*

朝日杯FS [3] サンデーサイレンス目覚めの時

公開日: : GIレース考察・予想

アギーレ監督が八百長問題で告発されましたね。恐らくですが監督を続けるのは難しそう。非常事態は手倉森監督の代行でそのあと新しい監督が発表されると見ています。恐らくこういう状況になってしまった以上、日本が好きでJリーグで実績のある監督。ストイコビッチあたりが本命なんでしょうかね。名古屋時代の印象はあまり良い監督なイメージはないためにどうなんかなぁとは思いますが。

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

ラジオNIKKEI杯2歳ステークスを振り返る

朝日杯FSが中山から阪神に移設された。その理由はGIであるはずの朝日杯2歳FSよりもGIIIのラジオNIKKEI杯2歳ステークスに素質馬が集まってしまうから。

となれば言ってみれば今年からの朝日杯FSは、ラジオNIKKEI杯へ特性が近づいたと言える。

ラジオNIKKEI杯2歳ステークスは血統的にある特徴的なファクターのあるレースだった。それは、

サンデーサイレンス系しか走らないレース

これでは少し語弊がある、正確に言えば

早熟血統が好走していた2歳重賞が、初めて本格的にサンデーサイレンスに飲み込まれるレース

そういうのが正しかったか。

過去5年でラジオNIKKEI杯2歳ステークスで3着に好走した15頭のうち、父がサンデーサイレンス系ではない馬はエピファネイアとコスモファントムの2頭のみ。あとの全ての馬は父サンデーサイレンス系の馬だった。

総合力が要求される阪神が舞台の重賞で、クラシックへ向けた一番大事な時期に成長するサンデーサイレンスの力。そうした要素が重なり合い、ラジオNIKKEI杯2歳ステークスはとにかくサンデー系しか走らないレースとなっていた。

距離は内回り2000mから外回り1600mに変わるが、ラジオNIKKEI杯2歳ステークスの特徴であったサンデー系以外は好走できないという事実は朝日杯に引用しても良さそうだ。

 

トリップの前例を思い出せ

2011年のラジオNIKKEI杯2歳ステークスで1番人気に推されたトリップは、直線完全にキレ負けをして4着。世代屈指の大器と騒がれていたが、それ以降クラシックで活躍することはなかった。

前項でも取り上げたようにラジオNIKKEI杯2歳ステークスはサンデー系圧倒的有利なレース。トリップはクロフネ産駒で、その成長力と瞬発力でサンデー系に勝つことはできなかった。

トリップのように前哨戦を圧勝してきた馬でも本番ではダメだったのだ。今回の朝日杯FSでも父サンデー系以外の馬はあまり強調したくない。それよりは昨年のワンアンドオンリーのようにここに来て成長を遂げてくるサンデー系を評価したいレースと言えるか。

人気をするだろういちょうステークスの勝ち馬クラリティスカイはクロフネ産駒。よりレベルの高い戦いに変わって、一気にキレ負けをする可能性は高く、そもそも東京芝1600mはクロフネ産駒の適性ベストコース。阪神替わりは良くないだろう。

そういった馬を買うよりはサンデー系の強い馬を狙っていきたい。たとえばこんな馬。

 

その馬の名は?

↓↓↓

☆その馬の名はブログランキングで公開中☆

上記ブログランキングの(C)に記載ありますのでチェックしてみてください!

関連記事

【フェブラリーステークス2017の予想ヒント】枠順から見るレース見解

フェブラリーステークス2018(東京ダート1600m)の考察です。 2月18日に東京競馬場で開

記事を読む

有馬記念 [5] 一流の名手の腕が問われるレース

いよいよ有馬記念ですね。 「終わり良ければ全て良し」 「有馬記念当てれば全て良し」 と

記事を読む

【ダービー全頭特集】キタサンブラック

大相撲は照ノ富士の優勝で幕を閉じました。 これで大関昇進は確実でしょうが、まぁ若干早い気はしま

記事を読む

【桜花賞2017の予想ヒント】枠順や展開、馬場などを分析考察します

桜花賞2017(阪神芝1600m)の考察です。 4月9日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15:

記事を読む

【ダービー全頭特集】コメート

なんだかんだで金曜日あたりから府中周辺に滞在することになると思うんですが、今年は土曜深夜にFAカップ

記事を読む

皐月賞 [7] 枠順発表!明暗を探る。

遂に皐月賞の枠順が発表されました!! 今年は15頭と頭数は少ないですが、ここから歴史に残る名馬

記事を読む

【2016】菊花賞 / 有力馬考察(サトノダイヤモンド、ディーマジェスティなどの徹底分析)

今日は10/23(日)に行われる菊花賞のレース考察を行います京都芝3000mで行われるGI戦です。そ

記事を読む

桜花賞 [2] ディープインパクトと心中する

マー君残念。。。 やはり怪我の影響でしょうか、昨季前半や日本でのラストシーズンのような「まず間

記事を読む

ジャパンカップの予想を公開!

さて、勢いで東京競馬場に来てしまいました。しかも指定席取れなかったので例のごとく極寒野宿ですよ。その

記事を読む

桜花賞 [4] 内枠を引いたらジ・エンド

水曜は仕事の方も競馬データ集積の方も落ち着くので、毎週どっかしらお出かけに行くのですが、あいにく今日

記事を読む

Message

【天皇賞(秋)2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

天皇賞2018(東京芝2000m)の考察です。 10月28日に東

菊花賞は歴史的なスローでスタミナいらず〜土日の予想結果など

さて、菊花賞の回顧記事も先週に引き続いて非常に遅くなってしまいました。

菊花賞2018の予想を公開!

菊花賞2018(京都芝3000m)の予想です。 10月21日に京

コーフィールドカップ2018の予想を公開!

コーフィールドカップ2018(コーフィールド芝2400m)の考察です。

富士ステークス2018の予想を公開!

富士ステークス2018(東京芝1600m)の考察です。 10月2

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑