*

エリザベス女王杯 [5] 渾身の展開予想

公開日: : GIレース考察・予想

今週末はエリザベス女王杯と同じく(というかそれ以上)楽しみにしているSUPER GTのツインリンクもてぎがある。私、モータースポーツが大好きなので、とにかく日産自動車が好きなのですが、関係者席チケットをお願いしていたつもりがとれていないことがおととい判明し・・・かなりショックでエリザベス女王杯の予想がはかどりません。冗談はさておき、競馬場の臨場感が好きな方は、GTの臨場感も楽しいと思うのでぜひ一度サーキットまで。さて、今日は展開予想。23号車は出ませんが展開は当てます。

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

前2頭がディープ産駒という展開

恐らく逃げるのはヴィルシーナでほぼ間違いない。ここ2戦で陣営は「レース中に隙を与えない」逃げ作戦こそがヴィルシーナのベスト戦法であることを見つけ出した。もともとキレ味なんてあまりない馬だったんだから最初から逃げる競馬をもっとすればよかったのにとも思うけれども、まぁヴィクトリアマイル2連覇したのだから結果オーライ。恐らくヴィルシーナがハナを切る。

次になりそうなのは角居厩舎のキャトルフィーユ。今年馬券からはずれたのは瞬発力不足で負けた東京の2戦のみ。右回りのコースであれば力はこの中でも屈指の存在と言えるだろう。前走もキレ負けというより福永騎手がじっくり構えすぎたとも見え、今回ルメールに替わることは100%プラス。恐らくは前前で積極的な競馬をするはずだ。

(1)ヴィルシーナ
(2)キャトルフィーユ

面白い。キレ味溢れる差しがモットーのディープインパクト産駒が1,2番手を形成するレースなんて。どちらも一級のスピードを持っているが、キレ味が足りないタイプ。この2頭は変に溜めずに京都の下り坂から早めスパートでの粘りこみをはかるはずだ。ましてや鞍上はそういうレースで一発を狙わせたら天下一品のウチパクとルメール。よって

この先行2頭のディープ産駒は重要な穴候補として覚えておくべき馬だ

次の馬群が、

ブランネージュ
ラキシス
ヌーヴォレコルト

あたりか。
おそらくヌーヴォレコルトは秋華賞よりも一列前で競馬をすることは確実。岩田はああいうレースをした後は、確実に取りこぼさない騎乗をしてくる。

そして、後方待機組が

アロマティコ
ショウナンパンドラ
スマートレイアー
ディアデラマドレ
メイショウマンボ
レッドリヴェール

といったところか。
どの馬もしっかりと脚を溜めたいタイプで下手に道中では動かないはずだ。唯一動くとすればショウナンパンドラ。浜中騎手は当日の馬場状態によって差し馬であることを知らないかのごとく先行したりすることが良くある。そういった意味で位置取りがつかめないのはショウナンパンドラくらいか。

このレースのポイントは恐らく、

1,2番手と3番手の間がどれくらい開くか

恐らく先行勢を見る位置に一番人気のヌーヴォレコルトが位置するはず。

そうなればどれくらいまで1,2番手は遊ばせてもらえるか。それがペースも左右し、スパート位置もそれで変わってくる。

ヌーヴォレコルトが早めに先行勢を捕まえればスパートが早くなり、下手に動かずに道中脚を溜めていた末脚キレる馬が勝利に近くなるだろう。

逆にヌーヴォレコルトが秋華賞の末脚を信頼し、直線まで脚を溜めたとするならば、先行が予想されるヴィルシーナとキャトルフィーユは近年の逃げ馬とは比べ物にならない実力馬。楽をさせれば粘り切る実力は十分にある。

このように、

今回はヌーヴォレコルトの仕掛け所でレースの性質がガラリと変わってくる

と私は考えている。

ただし、どちらの場合にしても、ヌーヴォがスパートを控えれば粘りこめる前2頭はディープ産駒で、ヌーヴォが早めスパートをかけた場合に最後に差し切れるのは恐らく最も末脚が使えるディープ産駒。

結局このレースはディープ産駒が勝つんじゃね?

というのが展開面を見た上での私の見解です。

そうなった場合オッズと比べて最も妙味ありそうな馬はこの馬。

 

その馬の名は?

↓↓↓

☆その馬の名はブログランキングで公開中☆

上記ブログランキングの(E)に記載ありますのでチェックしてみてください!

関連記事

ジャパンカップ [3] バッサリ切れるはずの馬が厄介な存在に

巷は道重さゆみの卒業でニュースは一色ですね。え?違いますか(笑)私は近年のモーですとガキさんだったの

記事を読む

【ヴィクトリアマイル2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

ヴィクトリアマイル2018(東京芝1600m)の考察です。 5月13日に東京競馬場で開催され発

記事を読む

桜花賞もやっぱりデムーロ!馬場読みの天才の手でネオユニ親子三代GI制覇!

桜花賞は新横浜のウインズで観戦してきました。 予想通りに横浜×浦和の試合終わりのファン

記事を読む

皐月賞 [4] ディープ産駒は割り引くべきか?

今朝はUEFAチャンピオンズリーグがありました。 眠い目をこすりながらなんとか2試合見ましたが

記事を読む

NHKマイルカップ2018の予想を公開!

NHKマイルカップ2018(東京芝1600m)の予想です。 5月6日東京競馬場で開催され発走時

記事を読む

菊花賞 [3] スタミナ比べだけでは終わらなそうな今年の菊花賞

すみません、ちょっと昨日風邪っぽい感じでレースの見返しが終わらず、メルマガ配信できませんでした。起き

記事を読む

皐月賞 [8] 最も大事なペース予想

先週の桜花賞の反省は「そうだ、昨秋は毎GI行っていたペース予想を完全に書くのを忘れていた」ということ

記事を読む

宝塚記念 [6] 枠順決定!明暗を探る

さて、今週末の宝塚記念でひとまずGIシーズンも幕を閉じます。 夏競馬は夏競馬で力をいれてやって

記事を読む

【安田記念2018の予想ヒント】枠順から見るレース見解

安田記念2018(東京芝1600m)の考察です。 6月3日に東京競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

桜花賞 [4] 内枠を引いたらジ・エンド

水曜は仕事の方も競馬データ集積の方も落ち着くので、毎週どっかしらお出かけに行くのですが、あいにく今日

記事を読む

Message

【中京記念2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

中京記念2018(中京芝1600m)の考察です。 7月22日に中

【函館2歳ステークス2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

函館2歳ステークス2018(函館芝1200m)の考察です。 7月

プラチナカップ2018の予想を公開!

プラチナカップ2018 (浦和ダート1400m)の予想です。 7

マーキュリーカップ2018の予想を公開!

マーキュリーカップ2018 (盛岡ダート2000m)の予想です。

函館記念は◎エアアンセムから本線的中をはじめ日曜はメイン3場完全制覇で的中ラッシュ!

土日の競馬お疲れ様でした。と言っても今週は3連休で明日も地方競馬が2つ

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑