、
わずか月額1,980円で全レースの指数が見れというのですから。

おったまげーどころじゃありません!

一部の指数は無料で見れるので、
まずは実力を肌で感じてください!

「競馬で稼げる」というビジョンが鮮明に見えてくると思いますよ。

最強競馬指数で、男の自信を取り戻せ!
↓   ↓   ↓

http://collabo-n.com/

 

この競馬指数は「コラボ指数」というものですが、
凄いのは穴馬を当てられる精度だけではありません!

■レース買い目が絞れて投資金を少なくできる

→サイト内でレースの選び方、買い目の絞り方
詳しく丁寧に教えてくれます。

データとか指数系は
『対象レースが多い、買い目が多くなる』
そんなイメージが強いですが、そんな事は一切ナシ!

■予想はわずか1レース1分

指数を見てレースと買い目を絞るだけで、
競馬予想が終了
してしまいます。予想時間はわずか1分。

なんだか味気ないと思われるかもしれませんが、
何時間もかけた予想で外れるよりよっぽどいいでしょう・・・

何より当たるんですから!

あなたはビールとモツ煮込みをゆっくり飲み食いして、
大股広げてレースを待つ事ができるのです。

■半端じゃない安定感

→穴馬の精度も注目して欲しいところですが、
安定感もとにかく半端じゃない!

どれくらい凄いのかというと・・・

3連単 37.2%
馬単  58.3%
ワイド 81.9%

これはもちろん、的中率です。マジです。
過去の成績は全て見れるので、本当だと納得せざるを得ないでしょう。

そして、この安定感に抱かれたいとさえ感じるでしょう。

本当に簡単に的中できてしまうコラボ指数ですが、

「指数だけに頼りたくない!」
というアマノジャクな人もいるでしょうね。

そんな人は自分の予想と混ぜて使えばいいのです。

実際コラボ指数と自分の予想を混ぜて、
更に的中率を上げている人も沢山いるみたいですよ!

さぁ!今週のヴィクトリアマイルでコラボ指数が
弾き出す『本当に強い馬』とはどの馬なのか!?

コラボ指数はこちらから登録後すぐにご覧になれます。
↓↓↓

http://collabo-n.com/

関連記事

マーチS [2] 素質よりも中山適性

マーチSはちょっと登録馬が多すぎて予想自体はメンバーが確定してからになりそうだが、ある程度の狙いだけ

記事を読む

【共同通信杯2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

共同通信杯2018(東京芝1800m)の考察です。 2月11日に東京競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

新潟2歳S [4] 枠順発表!明暗を探る

ちょっと今週末に新潟に行く予定でしたが、バタバタしており結局行けないことに。。。今開催は行けなさそう

記事を読む

関屋記念 [3] 究極の瞬発力勝負が濃厚

今日はメルマガにて「馬場ウォッチング」を配信予定。 先週までは 札幌=サンデーサイレンス

記事を読む

【2016】富士S / 枠順&展開考察(ロードクエスト、ダノンプラチナ等の枠順は如何に)

今日は10/22(土)に行われる富士ステークスのレース考察を行います。東京芝1600mで行われるGI

記事を読む

【2016】マイラーズC / レース考察(京都芝1600mで行われるGII戦を徹底考察します)

今日は4/24(日)に行われるマイラーズCのレース考察を行います。京都芝1600mで行われるGII戦

記事を読む

【日経賞2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

日経賞2018(中山芝2500m)の考察です。 3月24日に中山競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

【東海S2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

東海ステークス2017(中京ダート1800m)の考察です。 1月22日に中京競馬場で開催され発

記事を読む

【京成杯オータムハンデ2017の予想ヒント】グランシルク、ダノンプラチナなどの有力馬考察

京成杯オータムハンデ2017(中山芝1600m)の考察です。 9月10日に中山競馬場で開催され

記事を読む

【フェアリーS2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

フェアリーステークス2018(中山芝1600m)の考察です。 1月7日に中山競馬場で開催され発

記事を読む

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑